Novelbrightの歌詞一覧リスト  54曲中 1-54曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
54曲中 1-54曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛とか恋とかGOLD LYLIC月曜日の朝 憂鬱な気持ちも 君と会う日を思い浮かべれば いつもの道に優しい風が吹き 心弾ませ今日が始まるよ  昔は聴かなかったあの歌や 映画や香水の匂いでさえも 君が好きなものってだけでさ どうして僕も好きなんだろう  こんなにも 愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの 『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い 君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った 離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと  会えない時は思い出をめくって 近くに君を感じて励まされ 携帯に映る君からの通知を 開く時間に笑顔になれるよ  僕の腕で君が眠る夜も 夢でもいつでも君と過ごしてた 目が覚めても夢は醒めないまま 心が君で満ちていく  こんなにも 愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの 「愛してる」が溢れ出して 止まらない想い 守りたい明日も この先訪れる未来を全部 預けてほしい 君以外はもう他には何もいらない  「なんともないよ」「大丈夫だよ」 溢す口癖 僕は気づいてるよ 弱くてもいい、泣いてもいいんだよ 僕の前で強がらないで  愛した理由はさ ありきたりなのかもしれないけど 君以外には考えられない  愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの 『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い 君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った 離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっとGOLD LYLICNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbright月曜日の朝 憂鬱な気持ちも 君と会う日を思い浮かべれば いつもの道に優しい風が吹き 心弾ませ今日が始まるよ  昔は聴かなかったあの歌や 映画や香水の匂いでさえも 君が好きなものってだけでさ どうして僕も好きなんだろう  こんなにも 愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの 『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い 君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った 離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと  会えない時は思い出をめくって 近くに君を感じて励まされ 携帯に映る君からの通知を 開く時間に笑顔になれるよ  僕の腕で君が眠る夜も 夢でもいつでも君と過ごしてた 目が覚めても夢は醒めないまま 心が君で満ちていく  こんなにも 愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの 「愛してる」が溢れ出して 止まらない想い 守りたい明日も この先訪れる未来を全部 預けてほしい 君以外はもう他には何もいらない  「なんともないよ」「大丈夫だよ」 溢す口癖 僕は気づいてるよ 弱くてもいい、泣いてもいいんだよ 僕の前で強がらないで  愛した理由はさ ありきたりなのかもしれないけど 君以外には考えられない  愛とか恋とかの言葉で片付けられないくらいの 『愛してる』が溢れ出して 止まらない想い 君も同じかな 伝えよう目を見て 今すぐ走った 離れないように 離さないから 抱きしめたいよずっと
愛結び目を見て打ち明けるのは 照れ臭くて だから手紙を書いたよ 出逢いは一目惚れで 勇気を出した“好き”に微笑んでくれた君  僕の大切な人達の事 君も大事に想ってくれてるね 優しさに救われ 今日も歩いて来れたよ 繋いだ手だけはこの先も離さない  この I love you の意味を 生涯かけて伝えていくよ 特別な君だけに 今以上にもっと君を知れる未来が嬉しくて その手をぎゅっと握りしめた  二人で見た景色は沢山あって ここでは話しきれないよ お金がない日のデートも お化けが出そうな旅館も かけがえの無いモノ  どんな時でも君が居てくれたら これからが燦然と輝くよ ダメな僕の事をいつも叱ってくれたね 君に喜んでほしいだけで頑張れるよ  この I love you は君と 育ててくれた家族みんなへ贈る愛の証なんだ 生まれて今日までこんなにも 優しい時間(とき)を 過ごせたことにありがとう  新しい生活は不安だらけだよね 泣きたくなる夜が不意に来たとしても 安心して 僕がそっと抱きしめるから 忘れないでいて いつもひとりじゃない  歳を取ってもまだ きっと変わらない しわくちゃな笑顔 繋ぎ合ったこの手と手も 5年後も10年後も50年後も たったひとりの愛する君を離さないよ  この I love you の意味を 生涯かけて伝えていくよ 特別な君だけに 今以上にもっと君を知れる未来が嬉しくて だからいつまでもそばにいてNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎成瀬篤志目を見て打ち明けるのは 照れ臭くて だから手紙を書いたよ 出逢いは一目惚れで 勇気を出した“好き”に微笑んでくれた君  僕の大切な人達の事 君も大事に想ってくれてるね 優しさに救われ 今日も歩いて来れたよ 繋いだ手だけはこの先も離さない  この I love you の意味を 生涯かけて伝えていくよ 特別な君だけに 今以上にもっと君を知れる未来が嬉しくて その手をぎゅっと握りしめた  二人で見た景色は沢山あって ここでは話しきれないよ お金がない日のデートも お化けが出そうな旅館も かけがえの無いモノ  どんな時でも君が居てくれたら これからが燦然と輝くよ ダメな僕の事をいつも叱ってくれたね 君に喜んでほしいだけで頑張れるよ  この I love you は君と 育ててくれた家族みんなへ贈る愛の証なんだ 生まれて今日までこんなにも 優しい時間(とき)を 過ごせたことにありがとう  新しい生活は不安だらけだよね 泣きたくなる夜が不意に来たとしても 安心して 僕がそっと抱きしめるから 忘れないでいて いつもひとりじゃない  歳を取ってもまだ きっと変わらない しわくちゃな笑顔 繋ぎ合ったこの手と手も 5年後も10年後も50年後も たったひとりの愛する君を離さないよ  この I love you の意味を 生涯かけて伝えていくよ 特別な君だけに 今以上にもっと君を知れる未来が嬉しくて だからいつまでもそばにいて
あなたを求めただけなのに愛さないって心に誓ったのに またあんな夢を見てしまうだろうな 曖昧だった気持ちは見ないままで 本音は今でも愛していた  感じ合って何も見えなくて 燃え上がった二人も終わりは一瞬で 灰となった心の導火線 行き先閉ざした  真実(ほんとう)なんて今更 言い出せずに時間は過ぎてく うんざりだ この先は 悲しみなんてもういらないや  愛さないって心に誓ったのに またあんな夢を見てしまうだろうな 曖昧だった気持ちは見ないままで 本音を隠して見ないふり 再開など望みはしないはずだったよ 誤魔化しきれないな  勘違いで二人は交差して 通じ合ったかのような嘘に踊らされ 舞い上がったあの日を思い出して 指先伸ばした  こんな涙流しても 何一つと変わっていないじゃない 散々な 言い訳を 吐いてまた何処かへ逃げ出すの?  最低だったあなたを選んだ日も 殺したいほど愛してた日も 簡単だよ忘れることくらい 傷跡隠して見えないふり  きっと交わらない線と線 でも互いに見つめ合いながら 抑えていた感情さらけ出して 過去に囚われた未来に向かっていく  愛された記憶を辿れば 失った痛みだけが残る 傷痕にそっと触れるたび この愛が疼く  愛さないって心に誓ったのに またあんな夢を見てしまうだろうな 曖昧だった気持ちは見ないままで 本音を隠して見ないふり 再開など望みはしないはずだったよ 終わらせられないなNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗愛さないって心に誓ったのに またあんな夢を見てしまうだろうな 曖昧だった気持ちは見ないままで 本音は今でも愛していた  感じ合って何も見えなくて 燃え上がった二人も終わりは一瞬で 灰となった心の導火線 行き先閉ざした  真実(ほんとう)なんて今更 言い出せずに時間は過ぎてく うんざりだ この先は 悲しみなんてもういらないや  愛さないって心に誓ったのに またあんな夢を見てしまうだろうな 曖昧だった気持ちは見ないままで 本音を隠して見ないふり 再開など望みはしないはずだったよ 誤魔化しきれないな  勘違いで二人は交差して 通じ合ったかのような嘘に踊らされ 舞い上がったあの日を思い出して 指先伸ばした  こんな涙流しても 何一つと変わっていないじゃない 散々な 言い訳を 吐いてまた何処かへ逃げ出すの?  最低だったあなたを選んだ日も 殺したいほど愛してた日も 簡単だよ忘れることくらい 傷跡隠して見えないふり  きっと交わらない線と線 でも互いに見つめ合いながら 抑えていた感情さらけ出して 過去に囚われた未来に向かっていく  愛された記憶を辿れば 失った痛みだけが残る 傷痕にそっと触れるたび この愛が疼く  愛さないって心に誓ったのに またあんな夢を見てしまうだろうな 曖昧だった気持ちは見ないままで 本音を隠して見ないふり 再開など望みはしないはずだったよ 終わらせられないな
We are calling you弱さも強さも全てを 愛し生き抜いて行きたい 1人じゃない心の友  走行距離限界値越え 雨風の日も走らせた 終わらない旅をいつまでも  できればずっとなんて言わないでよ 確信を持ってちゃんと進むんだよ 僕らの将来ゴンドラの行き着く先は夢に見た世界だ  気づけば僕らの旅路には 見渡す限り四葉のクローバー Wow Wow 放て your true feelings again Woo...  仕事終わりの疲れきっている 身体に鞭打ち闘う その努力きっと無駄じゃないさ  誰かが言ったお前には無理だと 誰かも言ったもう辞めにしたらどう? どんな困難も打ち勝つよ君を想えば怖くない  悲しみなんて全部忘れて キラキラ光る海を泳いでいこう Wow Wow やがて 祈りは届く Woo...  敗れかけた一つ一つが 最後の気力振り絞り 集えば奇跡起こるのさ  遥か彼方へ 未だ見ぬ世界へ あなたを誘うよ  気づけば僕らの旅路には 見渡す限り四葉のクローバー Wow Wow 放て your true feelings again Woo...  0から始まる物語 1つとして同じものはない Wow Wow 叫べ 僕とあなたで  ただ歳を重ね生きるより この世に生まれた喜び 噛み締め生きていく方がきっと素晴らしい Wow  心から笑える日々が 永遠に続きますようにと 祈りまた旅立とうNovelbright雄大雄大・勇太朗弱さも強さも全てを 愛し生き抜いて行きたい 1人じゃない心の友  走行距離限界値越え 雨風の日も走らせた 終わらない旅をいつまでも  できればずっとなんて言わないでよ 確信を持ってちゃんと進むんだよ 僕らの将来ゴンドラの行き着く先は夢に見た世界だ  気づけば僕らの旅路には 見渡す限り四葉のクローバー Wow Wow 放て your true feelings again Woo...  仕事終わりの疲れきっている 身体に鞭打ち闘う その努力きっと無駄じゃないさ  誰かが言ったお前には無理だと 誰かも言ったもう辞めにしたらどう? どんな困難も打ち勝つよ君を想えば怖くない  悲しみなんて全部忘れて キラキラ光る海を泳いでいこう Wow Wow やがて 祈りは届く Woo...  敗れかけた一つ一つが 最後の気力振り絞り 集えば奇跡起こるのさ  遥か彼方へ 未だ見ぬ世界へ あなたを誘うよ  気づけば僕らの旅路には 見渡す限り四葉のクローバー Wow Wow 放て your true feelings again Woo...  0から始まる物語 1つとして同じものはない Wow Wow 叫べ 僕とあなたで  ただ歳を重ね生きるより この世に生まれた喜び 噛み締め生きていく方がきっと素晴らしい Wow  心から笑える日々が 永遠に続きますようにと 祈りまた旅立とう
Walking with youPLATINA LYLIC数え切れないほどの想いを 今ならきっとあなたに届くように叫ぶよ  いつからかその目に映る景色全てが まるで光の無い闇の中を見ているよう 悲しみに怯え逃げ出しそうになった時 あなたがくれた言葉に救われたんだよ  鏡に映る自分が徐々に徐々に 魔法がかかったように変わっていくけど 相変わらず無邪気な笑顔の あなたを見ていたいから  数え切れないほどの想いを いつまでも贈り続けてくんだずっとずっと先も 繰り返し心に誓うよ 手を握りずっとそばにいるんだそして決して離さないよ  I make up self mind. that I'm just keeping to go my Chose way from now on. somebody cannot stop me. No matter what you said, No matter what you thought.  心が折れかけ諦めそうな時も 何も言わずただ抱きしめてくれた  時々君の言葉は理不尽で 苛立ちを覚えるような瞬間もあるけど そんな君が僕は愛しくてこの手で守りたい  移り変わり行く季節を この目であなたと眺めていたいな どんな色でも愛することができそう 絵に描いたような幸せを掴み取ろう  50年後の未来もきっと 知らぬ間に幸せの意味を見つけ出しているんだ 世界中の誰よりもずっと この先もあなたと二人でもっともっと前へ歩きたい Oh.. 輝く星のような君となら 数え切れないほどの願いを いくらでも叶えて行けるはずさ 何度だってずっと We can do it.PLATINA LYLICNovelbright雄大雄大・勇太朗数え切れないほどの想いを 今ならきっとあなたに届くように叫ぶよ  いつからかその目に映る景色全てが まるで光の無い闇の中を見ているよう 悲しみに怯え逃げ出しそうになった時 あなたがくれた言葉に救われたんだよ  鏡に映る自分が徐々に徐々に 魔法がかかったように変わっていくけど 相変わらず無邪気な笑顔の あなたを見ていたいから  数え切れないほどの想いを いつまでも贈り続けてくんだずっとずっと先も 繰り返し心に誓うよ 手を握りずっとそばにいるんだそして決して離さないよ  I make up self mind. that I'm just keeping to go my Chose way from now on. somebody cannot stop me. No matter what you said, No matter what you thought.  心が折れかけ諦めそうな時も 何も言わずただ抱きしめてくれた  時々君の言葉は理不尽で 苛立ちを覚えるような瞬間もあるけど そんな君が僕は愛しくてこの手で守りたい  移り変わり行く季節を この目であなたと眺めていたいな どんな色でも愛することができそう 絵に描いたような幸せを掴み取ろう  50年後の未来もきっと 知らぬ間に幸せの意味を見つけ出しているんだ 世界中の誰よりもずっと この先もあなたと二人でもっともっと前へ歩きたい Oh.. 輝く星のような君となら 数え切れないほどの願いを いくらでも叶えて行けるはずさ 何度だってずっと We can do it.
