アカシックの歌詞一覧リスト  60曲中 1-60曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
60曲中 1-60曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愛×Happy×クレイジー微妙に香水が 残る朝 地味な匂いに 頼る意味は無い  だからあたしは一張羅で 泥を泳いだって平気よ 大した事なんて一切無い!  くだらないもの大事に 愛してる 抱きしめ合ったって 気づけば 愛の無い誰かの ゴミクズと 日陰を探して 落ち合っている 絶望なんて暇だから  派手に蒸す朝の 港町 遠く靄がかるのは さっきいた街  傷つけてやろうとしてた アホらしくなってやめた 水面を叩く雨  邪魔になった正義を 掻き撫でて 噛み切って 海に沈めば 冷たい土に 刺さっていく睫毛 それだけ 永久だろう 絶望だって許さないよ  邪魔になった正義を 掻き撫でて 噛み切って 海に沈めば 冷たい土に 刺さっていく 睫毛 それだけ 永久だろう  一、二 くだらないもの 大事に愛してる 抱き締め合ったって 気づけば 愛の無い誰かの ゴミクズと 日陰を探して 落ち合っている  『絶望』だって許さないよ 愛×Happy×クレイジーアカシック理姫奥脇達也アカシック・釣俊輔微妙に香水が 残る朝 地味な匂いに 頼る意味は無い  だからあたしは一張羅で 泥を泳いだって平気よ 大した事なんて一切無い!  くだらないもの大事に 愛してる 抱きしめ合ったって 気づけば 愛の無い誰かの ゴミクズと 日陰を探して 落ち合っている 絶望なんて暇だから  派手に蒸す朝の 港町 遠く靄がかるのは さっきいた街  傷つけてやろうとしてた アホらしくなってやめた 水面を叩く雨  邪魔になった正義を 掻き撫でて 噛み切って 海に沈めば 冷たい土に 刺さっていく睫毛 それだけ 永久だろう 絶望だって許さないよ  邪魔になった正義を 掻き撫でて 噛み切って 海に沈めば 冷たい土に 刺さっていく 睫毛 それだけ 永久だろう  一、二 くだらないもの 大事に愛してる 抱き締め合ったって 気づけば 愛の無い誰かの ゴミクズと 日陰を探して 落ち合っている  『絶望』だって許さないよ 愛×Happy×クレイジー
飴と日傘例えば 市街地の暮らしを好きになって 派手な運命に時として残酷を見ても  悲しい時も なんとかやってきたんだから 全て 愛し直してみたいの 馬鹿みたいでも  何回も ときめいて 倒れそうで 飴食べた 恋人が買ってくれた 飴と日傘と見慣れた景色と変なあたし  ずっと天国だと思って寝て食事してた 疑いはじめても正体バラさなかった  恨んだことも とっくに消えてったんだから いまは 優しい言葉だけで話したい  コーヒーと煙草と 頬杖して思い出した 恋人が見せてくれた 海の真ん中と水平線と日焼けのあと  悲しい時も なんとかやってきたんだから 全部 恐がらないでいたいの 馬鹿みたいでも  何百何千回 ときめいて 倒れそうで 飴食べた 恋人が買ってくれた 飴と日傘を横に置いて コーヒーと煙草に頬杖つきながら 何回もときめいた 海の真ん中と水平線と恋人… 飴と日傘アカシック理姫奥脇達也アカシック例えば 市街地の暮らしを好きになって 派手な運命に時として残酷を見ても  悲しい時も なんとかやってきたんだから 全て 愛し直してみたいの 馬鹿みたいでも  何回も ときめいて 倒れそうで 飴食べた 恋人が買ってくれた 飴と日傘と見慣れた景色と変なあたし  ずっと天国だと思って寝て食事してた 疑いはじめても正体バラさなかった  恨んだことも とっくに消えてったんだから いまは 優しい言葉だけで話したい  コーヒーと煙草と 頬杖して思い出した 恋人が見せてくれた 海の真ん中と水平線と日焼けのあと  悲しい時も なんとかやってきたんだから 全部 恐がらないでいたいの 馬鹿みたいでも  何百何千回 ときめいて 倒れそうで 飴食べた 恋人が買ってくれた 飴と日傘を横に置いて コーヒーと煙草に頬杖つきながら 何回もときめいた 海の真ん中と水平線と恋人… 飴と日傘
