×

鬼頭明里の歌詞一覧リスト  25曲中 1-25曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
25曲中 1-25曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
Esquisse 先行写真ってなんだか 少し苦手だった 知らない顔の自分 ちょっと見てるみたいで よそよそしい顔して 画面の中のそこかしこを 一人歩きしてる 「君だ~れ?」  寝て起きて 繰り返して 日々アプデ そう Day by Day 生まれ変わってるんだ ねぇ 昨日のワタシを愛されたって [Come with me] Every day ワタシ、更新中  理解されたい [だけど 簡単に] 定義されたくない 矛盾した思いを 今日も飼い慣らしてく もう [脱いで 纏って] “らしさ”ってなんか ちょっと息苦しいな  ちぎっては 重ねてく 貼り絵みたいに いつだって進行形でいたいの 入れ替わる細胞レベルで ほら 新しい自分に そう 出会いたいの Ah...永遠の愛なんてテクスチャーは この肌に馴染まないや 「昨日より素敵」だと 明日も見初めて おやすみなさい  命がけで引いた アイラインも滲む やるせNight 「たかが・されど」で モチベもヨレるMy life But いつだって 完璧も疲れちゃう [Pace my self→BPM107くらい] Rough & ToughでGo  ちょっぴり盛れたり [あ~あ もうちょっと] なんか違ったり 正解の基準も Every day オーダーメイドで そう [脱いで 纏って] いつも自分の ゴキゲンとりながら生きてこう  賞味期限一日の愛を使い捨てながら この鼓動(いのち)走らせてく 入れ替わる細胞レベルで ほら 新しいステキに そう 気づきたいの Ah...永遠の愛なんて頼りなくて すがる気にはなれないや 「昨日より素敵」だと 何度も見初めて 仮説のまんま愛してよ  アレがあれば こうだったら なんてネガって タ・タラ・タラ&レバ・タラ あーだ こーだと こぼしながらも 365面体の愛情(ラブ)で そう ニヒルなこの夜を抜け出してく  ちぎっては 重ねてく 貼り絵みたいに いつだって進行形でいたいの 入れ替わる細胞レベルで ほら 新しい自分に そう 出会いたいの Ah 永遠の愛なんてテクスチャーは馴染まない この肌に 「昨日より素敵」とか 冗談でもいい 伝えて欲しい そんな明日を夢見て おやすみ 先行鬼頭明里Soflan Daichi伊藤翼伊藤翼写真ってなんだか 少し苦手だった 知らない顔の自分 ちょっと見てるみたいで よそよそしい顔して 画面の中のそこかしこを 一人歩きしてる 「君だ~れ?」  寝て起きて 繰り返して 日々アプデ そう Day by Day 生まれ変わってるんだ ねぇ 昨日のワタシを愛されたって [Come with me] Every day ワタシ、更新中  理解されたい [だけど 簡単に] 定義されたくない 矛盾した思いを 今日も飼い慣らしてく もう [脱いで 纏って] “らしさ”ってなんか ちょっと息苦しいな  ちぎっては 重ねてく 貼り絵みたいに いつだって進行形でいたいの 入れ替わる細胞レベルで ほら 新しい自分に そう 出会いたいの Ah...永遠の愛なんてテクスチャーは この肌に馴染まないや 「昨日より素敵」だと 明日も見初めて おやすみなさい  命がけで引いた アイラインも滲む やるせNight 「たかが・されど」で モチベもヨレるMy life But いつだって 完璧も疲れちゃう [Pace my self→BPM107くらい] Rough & ToughでGo  ちょっぴり盛れたり [あ~あ もうちょっと] なんか違ったり 正解の基準も Every day オーダーメイドで そう [脱いで 纏って] いつも自分の ゴキゲンとりながら生きてこう  賞味期限一日の愛を使い捨てながら この鼓動(いのち)走らせてく 入れ替わる細胞レベルで ほら 新しいステキに そう 気づきたいの Ah...永遠の愛なんて頼りなくて すがる気にはなれないや 「昨日より素敵」だと 何度も見初めて 仮説のまんま愛してよ  アレがあれば こうだったら なんてネガって タ・タラ・タラ&レバ・タラ あーだ こーだと こぼしながらも 365面体の愛情(ラブ)で そう ニヒルなこの夜を抜け出してく  ちぎっては 重ねてく 貼り絵みたいに いつだって進行形でいたいの 入れ替わる細胞レベルで ほら 新しい自分に そう 出会いたいの Ah 永遠の愛なんてテクスチャーは馴染まない この肌に 「昨日より素敵」とか 冗談でもいい 伝えて欲しい そんな明日を夢見て おやすみ
INNOCENT揺れる想いひとつ 名前をつけてしまえば 昨日までの二人には 戻れない気がしたんだ  待ち合わせした駅前 午後6時 雑踏の中で 上ハモ すぐ見つけてしまうくらいに 特別にしないでよ 世界 下ハモ  知らないままで笑っている君へ 気づかれてしまわ ないように 窮屈に押し込めた 気持ちが溢れ だして 交わした言葉に色がついていく 本当は気づいて欲しかった 空に混ざって消えた 儚く光る願い 届かないまま  仕方ないなんて 言い聞かせたりもした 強くいようとするほど 胸の奥 ツンとする  友達という境界線を引く 二人の間で またねっていうサヨナラさえ 約束にしたいんだよ お願い  すぐそこにある横顔が 声が 夜の星みたいに 遠くて もういっそ諦めてしまえば 素直に 笑えるかな それでも何か期待して歩く 日々に理由を探した 隣で君はどんな 気持ちで笑ってるの?  行き場のない 焦がれてく 想い 多分もう 手遅れだ 膨らみすぎた風船 みたい  知らないままで笑っていたかった 弾けてしまった 感情 思いのままの言葉 今伝えて しまおう 震える声が 求めてた場所へ 気持ちを乗せて響いてく もう目を逸らしたりしない 確かにある それを 恋とよぼう 次は君の 答えを待つ鬼頭明里鶴崎輝一鶴崎輝一揺れる想いひとつ 名前をつけてしまえば 昨日までの二人には 戻れない気がしたんだ  待ち合わせした駅前 午後6時 雑踏の中で 上ハモ すぐ見つけてしまうくらいに 特別にしないでよ 世界 下ハモ  知らないままで笑っている君へ 気づかれてしまわ ないように 窮屈に押し込めた 気持ちが溢れ だして 交わした言葉に色がついていく 本当は気づいて欲しかった 空に混ざって消えた 儚く光る願い 届かないまま  仕方ないなんて 言い聞かせたりもした 強くいようとするほど 胸の奥 ツンとする  友達という境界線を引く 二人の間で またねっていうサヨナラさえ 約束にしたいんだよ お願い  すぐそこにある横顔が 声が 夜の星みたいに 遠くて もういっそ諦めてしまえば 素直に 笑えるかな それでも何か期待して歩く 日々に理由を探した 隣で君はどんな 気持ちで笑ってるの?  行き場のない 焦がれてく 想い 多分もう 手遅れだ 膨らみすぎた風船 みたい  知らないままで笑っていたかった 弾けてしまった 感情 思いのままの言葉 今伝えて しまおう 震える声が 求めてた場所へ 気持ちを乗せて響いてく もう目を逸らしたりしない 確かにある それを 恋とよぼう 次は君の 答えを待つ
Always Going My WayWow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!  らしくないねと言われたって やりたいこと夢見ること 我慢なんか出来ないNo No 無限大Dream girl  今がいちばん最高って 胸張って宣言したいんだ ヒトの目とか常識とか 気にしないでMake up  ココロのままに どこまでも行くの! 「Are you ready? Let's go!」  Always going my way 決められたレールを飛び越え Always going my love 「好き」のエンジン全開で さあまだまだまだまだ知らない 素敵な自分に出逢うために突き進め!  Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!  なんの役にも立たないって やってみなくちゃわからないよ 型にはまった日々にBye Bye 可能性Challenge girl  常に生まれ変わる気持ち 胸のなかで眠ったまんま いつか忘れてしまう前に 迷わないでWake up  キラリ光った 夢をつかまえて! 「Leave it to me! Switch on!」  Always going my way 全部ゼロからでもかまわない Always going my love 「楽しい」かどうかが大事 ほらドキドキドキドキ止まんない 新たな世界に飛び込んで愛叫べ!  Wow wow wow wow yeah yeah  ココロのままに どこまでも行くの! 駆け出すの! 「Are you ready? Let's go!」  Always going my way ほんの一歩進むだけでも 自分だけの輝きが見えてくるんだ  Always going my way 決められたレールを飛び越え Always going my love 「好き」のエンジン全開で さあまだまだまだまだ知らない 素敵な自分に出逢うために突き進め!  Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!  「Come on baby! One more!」  Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!鬼頭明里吉田詩織立山秋航Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!  らしくないねと言われたって やりたいこと夢見ること 我慢なんか出来ないNo No 無限大Dream girl  今がいちばん最高って 胸張って宣言したいんだ ヒトの目とか常識とか 気にしないでMake up  ココロのままに どこまでも行くの! 「Are you ready? Let's go!」  Always going my way 決められたレールを飛び越え Always going my love 「好き」のエンジン全開で さあまだまだまだまだ知らない 素敵な自分に出逢うために突き進め!  Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!  なんの役にも立たないって やってみなくちゃわからないよ 型にはまった日々にBye Bye 可能性Challenge girl  常に生まれ変わる気持ち 胸のなかで眠ったまんま いつか忘れてしまう前に 迷わないでWake up  キラリ光った 夢をつかまえて! 「Leave it to me! Switch on!」  Always going my way 全部ゼロからでもかまわない Always going my love 「楽しい」かどうかが大事 ほらドキドキドキドキ止まんない 新たな世界に飛び込んで愛叫べ!  Wow wow wow wow yeah yeah  ココロのままに どこまでも行くの! 駆け出すの! 「Are you ready? Let's go!」  Always going my way ほんの一歩進むだけでも 自分だけの輝きが見えてくるんだ  Always going my way 決められたレールを飛び越え Always going my love 「好き」のエンジン全開で さあまだまだまだまだ知らない 素敵な自分に出逢うために突き進め!  Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!  「Come on baby! One more!」  Wow wow wow wow yeah yeah Everybody enjoy!! Wow wow wow wow yeah yeah Everybody jump!!