ENVY簡単に世界へアクセス どこにいたってフリックタップして 指先ひとつで覗ける時代が来たんだね  現代が生み出す盲点 多数派意見良しと思わされ 何か事あるごとに画面に問いかけた  瞼の奥に宿った消えかけた火を燃やせ  ハッとなって目が覚めて 視界を照らすものが 紛れもなく真実だろう wow oh… 気づかぬふりをして 目を逸らすのはやめにしよう 答えはここで見た光景  繁栄を謳ったコンテンツ 予想以上にお前を支配していた 使い方間違ってんじゃない気づかぬおバカさん  すぐ周りに流されて 正解見失って躍らされ 独自の価値観押し付けがましい迷惑者  いい気になったつもり知ったかぶり評論家よ  匿名の姿でしか 言いたいことも言えない その時点で敗北でしょう wow oh… 総理大臣のつもりかい? 気まぐれに思い殺すなよ 渦巻く闇を抜け出せ  ハッとなって目が覚めて 視界を照らすものが 紛れもなく真実だろう wow oh… 気づかぬふりをして 目を逸らすのはやめにしよう 答えはここで見た光景Novelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎簡単に世界へアクセス どこにいたってフリックタップして 指先ひとつで覗ける時代が来たんだね  現代が生み出す盲点 多数派意見良しと思わされ 何か事あるごとに画面に問いかけた  瞼の奥に宿った消えかけた火を燃やせ  ハッとなって目が覚めて 視界を照らすものが 紛れもなく真実だろう wow oh… 気づかぬふりをして 目を逸らすのはやめにしよう 答えはここで見た光景  繁栄を謳ったコンテンツ 予想以上にお前を支配していた 使い方間違ってんじゃない気づかぬおバカさん  すぐ周りに流されて 正解見失って躍らされ 独自の価値観押し付けがましい迷惑者  いい気になったつもり知ったかぶり評論家よ  匿名の姿でしか 言いたいことも言えない その時点で敗北でしょう wow oh… 総理大臣のつもりかい? 気まぐれに思い殺すなよ 渦巻く闇を抜け出せ  ハッとなって目が覚めて 視界を照らすものが 紛れもなく真実だろう wow oh… 気づかぬふりをして 目を逸らすのはやめにしよう 答えはここで見た光景
おはようワールド恋をしたって仕事にしたって 最強敵は居ない 高層マンション地元で番長 勝ち組浮かれ野郎  抑えきれない妄想膨らんだ夢覚めると 起き上がれなくて二度寝かましちゃって タイムリミット3分前  ここで開幕戦争孤独のshow time 右斜め上に走れ 改札越えて駆け込みsit down 無駄のない動きでした◎  Purple sky , Jet black sky infinite loop infinite loop If I don't have an alarm clock infinite loop infinite loop  カラスの鳴き声でしまったもうこんな時間 毎日こんな生活じゃ長生きしないよ  顔を洗ってシューズ履く間の 最高速度更新 映画みたいな絵になるダッシュで スッハッスッハッ飛び込んで  満員電車地獄のkick off はみ出す者押し込んで 問題ないと出発のsiren 今日もこんなおはようさ  大事なことはきっと 後悔する前に気づいて 頭で消化して心で行動して でも繰り返す不治の病だろう  開幕戦争孤独のshow time 右斜め上に走れ 改札越えて駆け込みsit down 無駄のない動きでした◎  満員電車地獄のkick off はみ出す者押し込んで 問題ないと出発のsiren 次のステップ始めるかNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗恋をしたって仕事にしたって 最強敵は居ない 高層マンション地元で番長 勝ち組浮かれ野郎  抑えきれない妄想膨らんだ夢覚めると 起き上がれなくて二度寝かましちゃって タイムリミット3分前  ここで開幕戦争孤独のshow time 右斜め上に走れ 改札越えて駆け込みsit down 無駄のない動きでした◎  Purple sky , Jet black sky infinite loop infinite loop If I don't have an alarm clock infinite loop infinite loop  カラスの鳴き声でしまったもうこんな時間 毎日こんな生活じゃ長生きしないよ  顔を洗ってシューズ履く間の 最高速度更新 映画みたいな絵になるダッシュで スッハッスッハッ飛び込んで  満員電車地獄のkick off はみ出す者押し込んで 問題ないと出発のsiren 今日もこんなおはようさ  大事なことはきっと 後悔する前に気づいて 頭で消化して心で行動して でも繰り返す不治の病だろう  開幕戦争孤独のshow time 右斜め上に走れ 改札越えて駆け込みsit down 無駄のない動きでした◎  満員電車地獄のkick off はみ出す者押し込んで 問題ないと出発のsiren 次のステップ始めるか
Okey dokey!!欲張りな期待で膨らませた浮かぶ前に割れる風船も その度頬伝う雨が繋いだ虹に憧れてまた空を目指す  「もういいかい?」 難しく考えすぎた らしくない僕の 兆しになる君がいる  Okey dokey!! 信じて走りだそう 心繋ぐそんな魔法みたいに固い絆 Hurry hurry!! 置いてかれないように 君が僕にくれた優しさを抱きしめ闘う 泥だらけの日々よ  諦めを知らない無邪気な声が 風が吹くように囁くよ 強がって笑顔ばらまいて涙を飲む 震えるその背中に気づいてやれてるかい?  「もう一回...」 過ぎたことを悔やむけど その後悔も 育んだ君の心を  Dreamy dreamy どうか忘れないで 蒼く光るあどけない目が見た景色を Buddy buddy 一人じゃないからさ いつもそばにある優しさを抱きしめ抗う 痣だらけの日々よ  旅立つ季節 言葉は詰まり 別れは待ってはくれないけど それぞれの道 始まりの場所で きっとまた笑い合おう  Okey dokey!! 迷わず走りだせ 心繋ぐそんな魔法みたいに強い絆 Hurly burly 夢中で追いかけた 君が残してくれた優しさを噛み締め羽ばたく 振り返る余裕はない 泥だらけの日々よNovelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎Novelbright欲張りな期待で膨らませた浮かぶ前に割れる風船も その度頬伝う雨が繋いだ虹に憧れてまた空を目指す  「もういいかい?」 難しく考えすぎた らしくない僕の 兆しになる君がいる  Okey dokey!! 信じて走りだそう 心繋ぐそんな魔法みたいに固い絆 Hurry hurry!! 置いてかれないように 君が僕にくれた優しさを抱きしめ闘う 泥だらけの日々よ  諦めを知らない無邪気な声が 風が吹くように囁くよ 強がって笑顔ばらまいて涙を飲む 震えるその背中に気づいてやれてるかい?  「もう一回...」 過ぎたことを悔やむけど その後悔も 育んだ君の心を  Dreamy dreamy どうか忘れないで 蒼く光るあどけない目が見た景色を Buddy buddy 一人じゃないからさ いつもそばにある優しさを抱きしめ抗う 痣だらけの日々よ  旅立つ季節 言葉は詰まり 別れは待ってはくれないけど それぞれの道 始まりの場所で きっとまた笑い合おう  Okey dokey!! 迷わず走りだせ 心繋ぐそんな魔法みたいに強い絆 Hurly burly 夢中で追いかけた 君が残してくれた優しさを噛み締め羽ばたく 振り返る余裕はない 泥だらけの日々よ
開幕宣言いつも通りの退屈な日々 稲妻のような衝撃たちが 突然僕を眩しすぎる世界へ連れ出した その景色は少年時代の僕の 憧れへと姿を変えた そこから始まったんだ 夢を叶える1ページ目  努力が報われなくても 誰かにバカにされても 信じていれば間違いなく未来の主役になるよ  大空に輝く太陽 その目に焼き付けてくれ あの日に誓った夢の全てを この手で必ず掴むから 終わらない旅の始まりを 手をとって笑い合っていこう 何言われようがこれからもずっと 前人未到のストーリーを描いていこう  かけがえのない君との出会い 僕の憧れを伝えて 約束を交わしたんだ 君と始める2ページ目  ふと立ち止まり泣いた 悲しみも君がいれば その手でこの背中を 強く押してくれる  夜空に瞬く星は 世界中の空を彩って 数えきれない無数の光が 誰かの明日を期待させる そんな存在になれるように 一心不乱に輝いていこう 自分信じて 希望抱いて 必ず君とあの舞台へ辿り着く  太陽がまた昇ってくる その目に焼き付けてくれ あの日の誓いは 消えたりしないよ 強く僕を震わせるんだ  終わらない旅の途中も 手をとって笑い合っていこう 何言われようがこれからもずっと 前人未到のストーリーを始めようNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎大西省吾・高橋哲也いつも通りの退屈な日々 稲妻のような衝撃たちが 突然僕を眩しすぎる世界へ連れ出した その景色は少年時代の僕の 憧れへと姿を変えた そこから始まったんだ 夢を叶える1ページ目  努力が報われなくても 誰かにバカにされても 信じていれば間違いなく未来の主役になるよ  大空に輝く太陽 その目に焼き付けてくれ あの日に誓った夢の全てを この手で必ず掴むから 終わらない旅の始まりを 手をとって笑い合っていこう 何言われようがこれからもずっと 前人未到のストーリーを描いていこう  かけがえのない君との出会い 僕の憧れを伝えて 約束を交わしたんだ 君と始める2ページ目  ふと立ち止まり泣いた 悲しみも君がいれば その手でこの背中を 強く押してくれる  夜空に瞬く星は 世界中の空を彩って 数えきれない無数の光が 誰かの明日を期待させる そんな存在になれるように 一心不乱に輝いていこう 自分信じて 希望抱いて 必ず君とあの舞台へ辿り着く  太陽がまた昇ってくる その目に焼き付けてくれ あの日の誓いは 消えたりしないよ 強く僕を震わせるんだ  終わらない旅の途中も 手をとって笑い合っていこう 何言われようがこれからもずっと 前人未到のストーリーを始めよう
Count on meボロボロの心を癒す 一番大事なものは何かを教えてくれた 一人きりになっても 離れ離れになっても 重なり合う想いはいつも一つ  この足が動かない時は 一度ゆっくり休んでみて またその次から 足並み揃え歩けばいいさ 君のいない世界なんて 絶対に想像できないから 守るよこの手で 譲れぬこの居場所を  ベットの上で一人思う なぜ大事な時に限っていつもこうなるの 迷惑かけてばかりの未熟な自分がどんどん 嫌いになっては落ち込んでいくこの負の連鎖 悲しみの果てから 救い出してくれたのは いつもそばにいてくれるあなた  成功が掴めなくても 負け続けの毎日でも あなたとならば 何回だって這い上がれるんだ そう言ってくれた言葉が 僕の心を強くさせるから ありがとう今度は僕が君を支えるから  この足が動かない時は 一度ゆっくり休んでみて またその次から 足並み揃え歩けばいいさ 君のいない世界なんて 絶対に想像できないから 守るよこの手で 譲れぬこの居場所を  あの空の下で誓うよ この手を二度と離さないから いつまでも果てしなく笑い続けたいな  願いが届かなくてもきっとずっと居られますように 永遠の愛を探すよNovelbright雄大雄大・勇太朗ボロボロの心を癒す 一番大事なものは何かを教えてくれた 一人きりになっても 離れ離れになっても 重なり合う想いはいつも一つ  この足が動かない時は 一度ゆっくり休んでみて またその次から 足並み揃え歩けばいいさ 君のいない世界なんて 絶対に想像できないから 守るよこの手で 譲れぬこの居場所を  ベットの上で一人思う なぜ大事な時に限っていつもこうなるの 迷惑かけてばかりの未熟な自分がどんどん 嫌いになっては落ち込んでいくこの負の連鎖 悲しみの果てから 救い出してくれたのは いつもそばにいてくれるあなた  成功が掴めなくても 負け続けの毎日でも あなたとならば 何回だって這い上がれるんだ そう言ってくれた言葉が 僕の心を強くさせるから ありがとう今度は僕が君を支えるから  この足が動かない時は 一度ゆっくり休んでみて またその次から 足並み揃え歩けばいいさ 君のいない世界なんて 絶対に想像できないから 守るよこの手で 譲れぬこの居場所を  あの空の下で誓うよ この手を二度と離さないから いつまでも果てしなく笑い続けたいな  願いが届かなくてもきっとずっと居られますように 永遠の愛を探すよ
君色ノート閉ざされた心の扉を開くと 瞬きもできないほど煌めく世界がそこにはあるんだよ  何気ない日々に突然臆病が 土足で上がり込んで この胸を蝕んでいく  足取りが酷く重い弱気な僕を 躊躇なく蹴飛ばして 踏み出せと先へと進み  気がつけば君の奏でる音鳴り響き 知らぬ間に走ってたメロディの鳴る方へ  裸足のままで飛び出した 連れ去りたいな何処までも 五線譜をふたりでなぞり響かせたいから いつの季節も思い出すよ 僕を描いた君の色 Ah... 記憶に焼き付いたまま 君のその声が優しく包むから  意地っ張りで強がりな君はいつも 辛く泣きたい時も わざとらしく笑って見せた  時間を忘れて無我夢中にはしゃいだ日々 24色のパレットみたくカラフルな思い出  交わした誓いを握りしめ 迷いも捨てて飛び込んだ 踏み出す一歩くれた君忘れはしないから 乾いた世界を抜け出して 共に向かった夢の場所 Ah... 瞳を閉じてもまだ君の残像がこの目に残るよ  出逢って生まれ変われた 二度と色褪せない 何度だって思い通り君色を描くよ  裸足のままで飛び出した 連れ去りたいな何処までも 五線譜をふたりでなぞり響かせたいから いつの季節も思い出すよ 僕を描いた君の色 Ah... 記憶に焼き付いたまま 君のその声が優しく包むからNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎閉ざされた心の扉を開くと 瞬きもできないほど煌めく世界がそこにはあるんだよ  何気ない日々に突然臆病が 土足で上がり込んで この胸を蝕んでいく  足取りが酷く重い弱気な僕を 躊躇なく蹴飛ばして 踏み出せと先へと進み  気がつけば君の奏でる音鳴り響き 知らぬ間に走ってたメロディの鳴る方へ  裸足のままで飛び出した 連れ去りたいな何処までも 五線譜をふたりでなぞり響かせたいから いつの季節も思い出すよ 僕を描いた君の色 Ah... 記憶に焼き付いたまま 君のその声が優しく包むから  意地っ張りで強がりな君はいつも 辛く泣きたい時も わざとらしく笑って見せた  時間を忘れて無我夢中にはしゃいだ日々 24色のパレットみたくカラフルな思い出  交わした誓いを握りしめ 迷いも捨てて飛び込んだ 踏み出す一歩くれた君忘れはしないから 乾いた世界を抜け出して 共に向かった夢の場所 Ah... 瞳を閉じてもまだ君の残像がこの目に残るよ  出逢って生まれ変われた 二度と色褪せない 何度だって思い通り君色を描くよ  裸足のままで飛び出した 連れ去りたいな何処までも 五線譜をふたりでなぞり響かせたいから いつの季節も思い出すよ 僕を描いた君の色 Ah... 記憶に焼き付いたまま 君のその声が優しく包むから
candleあなたに届かなかった言葉 わかってる実らない果実を 待つほどにバカなわけじゃないからさ もうさよなら  淋しさに疲れてその手に抱かれ 恋をしたフリしてあなたを重ねて 満たされた気になって繰り返すだけ 冷たく突き刺さる本音が邪魔だけど  赤々と激しく揺れる炎は 優しく傷口を癒してゆくよ 今だけは一度きりの罪と言い聞かせて 飾られるだけの愛は ただ美しく崩れていく  どれほど後悔を辿っても いまはもう誰かのそばにいて あたたかい幸せを感じるのに 目をそらした  唇が触れあってこの手に抱かれ 愛されたフリしてあなたに溺れて 想いが深くなって繰り返すだけ 途切れない糸は螺旋を描いて  こんなにも眩しく燃え上がるのに 浮かび上がる影はあなたじゃないの 消えていく好きじゃないから?いつもそばにいるのに 壊れそうに微笑むから 触れるたびに滲んでゆく  暗く冷え切った部屋で二人言葉もないまま 目を閉じて考えてた雨音だけ響いて 好きになれたら あんなにも虚しく燃え尽きるのに あなたに触れたくて灯してしまう もう一度ワガママでも私だけ見ていて 創られただけの愛は また美しく崩れていくNovelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎あなたに届かなかった言葉 わかってる実らない果実を 待つほどにバカなわけじゃないからさ もうさよなら  淋しさに疲れてその手に抱かれ 恋をしたフリしてあなたを重ねて 満たされた気になって繰り返すだけ 冷たく突き刺さる本音が邪魔だけど  赤々と激しく揺れる炎は 優しく傷口を癒してゆくよ 今だけは一度きりの罪と言い聞かせて 飾られるだけの愛は ただ美しく崩れていく  どれほど後悔を辿っても いまはもう誰かのそばにいて あたたかい幸せを感じるのに 目をそらした  唇が触れあってこの手に抱かれ 愛されたフリしてあなたに溺れて 想いが深くなって繰り返すだけ 途切れない糸は螺旋を描いて  こんなにも眩しく燃え上がるのに 浮かび上がる影はあなたじゃないの 消えていく好きじゃないから?いつもそばにいるのに 壊れそうに微笑むから 触れるたびに滲んでゆく  暗く冷え切った部屋で二人言葉もないまま 目を閉じて考えてた雨音だけ響いて 好きになれたら あんなにも虚しく燃え尽きるのに あなたに触れたくて灯してしまう もう一度ワガママでも私だけ見ていて 創られただけの愛は また美しく崩れていく
Kii-Kii Cat独り占めしてみたいんだ でも見張られてるせいでさ 隙を窺うだけの時間を過ごしていたんだ 遂に時が来たみたいだ 夢に見てたこのチャンスが 思う存分に張り切って楽しもうか  そんな時に限って お前はここにやって来て いたずらに掻き乱して 手を叩き笑うんだ 待ち焦がれていた至福のひと時を  もうキックオフ 分からせてやるよ 選ぶ相手間違えたことを 逃げても無駄なんだ はい、捕まえたよ 金輪際 大人しくしていな 好きにやろうと思ってた矢先 なのになぜお前はまたここで遊んでるん?  今度こそは絶対に 誰にも邪魔されないように 知恵を絞って作戦を考えてきたんだ この罠に掛かってしまう マヌケなお前思うと よだれが出そうだ今に見てろハハハ  完璧だった計算で やっと一息つけそうだった すると予想外の展開が 作戦が仇となり 裏をかいてきたお前に喰らうカウンター  もうキックオフ 分からせてやるよ 選ぶ相手間違えたことを 逃げても無駄なんだ はい、捕まえたよ 金輪際 大人しくしていな 好きにやろうと思ってた矢先 なのになぜお前はまたここで遊んでるん? 気付けばこれ、慣れてきたなNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbright独り占めしてみたいんだ でも見張られてるせいでさ 隙を窺うだけの時間を過ごしていたんだ 遂に時が来たみたいだ 夢に見てたこのチャンスが 思う存分に張り切って楽しもうか  そんな時に限って お前はここにやって来て いたずらに掻き乱して 手を叩き笑うんだ 待ち焦がれていた至福のひと時を  もうキックオフ 分からせてやるよ 選ぶ相手間違えたことを 逃げても無駄なんだ はい、捕まえたよ 金輪際 大人しくしていな 好きにやろうと思ってた矢先 なのになぜお前はまたここで遊んでるん?  今度こそは絶対に 誰にも邪魔されないように 知恵を絞って作戦を考えてきたんだ この罠に掛かってしまう マヌケなお前思うと よだれが出そうだ今に見てろハハハ  完璧だった計算で やっと一息つけそうだった すると予想外の展開が 作戦が仇となり 裏をかいてきたお前に喰らうカウンター  もうキックオフ 分からせてやるよ 選ぶ相手間違えたことを 逃げても無駄なんだ はい、捕まえたよ 金輪際 大人しくしていな 好きにやろうと思ってた矢先 なのになぜお前はまたここで遊んでるん? 気付けばこれ、慣れてきたな