アルカイックセンチメント一日23本弱のhi-lite 茶焦げの瓶に 愛想なしの酒肴料  両手にだいた大きな花束と 地の果てを追いかけて 今逃げるの さあ 走るの  冷凍庫の花びら 仰いで 褐ち合っちゃって 夢現に泣いて いけしゃあしゃあと 望む青空  全ての或る通りに生きたいのに でも朝になると気分変わるから  甘い言葉だけを抱きしめて 内緒で愛掴んだなら 走るの おめでたいの  たいして変わらない愛を 誠心誠意 繰り返す 糖衣錠の横で ひたむきに凍る 青空 花びら 煌々  でも愛してほしいこんなあたし ガタクレちゃっても  冷凍庫に花びら しゃあしゃあと 優しい青空  小さな頃の夢は いつからか忘れていた 大きな花束  嫌いだな橙色も緑色も 調べ尽くせど一致するのは脆い身体  赤いセーター着て 少し汗もあった 口に残る酒の味 気持ち悪い  退屈をしているぶんにはいいのですが 妄想していてもいいのですが 最後の幸せに照れるあたしも阿呆らしい たまには全て騙そうか 嘘つこうかな 今は諦めて 眠るアカシック理姫奥脇達也一日23本弱のhi-lite 茶焦げの瓶に 愛想なしの酒肴料  両手にだいた大きな花束と 地の果てを追いかけて 今逃げるの さあ 走るの  冷凍庫の花びら 仰いで 褐ち合っちゃって 夢現に泣いて いけしゃあしゃあと 望む青空  全ての或る通りに生きたいのに でも朝になると気分変わるから  甘い言葉だけを抱きしめて 内緒で愛掴んだなら 走るの おめでたいの  たいして変わらない愛を 誠心誠意 繰り返す 糖衣錠の横で ひたむきに凍る 青空 花びら 煌々  でも愛してほしいこんなあたし ガタクレちゃっても  冷凍庫に花びら しゃあしゃあと 優しい青空  小さな頃の夢は いつからか忘れていた 大きな花束  嫌いだな橙色も緑色も 調べ尽くせど一致するのは脆い身体  赤いセーター着て 少し汗もあった 口に残る酒の味 気持ち悪い  退屈をしているぶんにはいいのですが 妄想していてもいいのですが 最後の幸せに照れるあたしも阿呆らしい たまには全て騙そうか 嘘つこうかな 今は諦めて 眠る
いちかばちかちゃん黒眼にあるカラコンとって 目が痛い ぼやけるから目舐めて  必死に恋するの自嘲しいちに 天婦羅何本食べたっけさんし 同じシャンプー使ってよねぇねぇ ごーろくしちはちきゅーじゅー0に戻る え  ねぇねぇ ぎゃーぎゃー爪たてて傷つけたいあたしと 天命に任せて寝た 死んだ眼が好き好きだよ だから元気じゃなんか嫌い  高い苺冷蔵庫の中 風邪ひかないで あたためて食べてね  晴天今日行かない大嫌いいちに 同じシャンプー使ってよさんし 鬱陶しい携帯いらない捨てて ごーろくしちはちきゅーじゅー0に 戻んなよくそったれが  スーハー 感情殺すために息してもう嫌だよ 今日も頭ん中で散々ぶっ壊したけど もうやめた! やばいすげークズ デートしなきゃ 紅ひいてキスしなきゃ  前髪伸ばすか切るか それだけで今日は終わった さよなら 神さま様  スーハー 苛立ち殺すために息してもう嫌だよ スーハー 威嚇ファボ髪掻き乱して嫌い ねぇねぇ ぎゃーぎゃー爪たてて崩れていくあたしを 天命のせいにして見殺すなら消えて スーハー スーハー  切って切れぬ虚構でこの様見ていくって 絶対約束判子ください あなたが元気じゃなんか不安 実際笑っちゃって ほんとごめんね 紅ひいて 歌う世界 世話無いアカシック理姫奥脇達也アカシック黒眼にあるカラコンとって 目が痛い ぼやけるから目舐めて  必死に恋するの自嘲しいちに 天婦羅何本食べたっけさんし 同じシャンプー使ってよねぇねぇ ごーろくしちはちきゅーじゅー0に戻る え  ねぇねぇ ぎゃーぎゃー爪たてて傷つけたいあたしと 天命に任せて寝た 死んだ眼が好き好きだよ だから元気じゃなんか嫌い  