怪物 - from CrosSing素晴らしき世界に今日も乾杯 街に飛び交う笑い声も 見て見ぬフリしてるだけの作りもんさ 気が触れそうだ クラクラするほどの良い匂いが ツンと刺した鼻の奥 目を覚ます本能のまま 今日は誰の番だ?  この世界で何が出来るのか 僕には何が出来るのか ただその真っ黒な目から 涙溢れ落ちないように  願う未来に何度でもずっと 喰らいつく この間違いだらけの世界の中 君には笑ってほしいから もう誰も傷付けない 強く強くなりたいんだよ 僕が僕でいられるように  素晴らしき世界は今日も安泰 街に渦巻く悪い話も 知らない知らないフリして目を逸らした 正気の沙汰じゃないな 真面目に着飾った行進 鳴らす足音が弾む行き先は 消えない消えない味が染み付いている 裏側の世界  清く正しく生きること 誰も悲しませずに生きること はみ出さず真っ直ぐに生きること それが間違わないで生きること? ありのまま生きることが正義か 騙し騙し生きるのは正義か 僕の在るべき姿とはなんだ 本当の僕は何者なんだ 教えてくれよ 教えてくれよ  今日も 答えのない世界の中で 願ってるんだよ 不器用だけれど いつまでも君とただ 笑っていたいから 跳ねる心臓が 体揺らし叫ぶんだよ 今こそ動き出せ  弱い自分を何度でもずっと 喰らい尽くす この間違いだらけの世界の中 君には笑ってほしいから もう誰も泣かないよう 強く強くなりたいんだよ 僕が僕でいられるように  ただ君を守るそのために 走る走る走るんだよ 僕の中の僕を超える鬼頭明里AyaseAyase素晴らしき世界に今日も乾杯 街に飛び交う笑い声も 見て見ぬフリしてるだけの作りもんさ 気が触れそうだ クラクラするほどの良い匂いが ツンと刺した鼻の奥 目を覚ます本能のまま 今日は誰の番だ?  この世界で何が出来るのか 僕には何が出来るのか ただその真っ黒な目から 涙溢れ落ちないように  願う未来に何度でもずっと 喰らいつく この間違いだらけの世界の中 君には笑ってほしいから もう誰も傷付けない 強く強くなりたいんだよ 僕が僕でいられるように  素晴らしき世界は今日も安泰 街に渦巻く悪い話も 知らない知らないフリして目を逸らした 正気の沙汰じゃないな 真面目に着飾った行進 鳴らす足音が弾む行き先は 消えない消えない味が染み付いている 裏側の世界  清く正しく生きること 誰も悲しませずに生きること はみ出さず真っ直ぐに生きること それが間違わないで生きること? ありのまま生きることが正義か 騙し騙し生きるのは正義か 僕の在るべき姿とはなんだ 本当の僕は何者なんだ 教えてくれよ 教えてくれよ  今日も 答えのない世界の中で 願ってるんだよ 不器用だけれど いつまでも君とただ 笑っていたいから 跳ねる心臓が 体揺らし叫ぶんだよ 今こそ動き出せ  弱い自分を何度でもずっと 喰らい尽くす この間違いだらけの世界の中 君には笑ってほしいから もう誰も泣かないよう 強く強くなりたいんだよ 僕が僕でいられるように  ただ君を守るそのために 走る走る走るんだよ 僕の中の僕を超える
キミのとなりで沈黙が横たわる真昼に 主張するふたつの鼓動 いつだってわたしのほうが駆け足で 散らかった思考が陽に透けてキラめいた  気ヅイテイマスカ 近くて遠い ふたり 名前はまだいらない きっとよくある明日の前に 見つけあった今日が イトシイとか… どうして、笑えない  あと何十回何千時間 一緒にいれば “いつも通り”と呼べるようになれるかな キョドウフシンな感情は時に 自分さえ裏切って 振りかざす純情じゃ泣いてるみたいだ “いつも通り”の予習させて もっとふたりの今日に あふれて光ったオモイを 抱きしめていこう  だって待ってる 駆け足で待ってる だから今日も待ってる …追いついてよ  赤裸々になりきれない矛盾で 気まぐれなわけじゃないの 見抜かれてみたい だけどその先は? アタマでうそぶく未来に目を凝らす  教エテクダサイ 浅くて深い ふたり 昨日とは違ってる 引き返しても同じになんて 戻れないなら イトシイとか… 言っても、いいかな  ねえ何十回何百時間 一緒にいても “いつも通り”と呼べるには足りなくて ユウジュウフダンな感傷が常に 臆病にさせるんだ こんなに好きだってわかってなかった 数えた時間飛び越えてく きっと遠くないいつか あふれて消えないオモイで キミを照らすよ  一日ずつ重ねて 落ち込んだりしたって またすぐに重ねて ああ期待、したりしてる 一日ごとふくらむ 確信してるよ 名前をつけてもいいでしょ? まぶしくてあたたかい これは、これは、  あと何十回何千時間 一緒にいれば “いつも通り”と呼べるようになれるかな キョドウフシンな感情は時に 自分さえ裏切って 振りかざす純情でフライングしたい “いつも通り”の予習させて もっとふたりの今日に あふれて光ったオモイを 抱きしめていこう  だって待ってる 駆け足で待ってる だから今日も待ってる キミのとなりで鬼頭明里こだまさおり伊藤翼沈黙が横たわる真昼に 主張するふたつの鼓動 いつだってわたしのほうが駆け足で 散らかった思考が陽に透けてキラめいた  気ヅイテイマスカ 近くて遠い ふたり 名前はまだいらない きっとよくある明日の前に 見つけあった今日が イトシイとか… どうして、笑えない  あと何十回何千時間 一緒にいれば “いつも通り”と呼べるようになれるかな キョドウフシンな感情は時に 自分さえ裏切って 振りかざす純情じゃ泣いてるみたいだ “いつも通り”の予習させて もっとふたりの今日に あふれて光ったオモイを 抱きしめていこう  だって待ってる 駆け足で待ってる だから今日も待ってる …追いついてよ  赤裸々になりきれない矛盾で 気まぐれなわけじゃないの 見抜かれてみたい だけどその先は? アタマでうそぶく未来に目を凝らす  教エテクダサイ 浅くて深い ふたり 昨日とは違ってる 引き返しても同じになんて 戻れないなら イトシイとか… 言っても、いいかな  ねえ何十回何百時間 一緒にいても “いつも通り”と呼べるには足りなくて ユウジュウフダンな感傷が常に 臆病にさせるんだ こんなに好きだってわかってなかった 数えた時間飛び越えてく きっと遠くないいつか あふれて消えないオモイで キミを照らすよ  一日ずつ重ねて 落ち込んだりしたって またすぐに重ねて ああ期待、したりしてる 一日ごとふくらむ 確信してるよ 名前をつけてもいいでしょ? まぶしくてあたたかい これは、これは、  あと何十回何千時間 一緒にいれば “いつも通り”と呼べるようになれるかな キョドウフシンな感情は時に 自分さえ裏切って 振りかざす純情でフライングしたい “いつも通り”の予習させて もっとふたりの今日に あふれて光ったオモイを 抱きしめていこう  だって待ってる 駆け足で待ってる だから今日も待ってる キミのとなりで
君の花を祈ろう想いが開いた 今なら素直になれるかい? 君が描いていた夢は今もあるかい? その胸に  いつか叶えば良いななんて ねえ時を止めないで 花は今咲くのを待っている  It's blooming in your heart その蕾 信じて どんな時も隣にいるよ いつかまた会える日が来るから その日まで 今は ずっとさよならは きっと言わないから 君の花を祈ろう  誰だって一人じゃ 前に進めなくなる夜がある 射しこむ光に 目をそらしてしまう朝もある  誰にも気付かれないままで いつしか芽生えていた 幾つもの夜と朝を 思えば越えてきたの 花は今咲くのを待っている  It's blooming in your heart ぼろぼろになっても 信じてきた その花をずっと 育ててた 小さな勇気を その日まで 今は ずっと大切に 守ってきたんだろう 君の花はずっと  (la la la la…)  It's blooming in your heart その蕾 信じて どんな時も隣にいるよ いつかまた会える日が来るから 祈ってる 花が香るその時まで  It's blooming in your heart その蕾 信じて どんな時も隣にいるよ いつかまた会える日が来るから その日まで 今は ずっとさよならは きっと言わないから 君の花を祈ろう  君の花を祈ろう鬼頭明里shiloshilo想いが開いた 今なら素直になれるかい? 君が描いていた夢は今もあるかい? その胸に  いつか叶えば良いななんて ねえ時を止めないで 花は今咲くのを待っている  It's blooming in your heart その蕾 信じて どんな時も隣にいるよ いつかまた会える日が来るから その日まで 今は ずっとさよならは きっと言わないから 君の花を祈ろう  誰だって一人じゃ 前に進めなくなる夜がある 射しこむ光に 目をそらしてしまう朝もある  誰にも気付かれないままで いつしか芽生えていた 幾つもの夜と朝を 思えば越えてきたの 花は今咲くのを待っている  It's blooming in your heart ぼろぼろになっても 信じてきた その花をずっと 育ててた 小さな勇気を その日まで 今は ずっと大切に 守ってきたんだろう 君の花はずっと  (la la la la…)  It's blooming in your heart その蕾 信じて どんな時も隣にいるよ いつかまた会える日が来るから 祈ってる 花が香るその時まで  It's blooming in your heart その蕾 信じて どんな時も隣にいるよ いつかまた会える日が来るから その日まで 今は ずっとさよならは きっと言わないから 君の花を祈ろう  君の花を祈ろう