Sunny dropGOLD LYLIC逢いたいと泣く空の彼方 変わらず笑う君が今も愛しいんだよ  五月雨に浮かぶ雲間眺めても 憂い放つ陽は見えないけど 降りしきる雨は言葉もないままに僕らを 二人だけの場所へ誘うだろう  忙しない毎日に 相変わらずのわがまま放題さ 気がつけばほら君は姿を隠す  逢いたいと泣く雨上がれば 空は君の居場所を照らす 想定外の風に吹かれ 明日は僕に行き先知らす きっとまだ強がりなままで 笑う君が愛しい日々よ  潤す目に映る群青色の空 夕焼け色づき頬を撫でる 恋に似たような夢を描いてみた僕らは 道は違えど駆け出したよ  繰り返し負う傷が疼く日だってあった でも簡単に逃げ出したくないやと 涙目を擦り繕う笑顔で 立ち尽くす君の姿を探す  散々泣いた雨あられで 傘も持たず足早に行く 最低な色のこの空も 明日は君を見つけてくれるのかな  逢いたいと泣く雨上がれば 空は君の居場所を照らす 想定外の風に吹かれ 明日は僕に行き先知らす きっとまだ強がりなままで 笑う君が愛しい日々なんだよ 何年先も変わらないままで 照らし出すよいつだって君をGOLD LYLICNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎逢いたいと泣く空の彼方 変わらず笑う君が今も愛しいんだよ  五月雨に浮かぶ雲間眺めても 憂い放つ陽は見えないけど 降りしきる雨は言葉もないままに僕らを 二人だけの場所へ誘うだろう  忙しない毎日に 相変わらずのわがまま放題さ 気がつけばほら君は姿を隠す  逢いたいと泣く雨上がれば 空は君の居場所を照らす 想定外の風に吹かれ 明日は僕に行き先知らす きっとまだ強がりなままで 笑う君が愛しい日々よ  潤す目に映る群青色の空 夕焼け色づき頬を撫でる 恋に似たような夢を描いてみた僕らは 道は違えど駆け出したよ  繰り返し負う傷が疼く日だってあった でも簡単に逃げ出したくないやと 涙目を擦り繕う笑顔で 立ち尽くす君の姿を探す  散々泣いた雨あられで 傘も持たず足早に行く 最低な色のこの空も 明日は君を見つけてくれるのかな  逢いたいと泣く雨上がれば 空は君の居場所を照らす 想定外の風に吹かれ 明日は僕に行き先知らす きっとまだ強がりなままで 笑う君が愛しい日々なんだよ 何年先も変わらないままで 照らし出すよいつだって君を
さよならインベーダー重い荷物背負い込んで 夢を謳った少年が 片道切符握りしめ 都へ宣戦布告 初見だらけの日々も 持ち前の明るさで みるみる世界切り開いて さあここから勝負だ  なんでそんなタイミングで 彗星の如く現れた? 心を貪る病原菌 お前ごときに邪魔させてやるか  これ以上荒らすなよ もう一切合切消えてくれ 若い未来脅かす存在は グッバイナイアガラ  自由自在に操られ 病原菌中心の生活 答えの見えない世の中で 怯える人々  夜は外に出ないで 人との距離は空けなさい 大声は出さないで あれもこれもダメだ 肩身の狭い毎日だよな このままじゃおかしくなるわ  非常事態うるせえな もう一刀両断断ち切って 暗い話題作り出す存在は グッバイヴィクトリア これからの未来はもうSD(ソーシャルディスタンス)なんて忘れてさ 当たり前の毎日が一刻も早くに舞い戻れ  不平不満並べても実際問題は変わらない そんなことわかってても うざったいもんはしょうがねぇ  これ以上荒らすなよ もう一切合切消えてくれ 若い未来脅かす存在は グッバイナイアガラ 非常事態うるせえな もう一刀両断断ち切って 暗い話題作り出す存在は グッバイヴィクトリアNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗Novelbright重い荷物背負い込んで 夢を謳った少年が 片道切符握りしめ 都へ宣戦布告 初見だらけの日々も 持ち前の明るさで みるみる世界切り開いて さあここから勝負だ  なんでそんなタイミングで 彗星の如く現れた? 心を貪る病原菌 お前ごときに邪魔させてやるか  これ以上荒らすなよ もう一切合切消えてくれ 若い未来脅かす存在は グッバイナイアガラ  自由自在に操られ 病原菌中心の生活 答えの見えない世の中で 怯える人々  夜は外に出ないで 人との距離は空けなさい 大声は出さないで あれもこれもダメだ 肩身の狭い毎日だよな このままじゃおかしくなるわ  非常事態うるせえな もう一刀両断断ち切って 暗い話題作り出す存在は グッバイヴィクトリア これからの未来はもうSD(ソーシャルディスタンス)なんて忘れてさ 当たり前の毎日が一刻も早くに舞い戻れ  不平不満並べても実際問題は変わらない そんなことわかってても うざったいもんはしょうがねぇ  これ以上荒らすなよ もう一切合切消えてくれ 若い未来脅かす存在は グッバイナイアガラ 非常事態うるせえな もう一刀両断断ち切って 暗い話題作り出す存在は グッバイヴィクトリア
The Warrior負けっぱなしだとしても最終回などない 失って立ち止まって這い上がって 砕け散った理想像だって憧れだってどこにも行かない  かじかんだ手を握りしめ 反撃の狼煙上げ打ち抜け  ほら 存在価値は自分自身で決めて超えていけ 今 半信半疑だった世界は自分で変えていけ その衝動でこの現実をお前で染めてくれ 叫んだその声で時代を切り開け 喰らいつけ 今 Brand new world  怖いくらいでかい壁が立ちはだかったって 勝てないって決まりきった訳などない 可能性が高いか低いかなんて勝負には関係ないな  心さえ負けやしなければ 大逆転へ導けるさ  いざ 等身大のお前の姿で立ち向かってくれ 恥じらいなんて捨て去って自由を掲げ走ってくれ こみあげてきたその感情で胸を焼き尽くして 言葉にすればきっと叶えられるさ  ほら 存在価値は自分自身で決めて超えていけ 今 半信半疑だった世界は自分で変えていけ その衝動でこの現実をお前で染めてくれ 叫んだその声で時代を切り開け  いざ 等身大のお前の姿で立ち向かってくれ 恥じらいなんて捨て去って自由を掲げ走ってくれ こみあげてきたその感情で胸を焼き尽くして 言葉にすればきっと叶えられるさ 掴み取れ 今 Brand new worldNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗負けっぱなしだとしても最終回などない 失って立ち止まって這い上がって 砕け散った理想像だって憧れだってどこにも行かない  かじかんだ手を握りしめ 反撃の狼煙上げ打ち抜け  ほら 存在価値は自分自身で決めて超えていけ 今 半信半疑だった世界は自分で変えていけ その衝動でこの現実をお前で染めてくれ 叫んだその声で時代を切り開け 喰らいつけ 今 Brand new world  怖いくらいでかい壁が立ちはだかったって 勝てないって決まりきった訳などない 可能性が高いか低いかなんて勝負には関係ないな  心さえ負けやしなければ 大逆転へ導けるさ  いざ 等身大のお前の姿で立ち向かってくれ 恥じらいなんて捨て去って自由を掲げ走ってくれ こみあげてきたその感情で胸を焼き尽くして 言葉にすればきっと叶えられるさ  ほら 存在価値は自分自身で決めて超えていけ 今 半信半疑だった世界は自分で変えていけ その衝動でこの現実をお前で染めてくれ 叫んだその声で時代を切り開け  いざ 等身大のお前の姿で立ち向かってくれ 恥じらいなんて捨て去って自由を掲げ走ってくれ こみあげてきたその感情で胸を焼き尽くして 言葉にすればきっと叶えられるさ 掴み取れ 今 Brand new world
戯言邪な戯言で交わした 浅はかな暁の恋 あられもない営みに酔いしれ 侘しく悦に浸っていく  純愛の亡骸に花束も手向けずに 乱れ初む  奪わないで 汚さないで あなたの潤んだ薄紅で 求めないで 見つめないで あなたの淫らな愛で  常闇に沈みゆく感情は 爛れた答えを探している 行き場も無く踊り出す泡のように あなたの海で溺れていたい  朧気な記憶からこぼれ出す 水に燃えたつ陽炎 浮ついた嘘にこの身を投げて また自分がわからなくなる  もう戻れない 忘れられない 噛みつく華奢な唐紅 愛を解けない 誰も満たせない 心が報われない  奪っていて 汚していて 馬鹿げた噺と笑っていて 求めていて 見つめていて その手で私を抱いて 嘘を愛してNovelbright山田海斗竹中雄大・山田海斗Novelbright邪な戯言で交わした 浅はかな暁の恋 あられもない営みに酔いしれ 侘しく悦に浸っていく  純愛の亡骸に花束も手向けずに 乱れ初む  奪わないで 汚さないで あなたの潤んだ薄紅で 求めないで 見つめないで あなたの淫らな愛で  常闇に沈みゆく感情は 爛れた答えを探している 行き場も無く踊り出す泡のように あなたの海で溺れていたい  朧気な記憶からこぼれ出す 水に燃えたつ陽炎 浮ついた嘘にこの身を投げて また自分がわからなくなる  もう戻れない 忘れられない 噛みつく華奢な唐紅 愛を解けない 誰も満たせない 心が報われない  奪っていて 汚していて 馬鹿げた噺と笑っていて 求めていて 見つめていて その手で私を抱いて 嘘を愛して
seekerGOLD LYLICゆらゆら揺れる カーテンの隙間 差した光が 優しく時を包む いつも通りの 柔らかい日々を 出し抜くように 失意の雨を降らす  黒く染まった世界じゃ 纏わり付いたレッテルを 信じる者しか居なくて 心が溺れてしまいそう  ああもう戻れない 悲壮な覚悟よ 正解(こたえ)を導いて  粉々になった幸せはきっと どこかに身を隠しているんだろう 折れない絆 胸に抱いて 強く願うよ 明日を…  投げつけられた 言葉の刃 えぐられるように 心を削り殺す 僅かな望み それに賭けてみた 自分を信じて 決意の狼煙上げろ  彷徨い迷って それでも風は 雲を裂き真実へ導いてく 暗闇照らす星たちもきっと ひとりじゃないよと笑ってる  思い出してよ あなたとの日々 微笑み合い過ごしたあの日を 取り戻すんだ あの温もりを 奪われてたまるか  粉々になった幸せはきっと どこかに身を隠しているんだろう 折れない絆 胸に抱いて 強く想うよ あなたを… 願いを 放つよGOLD LYLICNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbrightゆらゆら揺れる カーテンの隙間 差した光が 優しく時を包む いつも通りの 柔らかい日々を 出し抜くように 失意の雨を降らす  黒く染まった世界じゃ 纏わり付いたレッテルを 信じる者しか居なくて 心が溺れてしまいそう  ああもう戻れない 悲壮な覚悟よ 正解(こたえ)を導いて  粉々になった幸せはきっと どこかに身を隠しているんだろう 折れない絆 胸に抱いて 強く願うよ 明日を…  投げつけられた 言葉の刃 えぐられるように 心を削り殺す 僅かな望み それに賭けてみた 自分を信じて 決意の狼煙上げろ  彷徨い迷って それでも風は 雲を裂き真実へ導いてく 暗闇照らす星たちもきっと ひとりじゃないよと笑ってる  思い出してよ あなたとの日々 微笑み合い過ごしたあの日を 取り戻すんだ あの温もりを 奪われてたまるか  粉々になった幸せはきっと どこかに身を隠しているんだろう 折れない絆 胸に抱いて 強く想うよ あなたを… 願いを 放つよ
the Eternal oath巡り巡る季節 何気ない日常は 記憶の奥へと焼きつき 君と生きるそんな 理想描く未来へ 夢を見ているように  少しずつ 崩れていく 変わりゆく景色の中で  Bressed time. 輝きのなかへ そっと溶けてしまいそうで I'll never forget these precious memories. I just wanna be here with you forever. 眩しい光を求めて  枯れて散らばった 言の葉は砕け 秘密だけが残されてゆくんだ 運命なんて残酷なフレーズで僕らは 簡単に終わりを告げる?  I can't hold back my tears. 流れゆく雲をただ見つめて 儚く散って 切なくなって 堕ちてゆく記憶の果てへと  Freeze time. 離れていかないように ずっと君の手を握るんだ Don't wanna know that you won't be my sight. Have you known that it will be like that? 瞳に涙を浮かべて  「またね」と言って 影も落とさないで また君のいない時間を刻むだけ きっと…  Last time. 消えていかないように ぎゅっと君を抱きしめたんだ I don't wanna leave you , but you will go away. You and I are never to meet again. さよならも言えずに僕は 星を掴むように 手を伸ばして 思い出を残すように 名前を呼ぶんだ I'll live to keep uncertain promise and wait here. ‘Cause I'll love you forever. また逢える未来を探してNovelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎巡り巡る季節 何気ない日常は 記憶の奥へと焼きつき 君と生きるそんな 理想描く未来へ 夢を見ているように  少しずつ 崩れていく 変わりゆく景色の中で  Bressed time. 輝きのなかへ そっと溶けてしまいそうで I'll never forget these precious memories. I just wanna be here with you forever. 眩しい光を求めて  枯れて散らばった 言の葉は砕け 秘密だけが残されてゆくんだ 運命なんて残酷なフレーズで僕らは 簡単に終わりを告げる?  I can't hold back my tears. 流れゆく雲をただ見つめて 儚く散って 切なくなって 堕ちてゆく記憶の果てへと  Freeze time. 離れていかないように ずっと君の手を握るんだ Don't wanna know that you won't be my sight. Have you known that it will be like that? 瞳に涙を浮かべて  「またね」と言って 影も落とさないで また君のいない時間を刻むだけ きっと…  Last time. 消えていかないように ぎゅっと君を抱きしめたんだ I don't wanna leave you , but you will go away. You and I are never to meet again. さよならも言えずに僕は 星を掴むように 手を伸ばして 思い出を残すように 名前を呼ぶんだ I'll live to keep uncertain promise and wait here. ‘Cause I'll love you forever. また逢える未来を探して
スタートラインあの場所で僕たちが出会った日から はじまりの合図で栄光への道が開かれ 過ぎてゆく毎日が思い出となり 心の奥に刻まれて to be strong  あれから僕は立ち上がることをやめなかった 1人じゃないと思える強さを信じて 終わらないから次なるスタートライン目指して あざ笑われても自分信じていく 次なる世界へ  いつだろうか朝5時の鳩なく頃に これからの未来の話に花が咲いたりして くだらないことして笑い合ったあの瞬間も かけがえのない宝物になり続けるの  叶えられるさ望みを捨てず前を向いたら あの日交わした約束を今も信じて 悲しんだ夜思い出して這い上がればいい 僕たちはそう信じて掴み取る 新たな光を  こらえきれない思いをあなたに届けたいから どんくらい離れてもあの過ごした時間は必ず 僕たちの心の奥に鳴り響いていく 苦しい時も支え合って歩いてきたから 新たな道を選んでもこれからも応援してるよ  いつまでもいつまでも歩き続ける どこまでだって行けるとあなたが教えてくれた 誰かに終わりと告げられても納得できやしない オワリはハジマリに変えられるから everydayNovelbright竹中雄大Novelbrightあの場所で僕たちが出会った日から はじまりの合図で栄光への道が開かれ 過ぎてゆく毎日が思い出となり 心の奥に刻まれて to be strong  あれから僕は立ち上がることをやめなかった 1人じゃないと思える強さを信じて 終わらないから次なるスタートライン目指して あざ笑われても自分信じていく 次なる世界へ  いつだろうか朝5時の鳩なく頃に これからの未来の話に花が咲いたりして くだらないことして笑い合ったあの瞬間も かけがえのない宝物になり続けるの  叶えられるさ望みを捨てず前を向いたら あの日交わした約束を今も信じて 悲しんだ夜思い出して這い上がればいい 僕たちはそう信じて掴み取る 新たな光を  こらえきれない思いをあなたに届けたいから どんくらい離れてもあの過ごした時間は必ず 僕たちの心の奥に鳴り響いていく 苦しい時も支え合って歩いてきたから 新たな道を選んでもこれからも応援してるよ  いつまでもいつまでも歩き続ける どこまでだって行けるとあなたが教えてくれた 誰かに終わりと告げられても納得できやしない オワリはハジマリに変えられるから everyday
青春旗僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって 躊躇わずにとことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう  開幕寸前だった あの舞台もまた消え去ってた どこまで遠くなったって 前だけは向いてたいけれど どんな昨日も今日だって 明日を強くさせるんだと 信じて全部乗り越えた でも先はまだ見えない  たかをくくって戦っていたって 負けそうな時だってあるけれど 木漏れ日がそっと道のり照らしてくれるから 諦めず踏み出して  僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって 過去も全て声をあげて間違いないと叫べ 誰かの目なんてどうでもいい 誰よりもはしゃげ!走ろうよ 躊躇わずにとことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう  簡単そうに成し遂げた あの人はすごい人なんだと 持って生まれた才能が 違うとため息を吐いた 散々だった前例が 走るスピードを落としていく もうダメかもしれないと 負けを認めて生きてきた  思い通りにいかない日々だって 誰かと比べる前に自分を 愛してあげて分かってあげたその先に 変わりだした僕がいた  今まで抱えてきた後悔もそっと撫で下ろして 青春は未完成さ 正解も不正解も笑え  僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって 過去も全て声をあげて間違いないと叫べ 誰かの目なんてどうでもいい 大袈裟な一歩を踏み出して もう迷わない とことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう 僕らの目指す場所へNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbright僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって 躊躇わずにとことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう  開幕寸前だった あの舞台もまた消え去ってた どこまで遠くなったって 前だけは向いてたいけれど どんな昨日も今日だって 明日を強くさせるんだと 信じて全部乗り越えた でも先はまだ見えない  たかをくくって戦っていたって 負けそうな時だってあるけれど 木漏れ日がそっと道のり照らしてくれるから 諦めず踏み出して  僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって 過去も全て声をあげて間違いないと叫べ 誰かの目なんてどうでもいい 誰よりもはしゃげ!走ろうよ 躊躇わずにとことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう  簡単そうに成し遂げた あの人はすごい人なんだと 持って生まれた才能が 違うとため息を吐いた 散々だった前例が 走るスピードを落としていく もうダメかもしれないと 負けを認めて生きてきた  思い通りにいかない日々だって 誰かと比べる前に自分を 愛してあげて分かってあげたその先に 変わりだした僕がいた  今まで抱えてきた後悔もそっと撫で下ろして 青春は未完成さ 正解も不正解も笑え  僕が生きてきたステージで 何もできない日々が来たって 過去も全て声をあげて間違いないと叫べ 誰かの目なんてどうでもいい 大袈裟な一歩を踏み出して もう迷わない とことん笑える方角へ 出発のフラッグ揚げよう 僕らの目指す場所へ