高い苺冷蔵庫の中 風邪ひかないで あたためて食べてね  晴天今日行かない大嫌いいちに 同じシャンプー使ってよさんし 鬱陶しい携帯いらない捨てて ごーろくしちはちきゅーじゅー0に 戻んなよくそったれが  スーハー 感情殺すために息してもう嫌だよ 今日も頭ん中で散々ぶっ壊したけど もうやめた! やばいすげークズ デートしなきゃ 紅ひいてキスしなきゃ  前髪伸ばすか切るか それだけで今日は終わった さよなら 神さま様  スーハー 苛立ち殺すために息してもう嫌だよ スーハー 威嚇ファボ髪掻き乱して嫌い ねぇねぇ ぎゃーぎゃー爪たてて崩れていくあたしを 天命のせいにして見殺すなら消えて スーハー スーハー  切って切れぬ虚構でこの様見ていくって 絶対約束判子ください あなたが元気じゃなんか不安 実際笑っちゃって ほんとごめんね 紅ひいて 歌う世界 世話無い
うたかたの日々白い朝の 白いシーツに うつ伏せているから バス停の前が 騒がしいのを 知らせる事も無い  少し嘘があるわ 何も嘘じゃ無いけど  数時間前のけたたましさに隠れている つい密かに打ち込んだ連絡は  白い朝の 白いシーツに ダイブしてもまだ 街道裏の あの灯りは 消えないんだよ おやすみ  大事な人 聞いて 離れないでね そろそろ歩くわ 道を  つい昔のうたかたの日に隠れている 酔い冷めないで打ち込んだ連絡は 数分前のけたたましさに隠せずに やれ密かに 懐かしむ愛情さ 馬鹿な女アカシック理姫Hachiアカシック白い朝の 白いシーツに うつ伏せているから バス停の前が 騒がしいのを 知らせる事も無い  少し嘘があるわ 何も嘘じゃ無いけど  数時間前のけたたましさに隠れている つい密かに打ち込んだ連絡は  白い朝の 白いシーツに ダイブしてもまだ 街道裏の あの灯りは 消えないんだよ おやすみ  大事な人 聞いて 離れないでね そろそろ歩くわ 道を  つい昔のうたかたの日に隠れている 酔い冷めないで打ち込んだ連絡は 数分前のけたたましさに隠せずに やれ密かに 懐かしむ愛情さ 馬鹿な女
憂い切る身いい加減ね また起きていた だからって何もくれないのね それでも朝の最初の青見たいの いつまでここにいましょう  髪、乾かして 梳いて  憂い切る身の早さ今知った これが一途か気が狂いそうだ 死ぬまでどうやって続けるんだ 幸せだったこと自慢したい最期は あたしなんて君が楽しそうに してる全部を愛せはしないよ これが世界 それが世界 綺麗にするのは 何も知らない人ばかり 深呼吸して微笑めばいい  棄てる癖を もうやめたいの だから作ったの見に来て 大事よ内緒の 鍵付きドル箱の仲間に入れてあげる  二度と出てきちゃだめ、と  そう、赤い海を育てると思えば 宝物を守るゲームなら 飽きないようにくれた声、涙も愛 幸せだったこと聞かせてね最期に あたしきっと君が哀しそうに してる姿目をあてられないよ 膝ついた地面叩けど 足を止めるのは 頭の中の物語 うつむいても歩くほうが良い  髪、乾かして 梳いて  憂い切る身の早さ今知った 赤い海を育てようと思った これが一途か気が狂いそうだ 幸せだったこと自慢したい最期は あたしなんて君が楽しそうに してる全部を愛せはしないよ これが世界 それが世界 綺麗にするのは 何も知らない人ばかり 守りたい頭の中の物語 深呼吸して微笑めばいいアカシック理姫理姫・奥脇達也アカシックいい加減ね また起きていた だからって何もくれないのね それでも朝の最初の青見たいの いつまでここにいましょう  髪、乾かして 梳いて  憂い切る身の早さ今知った これが一途か気が狂いそうだ 死ぬまでどうやって続けるんだ 幸せだったこと自慢したい最期は あたしなんて君が楽しそうに してる全部を愛せはしないよ これが世界 それが世界 綺麗にするのは 何も知らない人ばかり 深呼吸して微笑めばいい  棄てる癖を もうやめたいの だから作ったの見に来て 大事よ内緒の 鍵付きドル箱の仲間に入れてあげる  