CRAZY ROCK NIGHTI want to hear your voice go your own way  そっと胸に秘めてんだ ずっと描き続けた 今この景色を  ずっと待ち望んでいた きっと叶うはずだって 諦めはしない 立ち止まればここでGame out  Raise your hands high in the sky Are you ready for tonight?  叫べ想いを 声を枯らして 閉じ込めた本能呼び起こす 拳上げて 高く飛ぶんだ ここにはそう恥なんていらない さらけだそう  ずっと堪えた想いが きっと溢れ出すんだって 準備はいいかい? Hey Let's go  (Raise fist) 振り乱す感情 (Shout out) 1つになろうぜ (Fly high) 今を生きるんだ 明日を気にするな  怖くなんかない 心踊らそう 今しかない 今日を  叫べ想いを 声を枯らして 掴むんだ 君だけのCry of heart 拳上げて 高く飛ぶんだ ここにはそう恥なんていらない さらけだそう  変わらなくていい 君だけのもの 見せてほしい 今日は  そのままでいい 君のままで 歌おうぜ 出会えた奇跡を 踊り明かそう 歓喜の声 響かせよう 誇りを胸に  叫べ想いを 声を枯らして 閉じ込めた本能呼び起こす 拳上げ 高く飛べ ここにはそう恥なんていらない さらけだそう Let's meet again!鬼頭明里久保正貴久保正貴I want to hear your voice go your own way  そっと胸に秘めてんだ ずっと描き続けた 今この景色を  ずっと待ち望んでいた きっと叶うはずだって 諦めはしない 立ち止まればここでGame out  Raise your hands high in the sky Are you ready for tonight?  叫べ想いを 声を枯らして 閉じ込めた本能呼び起こす 拳上げて 高く飛ぶんだ ここにはそう恥なんていらない さらけだそう  ずっと堪えた想いが きっと溢れ出すんだって 準備はいいかい? Hey Let's go  (Raise fist) 振り乱す感情 (Shout out) 1つになろうぜ (Fly high) 今を生きるんだ 明日を気にするな  怖くなんかない 心踊らそう 今しかない 今日を  叫べ想いを 声を枯らして 掴むんだ 君だけのCry of heart 拳上げて 高く飛ぶんだ ここにはそう恥なんていらない さらけだそう  変わらなくていい 君だけのもの 見せてほしい 今日は  そのままでいい 君のままで 歌おうぜ 出会えた奇跡を 踊り明かそう 歓喜の声 響かせよう 誇りを胸に  叫べ想いを 声を枯らして 閉じ込めた本能呼び起こす 拳上げ 高く飛べ ここにはそう恥なんていらない さらけだそう Let's meet again!
CloserWoh-oh, You are my special 気のないふり 誘ってる? Question ナンバー1は誰? Please the camera off こっちおいで Come on  Woh-oh, 見つめるだけじゃ 落ちたりしないわ You're not love-love-love Moving on 駆け引きだって 女の子は大好きなの  花から花へと I am a woman だけどほんとはね Just a girl Come on…  Wow-oh, We are now together もっと近づいてよ Say Hey! クラクラするほど Wow-oh-oh, Come to me closer  Wow-oh, ほんとは my heart ちょっとドキドキの pure love Say Hey! 笑顔に隠した Wow-oh-oh, Come to me closer  No.1 頑張ってたのは シンデレラのような9cmヒール No.2 だけどそろそろ限界 バレリーナになりたい Down to earth No.3 憧れだけじゃ 大人になれないのね I know, know No.4 だけどちょっとは 背伸びしたっていいんじゃない?  ひらりすり抜ける I am a woman でもまだ恋してる Just a girl Come on…  Wow-oh, We are now together そっと囁く your love Say Hey! 待ちきれないの Wow-oh-oh, Come to me closer  Wow-oh, 純情な my heart ちょっと隠してる鼓動 Say Hey! 気づかないでね Wow-oh-oh, Come to me closer  花から花へと I am a woman だけどほんとはね Just a girl Come on…  Wow-oh, We are now together もっと近づいてよ Say Hey! クラクラするほど Wow-oh-oh, Come to me closer  Wow-oh, ほんとは my heart ちょっとドキドキの pure love Say Hey! 笑顔に隠した Wow-oh-oh, Come to me closer鬼頭明里shiloshiloWoh-oh, You are my special 気のないふり 誘ってる? Question ナンバー1は誰? Please the camera off こっちおいで Come on  Woh-oh, 見つめるだけじゃ 落ちたりしないわ You're not love-love-love Moving on 駆け引きだって 女の子は大好きなの  花から花へと I am a woman だけどほんとはね Just a girl Come on…  Wow-oh, We are now together もっと近づいてよ Say Hey! クラクラするほど Wow-oh-oh, Come to me closer  Wow-oh, ほんとは my heart ちょっとドキドキの pure love Say Hey! 笑顔に隠した Wow-oh-oh, Come to me closer  No.1 頑張ってたのは シンデレラのような9cmヒール No.2 だけどそろそろ限界 バレリーナになりたい Down to earth No.3 憧れだけじゃ 大人になれないのね I know, know No.4 だけどちょっとは 背伸びしたっていいんじゃない?  ひらりすり抜ける I am a woman でもまだ恋してる Just a girl Come on…  Wow-oh, We are now together そっと囁く your love Say Hey! 待ちきれないの Wow-oh-oh, Come to me closer  Wow-oh, 純情な my heart ちょっと隠してる鼓動 Say Hey! 気づかないでね Wow-oh-oh, Come to me closer  花から花へと I am a woman だけどほんとはね Just a girl Come on…  Wow-oh, We are now together もっと近づいてよ Say Hey! クラクラするほど Wow-oh-oh, Come to me closer  Wow-oh, ほんとは my heart ちょっとドキドキの pure love Say Hey! 笑顔に隠した Wow-oh-oh, Come to me closer
The One誰もが見るそれぞれの夢を 思い描いた場所は遥か遠くに 言葉だけじゃ 解き明かせない だから僕は行くんだ まだ見ぬ方へ  微かに繋がれた 小さな希望を 大事そうに抱きしめてるだけじゃ もうダメなんだ  掴み取るよ未来を  何もかもが満たされた世界じゃ 僕らは明日を探せないだろう 心の中のたった一つを 誰かと分け合うために生きる  息も出来ないくらいに捧げた 時間が僕らを裏切っても 君となら また立ち上がれるよ 枯れない夢を いつまででも 心の中に一つだけ  おざなりならもう触らせない 優しいだけの明日じゃないと知っても 捨てるんじゃなく 選びに行く ここに立ってた 僕の名前は「透明」  誰かに託された ここに立つ意味を 胸を張るべき時は「いつか」じゃなく「今」なんだ 越えてみせる昨日を  何もかもが満たされた世界を どれだけ演じ続けられても 心の中の僕が叫んでる 「まだ知らない明日へと、走れ」  見えないものを愛した瞬間に 僕らは確かに繋がってた 君とまた 出会えるように祈るよ 褪せたっていい 何度だって塗り替えるから  何もかもが満たされた世界じゃ 僕らは明日を探せないだろう 心の中のたった一つを 誰かと分け合うために生きる  息も出来ないくらいに捧げた 時間が僕らを裏切っても 君となら また立ち上がれるよ 枯れない夢を いつまででも 心の中に一つだけ鬼頭明里園田健太郎園田健太郎誰もが見るそれぞれの夢を 思い描いた場所は遥か遠くに 言葉だけじゃ 解き明かせない だから僕は行くんだ まだ見ぬ方へ  微かに繋がれた 小さな希望を 大事そうに抱きしめてるだけじゃ もうダメなんだ  掴み取るよ未来を  何もかもが満たされた世界じゃ 僕らは明日を探せないだろう 心の中のたった一つを 誰かと分け合うために生きる  息も出来ないくらいに捧げた 時間が僕らを裏切っても 君となら また立ち上がれるよ 枯れない夢を いつまででも 心の中に一つだけ  おざなりならもう触らせない 優しいだけの明日じゃないと知っても 捨てるんじゃなく 選びに行く ここに立ってた 僕の名前は「透明」  誰かに託された ここに立つ意味を 胸を張るべき時は「いつか」じゃなく「今」なんだ 越えてみせる昨日を  何もかもが満たされた世界を どれだけ演じ続けられても 心の中の僕が叫んでる 「まだ知らない明日へと、走れ」  見えないものを愛した瞬間に 僕らは確かに繋がってた 君とまた 出会えるように祈るよ 褪せたっていい 何度だって塗り替えるから  何もかもが満たされた世界じゃ 僕らは明日を探せないだろう 心の中のたった一つを 誰かと分け合うために生きる  息も出来ないくらいに捧げた 時間が僕らを裏切っても 君となら また立ち上がれるよ 枯れない夢を いつまででも 心の中に一つだけ