ツキミソウPLATINA LYLIC出会いと別れ繰り返す度 心をすり減らす 記憶をかき分けた先に 滲んだ思い出が待つ  あなたを知らない世界の方が ずっとマシだったと笑う  いつしかすれ違う日々の中で 本音隠しながら気づかないふり  茜色のこの街眺めては こんなにもあなたのこと思い出してばかり 忘れたいのに 今更素直にはなれない 分かってるんだよ 今も心は泣いてるよ  季節を越えてあなたはまた 世界を奪っていく 感じるぬくもりがそっと 私の未来も奪う  時計の針は突然止まる あなたが告げた言葉で どうしてここでひとりなんだろう 流した涙の意味を ねぇ教えてよ  ふたりでいたこの道歩いても もう二度とあなたのこと思い出しはしない 忘れるように愛した証を投げ捨て また新しい日々へと歩き出す  鼓膜が破れたっていいよ 結んだ髪をほどいて 悲しみから解き放つために叫んだ 優しくなれる心が欲しいよ  凍えそうだよ寂しさ嘆いても 大好きで大嫌いなあなたはもういない 巻き戻してあの日に戻れるのならば 伝えたいけど今はもう遅いかな  茜色のこの街眺めては こんなにもあなたのこと思い出してばかり 忘れたいのに今更素直にはなれない 分かってたんだよ ずっとあなたを求めてたPLATINA LYLICNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbright出会いと別れ繰り返す度 心をすり減らす 記憶をかき分けた先に 滲んだ思い出が待つ  あなたを知らない世界の方が ずっとマシだったと笑う  いつしかすれ違う日々の中で 本音隠しながら気づかないふり  茜色のこの街眺めては こんなにもあなたのこと思い出してばかり 忘れたいのに 今更素直にはなれない 分かってるんだよ 今も心は泣いてるよ  季節を越えてあなたはまた 世界を奪っていく 感じるぬくもりがそっと 私の未来も奪う  時計の針は突然止まる あなたが告げた言葉で どうしてここでひとりなんだろう 流した涙の意味を ねぇ教えてよ  ふたりでいたこの道歩いても もう二度とあなたのこと思い出しはしない 忘れるように愛した証を投げ捨て また新しい日々へと歩き出す  鼓膜が破れたっていいよ 結んだ髪をほどいて 悲しみから解き放つために叫んだ 優しくなれる心が欲しいよ  凍えそうだよ寂しさ嘆いても 大好きで大嫌いなあなたはもういない 巻き戻してあの日に戻れるのならば 伝えたいけど今はもう遅いかな  茜色のこの街眺めては こんなにもあなたのこと思い出してばかり 忘れたいのに今更素直にはなれない 分かってたんだよ ずっとあなたを求めてた
Designs of HappinessWow...  全てを守りたいなんて 綺麗事を並べて ヒーローのフリをした逃避行 弱い自分を隠すために 大それた言葉を選んで 期待に酔って満足してた  いつもと同じ暮らしの中 このまま朽ち果ててくのかな? 涙さえも流れやしない 心地よい場所から飛び出し 明日を動かす自分を探すんだ もう戻れはしない 一歩を踏み出すよ  心が叫ぶ まるで歌うように その言葉が胸に抱く野望になって 描いてみた幸せの設計図 欲しいのはガラクタじゃない心さ  誰もが幸せになんて 望んでも叶わない 優しさのフリした理想論 どこかで笑み溢れたって、涙零(こぼ)す人もいる 幸せのカタチが違うから  誰も傷つかないようにと 言葉を心に縛り付け 本当の自分を殺してきた 偽りを繋いだ鎖に 頼ったまま灰になりたくなかった 今を蹴飛ばせ  綻(ほころ)びもしない後悔すら背負って 生きている意味を愛せるように 理想とは違う人生の航海図 夢のまま終わらせたくないんだ  Wow...  心が笑う 傷だらけの日々 色褪せた明日を震わすトレジャー 未完成な幸せの設計図 命燃やす人生そのものだから  Wow...Novelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎NovelbrightWow...  全てを守りたいなんて 綺麗事を並べて ヒーローのフリをした逃避行 弱い自分を隠すために 大それた言葉を選んで 期待に酔って満足してた  いつもと同じ暮らしの中 このまま朽ち果ててくのかな? 涙さえも流れやしない 心地よい場所から飛び出し 明日を動かす自分を探すんだ もう戻れはしない 一歩を踏み出すよ  心が叫ぶ まるで歌うように その言葉が胸に抱く野望になって 描いてみた幸せの設計図 欲しいのはガラクタじゃない心さ  誰もが幸せになんて 望んでも叶わない 優しさのフリした理想論 どこかで笑み溢れたって、涙零(こぼ)す人もいる 幸せのカタチが違うから  誰も傷つかないようにと 言葉を心に縛り付け 本当の自分を殺してきた 偽りを繋いだ鎖に 頼ったまま灰になりたくなかった 今を蹴飛ばせ  綻(ほころ)びもしない後悔すら背負って 生きている意味を愛せるように 理想とは違う人生の航海図 夢のまま終わらせたくないんだ  Wow...  心が笑う 傷だらけの日々 色褪せた明日を震わすトレジャー 未完成な幸せの設計図 命燃やす人生そのものだから  Wow...
Too LateI'm staring at the ceiling thinking of the way you laughed Our memories start dancing in my mind like million stars How did I not realize I had it all? I had it all When I look back I see you there right next to me Giving me more than I was able to give you You stayed by my side Gave me your wings so I could fly  And now I'm in the sky Flying up so high But I'd rather stay on the ground if I can be there with you Yeah now I'm in the sky Trying to find a way back into your heart  So would you say it's too late? 'Cause I'm needing you Yeah I know that it's too late but I'm missing you Baby if you could give me another chance I won't let you down (Don't say it's too late) Is it ever too late to start again? 'Cause I know I'll never meet another that I will ever love as much as I love you I won't let you down (Don't say it's too late)  It's been so many years I've met a lot of people but You keep popping up in my head believe it or not I can't find a way to let you go Can't let you go From the first day we hung out on the balcony To the day we said that we weren't meant to be It's not hard to see That you were everything to me  And now I'm in the sky Flying up so high But I'd rather stay on the ground if I can be there with you Yeah now I'm in the sky Trying to find a way back into your heart  So would you say it's too late? 'Cause I'm needing you Yeah I know that it's too late but I'm missing you Baby if you could give me another chance I won't let you down (Don't say it's too late) Is it ever too late to start again? 'Cause I know I'll never meet another that I will ever love as much as I love you I won't let you down (Don't say it's too late)Novelbright竹中雄大・Lauren Kaori竹中雄大・山田海斗NovelbrightI'm staring at the ceiling thinking of the way you laughed Our memories start dancing in my mind like million stars How did I not realize I had it all? I had it all When I look back I see you there right next to me Giving me more than I was able to give you You stayed by my side Gave me your wings so I could fly  And now I'm in the sky Flying up so high But I'd rather stay on the ground if I can be there with you Yeah now I'm in the sky Trying to find a way back into your heart  So would you say it's too late? 'Cause I'm needing you Yeah I know that it's too late but I'm missing you Baby if you could give me another chance I won't let you down (Don't say it's too late) Is it ever too late to start again? 'Cause I know I'll never meet another that I will ever love as much as I love you I won't let you down (Don't say it's too late)  It's been so many years I've met a lot of people but You keep popping up in my head believe it or not I can't find a way to let you go Can't let you go From the first day we hung out on the balcony To the day we said that we weren't meant to be It's not hard to see That you were everything to me  And now I'm in the sky Flying up so high But I'd rather stay on the ground if I can be there with you Yeah now I'm in the sky Trying to find a way back into your heart  So would you say it's too late? 'Cause I'm needing you Yeah I know that it's too late but I'm missing you Baby if you could give me another chance I won't let you down (Don't say it's too late) Is it ever too late to start again? 'Cause I know I'll never meet another that I will ever love as much as I love you I won't let you down (Don't say it's too late)
時を刻む詩何年時が過ぎようとも変わらぬものがある 命ある限りそれは続いていく 不安で先が見えなくても進む自分を信じて 想いは途切れず遥か彼方まで  無関心な人の山 押し潰されそうだけど 諦めず歩いていく 何処までも歩いていく 誰かがそうだからとか 周りはこう言ったとか 目もくれずに自分を貫いた  ここまでの険しかった道のりは 神様が与えた試練だと思って 風は今追い風へと変わり やっと僕らが全てを捧げたものの意味を知ったんだ  簡単に成し遂げられる夢はつまらないよね 人生一度きりの大冒険しちゃおうか 満天の夜空眺め肩組み抱きしめ合う あの時間が今の僕らを形成した  土砂降りの雨の日も 炎天下続く日も 僕たちは旅に出た 君たちも追いかけた ぬかるんだ足下で 転げてしまう時は 君が僕らを救ってくれたんだ  この先もこれだけは揺るがないよ どのページも君と足跡をつけること 約束さ50年後の未来も きっと僕らは同じ時を刻み息をしているよ  探していたずっとこの場所で 出逢えたこと心からありがとう  ここまでの険しかった道のりは 神様が与えた試練だと思って 必ず届くと奮い立たせた やっと僕らが全てを捧げたものの意味を知ったんだNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎何年時が過ぎようとも変わらぬものがある 命ある限りそれは続いていく 不安で先が見えなくても進む自分を信じて 想いは途切れず遥か彼方まで  無関心な人の山 押し潰されそうだけど 諦めず歩いていく 何処までも歩いていく 誰かがそうだからとか 周りはこう言ったとか 目もくれずに自分を貫いた  ここまでの険しかった道のりは 神様が与えた試練だと思って 風は今追い風へと変わり やっと僕らが全てを捧げたものの意味を知ったんだ  簡単に成し遂げられる夢はつまらないよね 人生一度きりの大冒険しちゃおうか 満天の夜空眺め肩組み抱きしめ合う あの時間が今の僕らを形成した  土砂降りの雨の日も 炎天下続く日も 僕たちは旅に出た 君たちも追いかけた ぬかるんだ足下で 転げてしまう時は 君が僕らを救ってくれたんだ  この先もこれだけは揺るがないよ どのページも君と足跡をつけること 約束さ50年後の未来も きっと僕らは同じ時を刻み息をしているよ  探していたずっとこの場所で 出逢えたこと心からありがとう  ここまでの険しかった道のりは 神様が与えた試練だと思って 必ず届くと奮い立たせた やっと僕らが全てを捧げたものの意味を知ったんだ
どうしてどうして君が居ない この恋が泣いているんだろう 気づいたのが遅すぎたみたい 大嫌いだよ  お決まりのメニュー分け合い ソファで映画を観て 君の肩でまた眠ってる 芸術的な寝癖と 鏡を見て笑い合う 何気ない日曜日の朝  それぞれの性格は分かり合えていたのに いつまでも続くと互いに想ったはずなのに  どうして君が居ない この恋が泣いているんだろう 気づいたのが遅すぎたみたい 私はどこで間違ってしまったの 君がくれた 温もりも愛情も指輪も 捨てられずにしまってる 大嫌いだよ  時間は解決しないまま 恋の話になると 君を浮かべてしまう自分 君と沈んでいく夜も 君と迎える朝も 今とは違って見えたんだ  当たり前に慣れて忘れていた想い  どうして君にここで まだ好き?と言えなかったの 困ると思って嘘をついてた もう遅いよね  どうして君が居ない この恋が泣いているんだろう 気づいたのが遅すぎたみたい 私はどこで間違ってしまったの 君がくれた 温もりも愛情も指輪も 捨てられずにしまってる 大好きだよNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbrightどうして君が居ない この恋が泣いているんだろう 気づいたのが遅すぎたみたい 大嫌いだよ  お決まりのメニュー分け合い ソファで映画を観て 君の肩でまた眠ってる 芸術的な寝癖と 鏡を見て笑い合う 何気ない日曜日の朝  それぞれの性格は分かり合えていたのに いつまでも続くと互いに想ったはずなのに  どうして君が居ない この恋が泣いているんだろう 気づいたのが遅すぎたみたい 私はどこで間違ってしまったの 君がくれた 温もりも愛情も指輪も 捨てられずにしまってる 大嫌いだよ  時間は解決しないまま 恋の話になると 君を浮かべてしまう自分 君と沈んでいく夜も 君と迎える朝も 今とは違って見えたんだ  当たり前に慣れて忘れていた想い  どうして君にここで まだ好き?と言えなかったの 困ると思って嘘をついてた もう遅いよね  どうして君が居ない この恋が泣いているんだろう 気づいたのが遅すぎたみたい 私はどこで間違ってしまったの 君がくれた 温もりも愛情も指輪も 捨てられずにしまってる 大好きだよ
拝啓、親愛なる君へGOLD LYLIC拝啓、親愛なる君へ この歌をあなたに贈るよ 生まれた日から歩いた今日までの道のり ときめかす話をしよう  愛想を振りまくのが苦手な私は うまく馴染めないまま時間(とき)は過ぎていく 居場所を求めて踏み出した一歩目 そんな時にあなたと出逢えた  嗚呼 特別な日は此処に居たいから 代わりなんかない宝物なんだ 醒めない夢を見ているようだな 恥じらいもなく素でいられる場所 やっと見つけたよ  何年前の話だろう わがまま言ってばかりの毎日 何事にも楯突いてはあなたを 困らせて呆れさせたね  青春の向こう側 リアルな社会は 泣き言言ってばっかじゃ何も通じないから 彷徨いもがいている私を連れ出して 眩しい日々をくれてありがとう  嗚呼 生まれ変わってもそばに居たいから たどり着いたんだきっと間違いないよ いつまでも負けてられないよな 今度は私があなたへ贈る幸せを  嗚呼 特別な日は此処に居たいから 代わりなんかない宝物なんだ 醒めない夢を見ているようだな ありのままでいられる場所だ  嗚呼 歓びの歌此処で歌うから ため息も全部空へ消えていくよ 果てしなく続きますように 祈りを込めもう一度叫ぼう 胸躍らせる日々に出逢えたよ。GOLD LYLICNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎拝啓、親愛なる君へ この歌をあなたに贈るよ 生まれた日から歩いた今日までの道のり ときめかす話をしよう  愛想を振りまくのが苦手な私は うまく馴染めないまま時間(とき)は過ぎていく 居場所を求めて踏み出した一歩目 そんな時にあなたと出逢えた  嗚呼 特別な日は此処に居たいから 代わりなんかない宝物なんだ 醒めない夢を見ているようだな 恥じらいもなく素でいられる場所 やっと見つけたよ  何年前の話だろう わがまま言ってばかりの毎日 何事にも楯突いてはあなたを 困らせて呆れさせたね  青春の向こう側 リアルな社会は 泣き言言ってばっかじゃ何も通じないから 彷徨いもがいている私を連れ出して 眩しい日々をくれてありがとう  嗚呼 生まれ変わってもそばに居たいから たどり着いたんだきっと間違いないよ いつまでも負けてられないよな 今度は私があなたへ贈る幸せを  嗚呼 特別な日は此処に居たいから 代わりなんかない宝物なんだ 醒めない夢を見ているようだな ありのままでいられる場所だ  嗚呼 歓びの歌此処で歌うから ため息も全部空へ消えていくよ 果てしなく続きますように 祈りを込めもう一度叫ぼう 胸躍らせる日々に出逢えたよ。