二度と出てきちゃだめ、と  そう、赤い海を育てると思えば 宝物を守るゲームなら 飽きないようにくれた声、涙も愛 幸せだったこと聞かせてね最期に あたしきっと君が哀しそうに してる姿目をあてられないよ 膝ついた地面叩けど 足を止めるのは 頭の中の物語 うつむいても歩くほうが良い  髪、乾かして 梳いて  憂い切る身の早さ今知った 赤い海を育てようと思った これが一途か気が狂いそうだ 幸せだったこと自慢したい最期は あたしなんて君が楽しそうに してる全部を愛せはしないよ これが世界 それが世界 綺麗にするのは 何も知らない人ばかり 守りたい頭の中の物語 深呼吸して微笑めばいい
エリザベスロマン衝撃の発明 24時間落ちないマスカラ 落として寝る  見るのはクラスの王子様だった奴が 駿足生かしてパリでスリやっている夢  あたしは笑っている 誰かが泣いてると思ったって 全ては違っている 怪我してしまう 激情に駆られた 女は突っ込んだ 血だらけでひん剥く目が心を掴む  知らない街のスナックで 髪を真っ赤なリボンで 真っ赤なリボンで結んで 愛を歌う  どこかが狂っている 消え入るように歩けば 骨のない手にまだ風が吹いている 悪意で溢れた 女は闊歩の仕方を知らない 弱さが喉を詰めていく そんな日を助けていく  あたしは分かっている 誰かに足掛けられたって 毛虫に変わってる 見つけてあげる 激情に駆られた 女は突っ込んだ 血に染まっていく叫びが 心を掴む そんな日を助けていくアカシック理姫奥脇達也衝撃の発明 24時間落ちないマスカラ 落として寝る  見るのはクラスの王子様だった奴が 駿足生かしてパリでスリやっている夢  あたしは笑っている 誰かが泣いてると思ったって 全ては違っている 怪我してしまう 激情に駆られた 女は突っ込んだ 血だらけでひん剥く目が心を掴む  知らない街のスナックで 髪を真っ赤なリボンで 真っ赤なリボンで結んで 愛を歌う  どこかが狂っている 消え入るように歩けば 骨のない手にまだ風が吹いている 悪意で溢れた 女は闊歩の仕方を知らない 弱さが喉を詰めていく そんな日を助けていく  あたしは分かっている 誰かに足掛けられたって 毛虫に変わってる 見つけてあげる 激情に駆られた 女は突っ込んだ 血に染まっていく叫びが 心を掴む そんな日を助けていく
LSD愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ この味ずっと一生続かないのはさ あーどうして寂しくさせるのキャンディ あと2秒で無くなっちゃうよ さよならっ!  小さな頃に願ってばかり いたこと今も同じ 飴色を太陽にあててときめいて 行こう!  愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ この味ずっと一生続かないのはさ あーどうして寂しくさせるのキャンディ ねぇまたすぐに会えるよね あと2秒で無くなっちゃうよ さよならっ!ばいばい  小さな頃に願ってばかり いたのに今も同じ 飴色を太陽にあててせつなくなる  赤 ピンク 緑 みずいろ と 黄色 白 ママにあげる 薄荷味 赤 ピンク 緑 みずいろ 涙の色  愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ この味ずっと一生続かないのはさ あーどうして寂しくさせるのキャンディ ぎゅっと抱きしめたらさよなら  愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ ねぇまたすぐに会えるよね あと2秒で無くなっちゃうよ さよならっ!ばいばいアカシック理姫奥脇達也・理姫愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ この味ずっと一生続かないのはさ あーどうして寂しくさせるのキャンディ あと2秒で無くなっちゃうよ さよならっ!  