深夜センチメンタル足りないものはなんだっけかな 今は思い付かないや 正しいことはなんだっけかな いつもルールとか腑に落ちない  楽しいことはなんだっけかな 今は思い付かないから そうだ寧ろ 悲しいことはなんだっけかな とかも考えることもない  今までだってこれからだって 心が泣いている 今からだって変われるよって 本当は思っている  なんでこんなんで困難だと思うんだろう 生き辛さに愛されている なんだか知った振りしないで 今から変わるから  やりたいことはなんだっけかな 今は思い付かないや 「虚しい」「寂しい」そう言ってばっか ほらまた頭に浮かんでいる  今日が終わって振り返ったって 明日になっている 明日はきっと何か変わる と日々思っている  なんでこんなんで思考が止まんだろう 余計なこと考えている ただ明日を生き抜いて 自分を認めて  過去のことに拘ったって何が変わんだ 今をずっと生きている 後ろ向きに考えたって明日は来んだ 理解だけしている  なんでこんなんで困難だと思うんだろう なんだか知った振りしないで  描いた理想がどんなんで遠くても 着実に近付いている 前だけ向いて走っていこう  とか綺麗事ばっかいつも考えてる鬼頭明里大熊淳生(Arte Refact)大熊淳生(Arte Refact)足りないものはなんだっけかな 今は思い付かないや 正しいことはなんだっけかな いつもルールとか腑に落ちない  楽しいことはなんだっけかな 今は思い付かないから そうだ寧ろ 悲しいことはなんだっけかな とかも考えることもない  今までだってこれからだって 心が泣いている 今からだって変われるよって 本当は思っている  なんでこんなんで困難だと思うんだろう 生き辛さに愛されている なんだか知った振りしないで 今から変わるから  やりたいことはなんだっけかな 今は思い付かないや 「虚しい」「寂しい」そう言ってばっか ほらまた頭に浮かんでいる  今日が終わって振り返ったって 明日になっている 明日はきっと何か変わる と日々思っている  なんでこんなんで思考が止まんだろう 余計なこと考えている ただ明日を生き抜いて 自分を認めて  過去のことに拘ったって何が変わんだ 今をずっと生きている 後ろ向きに考えたって明日は来んだ 理解だけしている  なんでこんなんで困難だと思うんだろう なんだか知った振りしないで  描いた理想がどんなんで遠くても 着実に近付いている 前だけ向いて走っていこう  とか綺麗事ばっかいつも考えてる
Swinging Heartリアルな感情 ぎゅっと胸に抱いてStarting! 「さぁ今だ」 運命の声 響いたから  Make Upして踏み出して かき鳴らすのは キミがいて 私がいる 今日というフレーズ  Swinging Heart ユラリ ココロ揺らめいて カラフルな願い事 溢れ出した きっと叶えてみせるから 約束だよ? ずっと 私を信じていて 行こう この先へと  キレイなフィクション それもとても素敵!でも 本当の気持ちだけで描くストーリー  予想外の展開だって いとおしいから 全身で感じたい 大好きのSunlight  Swinging Heart 光る予感 揺らめいて モノクロの日々 いつか塗り替えてた もっと分け合いたい 思いが高鳴る音 ゼッタイ後悔はさせないよ  ありのままに伝えたいな 青い衝動 その高揚 止まない鼓動 全部を 降りそそぐ木漏れ日の向こうで待っているのは ねえ 希望だと思えるの 今なら  思いきり楽しもう この世界は キミがいて 私がいる 最高のフレーム  Swinging Heart 光る予感 抱きしめて 今できる精一杯を やり切るんだ…行くよ! Swinging Heart ユラリ ココロ揺らめいて カラフルな願い事 溢れ出した 明日笑顔になれるパワー キミに届け ずっと 一緒に笑っていて 行こう もっと先へと鬼頭明里磯谷佳江小野貴光リアルな感情 ぎゅっと胸に抱いてStarting! 「さぁ今だ」 運命の声 響いたから  Make Upして踏み出して かき鳴らすのは キミがいて 私がいる 今日というフレーズ  Swinging Heart ユラリ ココロ揺らめいて カラフルな願い事 溢れ出した きっと叶えてみせるから 約束だよ? ずっと 私を信じていて 行こう この先へと  キレイなフィクション それもとても素敵!でも 本当の気持ちだけで描くストーリー  予想外の展開だって いとおしいから 全身で感じたい 大好きのSunlight  Swinging Heart 光る予感 揺らめいて モノクロの日々 いつか塗り替えてた もっと分け合いたい 思いが高鳴る音 ゼッタイ後悔はさせないよ  ありのままに伝えたいな 青い衝動 その高揚 止まない鼓動 全部を 降りそそぐ木漏れ日の向こうで待っているのは ねえ 希望だと思えるの 今なら  思いきり楽しもう この世界は キミがいて 私がいる 最高のフレーム  Swinging Heart 光る予感 抱きしめて 今できる精一杯を やり切るんだ…行くよ! Swinging Heart ユラリ ココロ揺らめいて カラフルな願い事 溢れ出した 明日笑顔になれるパワー キミに届け ずっと 一緒に笑っていて 行こう もっと先へと
Star Arcこぼれた星のかけら 辿(たど)り着く場所を知りたくなって 果てへと向かって 走り出すよ  誰かの願いが叶うたびに 怖がっては 手放してた 自分の願いの居場所をずっと 見失ってた  「全ての願いは叶うわけない」 って笑っては 誤魔化してた 手に入れたもので満足だって 信じていた  壊れた夢のかけら 地平線 堕(お)ちてゆく流星群 希望に向かって弧を描(えが)くよ  どこまで走ったって 変わらない景色だって もう一回 もう一回 儚(はかな)い祈りを繰り返すよ たとえ泣いたって 諦(あきら)めないこと誓った もう一回 もう一回 やり直し前へ進めるなら  この想いは色褪(いろあ)せない 始まりの場所を思い出した 夜明けを待たないで進むよ  誰かに願いを話すたびに 恥じらっては 繕(つくろ)ってた 自分の願いの結末さえも 決めつけてた  「ここからもう一度 始めてみれば」胸の奥 声がした 手に入れたものは全部乾いて 消えていた  心に弧を描(えが)いた 光の行く先見ないままで 生きていくなんて もうできない  どれだけ走ったって 届かない場所だなんて 言わないで 今、泣いて 堪(こら)えた想いが溢(あふ)れだした 自信がなくたって やめられないこと悟った もう一回 もう一回 きっとまだ世界は素晴らしいんだ  この熱に嘘はつけない 始まりの場所は胸の奥で 瞬(またた)きつづけてる  心惹かれてく 理由なんてわからない 今はまだ 遠くても すべてを 解(わか)る日が 来る  地平線 堕(お)ちてゆく流星群 希望に向かって弧を描(えが)くよ 力の限り 光って―――  心に広げた 頼りない未来図追って 必ず 必ず 夢見た場所まで辿り着くよ  たとえ泣いたって 諦(あきら)めないこと誓った もう一回 もう一回 やり直し前へ進めるなら  この想いは色褪(いろあ)せない 始まりの場所は胸の奥で 瞬(またた)きつづけてる ここからもう一度始めてみよう 夜明けを待たないで進むよ鬼頭明里昆真由美塚田耕平こぼれた星のかけら 辿(たど)り着く場所を知りたくなって 果てへと向かって 走り出すよ  誰かの願いが叶うたびに 怖がっては 手放してた 自分の願いの居場所をずっと 見失ってた  「全ての願いは叶うわけない」 って笑っては 誤魔化してた 手に入れたもので満足だって 信じていた  壊れた夢のかけら 地平線 堕(お)ちてゆく流星群 希望に向かって弧を描(えが)くよ  どこまで走ったって 変わらない景色だって もう一回 もう一回 儚(はかな)い祈りを繰り返すよ たとえ泣いたって 諦(あきら)めないこと誓った もう一回 もう一回 やり直し前へ進めるなら  この想いは色褪(いろあ)せない 始まりの場所を思い出した 夜明けを待たないで進むよ  誰かに願いを話すたびに 恥じらっては 繕(つくろ)ってた 自分の願いの結末さえも 決めつけてた  「ここからもう一度 始めてみれば」胸の奥 声がした 手に入れたものは全部乾いて 消えていた  心に弧を描(えが)いた 光の行く先見ないままで 生きていくなんて もうできない  どれだけ走ったって 届かない場所だなんて 言わないで 今、泣いて 堪(こら)えた想いが溢(あふ)れだした 自信がなくたって やめられないこと悟った もう一回 もう一回 きっとまだ世界は素晴らしいんだ  この熱に嘘はつけない 始まりの場所は胸の奥で 瞬(またた)きつづけてる  心惹かれてく 理由なんてわからない 今はまだ 遠くても すべてを 解(わか)る日が 来る  地平線 堕(お)ちてゆく流星群 希望に向かって弧を描(えが)くよ 力の限り 光って―――  心に広げた 頼りない未来図追って 必ず 必ず 夢見た場所まで辿り着くよ  たとえ泣いたって 諦(あきら)めないこと誓った もう一回 もう一回 やり直し前へ進めるなら  この想いは色褪(いろあ)せない 始まりの場所は胸の奥で 瞬(またた)きつづけてる ここからもう一度始めてみよう 夜明けを待たないで進むよ