ハミングバードGood Morning 呼び覚ます あなたの声が目覚めの合図なの いつもより気持ちのいい朝だね Good Morning キスをした 慌ただしい日々からは離れた ふたりだけの穏やかな朝だね  “Can I take a bath? Can I have breakfast? But I want to rolling around with you in bed again.” いつも通り自由気ままなあなた Open the curtains. View from the window. The sunlight gently envelops our hearts today. 光射す世界へ走り出そう  あんなに頑張ってるから 願いを全て叶えるよ 今日はあなたを強く抱きしめたい どんなに時が流れても 変わらずふたりでいるよ この当たり前が続きますように  Hello 舞い落ちる 花びらが色付く景色の中 お互いに笑顔咲かせてた Hello 歌い出す 流れるいくつものメロディがさ ふたりの絆を強くさせた  悲しいこと 苦しいこと 眠れない夜に襲われてもほら また優しい朝に包まれるよ  こんなに頑張ってるから 今日くらいは好きにしよう あなたの隣でずっと笑わせるよ 愛を歌ってあげるから 誰も知らない場所でさ ふたりだけの秘密にしよう  色とりどりの日常が 少しずつ輝きを増す あなたと出逢えた奇跡だよ  あんなに頑張ってるから 願いを全て叶えるよ 今日もあなたを強く抱きしめたい どんなに時が流れても 変わらずふたりでいるよ この当たり前が続きますようにNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎大西省吾・高橋哲也Good Morning 呼び覚ます あなたの声が目覚めの合図なの いつもより気持ちのいい朝だね Good Morning キスをした 慌ただしい日々からは離れた ふたりだけの穏やかな朝だね  “Can I take a bath? Can I have breakfast? But I want to rolling around with you in bed again.” いつも通り自由気ままなあなた Open the curtains. View from the window. The sunlight gently envelops our hearts today. 光射す世界へ走り出そう  あんなに頑張ってるから 願いを全て叶えるよ 今日はあなたを強く抱きしめたい どんなに時が流れても 変わらずふたりでいるよ この当たり前が続きますように  Hello 舞い落ちる 花びらが色付く景色の中 お互いに笑顔咲かせてた Hello 歌い出す 流れるいくつものメロディがさ ふたりの絆を強くさせた  悲しいこと 苦しいこと 眠れない夜に襲われてもほら また優しい朝に包まれるよ  こんなに頑張ってるから 今日くらいは好きにしよう あなたの隣でずっと笑わせるよ 愛を歌ってあげるから 誰も知らない場所でさ ふたりだけの秘密にしよう  色とりどりの日常が 少しずつ輝きを増す あなたと出逢えた奇跡だよ  あんなに頑張ってるから 願いを全て叶えるよ 今日もあなたを強く抱きしめたい どんなに時が流れても 変わらずふたりでいるよ この当たり前が続きますように
Heart vioceNights spent alone over thinking Wondering just what I spend my days living for Afraid of the days waiting for me If things were only to end this way right now  Its by your side I feel safest Forgetting all the things weighing me down  Everynight I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you  For me to live like me Seemingly so simple but incredibly difficult To get rid of everything I have And run away from my waiting reality  You congratulate all my efforts But even the you who scolds me is lovely  Everynight I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you  Everynight I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you  I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with youNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Nights spent alone over thinking Wondering just what I spend my days living for Afraid of the days waiting for me If things were only to end this way right now  Its by your side I feel safest Forgetting all the things weighing me down  Everynight I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you  For me to live like me Seemingly so simple but incredibly difficult To get rid of everything I have And run away from my waiting reality  You congratulate all my efforts But even the you who scolds me is lovely  Everynight I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you  Everynight I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you  I wait to hear your voice To be happy held in the warmth and kindness of your always waiting arms Feeling like I can love the current me for me I'm scared of nothing when I'm with you
bad guyWhite shirt now red, my bloody nose Sleepin', you're on your tippy toes Creepin' around like no one knows Think you're so criminal  Bruises on both my knees for you Don't say thank you or pleaseI do what I want when I'm wanting to My soul? So cynical  So you're a tough guy Like it really rough guy Just can't get enough guy Chest always so puffed guy I'm that bad type Make your mama sad type Make your girlfriend mad tight Might seduce your dad type  I'm the bad guy Duh  I'm the bad guy  I like it when you take control Even if you know that you don't Own me, I'll let you play the role I'll be your animal  My mommy likes to sing along with me But she won't sing this song If she reads all the lyrics She'll pity the men I know  So you're a tough guy Like it really rough guy Just can't get enough guy Chest always so puffed guy I'm that bad type Make your mama sad type Make your girlfriend mad tight Might seduce your dad type  I'm the bad guy Duh  I'm the bad guy, duh I'm only good at bein' bad, bad  I like when you get mad I guess I'm pretty glad that you're alone You said she's scared of me? I mean, I don't see what she sees But maybe it's 'cause I'm wearing your cologne  I'm a bad guy I'm, I'm a bad guy Bad guy, bad guy I'm a bad guyNovelbrightBillie Eilish O'Connell・Finneas O'ConnellBillie Eilish O'Connell・Finneas O'ConnellWhite shirt now red, my bloody nose Sleepin', you're on your tippy toes Creepin' around like no one knows Think you're so criminal  Bruises on both my knees for you Don't say thank you or pleaseI do what I want when I'm wanting to My soul? So cynical  So you're a tough guy Like it really rough guy Just can't get enough guy Chest always so puffed guy I'm that bad type Make your mama sad type Make your girlfriend mad tight Might seduce your dad type  I'm the bad guy Duh  I'm the bad guy  I like it when you take control Even if you know that you don't Own me, I'll let you play the role I'll be your animal  My mommy likes to sing along with me But she won't sing this song If she reads all the lyrics She'll pity the men I know  So you're a tough guy Like it really rough guy Just can't get enough guy Chest always so puffed guy I'm that bad type Make your mama sad type Make your girlfriend mad tight Might seduce your dad type  I'm the bad guy Duh  I'm the bad guy, duh I'm only good at bein' bad, bad  I like when you get mad I guess I'm pretty glad that you're alone You said she's scared of me? I mean, I don't see what she sees But maybe it's 'cause I'm wearing your cologne  I'm a bad guy I'm, I'm a bad guy Bad guy, bad guy I'm a bad guy
PANDORA芽吹くdaisy 屈託ない微笑女(びしょうじょ) 一顧傾城(いっこけいせい)の お高値 flower woman 廻る(めぐる)縁(えにし) 常(とこしえ)の恋騒動 自己形成とお別れ lovesick men  ahとろけそう その瞳の奥で ahとまれない そっと君に触れたい  wow I can't forget your smell. I want everything about you. 曝け出す Your wild soul 濡らせsweet kissで もう You're like PANDORA.  放つ馨香(けいこう) 抵抗のない妄想 脳裏に侵食 色慾のパラサイト 快楽の欠落? 有象無象の幻想 You're crazy about me?? 至極のララバイ  あぁ、今にも ちぎれそうな声が もう、離れない もっと君を知りたい  wow You can't forget my smell. I want everything about you. 暴れだす My wild soul 揺らせバイブレーション 疼く身体を魅せて… PANDORA  どれだけ離れてたって 馨(かぐわ)しく付き纏ってくる 溢れ出る欲に溺れて 戻れない愛しきprisoner  wow You can't forget my smell. I want everything about you. 曝け出す Your wild soul 濡らせdeep kissで もう You're like PANDORA. 暴れだすYour wild soul 揺らせバイブレーション 疼いて ねぇ PANDORA!!!Novelbright山田海斗竹中雄大・山田海斗大島こうすけ芽吹くdaisy 屈託ない微笑女(びしょうじょ) 一顧傾城(いっこけいせい)の お高値 flower woman 廻る(めぐる)縁(えにし) 常(とこしえ)の恋騒動 自己形成とお別れ lovesick men  ahとろけそう その瞳の奥で ahとまれない そっと君に触れたい  wow I can't forget your smell. I want everything about you. 曝け出す Your wild soul 濡らせsweet kissで もう You're like PANDORA.  放つ馨香(けいこう) 抵抗のない妄想 脳裏に侵食 色慾のパラサイト 快楽の欠落? 有象無象の幻想 You're crazy about me?? 至極のララバイ  あぁ、今にも ちぎれそうな声が もう、離れない もっと君を知りたい  wow You can't forget my smell. I want everything about you. 暴れだす My wild soul 揺らせバイブレーション 疼く身体を魅せて… PANDORA  どれだけ離れてたって 馨(かぐわ)しく付き纏ってくる 溢れ出る欲に溺れて 戻れない愛しきprisoner  wow You can't forget my smell. I want everything about you. 曝け出す Your wild soul 濡らせdeep kissで もう You're like PANDORA. 暴れだすYour wild soul 揺らせバイブレーション 疼いて ねぇ PANDORA!!!
ヒカリへ数ある命の中でも 全てをキセキと呼べるはず  晴れない空が続いても 降らない雨で乾いても いつか光照らされると beautiful world beautiful world everyone has a beautiful world  花は色を変えやがて世界を彩るんだ 失った数だけ思い描いた願いは叶うさ Wo Woo...  涙の 意味を尋ねても 強がり 苦い笑顔出す  煙たい朝で目が覚めて 冷たい風が頬を刺す 止まない後悔夜も眠れず Tears are running down my cheeks Tears are running down my cheeks  枯れた 心を 満たしてくれる なんて You're the most beautiful goddess You're the most beautiful goddess in the world  溢れ出す想いを全部僕に託してごらん 君がイメージした壮大な船に乗せて運ぶさ Wo Woo...  花は色を変えやがて世界を彩るんだ 失った数だけ思い描いた願いは叶うさ もしもどこかで すれ違いまた出会えるなら 振り向き走ってあなたの手を握る heartful daysNovelbright雄大雄大・勇太朗数ある命の中でも 全てをキセキと呼べるはず  晴れない空が続いても 降らない雨で乾いても いつか光照らされると beautiful world beautiful world everyone has a beautiful world  花は色を変えやがて世界を彩るんだ 失った数だけ思い描いた願いは叶うさ Wo Woo...  涙の 意味を尋ねても 強がり 苦い笑顔出す  煙たい朝で目が覚めて 冷たい風が頬を刺す 止まない後悔夜も眠れず Tears are running down my cheeks Tears are running down my cheeks  枯れた 心を 満たしてくれる なんて You're the most beautiful goddess You're the most beautiful goddess in the world  溢れ出す想いを全部僕に託してごらん 君がイメージした壮大な船に乗せて運ぶさ Wo Woo...  花は色を変えやがて世界を彩るんだ 失った数だけ思い描いた願いは叶うさ もしもどこかで すれ違いまた出会えるなら 振り向き走ってあなたの手を握る heartful days
Believersこれだけは負けてたまるかと自分言い聞かせて ひたすら前を見て情熱注いできた 現実は抱いた期待は夏の蝉のように 儚く消え去って降り注ぐ涙を飲んだ  今すぐに報われない努力でもいつかきっと 羽ばたく日が来るんだろう  僅かしか見えぬ頂上だって イメージ膨らまし越えていくんだ 雄叫び上げ 胸張って揺るがない想いを共に 信じたものだけは見失わないで 転がって踏ん張って立ち上がって 行くよ未だ見ぬ場所へ  いつだって逃げ出せる瞬間はあった でも自分に負けたくない涙も全部自信に変えて  気がつけば暗がりに朝の陽が照らされていた このまま道を進んで行け  どれほど悩み挫けたって 幾度もこの手で越えてきたんだ もう怖くはない 自分と人を比べなくていい 誰かが決めた勝敗は要らないさ 不安を期待に塗り替えて 人は自分に勝つんだろう  間違ってもいいじゃん 不器用でもいいじゃん この先で約束を果たせれば  僅かしか見えぬ頂上だって イメージ膨らまし越えていくんだ 雄叫び上げ 胸張って揺るがない想いを共に 信じたものだけは見失わないで 転がって踏ん張って立ち上がって 行くよ未だ見ぬ場所へNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗これだけは負けてたまるかと自分言い聞かせて ひたすら前を見て情熱注いできた 現実は抱いた期待は夏の蝉のように 儚く消え去って降り注ぐ涙を飲んだ  今すぐに報われない努力でもいつかきっと 羽ばたく日が来るんだろう  僅かしか見えぬ頂上だって イメージ膨らまし越えていくんだ 雄叫び上げ 胸張って揺るがない想いを共に 信じたものだけは見失わないで 転がって踏ん張って立ち上がって 行くよ未だ見ぬ場所へ  いつだって逃げ出せる瞬間はあった でも自分に負けたくない涙も全部自信に変えて  気がつけば暗がりに朝の陽が照らされていた このまま道を進んで行け  どれほど悩み挫けたって 幾度もこの手で越えてきたんだ もう怖くはない 自分と人を比べなくていい 誰かが決めた勝敗は要らないさ 不安を期待に塗り替えて 人は自分に勝つんだろう  間違ってもいいじゃん 不器用でもいいじゃん この先で約束を果たせれば  僅かしか見えぬ頂上だって イメージ膨らまし越えていくんだ 雄叫び上げ 胸張って揺るがない想いを共に 信じたものだけは見失わないで 転がって踏ん張って立ち上がって 行くよ未だ見ぬ場所へ