小さな頃に願ってばかり いたこと今も同じ 飴色を太陽にあててときめいて 行こう!  愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ この味ずっと一生続かないのはさ あーどうして寂しくさせるのキャンディ ねぇまたすぐに会えるよね あと2秒で無くなっちゃうよ さよならっ!ばいばい  小さな頃に願ってばかり いたのに今も同じ 飴色を太陽にあててせつなくなる  赤 ピンク 緑 みずいろ と 黄色 白 ママにあげる 薄荷味 赤 ピンク 緑 みずいろ 涙の色  愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ この味ずっと一生続かないのはさ あーどうして寂しくさせるのキャンディ ぎゅっと抱きしめたらさよなら  愛と缶々鳴らして聞こえたキャンディ ねぇまたすぐに会えるよね あと2秒で無くなっちゃうよ さよならっ!ばいばい
エロティシズム愛に邪魔なものは消す 優しい 優しい人は危険だ あたし以外 触ることはできない 近づいても いけない  熱い紅茶に 砂糖のいく間に 大事、大事に 思い出すたび あたしの体を 首をしめる  あなたを好きになって 本当に良かった 助けて おかしくない あたしが泣くの 珍しいんだよ 地獄だろうとついてきて  ここを汚すものは消す 歪みきったこの手は危険だ 近づくな いきそうな目を見ては カラスはいくつだったっけ  酸性雨だ そっと黒い羽根しまって 大事、大事よ 傷つかないで 血を見せなくても 忘れないから  ひかりに背を向け 目を手で隠し 小さな痛みの先で 待っているよ こんな素晴らしい世界で こんなんだから 天国じゃ死ねそうにない  あなたを好きで 本当に良かった 助けて もういいでしょ あたしは何を 残せたのでしょうか ねぇ地獄だろうとついてきて もういいの  愛に邪魔なものは消して いきそうでもいい 正気でもいい あのさ あの校庭の地下に カラスはいくつ寝てるアカシック理姫奥脇達也愛に邪魔なものは消す 優しい 優しい人は危険だ あたし以外 触ることはできない 近づいても いけない  熱い紅茶に 砂糖のいく間に 大事、大事に 思い出すたび あたしの体を 首をしめる  あなたを好きになって 本当に良かった 助けて おかしくない あたしが泣くの 珍しいんだよ 地獄だろうとついてきて  ここを汚すものは消す 歪みきったこの手は危険だ 近づくな いきそうな目を見ては カラスはいくつだったっけ  酸性雨だ そっと黒い羽根しまって 大事、大事よ 傷つかないで 血を見せなくても 忘れないから  ひかりに背を向け 目を手で隠し 小さな痛みの先で 待っているよ こんな素晴らしい世界で こんなんだから 天国じゃ死ねそうにない  あなたを好きで 本当に良かった 助けて もういいでしょ あたしは何を 残せたのでしょうか ねぇ地獄だろうとついてきて もういいの  愛に邪魔なものは消して いきそうでもいい 正気でもいい あのさ あの校庭の地下に カラスはいくつ寝てる
エンジェルシンクあのね 数えれば いくつも終わりがあった 可愛く浮かれていたっけ 雲の影で眠っていたっけ なんか 忘れた  ヒトの気持ちなら 抱いていたつもりが 少しづつ落っこちていて 気がついたら何も無くて 本当 ふざけていたわ  遠くに虹がかかれば 優しさを求める気分がすごくめんどくさい あたしはまた終わりを作ればいいや ああ つまらない  あなたが何を 願うのかを 分からないけど 叶えばいいと思った ただ 思い出を嫌わないで  あのね 数えれば 始まりはいつもあった どこか傷ついていたっけ あるいは花が咲いてたっけ ほら 忘れた  考えればいつだって 遊びに行ける気がしたから大丈夫だった あたしまた始まりを作らなきゃね ああ つまらない  目が乾くほど暖めてきた部屋に戻るわ 飲み切れず残してきたけど 長い夜にシラけるわ  遠くに虹を見つけた 邪魔だった  あなたが今 願う事 