Tiny Light優しさに触れて 残る温度 消えないまま 愛しいと言えたら 心は軽くなるかな  閉ざした 扉の向こうで 微かな声が聴こえてる 踏み出すことさえも 出来ないから 孤独に寄り添ってる  まだ この胸の中 生きづいたまま 小さな灯し火のような想いを 風に吹かれぬように 雨に濡れないように ずっと 抱きしめてた  ただ 真っ直ぐなまま 願う強さも 泣き出しそうになる 脆い自分も 君が居なきゃ 知らなかったんだよ 偶然の中で運命を見つけた  瞳閉じる度 記憶の海 漂っては 深い夢のあと 面影を探してたんだ  変わらないモノクロの日々に 君が色を添えてくから 滲んだ過去さえも いつの間にか 意味を持ち始めてる  まだ この胸の中 隠したままの 痛いほど 愛しい こんな想いを いつか消えてしまうその前に 届けたい人は 君だけなんだ  どんな 涙も どんな笑顔も 全ては君のためにあるから  まだ この胸の中 生きづいたまま 小さな灯し火のような想いを  風に吹かれぬように 雨に濡れないように ずっと 抱きしめてた  ただ 真っ直ぐなまま 願う強さも 泣き出しそうになる 脆い自分も 君が居なきゃ 知らなかったんだよ 偶然の中で運命を見つけた  君がいるだけで 世界は変わった鬼頭明里SakuSaku優しさに触れて 残る温度 消えないまま 愛しいと言えたら 心は軽くなるかな  閉ざした 扉の向こうで 微かな声が聴こえてる 踏み出すことさえも 出来ないから 孤独に寄り添ってる  まだ この胸の中 生きづいたまま 小さな灯し火のような想いを 風に吹かれぬように 雨に濡れないように ずっと 抱きしめてた  ただ 真っ直ぐなまま 願う強さも 泣き出しそうになる 脆い自分も 君が居なきゃ 知らなかったんだよ 偶然の中で運命を見つけた  瞳閉じる度 記憶の海 漂っては 深い夢のあと 面影を探してたんだ  変わらないモノクロの日々に 君が色を添えてくから 滲んだ過去さえも いつの間にか 意味を持ち始めてる  まだ この胸の中 隠したままの 痛いほど 愛しい こんな想いを いつか消えてしまうその前に 届けたい人は 君だけなんだ  どんな 涙も どんな笑顔も 全ては君のためにあるから  まだ この胸の中 生きづいたまま 小さな灯し火のような想いを  風に吹かれぬように 雨に濡れないように ずっと 抱きしめてた  ただ 真っ直ぐなまま 願う強さも 泣き出しそうになる 脆い自分も 君が居なきゃ 知らなかったんだよ 偶然の中で運命を見つけた  君がいるだけで 世界は変わった
Dive to World遠ざかる未来 逃がさないように 必死に手を伸ばし続けてた ねぇ まだ 掴めないモノばかり だけど諦めないよ  閉ざした扉を 開くことの出来る鍵は きっといつでも この胸の中に  飛び込め 未知なる世界へ 僕たちが 描いた地図に沿って 進んでゆけ 想いは光に変わってく どんな暗闇だって きっと 照らしてくれるよ  前ばかり見て 少し疲れたら 振り返ってよ 今までの足跡が ほら 背中を押してくれる そんな気がして 自信に変わった  戸惑い間違いも受け入れながら 不安や痛みと手を取り合えばいい いつだって探してる 今日だって明日だって 僕が僕でいる理由を  踏み出せ 新しい心で 僕たちは 何度も生まれ変わって 進んでゆけ 願いは確かに強くなって どんな運命も 変えてゆけるさ  飛び込め 未知なる世界へ 僕たちが 描いた地図に沿って 進んでゆけ 想いは光に変わってく どんな暗闇だって きっと照らしてくれるよ鬼頭明里SakuSaku遠ざかる未来 逃がさないように 必死に手を伸ばし続けてた ねぇ まだ 掴めないモノばかり だけど諦めないよ  閉ざした扉を 開くことの出来る鍵は きっといつでも この胸の中に  飛び込め 未知なる世界へ 僕たちが 描いた地図に沿って 進んでゆけ 想いは光に変わってく どんな暗闇だって きっと 照らしてくれるよ  前ばかり見て 少し疲れたら 振り返ってよ 今までの足跡が ほら 背中を押してくれる そんな気がして 自信に変わった  戸惑い間違いも受け入れながら 不安や痛みと手を取り合えばいい いつだって探してる 今日だって明日だって 僕が僕でいる理由を  踏み出せ 新しい心で 僕たちは 何度も生まれ変わって 進んでゆけ 願いは確かに強くなって どんな運命も 変えてゆけるさ  飛び込め 未知なる世界へ 僕たちが 描いた地図に沿って 進んでゆけ 想いは光に変わってく どんな暗闇だって きっと照らしてくれるよ
dear my distance一人の時間が 経てば経つほど 慣れてくるもの と思っていた 僕は臆病者だ 平気な顔して 本当はどこかで 恐れていた  こんな筈なんかじゃなかったって 言い訳ばかりが 増えてゆく 君の記憶から僕の事だって 消えてしまうよ  あともう何十年 長い旅のどこかで 落としてきたものを 拾い集めよう こんな自分が 嫌いになってもまだ僕は 足を止めない  どんな未来だって 大丈夫だろう 怖くはないと 思い込んだ 両手いっぱい抱えて 歩いた道を 振り返ることは ないのだから  もっと自分を 認められたら 見える景色も 変わるかな 一人きりだと 思っていた僕は 気付き始めた  何十年先も 歩き続けていたいよ 君の声が遠く 聞こえなくても 広い世界で 僕がここにいる意味 もっと わかりたいんだ  ここから 続く空は まだ 色はないから 鮮やかな 自分だけの“青”描いてゆこう 新しい世界  あともう何十年 長い旅は続いてく たくさんの思いを 抱きしめながら こんな自分も 嫌いじゃないと 僕は いつか…  何十年先も 歩き続けていたいよ 君の声が遠く 聞こえなくても 広い世界で 理由をみつけられた僕は 足を止めない  いつかもう一度 会いにゆくから鬼頭明里石倉誉之・yuiko石倉誉之一人の時間が 経てば経つほど 慣れてくるもの と思っていた 僕は臆病者だ 平気な顔して 本当はどこかで 恐れていた  こんな筈なんかじゃなかったって 言い訳ばかりが 増えてゆく 君の記憶から僕の事だって 消えてしまうよ  あともう何十年 長い旅のどこかで 落としてきたものを 拾い集めよう こんな自分が 嫌いになってもまだ僕は 足を止めない  どんな未来だって 大丈夫だろう 怖くはないと 思い込んだ 両手いっぱい抱えて 歩いた道を 振り返ることは ないのだから  もっと自分を 認められたら 見える景色も 変わるかな 一人きりだと 思っていた僕は 気付き始めた  何十年先も 歩き続けていたいよ 君の声が遠く 聞こえなくても 広い世界で 僕がここにいる意味 もっと わかりたいんだ  ここから 続く空は まだ 色はないから 鮮やかな 自分だけの“青”描いてゆこう 新しい世界  あともう何十年 長い旅は続いてく たくさんの思いを 抱きしめながら こんな自分も 嫌いじゃないと 僕は いつか…  何十年先も 歩き続けていたいよ 君の声が遠く 聞こえなくても 広い世界で 理由をみつけられた僕は 足を止めない  いつかもう一度 会いにゆくから
Desire Againあどけない心で 追いかけてたあの彗星は 気づけば遠くになってた 不安とか現実に 押しつぶされてしまいそうで 歩き出し方も忘れていた  なんにもないよと嘆いてた日々 ありふれた自分が嫌いで 変わりたくて踏み出したら 少し近づけたかな  私が私でいる証を ギュッと握りしめていたいんだ 明日の私に繋ぐ願い いつか叶えて笑いたいから  なんでもない言葉で ひどく傷ついた心が 誰かの助けを待ってた 信じていたものが いつの間にか信じられなくて 立ち上がることに疲れていた  何度も何度も間違えても 悔しさと優しさを知って 乗り越えたその先には 思い出に変わってく  あなたがあなたでいる証を ずっと守り続けてくれたら どこかの誰かに笑われても いつも私がそばにいるから  誰にでもつまずきがあって 誰にでも希望があるんだ それぞれがかけがえない未来 目の前のドアを開けてみよう その両手で  感じてるんだ瞬間を 飛び越えるんだ境界線  私が私でいる証を ギュッと握りしめていたいんだ 明日の私に繋ぐ願い いつか叶えて笑いたいから ずっと私だけの物だから ずっとあなただけの物だから鬼頭明里新田目駿(HANO)momoあどけない心で 追いかけてたあの彗星は 気づけば遠くになってた 不安とか現実に 押しつぶされてしまいそうで 歩き出し方も忘れていた  なんにもないよと嘆いてた日々 ありふれた自分が嫌いで 変わりたくて踏み出したら 少し近づけたかな  私が私でいる証を ギュッと握りしめていたいんだ 明日の私に繋ぐ願い いつか叶えて笑いたいから  なんでもない言葉で ひどく傷ついた心が 誰かの助けを待ってた 信じていたものが いつの間にか信じられなくて 立ち上がることに疲れていた  何度も何度も間違えても 悔しさと優しさを知って 乗り越えたその先には 思い出に変わってく  あなたがあなたでいる証を ずっと守り続けてくれたら どこかの誰かに笑われても いつも私がそばにいるから  誰にでもつまずきがあって 誰にでも希望があるんだ それぞれがかけがえない未来 目の前のドアを開けてみよう その両手で  感じてるんだ瞬間を 飛び越えるんだ境界線  私が私でいる証を ギュッと握りしめていたいんだ 明日の私に繋ぐ願い いつか叶えて笑いたいから ずっと私だけの物だから ずっとあなただけの物だから
トウメイナユメSomeday ふとした瞬間でさえ 気になって 今日もキミの姿探してる ここは わたしの夢  (Uh,let me know) いつも遠くを見つめて微笑むように (In your mind) 涙うかべて佇むキミを見ていた わたしだけの 秘密のこの場所で…  それは One Two Threeで始まる トウメイなセカイのStory 聞こえますか? 届きそうで 手を伸ばしても きっと ねぇ “キミ”も “明日”も 届かない わたし 何回も繰り返す 時間は止められない Ah この夢の続き ずっと 見ていたくなった だから今は 知らないままでいいの  Daydream 眩暈がするほど夢中に なってく もっと近づきたくて 遠くて いつももどかしくて  (Uh,intangible) 見えないガラスの壁に阻まれている (You & me) 振り向くことはないとわかっているのに 今日もまた 手を伸ばしてしまう  まるで 満天の星空を 歩き続けてるみたい 果てはなくて 足元さえ 何も見えなくなって ただ キミを探し続ける わたし いつだって感じてた 曖昧なその態度が ねぇ 気になってしまう そっと 触れてみたくなる 振り返らない 背中を見つめていた  氷のように溶けるのなら よかったのに この壁は ずっと 二人の境界線 どうしたって 消えないと知っていた  それは One Two Threeで始まる トウメイなセカイのStory 聞こえますか? 