ファンファーレいつも流した夢につたう汗は この日を待っていたんだよ ありのままに あるがままの僕を 信じて踏み出せ  Under the clear sky 砂埃舞う地面を 踏みしめた数の想いが 僕を突き動かしたよ  相変わらずと笑われて 仕方ないなと蔑んで 期待されていない僕だったけどいつか 前代未聞のタイトルをこの手に掴む  こうして今でも逃げ出したいくらいの 絶望と使命を背負ってる 臆病になってしまう 瞬間もきっとあるけど いつも流した夢につたう汗は この日を待っていたんだよ ありのままに あるがままの僕を 信じて踏み出せ  Under the rainy sky 過去を超えられない日々 水面に映った自分眺め 苛立ってしまう日もあったな  あいつは何か掴んでいて 僕には何か足りなくて 答えが見えないな そんな夜もきっと 未来を開く自分にとって欠かせないもの  どうせ一度きりの人生なんだ やるだけやってみせるよ 空回りしてしまう瞬間もきっとあるけど 僕の背中を押した愛のエール 期待背負って挑むよ あなたに届ける 揺るぎなき 魂の叫びを  悔しくて 悩みもがいた日々から 聴こえる希望込めたファンファーレ  こうして今でも逃げ出したいくらいの 絶望と使命を背負ってる 臆病になってしまう 瞬間もきっとあるけど いつも流した夢につたう汗は この日を待っていたんだよ ありのままに あるがままの僕を 信じて踏み出せNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbrightいつも流した夢につたう汗は この日を待っていたんだよ ありのままに あるがままの僕を 信じて踏み出せ  Under the clear sky 砂埃舞う地面を 踏みしめた数の想いが 僕を突き動かしたよ  相変わらずと笑われて 仕方ないなと蔑んで 期待されていない僕だったけどいつか 前代未聞のタイトルをこの手に掴む  こうして今でも逃げ出したいくらいの 絶望と使命を背負ってる 臆病になってしまう 瞬間もきっとあるけど いつも流した夢につたう汗は この日を待っていたんだよ ありのままに あるがままの僕を 信じて踏み出せ  Under the rainy sky 過去を超えられない日々 水面に映った自分眺め 苛立ってしまう日もあったな  あいつは何か掴んでいて 僕には何か足りなくて 答えが見えないな そんな夜もきっと 未来を開く自分にとって欠かせないもの  どうせ一度きりの人生なんだ やるだけやってみせるよ 空回りしてしまう瞬間もきっとあるけど 僕の背中を押した愛のエール 期待背負って挑むよ あなたに届ける 揺るぎなき 魂の叫びを  悔しくて 悩みもがいた日々から 聴こえる希望込めたファンファーレ  こうして今でも逃げ出したいくらいの 絶望と使命を背負ってる 臆病になってしまう 瞬間もきっとあるけど いつも流した夢につたう汗は この日を待っていたんだよ ありのままに あるがままの僕を 信じて踏み出せ
フェアリーテール憧れた空で咲(わら)う花は いつだって照らすよ 変わり続ける明日へ  夢を撒いたんだ 不揃いな人生に 生まれるその芽が輝くようにと 転んでしまったんだ 跳ねる泥にまみれ 枯れそうな正義が絡みつくから  大嫌いだ 希望を断ち切る言葉が 自由を掲げて足掻いた 導くんだ 新たなステージへ  舞い出した 花びらが肌を撫で宿した モノクロの景色をそっと彩り寄り添う言葉 掌の宇宙も蕾み綻ぶから まだ やめないで 飛びたって  影が咲いたんだ 空を見るこの手に 夢を繋ぐ炎に水を差したんだ 今ある幸か その先にある幸か 摘まれ戻らない現実を眺めていた  押し寄せる 無謀だと笑う声が 愁いに溺れて もがいた 這い上がるんだ 闇を越えて  いつか 同じ痛みで傷つき泣く君が 折れないで闘えるような火を胸に灯すから 君が笑っていられるように僕も笑うよ もう 消さないで その火を  憧れた空で咲(わら)う花は 時に眩しすぎて目を逸らしてしまうけれど 終わらない旅で出会ったその光は 夢に刻んだ フェアリーテール  舞い出した 花びらが肌を撫で宿した 鮮やかな景色をずっと見守り寄り添う言葉 掌の宇宙も蕾み綻ぶから さあ未来へ 飛び込もう これ以上ないくらいの生きた証を咲かそうNovelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎憧れた空で咲(わら)う花は いつだって照らすよ 変わり続ける明日へ  夢を撒いたんだ 不揃いな人生に 生まれるその芽が輝くようにと 転んでしまったんだ 跳ねる泥にまみれ 枯れそうな正義が絡みつくから  大嫌いだ 希望を断ち切る言葉が 自由を掲げて足掻いた 導くんだ 新たなステージへ  舞い出した 花びらが肌を撫で宿した モノクロの景色をそっと彩り寄り添う言葉 掌の宇宙も蕾み綻ぶから まだ やめないで 飛びたって  影が咲いたんだ 空を見るこの手に 夢を繋ぐ炎に水を差したんだ 今ある幸か その先にある幸か 摘まれ戻らない現実を眺めていた  押し寄せる 無謀だと笑う声が 愁いに溺れて もがいた 這い上がるんだ 闇を越えて  いつか 同じ痛みで傷つき泣く君が 折れないで闘えるような火を胸に灯すから 君が笑っていられるように僕も笑うよ もう 消さないで その火を  憧れた空で咲(わら)う花は 時に眩しすぎて目を逸らしてしまうけれど 終わらない旅で出会ったその光は 夢に刻んだ フェアリーテール  舞い出した 花びらが肌を撫で宿した 鮮やかな景色をずっと見守り寄り添う言葉 掌の宇宙も蕾み綻ぶから さあ未来へ 飛び込もう これ以上ないくらいの生きた証を咲かそう
Photo albumねぇ、ふと1枚の写真を眺めていたら もうずいぶんあなたの顔を見ていないかもね 毎日どんな感じで過ごしているのかな 最近はどんなことにハマっているのかな  あの日の約束を果たすために日々私は生きてるんだ あなたはどうですか?忘れることなく覚えていますか?  逢いたいと願うことがどんなに苦しいでしょうか それでも希望は捨てない信じているから うまくは言えないけど帰りを待っているからずっと 心のよりどころはいつの日もこのアルバム  いつだっけ一緒にたくさんの荷物詰め込んで 空港で君が見えなくなるまで手を振った  全ての日常が危険と隣り合わせの日々だけど それでも絶対にどんな手を使ってでも守るから  これからの人生は険しい道もあるけど 一人で無理しないで君のそばにいるから 地球の裏側でもすぐに迎えに行くから だから心配しないで自分の道を切り開いて  ずっとほんとは目の前にいて欲しいけど そんな無茶なわがままは押し付けないからさ 信じ合えばきっと… 夢にまで見た世界が広がるから  逢いたいと願うことで夢に一歩近づけるさ いつでも希望は捨てない叶えられるから うまくは言えないけど帰りを待っているからずっと 心のよりどころはいつの日もこのアルバムNovelbright竹中雄大竹中雄大ねぇ、ふと1枚の写真を眺めていたら もうずいぶんあなたの顔を見ていないかもね 毎日どんな感じで過ごしているのかな 最近はどんなことにハマっているのかな  あの日の約束を果たすために日々私は生きてるんだ あなたはどうですか?忘れることなく覚えていますか?  逢いたいと願うことがどんなに苦しいでしょうか それでも希望は捨てない信じているから うまくは言えないけど帰りを待っているからずっと 心のよりどころはいつの日もこのアルバム  いつだっけ一緒にたくさんの荷物詰め込んで 空港で君が見えなくなるまで手を振った  全ての日常が危険と隣り合わせの日々だけど それでも絶対にどんな手を使ってでも守るから  これからの人生は険しい道もあるけど 一人で無理しないで君のそばにいるから 地球の裏側でもすぐに迎えに行くから だから心配しないで自分の道を切り開いて  ずっとほんとは目の前にいて欲しいけど そんな無茶なわがままは押し付けないからさ 信じ合えばきっと… 夢にまで見た世界が広がるから  逢いたいと願うことで夢に一歩近づけるさ いつでも希望は捨てない叶えられるから うまくは言えないけど帰りを待っているからずっと 心のよりどころはいつの日もこのアルバム
フォーリン・ヴィーナス甘い甘い fragrance 放った 今をときめく venus が居たんだ 圧倒的な glamorous body で 世の中の男を虜にした  あの日から胸に秘めてた 無謀だと言われたって 試行錯誤と 経験値上げて この手で掴み取ってやんだ  これから始まる独壇場 君の頬に口づけ say wow wow 思わずはにかむ sexy girl すぐさま引かれた境界線 あしらわれて去って行く say wow wow High になって やっちまった 詰めが甘いよな 何度だって 出直して 旅に出かけよう  朝5時の alarm で目覚めて みっちり 2時間 do muscle training しっかり目の breakfast を済ませ あらお口にお米つけたままじゃん  過去の自分はもう居ないさ なめられちゃたまるもんか 革命戦争 百戦錬磨 この手で奪い取ってやんだ  高まる魅力は最上級 肌で感じてみるかい? say wow wow やみつき確定 fall in love たちまちこの場は大歓声 誰も僕を止めれない say wow wow 準備体操は終わったようだ  これから始まる独壇場 君の頬に口づけ say wow wow 思わずはにかむ sexy girl そのまま抱き寄せ最終回 かと思えば叩かれ say wow wow High になって やっちまった 詰めが甘いよな 何度だって 出直して 旅に出かけようNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎甘い甘い fragrance 放った 今をときめく venus が居たんだ 圧倒的な glamorous body で 世の中の男を虜にした  あの日から胸に秘めてた 無謀だと言われたって 試行錯誤と 経験値上げて この手で掴み取ってやんだ  これから始まる独壇場 君の頬に口づけ say wow wow 思わずはにかむ sexy girl すぐさま引かれた境界線 あしらわれて去って行く say wow wow High になって やっちまった 詰めが甘いよな 何度だって 出直して 旅に出かけよう  朝5時の alarm で目覚めて みっちり 2時間 do muscle training しっかり目の breakfast を済ませ あらお口にお米つけたままじゃん  過去の自分はもう居ないさ なめられちゃたまるもんか 革命戦争 百戦錬磨 この手で奪い取ってやんだ  高まる魅力は最上級 肌で感じてみるかい? say wow wow やみつき確定 fall in love たちまちこの場は大歓声 誰も僕を止めれない say wow wow 準備体操は終わったようだ  これから始まる独壇場 君の頬に口づけ say wow wow 思わずはにかむ sexy girl そのまま抱き寄せ最終回 かと思えば叩かれ say wow wow High になって やっちまった 詰めが甘いよな 何度だって 出直して 旅に出かけよう
ふたつの影目を閉じれば 浮かび出す 寂しげな 君の影 元気にしてるかな? 眠れずに また夜を 超えていく  今でも時々ある不在着信 いけないとは分かってても折り返してしまう  重ねた手と手はもう 離したはずなのに 望みがすれ違う 互いのためにと 慌てて終わらせた 早く前を向きなよと また自分を誤魔化して  懐かしいな 些細な ことで日々 口喧嘩 でも翌朝になれば おはようと キスをした いつものように  僕らしか知らない変な下り、言葉 なんだか不思議と今でも焼き付いているよ  戻れないことくらい 分かってるはずなのに この映画はやっぱり 隣で観たいな 柔らかいその声が 忘れられず進めない こんな僕が嫌だな  大切にしまってある手紙や贈り物たち 燦々と光り輝く青い記憶が 決して消えることなくふと眺めては捨てられず 答えは二つに一つと分かっているのに  重ねた手と手はもう 離したはずだよね 望みがすれ違う 互いのためにと 涙流す君を 抱きしめることができない こんな僕を許して  満月の夜にはお決まりの長電話 月が綺麗だよっていつも君からだったよね そんな思い出も全部胸に抱きまたどこかで お互い幸せになって笑っていようねNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗目を閉じれば 浮かび出す 寂しげな 君の影 元気にしてるかな? 眠れずに また夜を 超えていく  今でも時々ある不在着信 いけないとは分かってても折り返してしまう  重ねた手と手はもう 離したはずなのに 望みがすれ違う 互いのためにと 慌てて終わらせた 早く前を向きなよと また自分を誤魔化して  懐かしいな 些細な ことで日々 口喧嘩 でも翌朝になれば おはようと キスをした いつものように  僕らしか知らない変な下り、言葉 なんだか不思議と今でも焼き付いているよ  戻れないことくらい 分かってるはずなのに この映画はやっぱり 隣で観たいな 柔らかいその声が 忘れられず進めない こんな僕が嫌だな  大切にしまってある手紙や贈り物たち 燦々と光り輝く青い記憶が 決して消えることなくふと眺めては捨てられず 答えは二つに一つと分かっているのに  重ねた手と手はもう 離したはずだよね 望みがすれ違う 互いのためにと 涙流す君を 抱きしめることができない こんな僕を許して  満月の夜にはお決まりの長電話 月が綺麗だよっていつも君からだったよね そんな思い出も全部胸に抱きまたどこかで お互い幸せになって笑っていようね
Friends for lifeIt was autumn and I was young I had found where I belonged Everything was new and I was looking for the light It didn't take a lot of time you opened up and so did I Everyone had dreams and it put the sparkle in my eyes yeah  When we started playing music It was like a superpower and it felt like we could take over the world yeah It didn't matter if we were out of tune No we were loud we were proud of every sound and Looking back we probably were terrible But those were the days and it was a miracle The melodies we made and the memories still shine Brighter than the sun  We will be friends for life yeah I will be there when you call When you're feeling up or when you're feeling down Just believe me when I say We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever  Back in the day I thought that I could reach anything I ever dreamed but it wasn't that easy I left everything behind to find the light again yeah When I wanted to run away It was your voice that made me stay There is nothing I would change 'cause here we are today And I know yeah I know  We will be friends for life yeah I will be there when you call When you're feeling up or when you're feeling down Just believe me when I say We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever  We will laugh and we will cry in the end it is alright No matter what may come our way We'll make it through the night  We will be friends for life yeah I will be there when you call When you're feeling up or when you're feeling down Just believe me when I say We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever  We will be friends for life I will be there when you call When you're feeling up or feeling down You know I'm by your side We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on foreverNovelbright竹中雄大・Lauren Kaori竹中雄大・沖聡次郎NovelbrightIt was autumn and I was young I had found where I belonged Everything was new and I was looking for the light It didn't take a lot of time you opened up and so did I Everyone had dreams and it put the sparkle in my eyes yeah  When we started playing music It was like a superpower and it felt like we could take over the world yeah It didn't matter if we were out of tune No we were loud we were proud of every sound and Looking back we probably were terrible But those were the days and it was a miracle The melodies we made and the memories still shine Brighter than the sun  We will be friends for life yeah I will be there when you call When you're feeling up or when you're feeling down Just believe me when I say We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever  Back in the day I thought that I could reach anything I ever dreamed but it wasn't that easy I left everything behind to find the light again yeah When I wanted to run away It was your voice that made me stay There is nothing I would change 'cause here we are today And I know yeah I know  We will be friends for life yeah I will be there when you call When you're feeling up or when you're feeling down Just believe me when I say We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever  We will laugh and we will cry in the end it is alright No matter what may come our way We'll make it through the night  We will be friends for life yeah I will be there when you call When you're feeling up or when you're feeling down Just believe me when I say We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever  We will be friends for life I will be there when you call When you're feeling up or feeling down You know I'm by your side We will be friends for life yeah I will be there when you fall Through the thick and thin I'm here until the end We'll go on and on and on forever