分からないけど きっと 叶えばいいと思った ただ 思い出を嫌わないで さよなら いつかアカシック理姫理姫・奥脇達也アカシックあのね 数えれば いくつも終わりがあった 可愛く浮かれていたっけ 雲の影で眠っていたっけ なんか 忘れた  ヒトの気持ちなら 抱いていたつもりが 少しづつ落っこちていて 気がついたら何も無くて 本当 ふざけていたわ  遠くに虹がかかれば 優しさを求める気分がすごくめんどくさい あたしはまた終わりを作ればいいや ああ つまらない  あなたが何を 願うのかを 分からないけど 叶えばいいと思った ただ 思い出を嫌わないで  あのね 数えれば 始まりはいつもあった どこか傷ついていたっけ あるいは花が咲いてたっけ ほら 忘れた  考えればいつだって 遊びに行ける気がしたから大丈夫だった あたしまた始まりを作らなきゃね ああ つまらない  目が乾くほど暖めてきた部屋に戻るわ 飲み切れず残してきたけど 長い夜にシラけるわ  遠くに虹を見つけた 邪魔だった  あなたが今 願う事 分からないけど きっと 叶えばいいと思った ただ 思い出を嫌わないで さよなら いつか
エンドオブザワールド幸福な朝迎える 空気は ピンク色に見えたかしら? ベランダから見えたのは海でも お花畑でもなく ただの白い朝でした 君の作るご飯だけを 一生かけて食べたいな  最上級の日常を あたしの住む世界に 全く情けない事情は 犬の餌にしよう!ね 世界の最後に 愛だけは残る って思いたい  大まかに言って人生の転機は この先たくさんあるといいわ その度に なるべく最強になって 愛情たくさん抱きしめて 遊んで暮らしてみるんです 4日間くらいで 平気です 隣で君が おやすみ…  最新型の日常を あなたの住む世界に 全然惹かれない事情は 犬の餌にしよう!ね 突き抜ける青空 赤く滲む夕焼けに 流せる涙の全ても 君を背景に 世界の最後に 愛だけは残る って思いたい  幸福な朝迎える 空気は ピンク色に見えたかしら? ベランダから覗くのはひたすら 灰皿と空き缶でしたアカシック理姫奥脇達也アカシック幸福な朝迎える 空気は ピンク色に見えたかしら? ベランダから見えたのは海でも お花畑でもなく ただの白い朝でした 君の作るご飯だけを 一生かけて食べたいな  最上級の日常を あたしの住む世界に 全く情けない事情は 犬の餌にしよう!ね 世界の最後に 愛だけは残る って思いたい  大まかに言って人生の転機は この先たくさんあるといいわ その度に なるべく最強になって 愛情たくさん抱きしめて 遊んで暮らしてみるんです 4日間くらいで 平気です 隣で君が おやすみ…  最新型の日常を あなたの住む世界に 全然惹かれない事情は 犬の餌にしよう!ね 突き抜ける青空 赤く滲む夕焼けに 流せる涙の全ても 君を背景に 世界の最後に 愛だけは残る って思いたい  幸福な朝迎える 空気は ピンク色に見えたかしら? ベランダから覗くのはひたすら 灰皿と空き缶でした
オレンジに塩コショウ海開きのニュースと オレンジに塩コショウ まあまあ暑いけど けろっとするには2℃足りない いい男だったな あー懐かしい 炎天下に汗を流して 今年も流行りの歌をチェックしたら 遊び足りない気分を茶髪にして あたしの思い出も 君との約束も  とっくに忘れたよって顔で 走れ 泣くな 新品なスマイルされた それが なんだ あたしは暑さでおかしくなった すっぴんで「好き」とか言いそうでやばい やられた  アツアツな目玉焼きに やっと塩コショウ ぼやぼやしてたらとうとう さよなら かなりマズイ  誰か あたしに車をいまください 会いに行きたいのに 愛は野暮で欲しかったのに  タイムライン更新しないで ずっと マジで 大胆に仕上げた 小麦色 肌を 知らない 君の写真とか意味が分からない しっかりツバつけたつもりだった やられた  海開きのニュースと 炎天下のビールと  とっくに忘れたよって顔で 走れ 泣くな 大胆に仕上げた 小麦色 肌で 