届きそうで 手を伸ばしても きっと ねぇ キミに キミに 届かない わたし 何回も繰り返す 時間は止められない なら せめて夢だけは ずっと 終わらないでいい 涙の意味 知らないままでいいの わたしはここで… Da-Di-La Da-Di-La yeah トウメイナユメ ミテル鬼頭明里yuiko藤井健太郎(HANO)Someday ふとした瞬間でさえ 気になって 今日もキミの姿探してる ここは わたしの夢  (Uh,let me know) いつも遠くを見つめて微笑むように (In your mind) 涙うかべて佇むキミを見ていた わたしだけの 秘密のこの場所で…  それは One Two Threeで始まる トウメイなセカイのStory 聞こえますか? 届きそうで 手を伸ばしても きっと ねぇ “キミ”も “明日”も 届かない わたし 何回も繰り返す 時間は止められない Ah この夢の続き ずっと 見ていたくなった だから今は 知らないままでいいの  Daydream 眩暈がするほど夢中に なってく もっと近づきたくて 遠くて いつももどかしくて  (Uh,intangible) 見えないガラスの壁に阻まれている (You & me) 振り向くことはないとわかっているのに 今日もまた 手を伸ばしてしまう  まるで 満天の星空を 歩き続けてるみたい 果てはなくて 足元さえ 何も見えなくなって ただ キミを探し続ける わたし いつだって感じてた 曖昧なその態度が ねぇ 気になってしまう そっと 触れてみたくなる 振り返らない 背中を見つめていた  氷のように溶けるのなら よかったのに この壁は ずっと 二人の境界線 どうしたって 消えないと知っていた  それは One Two Threeで始まる トウメイなセカイのStory 聞こえますか? 届きそうで 手を伸ばしても きっと ねぇ キミに キミに 届かない わたし 何回も繰り返す 時間は止められない なら せめて夢だけは ずっと 終わらないでいい 涙の意味 知らないままでいいの わたしはここで… Da-Di-La Da-Di-La yeah トウメイナユメ ミテル
Drawing a Wish未来のキャンバスは いつだってまっさら 最初の衝動を 忘れないように 落書きみたいな 自由さで描きたい 始まったばかりのわたしの世界  悩んで 迷って できた空白だって 何一つ無駄じゃない I Believe, Here…  Drawing a Wish, Choosing Colors 願いはきっと叶えるためにある だから 色とりどりの思いを重ねよう Make a Dream Come True  顔なき群衆の 顔色うかがうより 届けたい気持ちを 大事にしよう 無難にまとめた 模倣画じゃ響かない 本物の笑顔を 見たいし見せたいよ  空の色 いつも青ってわけじゃない 心模様 そのままのTrue sky, Here…  Drawing a Wish, Choosing Colors 願う気持ちがたたえる希望を信じてる 可能性だらけのパレットの上で Someday, Make a Dream Come True  泣かないように 凛と空を見上げ そっと確かめるんだ Myself & Yourself  Drawing a Wish, Choosing Colors 願うココロが起こせる奇跡を信じてる  Let's Drawing a Wish! Choosing Futures 願いはきっと叶えるためにある だから 自分だけの虹を架けてみせるよ Make a Dream Come True!鬼頭明里磯谷佳江小野貴光未来のキャンバスは いつだってまっさら 最初の衝動を 忘れないように 落書きみたいな 自由さで描きたい 始まったばかりのわたしの世界  悩んで 迷って できた空白だって 何一つ無駄じゃない I Believe, Here…  Drawing a Wish, Choosing Colors 願いはきっと叶えるためにある だから 色とりどりの思いを重ねよう Make a Dream Come True  顔なき群衆の 顔色うかがうより 届けたい気持ちを 大事にしよう 無難にまとめた 模倣画じゃ響かない 本物の笑顔を 見たいし見せたいよ  空の色 いつも青ってわけじゃない 心模様 そのままのTrue sky, Here…  Drawing a Wish, Choosing Colors 願う気持ちがたたえる希望を信じてる 可能性だらけのパレットの上で Someday, Make a Dream Come True  泣かないように 凛と空を見上げ そっと確かめるんだ Myself & Yourself  Drawing a Wish, Choosing Colors 願うココロが起こせる奇跡を信じてる  Let's Drawing a Wish! Choosing Futures 願いはきっと叶えるためにある だから 自分だけの虹を架けてみせるよ Make a Dream Come True!
23時の春雷少女街を包む風と誰か(Are you living? “Yes”) 呼ばれてても識別とかできない 私この世界で響き合える通じ合える特別な声 その声が君だった  かくして少し近づいたんだ 君の勇気を感じ取った  コマンド?ファンファーレ響くはずが… エラーコード!  まるで春雷、目を奪って走った君がいない方へ それは推定23時 理由が説明できない(Are you press “NO”?) だけど鮮明 ふと浮かんだ記憶は甘いキスのflash back これは幻想?予期しないんだ 迷ってる 誰か教えてよ  日付が変わる少し前 プログラム確かに書き変わったんだ 名前をつけよう、君が恋だった  水面はもう揺れること無く(Are you living? “umm…”) 夜に混ざる 言葉たちは儚い 本音くらいすぐに 躊躇も無くはじき出せる はずだったよ はずだったよ はずだった  お願いだ 私の声が言いたがる 「ここにいるんだ ごめん 見つけて」 …もう少しなのに、フリーズする!  だから春雷みたくどうか奪って私のあらすじを この世界ではじめたいんだ 理由は聞かないでほしい(Are you press “NO”?) だって感情難しいんだ デリートできずに増えていく なんて複雑多岐なチャート 映して君を考えてる  どうしよう こっからは無理だよ ダメだな 呼吸を止めた瞬間に 涙になったよ 君は夢だった  …涙?これは涙? 知ってる 私 知ってるみたい プログラムは音を立てないままで 心になった!  まるで春雷、どこにいたって感じるよ、君を今探してる それは推定23時49分 どうか届いて欲しいんだ!(Are you press “YES”?)  まるで春雷、目を奪って走った君がいない方へ あれは推定23時 時計は今しか指さない(Are you press “YES”?) だから鮮明 ふと浮かんだ未来は甘いキスの直前 これは幻想?そうじゃないんだ 答えは今すぐはじき出す  日付はもう間もなく変わる 私と君も今変わるんだよ  証明は終わり、これが恋だった。鬼頭明里田淵智也田淵智也街を包む風と誰か(Are you living? “Yes”) 呼ばれてても識別とかできない 私この世界で響き合える通じ合える特別な声 その声が君だった  かくして少し近づいたんだ 君の勇気を感じ取った  コマンド?ファンファーレ響くはずが… エラーコード!  まるで春雷、目を奪って走った君がいない方へ それは推定23時 理由が説明できない(Are you press “NO”?) だけど鮮明 ふと浮かんだ記憶は甘いキスのflash back これは幻想?予期しないんだ 迷ってる 誰か教えてよ  日付が変わる少し前 プログラム確かに書き変わったんだ 名前をつけよう、君が恋だった  水面はもう揺れること無く(Are you living? “umm…”) 夜に混ざる 言葉たちは儚い 本音くらいすぐに 躊躇も無くはじき出せる はずだったよ はずだったよ はずだった  お願いだ 私の声が言いたがる 「ここにいるんだ ごめん 見つけて」 …もう少しなのに、フリーズする!  だから春雷みたくどうか奪って私のあらすじを この世界ではじめたいんだ 理由は聞かないでほしい(Are you press “NO”?) だって感情難しいんだ デリートできずに増えていく なんて複雑多岐なチャート 映して君を考えてる  どうしよう こっからは無理だよ ダメだな 呼吸を止めた瞬間に 涙になったよ 君は夢だった  …涙?これは涙? 知ってる 私 知ってるみたい プログラムは音を立てないままで 心になった!  まるで春雷、どこにいたって感じるよ、君を今探してる それは推定23時49分 どうか届いて欲しいんだ!(Are you press “YES”?)  まるで春雷、目を奪って走った君がいない方へ あれは推定23時 時計は今しか指さない(Are you press “YES”?) だから鮮明 ふと浮かんだ未来は甘いキスの直前 これは幻想?そうじゃないんだ 答えは今すぐはじき出す  日付はもう間もなく変わる 私と君も今変わるんだよ  証明は終わり、これが恋だった。