Black SnowSince I met you for the first time いつでも優しくて 愛しくて2人このままずっと 居られるような気がしていた 目に見えない赤い糸で 結ばれているんだと 思えば思うほど あなたとの愛に溺れていくの  私だけを見てよ誰とも遊びに行かないで あなたのその身を全て私だけに捧げて  後戻りのできないほど 行きすぎた愛に気づかされても 間違いなどないと心の中で 自問自答を繰り返していくの  on the time you promised to come back 1秒でも遅れれば フラフラになるまで痛めつけるの  猛毒のあの果実 ひとくち口に運んでみたら 戻れないあの頃の 私にはもう戻れないの  壊れた我が身を今も信じて 本当の愛に気づかず 真っ白な心が今や 真っ黒く染まってしまったの like black snow  Ah...映画のワンシーンのような恋に憧れ いつの日か徐々に歪んでいった  熱い口づけ交わした後でも あなたはすぐ消えてく 誘惑の実に 甘い果実に 踊らされその身を捧げるの  後戻りのできないほど 行きすぎた愛に気づかされても 間違いなどないと心の中で 自問自答を繰り返していくの 凍えそうな唇噛みしめて あなたの帰りを待つ 足跡すら残さずに 別れも告げず去って行く to somewhere without youNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗NovelbrightSince I met you for the first time いつでも優しくて 愛しくて2人このままずっと 居られるような気がしていた 目に見えない赤い糸で 結ばれているんだと 思えば思うほど あなたとの愛に溺れていくの  私だけを見てよ誰とも遊びに行かないで あなたのその身を全て私だけに捧げて  後戻りのできないほど 行きすぎた愛に気づかされても 間違いなどないと心の中で 自問自答を繰り返していくの  on the time you promised to come back 1秒でも遅れれば フラフラになるまで痛めつけるの  猛毒のあの果実 ひとくち口に運んでみたら 戻れないあの頃の 私にはもう戻れないの  壊れた我が身を今も信じて 本当の愛に気づかず 真っ白な心が今や 真っ黒く染まってしまったの like black snow  Ah...映画のワンシーンのような恋に憧れ いつの日か徐々に歪んでいった  熱い口づけ交わした後でも あなたはすぐ消えてく 誘惑の実に 甘い果実に 踊らされその身を捧げるの  後戻りのできないほど 行きすぎた愛に気づかされても 間違いなどないと心の中で 自問自答を繰り返していくの 凍えそうな唇噛みしめて あなたの帰りを待つ 足跡すら残さずに 別れも告げず去って行く to somewhere without you
PRIDE僕らで紡ぐプライド乗せ 届けようどこまでも高くへ  影を追い走った小さな背中で 未来を背負えるかな? 恥じらいもなくまっすぐなセリフくれたから もう迷わずに進むんだ  ルールでは縛れぬいくつもの 決意(おもい)に躓(つまず)いてしまっても いつだってそばにいる強さを感じるから 止まれはしない  心千切れ辛い時も 背中を押す手が何度も繋いでくれるよ 僕らが燃やすプライドだけ 信じて突き進むさ  塞いだ弱さにも 手を伸ばしはせず 期待を背負えるかな? 見て見ぬふりした 溶けてゆく可能性を もう噛み砕いてしまいそうで  心乱す風にride on 譲れない道があるから走りつづけるよ 僕らがともに描くpride of… 痛みと手を繋いで  wow  誰もが目指す夢の先へ 血も踊る泥だらけの体震わせ このまま枯れるまで歌おう 一人じゃない力を  心千切れ辛い時も 背中を押す手が何度も繋いでくれるよ 僕らが燃やすプライドだけ 信じてただ走るんだ 光刺す頂上(ゴール)へNovelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎Novelbright僕らで紡ぐプライド乗せ 届けようどこまでも高くへ  影を追い走った小さな背中で 未来を背負えるかな? 恥じらいもなくまっすぐなセリフくれたから もう迷わずに進むんだ  ルールでは縛れぬいくつもの 決意(おもい)に躓(つまず)いてしまっても いつだってそばにいる強さを感じるから 止まれはしない  心千切れ辛い時も 背中を押す手が何度も繋いでくれるよ 僕らが燃やすプライドだけ 信じて突き進むさ  塞いだ弱さにも 手を伸ばしはせず 期待を背負えるかな? 見て見ぬふりした 溶けてゆく可能性を もう噛み砕いてしまいそうで  心乱す風にride on 譲れない道があるから走りつづけるよ 僕らがともに描くpride of… 痛みと手を繋いで  wow  誰もが目指す夢の先へ 血も踊る泥だらけの体震わせ このまま枯れるまで歌おう 一人じゃない力を  心千切れ辛い時も 背中を押す手が何度も繋いでくれるよ 僕らが燃やすプライドだけ 信じてただ走るんだ 光刺す頂上(ゴール)へ
bedroom涙を覗いて 見渡す世界は 澄んだように見えて 曖昧に滲んだ あたりまえに慣れて 流れる昨日に くだらない言葉ばかりが散らばってた  また、いつものように今日が終わる 風に泳ぐ泡 静かに弾けて 名前を呼んでも戻らない ただ息を繋いでいる鼓動だけが 聞こえる  どれほど愛を注いでも こぼれる命は満たされない 「おやすみ」さえ言えないまま ずっとずっとそばにいて 寝顔を眺めていた  独り言のように あなたと話して 淡く揺れる陽は 心を歪めて 何が正しいか 問いかけることなく 理想が残した轍を踏みしめてた  今を貪る温もりが 間違ってたのか それすらわからない あなたを守るはずの手が ただ現実を引き裂いて いつのまにか壊れていく  この血が白く染めてゆく 生きている愛がここにいるから 錆びつくナイフのように ぐっとぐっと突き刺さる あなたの呼吸が  ほらまた春が終わるよ 絶えずに触れた優しさはもう ひび割れた季節に紡がれ そっとそっと冷たくなってゆくよ  行くんだね、扉を閉ざして 聞こえない足音が響いて 「おやすみ」今度は言えたよ きっときっと届くから 星が眠るころにNovelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎Novelbright涙を覗いて 見渡す世界は 澄んだように見えて 曖昧に滲んだ あたりまえに慣れて 流れる昨日に くだらない言葉ばかりが散らばってた  また、いつものように今日が終わる 風に泳ぐ泡 静かに弾けて 名前を呼んでも戻らない ただ息を繋いでいる鼓動だけが 聞こえる  どれほど愛を注いでも こぼれる命は満たされない 「おやすみ」さえ言えないまま ずっとずっとそばにいて 寝顔を眺めていた  独り言のように あなたと話して 淡く揺れる陽は 心を歪めて 何が正しいか 問いかけることなく 理想が残した轍を踏みしめてた  今を貪る温もりが 間違ってたのか それすらわからない あなたを守るはずの手が ただ現実を引き裂いて いつのまにか壊れていく  この血が白く染めてゆく 生きている愛がここにいるから 錆びつくナイフのように ぐっとぐっと突き刺さる あなたの呼吸が  ほらまた春が終わるよ 絶えずに触れた優しさはもう ひび割れた季節に紡がれ そっとそっと冷たくなってゆくよ  行くんだね、扉を閉ざして 聞こえない足音が響いて 「おやすみ」今度は言えたよ きっときっと届くから 星が眠るころに
My Savior溺れそうだ 浮き輪も無い水面 地に足が付かない恐怖で 沈みそうだ もがけばもがくほど 命削られ遠くへ流される  何故だ? 標的は 自分なんだろう 僕が何したって言うんだ ずっと 長い間 苦しかったよ 弱いままが辛かったよ  そんな闇夜の中 絶望のどん底で 青い光が差し込み 手を伸ばす  いつだって逃げない誰からも救世主はきっと すぐ側で待ってるよ 勇敢に声あげ助けを乞う君を見捨てない 一番大事な存在  孤独と不安との狭間で 勇気出し泳ぎ始めれば 見たことのない幻想世界がもう 目の前で繰り広げられる  そうだずっと前から君の目に映る 景色に嘘はない 透明なまでに透き通ってる美しい世界 誰にも汚させはしない  いつだって逃げない誰からも救世主はきっと すぐ側で待ってるよ 勇敢に声あげ助けを乞う君を見捨てない かけがえのない存在Novelbright雄大雄大・聡次郎溺れそうだ 浮き輪も無い水面 地に足が付かない恐怖で 沈みそうだ もがけばもがくほど 命削られ遠くへ流される  何故だ? 標的は 自分なんだろう 僕が何したって言うんだ ずっと 長い間 苦しかったよ 弱いままが辛かったよ  そんな闇夜の中 絶望のどん底で 青い光が差し込み 手を伸ばす  いつだって逃げない誰からも救世主はきっと すぐ側で待ってるよ 勇敢に声あげ助けを乞う君を見捨てない 一番大事な存在  孤独と不安との狭間で 勇気出し泳ぎ始めれば 見たことのない幻想世界がもう 目の前で繰り広げられる  そうだずっと前から君の目に映る 景色に嘘はない 透明なまでに透き通ってる美しい世界 誰にも汚させはしない  いつだって逃げない誰からも救世主はきっと すぐ側で待ってるよ 勇敢に声あげ助けを乞う君を見捨てない かけがえのない存在
また明日GOLD LYLICいつも新しいこと 探しては君に伝えた  許し合える心の側で 果てしなく生きて行きたい  また明日って言えることがこんなにも幸せなんだと 気づかせてくれたのはあなただった ずっとずっと寄り添っていたいから ありふれた毎日の中で僕ら手を取り合うよ  悲しいことがあっても 君は顔に出さない  辛かったらこっちにおいでよ 君を笑わすことは得意だから  くだらないことで笑ってたあの日々が幸せなんだと 思い出させてくれたのはあなた そっとそっと見守っていたいから 5年前も今も僕ら何も変わらないよね  これからの将来の話になると 僕はいつも口を噤んでたね 切り出せる勇気が無くて 君を悲しませた  頼りない僕でごめんね けど誰よりも 君を想う気持ち負けない愛してる  さよならなんて言葉は今僕らには要らなくなったな 同じ屋根の下で綺麗な月を見て もっともっと素直な気持ちで ささやかな喜び幸せ君と分かち合いたい  また明日って言えることがこんなにも幸せなんだと 気づかせてくれたのはあなただった ずっとずっと寄り添っていたいから ありふれた毎日の中で僕ら手を取り合うよGOLD LYLICNovelbright雄大雄大・勇太朗いつも新しいこと 探しては君に伝えた  許し合える心の側で 果てしなく生きて行きたい  また明日って言えることがこんなにも幸せなんだと 気づかせてくれたのはあなただった ずっとずっと寄り添っていたいから ありふれた毎日の中で僕ら手を取り合うよ  悲しいことがあっても 君は顔に出さない  辛かったらこっちにおいでよ 君を笑わすことは得意だから  くだらないことで笑ってたあの日々が幸せなんだと 思い出させてくれたのはあなた そっとそっと見守っていたいから 5年前も今も僕ら何も変わらないよね  これからの将来の話になると 僕はいつも口を噤んでたね 切り出せる勇気が無くて 君を悲しませた  頼りない僕でごめんね けど誰よりも 君を想う気持ち負けない愛してる  さよならなんて言葉は今僕らには要らなくなったな 同じ屋根の下で綺麗な月を見て もっともっと素直な気持ちで ささやかな喜び幸せ君と分かち合いたい  また明日って言えることがこんなにも幸せなんだと 気づかせてくれたのはあなただった ずっとずっと寄り添っていたいから ありふれた毎日の中で僕ら手を取り合うよ
Morning Lightなに一つ報われなくて 劣等感と虚しさが同時に押し寄せてくる そう言ってその身を引くような あなたにはなってほしくないと願うだけ  かすかな光をずっと夢中で追いかける君が 憧れだったの 私の中のヒーローなんだ たとえこの世界から見向きもされぬ運命でも 諦めないでよ 描いた未来を現実に証明  けなされるのが怖くて 真相、真意隠してちゃ息苦しくなるだけ こんなにわがままな自分を そっと支えてくれる仲間が こんなにいること忘れないでいて  誰もが夢見るあの輝く人になることが 憧れだったの って言葉で終わりにしないで 手に入れられる夢に期限切れなんてないからさ 諦めないでよ 描いた理想を現実に証明  いつだってお前の味方はここにいるんだよ 聞こえないって耳をすませば聞こえてくんだろう 失くしたってまた一から拾い集めて 思いもしない幸せどっかに転がっているから Wo...  かすかな光をずっと夢中で追いかける君が 憧れだったの 私の中のヒーローなんだ たとえこの世界から見向きもされぬ運命でも 諦めないでよ 描いた未来を現実に証明 Wo... 憧れだったの 私の中にあるの 誰もが一度きりの人生で終わりが来るなら あなたにとっての栄光を今よ現実に証明Novelbright雄大雄大・勇太朗なに一つ報われなくて 劣等感と虚しさが同時に押し寄せてくる そう言ってその身を引くような あなたにはなってほしくないと願うだけ  かすかな光をずっと夢中で追いかける君が 憧れだったの 私の中のヒーローなんだ たとえこの世界から見向きもされぬ運命でも 諦めないでよ 描いた未来を現実に証明  けなされるのが怖くて 真相、真意隠してちゃ息苦しくなるだけ こんなにわがままな自分を そっと支えてくれる仲間が こんなにいること忘れないでいて  誰もが夢見るあの輝く人になることが 憧れだったの って言葉で終わりにしないで 手に入れられる夢に期限切れなんてないからさ 諦めないでよ 描いた理想を現実に証明  いつだってお前の味方はここにいるんだよ 聞こえないって耳をすませば聞こえてくんだろう 失くしたってまた一から拾い集めて 思いもしない幸せどっかに転がっているから Wo...  かすかな光をずっと夢中で追いかける君が 憧れだったの 私の中のヒーローなんだ たとえこの世界から見向きもされぬ運命でも 諦めないでよ 描いた未来を現実に証明 Wo... 憧れだったの 私の中にあるの 誰もが一度きりの人生で終わりが来るなら あなたにとっての栄光を今よ現実に証明
優しさの剣深い眠りだった夢の中 争いを避けて通れない道を歩いていた 鳴り止まないな 悲しみが 安らぎを求めた先に希望はあるのか  間違いだらけの世界から 抜け出す一筋の光は 愛する気持ちの中 夜明けはすぐそこ  そっとあなたの心の中にある 優しさの剣(つるぎ)を取り出して 不安を切り裂いて きっとこの手と手取り合って寄り添えば 温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよ  理想と現実の狭間に居た 迷いながらも答えを見つけ進まなくちゃな  勝ち負けばっかりの世界線 心削り合う最前戦 暖かい風を受けて 愛の詩叫んだ  何度悲しみの夜が訪れても 一人じゃないと知ったら 煌(きらめ)きが 僕を連れ出した やっと出逢えたよ 生きていく喜びに どんな未来になっても構わない あなたが居てくれれば  僕ら悩み嘆き精一杯生きていく 一瞬で消える日もあるけど そんな目まぐるしく変わっていく毎日でも いつか報われるから そう信じて  そっとあなたの心の中にある 優しさの剣(つるぎ)を取り出して 不安を切り裂いて きっとこの手と手取り合って寄り添えば 温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎深い眠りだった夢の中 争いを避けて通れない道を歩いていた 鳴り止まないな 悲しみが 安らぎを求めた先に希望はあるのか  間違いだらけの世界から 抜け出す一筋の光は 愛する気持ちの中 夜明けはすぐそこ  そっとあなたの心の中にある 優しさの剣(つるぎ)を取り出して 不安を切り裂いて きっとこの手と手取り合って寄り添えば 温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよ  理想と現実の狭間に居た 迷いながらも答えを見つけ進まなくちゃな  勝ち負けばっかりの世界線 心削り合う最前戦 暖かい風を受けて 愛の詩叫んだ  何度悲しみの夜が訪れても 一人じゃないと知ったら 煌(きらめ)きが 僕を連れ出した やっと出逢えたよ 生きていく喜びに どんな未来になっても構わない あなたが居てくれれば  僕ら悩み嘆き精一杯生きていく 一瞬で消える日もあるけど そんな目まぐるしく変わっていく毎日でも いつか報われるから そう信じて  そっとあなたの心の中にある 優しさの剣(つるぎ)を取り出して 不安を切り裂いて きっとこの手と手取り合って寄り添えば 温もりに包まれ幸せの朝陽が照らすよ
夢花火GOLD LYLIC明日の目覚ましは 朝6時だけど君と話したい おやすみの合図はさぁ カーテンの隙間から覗く光で  いつもは眠らないこと悔やむけど 今日だけは欠伸さえも愛しく思えた  溢れ出す想いを 抱きしめて言いたいよ こんなにも見たい景色があるから 君の街は綺麗に見えますか? いつかふたりで行こうね  初めて会った日から まっすぐな君に心惹かれて いつの日か見上げれば 無意識に君を思い浮かべた  決め手は価値観性格全て そして人の悪口言わないところ  照れ臭い言葉でも 君には言いたいよ 癒えない傷があっても背負うよ 泣きたい時はこの胸を貸すから ずっと愛を歌って  たとえこの街に 君が居なくても 僕は君を探していたんだろう 他の誰かになんて こんなこと言わないよ たった一人の君を想うよ  今すぐ会いたいよ その声聞きたいよ 飾らないその姿が愛しい 君の眺め独り占めさせてよ 何年先も  溢れ出す想いを 抱きしめて言いたいよ こんなにも見たい景色があるから 君の街は綺麗に見えますか? いつかふたりで行こうねGOLD LYLICNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎明日の目覚ましは 朝6時だけど君と話したい おやすみの合図はさぁ カーテンの隙間から覗く光で  いつもは眠らないこと悔やむけど 今日だけは欠伸さえも愛しく思えた  溢れ出す想いを 抱きしめて言いたいよ こんなにも見たい景色があるから 君の街は綺麗に見えますか? いつかふたりで行こうね  初めて会った日から まっすぐな君に心惹かれて いつの日か見上げれば 無意識に君を思い浮かべた  決め手は価値観性格全て そして人の悪口言わないところ  照れ臭い言葉でも 君には言いたいよ 癒えない傷があっても背負うよ 泣きたい時はこの胸を貸すから ずっと愛を歌って  たとえこの街に 君が居なくても 僕は君を探していたんだろう 他の誰かになんて こんなこと言わないよ たった一人の君を想うよ  今すぐ会いたいよ その声聞きたいよ 飾らないその姿が愛しい 君の眺め独り占めさせてよ 何年先も  溢れ出す想いを 抱きしめて言いたいよ こんなにも見たい景色があるから 君の街は綺麗に見えますか? いつかふたりで行こうね