急げ さよなら 愛 ラブ ○○○ 新品なスマイルそれが なんだ 泣くな あたしは暑さでおかしくなった オレンジに塩コショウとかやばい やられたアカシック理姫理姫アカシック海開きのニュースと オレンジに塩コショウ まあまあ暑いけど けろっとするには2℃足りない いい男だったな あー懐かしい 炎天下に汗を流して 今年も流行りの歌をチェックしたら 遊び足りない気分を茶髪にして あたしの思い出も 君との約束も  とっくに忘れたよって顔で 走れ 泣くな 新品なスマイルされた それが なんだ あたしは暑さでおかしくなった すっぴんで「好き」とか言いそうでやばい やられた  アツアツな目玉焼きに やっと塩コショウ ぼやぼやしてたらとうとう さよなら かなりマズイ  誰か あたしに車をいまください 会いに行きたいのに 愛は野暮で欲しかったのに  タイムライン更新しないで ずっと マジで 大胆に仕上げた 小麦色 肌を 知らない 君の写真とか意味が分からない しっかりツバつけたつもりだった やられた  海開きのニュースと 炎天下のビールと  とっくに忘れたよって顔で 走れ 泣くな 大胆に仕上げた 小麦色 肌で 急げ さよなら 愛 ラブ ○○○ 新品なスマイルそれが なんだ 泣くな あたしは暑さでおかしくなった オレンジに塩コショウとかやばい やられた
ちょっと意地悪いのを 気づいたの睨んだの あたしのラブレターは 空を落ちて遊んだ 薄情に口を噛んでいた  冷たい部屋で爪を切ったり あくびをしていて思った そう猫みたいにベランダを見て 眠れない朝だから 夢で会えたら言いたい事 心込めて考えたの 内緒よメロディー  世界中で君をスターだって思いたい 無邪気に笑う瞬間を迎えたい 例えば月に触れない とか不安になれば いま君が願う イカシタ女 あたしが全部見せてあげる  ちょっとみずくさいのを そうだ ぶっつぶしていこう あたしのラブレターは 海の中を遊んだ 瞳を閉ざして祈っていた  ぼんやり旅行雑誌をめくる 欠けた爪が不快だ 吐き出したグレーな言葉を 許した自分も嫌だな 夢で会えたら言いたい事 やれそうに無いから 冷たい髪ねじるわ  君が願う世界ならいま 晴れた空の無情を超えるの 例えば花に触れない とか不安になれば ほら君が狙う 理想の郷は あたしがどうか 見せてあげる  世界中で君をスターだって思いたい 素直に笑う瞬間迎えたい 月並みの愛で離さない もう離れないでいよう 世界中がドラマに満たされ 桃色の日々 溢れてゆけ いつかは全て全てを 果たせる気がするから 君が狙う 甘い期待は 決してかわさない 君が思う イカシタ女 あたしが絶対見せてあげるアカシック理姫奥脇達也ちょっと意地悪いのを 気づいたの睨んだの あたしのラブレターは 空を落ちて遊んだ 薄情に口を噛んでいた  冷たい部屋で爪を切ったり あくびをしていて思った そう猫みたいにベランダを見て 眠れない朝だから 夢で会えたら言いたい事 心込めて考えたの 内緒よメロディー  世界中で君をスターだって思いたい 無邪気に笑う瞬間を迎えたい 例えば月に触れない とか不安になれば いま君が願う イカシタ女 あたしが全部見せてあげる  ちょっとみずくさいのを そうだ ぶっつぶしていこう あたしのラブレターは 海の中を遊んだ 瞳を閉ざして祈っていた  ぼんやり旅行雑誌をめくる 欠けた爪が不快だ 吐き出したグレーな言葉を 許した自分も嫌だな 夢で会えたら言いたい事 やれそうに無いから 冷たい髪ねじるわ  君が願う世界ならいま 晴れた空の無情を超えるの 例えば花に触れない とか不安になれば ほら君が狙う 理想の郷は あたしがどうか 見せてあげる  世界中で君をスターだって思いたい 素直に笑う瞬間迎えたい 月並みの愛で離さない もう離れないでいよう 世界中がドラマに満たされ 桃色の日々 溢れてゆけ いつかは全て全てを 果たせる気がするから 君が狙う 甘い期待は 決してかわさない 君が思う イカシタ女 あたしが絶対見せてあげる