No ContinueGame Start  配られた手札は代わり映えのしない毎日(いつも) 退屈な山札 今日も引き当てる 平凡な日常(ジョーカー)  Fake out 偶然かディーラーの采配か Fake up 疑い抜け  食傷気味の強くてニューゲーム 与えられたカードが切り札になる  Game Changer 運命だって誰が決めたんだっけ? 目の前に広がる 白紙の未来 答え合わせをするのは 他でもない自分自身だ  抜け出せない 嘘の世界 リセットボタンの無い現実(リアル)  シナリオを変えようぜ ねぇ 脚本家(writer)のような(like a)嘘吐きさん(liar)  平凡で順当でどうせどうせお決まりのルートだ よくあるハナシ よくあるセリフ  最適で最低なあぁだこうだ言い訳並べ 明日頼み 今日もどうせあぁだこうだばっか繰り返す  抜け出せない 嘘の世界 ニセモノはどっちだ  Kick out 眼前の退屈な山札が Wake up 平凡な日常の理由すら Fake out 偶然かディーラーの采配か Fake up 疑い抜け  上々ノ吉or出来レース 答え合わせをしよう さあ  Game Changer 必然だって上書きしちゃえばいい なけなしのプロット 最後のページ 負けイベなのか決めるのは 他でもない自分自身だ もう迷わない  どれほど 詭弁で着飾っても虚勢を張って見せても 最終回まで空白のまま今も続いてる 偶然なんて言葉でこの人生(ものがたり)のエンディングは 終わらせらんないから もしもこの世界が全て五秒前に作られ もしもこの記憶が生まれたてでも 今を証明するのは他でもない自分自身だ  Game Changer 運命だって誰が決めたんだっけ? 目の前に広がる 白紙の未来 エンドロールが流れる その時まで駆け抜けよう  本物にも偽物にもリセットボタンの無い現実(リアル) 後悔はもうしないから  ねぇ 脚本家(writer)のような(like a)嘘吐きさん(liar) バイバイ鬼頭明里ANCHORANCHORGame Start  配られた手札は代わり映えのしない毎日(いつも) 退屈な山札 今日も引き当てる 平凡な日常(ジョーカー)  Fake out 偶然かディーラーの采配か Fake up 疑い抜け  食傷気味の強くてニューゲーム 与えられたカードが切り札になる  Game Changer 運命だって誰が決めたんだっけ? 目の前に広がる 白紙の未来 答え合わせをするのは 他でもない自分自身だ  抜け出せない 嘘の世界 リセットボタンの無い現実(リアル)  シナリオを変えようぜ ねぇ 脚本家(writer)のような(like a)嘘吐きさん(liar)  平凡で順当でどうせどうせお決まりのルートだ よくあるハナシ よくあるセリフ  最適で最低なあぁだこうだ言い訳並べ 明日頼み 今日もどうせあぁだこうだばっか繰り返す  抜け出せない 嘘の世界 ニセモノはどっちだ  Kick out 眼前の退屈な山札が Wake up 平凡な日常の理由すら Fake out 偶然かディーラーの采配か Fake up 疑い抜け  上々ノ吉or出来レース 答え合わせをしよう さあ  Game Changer 必然だって上書きしちゃえばいい なけなしのプロット 最後のページ 負けイベなのか決めるのは 他でもない自分自身だ もう迷わない  どれほど 詭弁で着飾っても虚勢を張って見せても 最終回まで空白のまま今も続いてる 偶然なんて言葉でこの人生(ものがたり)のエンディングは 終わらせらんないから もしもこの世界が全て五秒前に作られ もしもこの記憶が生まれたてでも 今を証明するのは他でもない自分自身だ  Game Changer 運命だって誰が決めたんだっけ? 目の前に広がる 白紙の未来 エンドロールが流れる その時まで駆け抜けよう  本物にも偽物にもリセットボタンの無い現実(リアル) 後悔はもうしないから  ねぇ 脚本家(writer)のような(like a)嘘吐きさん(liar) バイバイ
晴れ待ちノオト雨に打たれ俯いてる 物言わないひなげしの花  瞳の裏にきみを思った 傘を手向け ともに待とう 光を望むとき  優しくなりたい ひたすら願った 無闇なものじゃ 今以上傷つけるかもしれない 強さって何だろう 何ができるだろう 涙の理由に寄り添うことだけ そっと許して  ひと雫が集まるたび 小さな湖が 心を飲み込むよう  無意識のまま 来た道をゆく 傘はここに置いていくね 流れる雲の空  息切らしながら 今日だけはきみの 大丈夫だよって笑顔は信じちゃいけなかった 黙っていていい 笑わなくていい 柔らかい頬になるまで 隣にいてもいいかな  坂道を下り 景色をいくつも きみへと急ぐ 雨上がりを  静かに 静かに ため息はやがて深呼吸に変わったね 心が耳を澄まし 振り向く  優しくなりたい ひたすら願った 無闇なものじゃ 今以上傷つけるかもしれない 正しい答えより 何もできなくても 雨[なみだ]の向こうへ手を添え “友達”と そう呼ばせて 太陽を見つける そのとき鬼頭明里辻純更藤原彩豊雨に打たれ俯いてる 物言わないひなげしの花  瞳の裏にきみを思った 傘を手向け ともに待とう 光を望むとき  優しくなりたい ひたすら願った 無闇なものじゃ 今以上傷つけるかもしれない 強さって何だろう 何ができるだろう 涙の理由に寄り添うことだけ そっと許して  ひと雫が集まるたび 小さな湖が 心を飲み込むよう  無意識のまま 来た道をゆく 傘はここに置いていくね 流れる雲の空  息切らしながら 今日だけはきみの 大丈夫だよって笑顔は信じちゃいけなかった 黙っていていい 笑わなくていい 柔らかい頬になるまで 隣にいてもいいかな  坂道を下り 景色をいくつも きみへと急ぐ 雨上がりを  静かに 静かに ため息はやがて深呼吸に変わったね 心が耳を澄まし 振り向く  優しくなりたい ひたすら願った 無闇なものじゃ 今以上傷つけるかもしれない 正しい答えより 何もできなくても 雨[なみだ]の向こうへ手を添え “友達”と そう呼ばせて 太陽を見つける そのとき
V!vace(1,2,3,4!!) 星の海をなぞる五線譜 息も弾むリズム合わせて 風は走る 遥か彼方へ ボクら同じ空の下  (1,2,3) さあ始めよう (You & Me) そう繋がって 心重ね もっともっと速く どうやったって足りないよ OVERDRIVE Be brave イマを駆けていく  こんな夜は全部投げ出して キミのもとまで フレーズ届けよう ずっとずっと温めたんだ どんな夜も全部抜け出して キミのことばで 語りあおう 新しい朝に連れてってみせるから  月の弓を描く指先 ゆらり揺れるタクトに乗せて 波は生まれ 身体伝えば ボクら同じ音の中  (1,2,3) さあ飛び込もう (You & Me) そういつだって (Foo!!) 心奮え もっともっと熱く セオリーなんて知らないよ OVERTAKE Be shine イマを懸けていく  そんな夜を全部手に入れて キミのそばなら モノクロの夢も 何度だって輝けるんだ どんな夜も全部乗り越えて キミの歩幅で 探しだそう 新しい朝をつかまえてみたいから  (Clap! Clap!) Show me your heart beat!! (Clap! Clap!) Frea Kin'Dreamin' (Clap! Clap!) Show me your heart beat!!  (1,2,3) さあ見つめよう (You & Me) そう信じてる 思うままに もっともっと速く 最高潮のその先へ OVERFLOW Refrain イマを生きていく  こんな夜は全部抱きしめて キミのとなりで ユニゾンする声 何度だって口ずさむんだ どんな夜も全部抱きしめて キミの笑顔で 変えていこう 新しい朝はボクらの胸の中鬼頭明里山野辺翔平深澤祐貴(1,2,3,4!!) 星の海をなぞる五線譜 息も弾むリズム合わせて 風は走る 遥か彼方へ ボクら同じ空の下  (1,2,3) さあ始めよう (You & Me) そう繋がって 心重ね もっともっと速く どうやったって足りないよ OVERDRIVE Be brave イマを駆けていく  こんな夜は全部投げ出して キミのもとまで フレーズ届けよう ずっとずっと温めたんだ どんな夜も全部抜け出して キミのことばで 語りあおう 新しい朝に連れてってみせるから  月の弓を描く指先 ゆらり揺れるタクトに乗せて 波は生まれ 身体伝えば ボクら同じ音の中  (1,2,3) さあ飛び込もう (You & Me) そういつだって (Foo!!) 心奮え もっともっと熱く セオリーなんて知らないよ OVERTAKE Be shine イマを懸けていく  そんな夜を全部手に入れて キミのそばなら モノクロの夢も 何度だって輝けるんだ どんな夜も全部乗り越えて キミの歩幅で 探しだそう 新しい朝をつかまえてみたいから  (Clap! Clap!) Show me your heart beat!! (Clap! Clap!) Frea Kin'Dreamin' (Clap! Clap!) Show me your heart beat!!  (1,2,3) さあ見つめよう (You & Me) そう信じてる 思うままに もっともっと速く 最高潮のその先へ OVERFLOW Refrain イマを生きていく  こんな夜は全部抱きしめて キミのとなりで ユニゾンする声 何度だって口ずさむんだ どんな夜も全部抱きしめて キミの笑顔で 変えていこう 新しい朝はボクらの胸の中
Follow me!Wake up 目覚めた 真夜中 連れ出して Follow me! through through リアルを飛び越え 君に会いに行こう  一人のワンルーム ディスプレイをスクロール 退屈な夜 (So mundane, so mundane) 待ってないけど 期待もないけど...  モヤモヤしたって ドキドキしたって 感情は全部そう (嘘じゃない) 隠せない 葛藤Loop  確かめたい気持ち 心のキー 鍵かけないように 待てないよ、もう どんな世界があるの?  今すぐ Wake up 目覚めた 君をまた 連れ出して Follow me! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから  だから far away 届けたい 思いを 仕舞わずに Take a chance! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから また君に会うために  気づけばサンデーモーニング わちゃわちゃファッションチェック 行動しなくちゃね(意味がない!) バレないように ハートにzip  抱え込んだ思い アンニュイなライフ 鍵かけないでいて ここからは 君と作りたいから  今すぐ Wake up 目覚めた 君と今 走り出しFollow me! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから  だから far away 届かない 言葉を もう一歩 Take a chance! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから 今君に伝えたい!  (Please!)髪型気づいてるかな? (Please!)フリルはちょっと攻め過ぎ? 乙女心は難しいって年頃  (Please!)ぎこちない手の触れ方も (Please!)可愛いって思ってほしい! ありふれた願いを叶えてみたい  今すぐ Wake up 目覚めた 君をまた 連れ出して Follow me! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから  だから far away 届けたい 思いを 仕舞わずに Take a chance! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから 次君に会うときは(ずっと) 君のとなりで居たい鬼頭明里脇眞富(Arte Refact)脇眞富(Arte Refact)Wake up 目覚めた 真夜中 連れ出して Follow me! through through リアルを飛び越え 君に会いに行こう  一人のワンルーム ディスプレイをスクロール 退屈な夜 (So mundane, so mundane) 待ってないけど 期待もないけど...  モヤモヤしたって ドキドキしたって 感情は全部そう (嘘じゃない) 隠せない 葛藤Loop  確かめたい気持ち 心のキー 鍵かけないように 待てないよ、もう どんな世界があるの?  今すぐ Wake up 目覚めた 君をまた 連れ出して Follow me! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから  だから far away 届けたい 思いを 仕舞わずに Take a chance! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから また君に会うために  気づけばサンデーモーニング わちゃわちゃファッションチェック 行動しなくちゃね(意味がない!) バレないように ハートにzip  抱え込んだ思い アンニュイなライフ 鍵かけないでいて ここからは 君と作りたいから  今すぐ Wake up 目覚めた 君と今 走り出しFollow me! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから  だから far away 届かない 言葉を もう一歩 Take a chance! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから 今君に伝えたい!  (Please!)髪型気づいてるかな? (Please!)フリルはちょっと攻め過ぎ? 乙女心は難しいって年頃  (Please!)ぎこちない手の触れ方も (Please!)可愛いって思ってほしい! ありふれた願いを叶えてみたい  今すぐ Wake up 目覚めた 君をまた 連れ出して Follow me! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから  だから far away 届けたい 思いを 仕舞わずに Take a chance! through through リアルを飛び越え 迎えに行くから 次君に会うときは(ずっと) 君のとなりで居たい
Fly-High-Five!大声で叫んで 心から笑って 雲ひとつない空へ さあ飛ぼうよ!  (jump! jump! jump! jump!…)  ねえ つまらないことばかり 続いてたら 嫌になるけど いいことばっかの毎日じゃ きっとそれも つまらないよね  辛く苦しい そんな時には 振り返れば 嬉しい楽しい 想い出がほら いつも 背中を 押してくれる  さあ もっとHighになって リズムに乗って飛んで 空にタッチしよう Fly! High-Five! 二度と来ない今日は 一生の宝物 最高な今を楽しもうよ  大声で叫んで 心から笑って 君と一緒だから Fly! High-Five! 何だってできそうな パワーあふれてる 雲ひとつない空へ さあ飛ぼうよ!  (jump! jump! jump! jump!…)  ああ やるせないことだらけ こんな日々が 憂鬱でも いいことが 待ってるだけで 不思議なくらい 頑張れるよ  弱い自分に うつむく時も 君といれば 強く優しい ひとことがほら いつも 味方に なってくれる  世界で一番の 熱い場所に立って 上昇気流に乗れ Fly! High-Five! ひとりじゃダメだって 一緒なら大丈夫 今よ未来の 希望になれ  もっと もっと 心揺らして Singing! Singing! 声を鳴らせ ずっと ずっと 忘れない キラキラの想い出 一緒に作ろう今 Say yeah!  素晴らしい時間は あっという間過ぎていく 胸に刻み付けて Fly! High-Five! 二度と来ない今日を 一生忘れないよう 最高な今を楽しもうよ  大声で叫んで 心から笑って 君と一緒にさあ Fly! High-Five! 何だってできそうな パワーあふれてる 雲ひとつない空へ さあ飛ぼうよ!  (jump! jump! jump! jump!…)鬼頭明里昆真由美中山英二大声で叫んで 心から笑って 雲ひとつない空へ さあ飛ぼうよ!  (jump! jump! jump! jump!…)  ねえ つまらないことばかり 続いてたら 嫌になるけど いいことばっかの毎日じゃ きっとそれも つまらないよね  辛く苦しい そんな時には 振り返れば 嬉しい楽しい 想い出がほら いつも 背中を 押してくれる  さあ もっとHighになって リズムに乗って飛んで 空にタッチしよう Fly! High-Five! 二度と来ない今日は 一生の宝物 最高な今を楽しもうよ  大声で叫んで 心から笑って 君と一緒だから Fly! High-Five! 何だってできそうな パワーあふれてる 雲ひとつない空へ さあ飛ぼうよ!  (jump! jump! jump! jump!…)  ああ やるせないことだらけ こんな日々が 憂鬱でも いいことが 待ってるだけで 不思議なくらい 頑張れるよ  弱い自分に うつむく時も 君といれば 強く優しい ひとことがほら いつも 味方に なってくれる  世界で一番の 熱い場所に立って 上昇気流に乗れ Fly! High-Five! ひとりじゃダメだって 一緒なら大丈夫 今よ未来の 希望になれ  もっと もっと 心揺らして Singing! Singing! 声を鳴らせ ずっと ずっと 忘れない キラキラの想い出 一緒に作ろう今 Say yeah!  素晴らしい時間は あっという間過ぎていく 胸に刻み付けて Fly! High-Five! 二度と来ない今日を 一生忘れないよう 最高な今を楽しもうよ  大声で叫んで 心から笑って 君と一緒にさあ Fly! High-Five! 何だってできそうな パワーあふれてる 雲ひとつない空へ さあ飛ぼうよ!  (jump! jump! jump! jump!…)
みちくさ動き出した 光る 音もない世界 まだ知らない明日を 目に映した 淡い色 水溜りに映る 涙が光って キラキラと綺麗だね みちくさに溶けていくから  くたびれた時はしゃがんで 少し ひとやすみ  必死に 走る 走る 転んでもいい 回り道してたって そしたら いつか いつの日にか また 振り返ろう 結んだ くつひも 足跡 道しるべはいらないよ さあいこうか  動き出した 光る 色もない世界 また踏み出す一歩と キミの声が 聞こえたら 空を舞うよう 風と 忘れて踊って 木漏れ日に目を細め 始まりと歌っていくよ  坂道の途中でまた 花を見つけて  どこかに続いてる 気がして 駆け出す 新しい気持ち 嬉しいなら きっとまちがいじゃない 素敵なこと  せわしく過ぎていく毎日に なくしてしまいそうなもの 風に揺れる花の隣で そっと思い出す  立ち止まったら また どこかで呼んでる 強く優しい声 ひとつずつほどけていく いま 弾む歩幅  ここから 歩いてく 転んでもいい 回り道してたって そしたら いつか いつの日にか また 振り返ろう 結んだ くつひも 足跡 道しるべはいらないよ キミのペースで鬼頭明里鬼頭明里・鶴埼輝一鶴埼輝一動き出した 光る 音もない世界 まだ知らない明日を 目に映した 淡い色 水溜りに映る 涙が光って キラキラと綺麗だね みちくさに溶けていくから  くたびれた時はしゃがんで 少し ひとやすみ  必死に 走る 走る 転んでもいい 回り道してたって そしたら いつか いつの日にか また 振り返ろう 結んだ くつひも 足跡 道しるべはいらないよ さあいこうか  動き出した 光る 色もない世界 また踏み出す一歩と キミの声が 聞こえたら 空を舞うよう 風と 忘れて踊って 木漏れ日に目を細め 始まりと歌っていくよ  坂道の途中でまた 花を見つけて  どこかに続いてる 気がして 駆け出す 新しい気持ち 嬉しいなら きっとまちがいじゃない 素敵なこと  せわしく過ぎていく毎日に なくしてしまいそうなもの 風に揺れる花の隣で そっと思い出す  立ち止まったら また どこかで呼んでる 強く優しい声 ひとつずつほどけていく いま 弾む歩幅  ここから 歩いてく 転んでもいい 回り道してたって そしたら いつか いつの日にか また 振り返ろう 結んだ くつひも 足跡 道しるべはいらないよ キミのペースで
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 祝福
  2. Tot Musica
  3. 新時代
  4. ウタカタララバイ
  5. SOUVENIR

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. SuperCali
  2. Let Go
  3. 445
  4. Only One For Me
  5. 秋桜

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照