夜空に舞う鷹のように何度何度離れても ずっとずっと追いかけた 証を残すために  いつかの上から突き落とされた様な敗北 心の傷は今も癒えない 許せない卑怯な手を使うカラスの群れの様 言葉にできないほどの絶望  誰一人に認められなくても 僕らの心は揺るがない  何度何度離れても ずっとずっと追いかけた 夜空に舞うあの鷹の様に 今何度何度裂かれても ずっとずっと繋ぐから 新たな形へ  いつしか僕らは夢追う旅人にしては 遠回りしている様な感覚 あれから失うものなど何一つないと 思えば何も怖くないから  Everyday Every night いつでも 僕は一人で悩んでいるよ Everyday Every night そこに明日なんてさ 偶然を必然に変えて  何度何度も溺れて やっとやっと出てきたら そこには輝く星たちよ 今何度何度も見つけて もっともっと手に入れて 私たちだけの城築き上げたいよ  何度何度離れても ずっとずっと追いかけた 夜空に舞うあの鷹の様に 今何度何度裂かれても ずっとずっと繋ぐから 新たな形へ今 物語の続きを書き記すからNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎何度何度離れても ずっとずっと追いかけた 証を残すために  いつかの上から突き落とされた様な敗北 心の傷は今も癒えない 許せない卑怯な手を使うカラスの群れの様 言葉にできないほどの絶望  誰一人に認められなくても 僕らの心は揺るがない  何度何度離れても ずっとずっと追いかけた 夜空に舞うあの鷹の様に 今何度何度裂かれても ずっとずっと繋ぐから 新たな形へ  いつしか僕らは夢追う旅人にしては 遠回りしている様な感覚 あれから失うものなど何一つないと 思えば何も怖くないから  Everyday Every night いつでも 僕は一人で悩んでいるよ Everyday Every night そこに明日なんてさ 偶然を必然に変えて  何度何度も溺れて やっとやっと出てきたら そこには輝く星たちよ 今何度何度も見つけて もっともっと手に入れて 私たちだけの城築き上げたいよ  何度何度離れても ずっとずっと追いかけた 夜空に舞うあの鷹の様に 今何度何度裂かれても ずっとずっと繋ぐから 新たな形へ今 物語の続きを書き記すから
ライフスコールはじめましてのその瞳が 僕の心の奥まで染まっていく 孤独さえも憂鬱さえも 優しく包んでくれる  寒空の下で凍えそうな夜も その身ひとつで救ってくれたから 頼りなくても不器用だとしても この手で守り抜くと誓うよ  I wanna know you でもずっとは居られないみたい 仕方のない現実でも 揺るぎない想いがあるんだよ I wanna hold you 向かい風が強くても変わりはしない ずっとがむしゃらに この愛守るよ  これ以上涙が零れないように もう二度とこの手を離さない 何が正しいか答えは分かってるけど 奇跡が起こると信じたいから 残酷に告げられる容赦のない未来 気付かれない生命(いのち)の泣く声 届いて欲しいと全身で叫んでいるから 剥き出しの決意をこの胸に僕は立ち向かう  無我夢中にさ じゃれ合いながら 青春の全てを惜しみなく注いでた 想い一つに仲間が集い 一世一代の革命を起こすよ  I wanna live with you どんな痛みを伴っても 諦めはしないんだろう? 自分自身に嘘つけないんだろう? I wanna laugh with you 互いの道別れても大丈夫さ 目指す先の願いは同じだから  不条理な世界でも僕は逃げないよ 目をそらすことの方が辛い 絶望の中でも希望は灯ると信じて 終わりが見えなくても共に闘い続けるよ  時には後ろ指さされ馬鹿にされたね 悲しくてため息をこぼす日だってあった それでも愛しさが満ちて溢れ返るから 一心不乱にもがいた そばに居れるように  これ以上涙が零れないように もう二度とこの手を離さない 何が正しいか答えは分かってるけど 奇跡が起こると信じたいから 残酷に告げられる容赦のない未来 気付かれない生命(いのち)の泣く声 届いて欲しいと全身で叫んでいるから 剥き出しの決意をこの胸に 共に生きていくNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎はじめましてのその瞳が 僕の心の奥まで染まっていく 孤独さえも憂鬱さえも 優しく包んでくれる  寒空の下で凍えそうな夜も その身ひとつで救ってくれたから 頼りなくても不器用だとしても この手で守り抜くと誓うよ  I wanna know you でもずっとは居られないみたい 仕方のない現実でも 揺るぎない想いがあるんだよ I wanna hold you 向かい風が強くても変わりはしない ずっとがむしゃらに この愛守るよ  これ以上涙が零れないように もう二度とこの手を離さない 何が正しいか答えは分かってるけど 奇跡が起こると信じたいから 残酷に告げられる容赦のない未来 気付かれない生命(いのち)の泣く声 届いて欲しいと全身で叫んでいるから 剥き出しの決意をこの胸に僕は立ち向かう  無我夢中にさ じゃれ合いながら 青春の全てを惜しみなく注いでた 想い一つに仲間が集い 一世一代の革命を起こすよ  I wanna live with you どんな痛みを伴っても 諦めはしないんだろう? 自分自身に嘘つけないんだろう? I wanna laugh with you 互いの道別れても大丈夫さ 目指す先の願いは同じだから  不条理な世界でも僕は逃げないよ 目をそらすことの方が辛い 絶望の中でも希望は灯ると信じて 終わりが見えなくても共に闘い続けるよ  時には後ろ指さされ馬鹿にされたね 悲しくてため息をこぼす日だってあった それでも愛しさが満ちて溢れ返るから 一心不乱にもがいた そばに居れるように  これ以上涙が零れないように もう二度とこの手を離さない 何が正しいか答えは分かってるけど 奇跡が起こると信じたいから 残酷に告げられる容赦のない未来 気付かれない生命(いのち)の泣く声 届いて欲しいと全身で叫んでいるから 剥き出しの決意をこの胸に 共に生きていく
ランナーズハイ願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒  未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る  散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ  願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒  新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ  噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく  笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間(とき)を忘れないまま やがて辿り着くよきっと  色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ  願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ  叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっとNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒  未だ見ぬ明日を探し求め旅立った 行き止まりばかりの滑走路なかなか飛べずにいたんだ 心が落ち込んで逃げ出しそうな日もあった それでも肩寄せ空を見る  散々息を切らして駆け抜けて 汗を流して手を取り合ってきた どこまでも高く飛べ  願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つ時も一緒  新しい街は想像以上に険しくて ぶつかる想いが壁になって空回って超えられないな 素直になれないまま意地張る自分が 嫌いだそんな時もあったんだ  噛み締めあった喜びも 震える声で不安嘆いた日も 強く胸に刻んでいく  笑った後悔はないと 歓声を歌に乗せて 閉ざした感情を揺らしたいよ 手を伸ばして誓い合った瞬間(とき)を忘れないまま やがて辿り着くよきっと  色鮮やかな人生を 期待込め叫んだ心配いらないさ 待ち焦がれた夢をそっと思い出したよ  願ったいつだってずっと 仲間と風に乗って 羽ばたき世界を眺めたいと 生まれ育ったあの街に胸張って行けるように やがて降り立つよ  叶った幻想を抱いた 仲間と風を切って 未だ見ぬ世界を目指したいよ いつまでも想像超えた景色を見ていこうか やがて辿り着くよきっと
Revive幼い頃からずっと当たり前のように そばにあった大好きな温もりが いつの日かさよならって初めからわかってるけど 嘘だと思いたかったもう一度抱きしめてよ  あれはゆりかごの中での記憶 輝く目を見てそっと笑み浮かべた姿  どこでもバカみたいにはしゃいでいた僕を いつでも優しく笑ってくれたよね  ここで再会が永遠の約束だった なのにどうして突然離れてくの? 今もこれからも沢山ただいまと言いたかったな 嗚呼 僅かでいいんだもう一度抱きしめてよ  時間は流れゆく 齢も重ねていく どの時代振り返ったって眩しすぎる太陽より何倍も 晴れ舞台は主役よりも張り切っちゃってさ 何も色褪せないな  風はどこまでも先へ運んでくれるんだ 窓の外から手を振り飛び立つのさ 今も見上げればいつもしわくちゃな笑顔でさ きっと大丈夫いつしか羽を伸ばす  赤く灯る火も色を失くしていく 嵐の前の静けさを待つ  ここでサヨナラの鐘が鳴り響いたんだ 泣きじゃくる僕にそっと微笑んで 何故かその顔に悔いは残ってなかったようだな 嗚呼 頬をつたった雫が綺麗だったな  ここで最後まで愛を語ってくれたんだ 今にも枯れそうなその優しい声で 偉大なあなたと過ごした証を刻み込み まだ続く最愛の日々駆け抜けるよNovelbright竹中雄大竹中雄大・山田海斗幼い頃からずっと当たり前のように そばにあった大好きな温もりが いつの日かさよならって初めからわかってるけど 嘘だと思いたかったもう一度抱きしめてよ  あれはゆりかごの中での記憶 輝く目を見てそっと笑み浮かべた姿  どこでもバカみたいにはしゃいでいた僕を いつでも優しく笑ってくれたよね  ここで再会が永遠の約束だった なのにどうして突然離れてくの? 今もこれからも沢山ただいまと言いたかったな 嗚呼 僅かでいいんだもう一度抱きしめてよ  時間は流れゆく 齢も重ねていく どの時代振り返ったって眩しすぎる太陽より何倍も 晴れ舞台は主役よりも張り切っちゃってさ 何も色褪せないな  風はどこまでも先へ運んでくれるんだ 窓の外から手を振り飛び立つのさ 今も見上げればいつもしわくちゃな笑顔でさ きっと大丈夫いつしか羽を伸ばす  赤く灯る火も色を失くしていく 嵐の前の静けさを待つ  ここでサヨナラの鐘が鳴り響いたんだ 泣きじゃくる僕にそっと微笑んで 何故かその顔に悔いは残ってなかったようだな 嗚呼 頬をつたった雫が綺麗だったな  ここで最後まで愛を語ってくれたんだ 今にも枯れそうなその優しい声で 偉大なあなたと過ごした証を刻み込み まだ続く最愛の日々駆け抜けるよ
流星群願いを込めこの手紙を書くよ 拝啓 10年後の君へ 元気でいますか?幸せですか? 今も隣で笑ってますか?  君と出会って僕は変わった平凡だった日々だって 嘘みたいに笑顔が増えて 何気ない出来事だって喜び合って輝き出して いつでも君を求めていた  例えこの先どんな道のりが 君に訪れてもその隣は 僕が居たいからそばに居られるために強くなろう 涙の訳はいつでも聞くから ずっとずっと僕は味方だから 時を超えてもこれは忘れないでね 今も未来も君を愛してる  きっとこれから先何千回あの星を見上げても 相変わらず君は素敵なまま でもひとつ変わっていくことがあるとすれば 今よりも好きになる想い  明日世界が終わるとしたなら ここで君と歌いながら眠ろう 思い出とこの詩をタイムカプセルにしまって  例えこの先どんな道のりが 君に訪れてもその隣は 僕が居るからずっと離さないから 今も未来も君を愛してるNovelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbright願いを込めこの手紙を書くよ 拝啓 10年後の君へ 元気でいますか?幸せですか? 今も隣で笑ってますか?  君と出会って僕は変わった平凡だった日々だって 嘘みたいに笑顔が増えて 何気ない出来事だって喜び合って輝き出して いつでも君を求めていた  例えこの先どんな道のりが 君に訪れてもその隣は 僕が居たいからそばに居られるために強くなろう 涙の訳はいつでも聞くから ずっとずっと僕は味方だから 時を超えてもこれは忘れないでね 今も未来も君を愛してる  きっとこれから先何千回あの星を見上げても 相変わらず君は素敵なまま でもひとつ変わっていくことがあるとすれば 今よりも好きになる想い  明日世界が終わるとしたなら ここで君と歌いながら眠ろう 思い出とこの詩をタイムカプセルにしまって  例えこの先どんな道のりが 君に訪れてもその隣は 僕が居るからずっと離さないから 今も未来も君を愛してる
Rain Dancerいつか見上げたあの空の下で ひざをかかえこんで 動けない歩けない 報われないと匙を投げて 逃げてばかりの弱さに甘えて  描いた理想と現実に迷う君が 夢中で追いかけたモノさえ消えていくから  叶わぬ願いに呆れて踊ってるんでしょう? 先の見えない霧の中で 終わらない闇に溺れて沈むような 誰もいないそんな明日を迎えるだけ  あの日何かが違っていたなら なんて思っても 時間は戻らない 溢れ出した 誰かの吐く言葉なんて 意味はないさ 何かが変わることなんてないから  空も仰げず 立ち止まったままじゃ 君の大切なモノも見失っていくから  絡みつく糸をほどけずに踊っているんでしょう? 繰り返す日々の中で 放たれる言葉は机上の空論でしかないよ 変わらない自分をいつまで演じるの?  壊れないように 目をそらしているだけ 哀しみや辛さの中生きる意味を問いかけてみても 誰も答えない わからない まだ見えてない景色があるから 歩き出すだけ  目の前の真実の先へ 鮮やかな羽をひろげて踊りたいんでしょ? 降りしきる雨の中で 瞬く命も煌めく単純な世界で 生きていく君が信じたその道を Wow  Even if sorrow and pains befall you in the life, just believe yourself and keep dancing in the rain.Novelbright山田海斗竹中雄大・沖聡次郎いつか見上げたあの空の下で ひざをかかえこんで 動けない歩けない 報われないと匙を投げて 逃げてばかりの弱さに甘えて  描いた理想と現実に迷う君が 夢中で追いかけたモノさえ消えていくから  叶わぬ願いに呆れて踊ってるんでしょう? 先の見えない霧の中で 終わらない闇に溺れて沈むような 誰もいないそんな明日を迎えるだけ  あの日何かが違っていたなら なんて思っても 時間は戻らない 溢れ出した 誰かの吐く言葉なんて 意味はないさ 何かが変わることなんてないから  空も仰げず 立ち止まったままじゃ 君の大切なモノも見失っていくから  絡みつく糸をほどけずに踊っているんでしょう? 繰り返す日々の中で 放たれる言葉は机上の空論でしかないよ 変わらない自分をいつまで演じるの?  壊れないように 目をそらしているだけ 哀しみや辛さの中生きる意味を問いかけてみても 誰も答えない わからない まだ見えてない景色があるから 歩き出すだけ  目の前の真実の先へ 鮮やかな羽をひろげて踊りたいんでしょ? 降りしきる雨の中で 瞬く命も煌めく単純な世界で 生きていく君が信じたその道を Wow  Even if sorrow and pains befall you in the life, just believe yourself and keep dancing in the rain.
ワンルーム月が綺麗と嬉しそうに 空を見てよと君は笑った 流れた季節 いつの間にか 独りの生活にも慣れたよ  仕事は昔より上手くいっているけど この広い部屋にはひとりぼっちさ ワンルームにふたり 笑い、泣いたあの日々には もう戻れないよね  叶わない約束残して 何度も折れて出した答えだから 忘れようって空見上げ歩いてたのに 月を見ると会いたくなんのは君のせいだよ  たまにしかない連絡さえ いつしか途絶えて早一年 時間が経てば紛れるよと 忙しなく毎日を過ごした  一年で一度の君が生まれた日に 何気ないフリして送った「おめでとう」 「ありがとう。ごめんね。」 あの頃とはもう違う 君を受け止めなくちゃ  変わらないはずと思ってた 期待し過ぎていた自分が馬鹿だ 平気な顔で押し殺して伝えた 「幸せになって」なんてダサいな  今だって時々僕は 思い出も履歴も見返してしまう 君もさ悪いよプロフィール写真は あげたネックレス着けてるから  素直になれば戻れるかな 「嘘だよ」と言って ねぇ笑って 本当は会いたくて恋しくて会いたくて まだこの部屋で君を待って  叶わない約束残して 何度も泣いて出した答えだから 忘れようって前を向いて歩いていく 月を見ても会いたくなんないバイバイ。 またね。Novelbright竹中雄大竹中雄大・沖聡次郎Novelbright月が綺麗と嬉しそうに 空を見てよと君は笑った 流れた季節 いつの間にか 独りの生活にも慣れたよ  仕事は昔より上手くいっているけど この広い部屋にはひとりぼっちさ ワンルームにふたり 笑い、泣いたあの日々には もう戻れないよね  叶わない約束残して 何度も折れて出した答えだから 忘れようって空見上げ歩いてたのに 月を見ると会いたくなんのは君のせいだよ  たまにしかない連絡さえ いつしか途絶えて早一年 時間が経てば紛れるよと 忙しなく毎日を過ごした  一年で一度の君が生まれた日に 何気ないフリして送った「おめでとう」 「ありがとう。ごめんね。」 あの頃とはもう違う 君を受け止めなくちゃ  変わらないはずと思ってた 期待し過ぎていた自分が馬鹿だ 平気な顔で押し殺して伝えた 「幸せになって」なんてダサいな  今だって時々僕は 思い出も履歴も見返してしまう 君もさ悪いよプロフィール写真は あげたネックレス着けてるから  素直になれば戻れるかな 「嘘だよ」と言って ねぇ笑って 本当は会いたくて恋しくて会いたくて まだこの部屋で君を待って  叶わない約束残して 何度も泣いて出した答えだから 忘れようって前を向いて歩いていく 月を見ても会いたくなんないバイバイ。 またね。
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. シンデレラボーイ
  3. KICK BACK
  4. ツキヨミ
  5. 希望のチューしよっ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 希望のチューしよっ
  2. 霹靂
  3. Blue Moon
  4. Deep down
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照