オールドミス背筋を伸ばして 晴ればれしたこと 水沫のようこそ 芽は開けるわ 不思議な話を 聞かせる恋人や 甘い場面にも 憂いを残して  宝物には 花びら 遠いところから ハイファイな気分を連れて  気づく 白く美しい雨に そう 生きて あたしを 揺らして アカシアに流れ したたる様を 描くの 心に あたしを 蹴散らす波を  ささやく魔法から 旋律を離れたら ちょっと気品に 控えめに行くわ  宝物には 高層ビル 遠いところまで ハイファイな記憶 のせて  唇に 艶のある 歌を そう くちづけ あたしを 揺らした 虹のかかる頃 露の間にも 星空 心に あたしを 月の影を  気づく 白く凛々しい波に 息をのむ 瞬間を 重ねて  アカシアを揺らせ したたる様を 生きて あたしを 心に 蹴散らすようにアカシック理姫奥脇達也背筋を伸ばして 晴ればれしたこと 水沫のようこそ 芽は開けるわ 不思議な話を 聞かせる恋人や 甘い場面にも 憂いを残して  宝物には 花びら 遠いところから ハイファイな気分を連れて  気づく 白く美しい雨に そう 生きて あたしを 揺らして アカシアに流れ したたる様を 描くの 心に あたしを 蹴散らす波を  ささやく魔法から 旋律を離れたら ちょっと気品に 控えめに行くわ  宝物には 高層ビル 遠いところまで ハイファイな記憶 のせて  唇に 艶のある 歌を そう くちづけ あたしを 揺らした 虹のかかる頃 露の間にも 星空 心に あたしを 月の影を  気づく 白く凛々しい波に 息をのむ 瞬間を 重ねて  アカシアを揺らせ したたる様を 生きて あたしを 心に 蹴散らすように
今日から夜は家にいるよ正直 あたしも色々で くたびれた体引きずって歩いていたり 前髪よれちゃったりした  もう日が暮れてゆくと 息も整えずに電話もした  いつかは夜は毎日お家にいて 小さな心配もかけないでいたい それが今わたしの夢 帰るあなた見送った 本当に好きだよ幸せよって言えずに  正直 あなたの事情とか 話に疲れきった返事をしたり 分からなかったりした  一つ一つ考えたら 実はこれでも昔より賢くなったんだ  今日は早めに帰って夕方にはお家で テレビのCMとかを見ているよ SNSだって見ないし 野菜中心の何か作るわ 天気予報を見てね 週末のデートを考えているわ  想像できない事でも ありきたりな女の子の ありきたりが好きなあなたに 贈りたいわ 全てを  あたしのために生きてるけど あなたのせいで 幸せで狂っていて涙も流れて 気がついた今わたしの夢 「今日から夜は家にいるよ」 言いたいよ 泣きそうだ もう少し待っていてよアカシック理姫奥脇達也アカシック・釣俊輔正直 あたしも色々で くたびれた体引きずって歩いていたり 前髪よれちゃったりした  もう日が暮れてゆくと 息も整えずに電話もした  いつかは夜は毎日お家にいて 小さな心配もかけないでいたい それが今わたしの夢 帰るあなた見送った 本当に好きだよ幸せよって言えずに  正直 あなたの事情とか 話に疲れきった返事をしたり 分からなかったりした  一つ一つ考えたら 実はこれでも昔より賢くなったんだ  今日は早めに帰って夕方にはお家で テレビのCMとかを見ているよ SNSだって見ないし 野菜中心の何か作るわ 天気予報を見てね 週末のデートを考えているわ  想像できない事でも ありきたりな女の子の ありきたりが好きなあなたに 贈りたいわ 全てを  あたしのために生きてるけど あなたのせいで 幸せで狂っていて涙も流れて 気がついた今わたしの夢 「今日から夜は家にいるよ」 言いたいよ 泣きそうだ もう少し待っていてよ
禁煙成功どうして あたしのオススメの映画は 4、5件まわってもレンタルしていないの あんなに良いのに やっぱり人気が無いな  いつから 君の趣味は偏っているの 千回聞いても覚えられないけど ずっとそばにいたいな 宇宙の果てくらい  2人で長生きしたら あの映画見てほしい  時代遅れのあたし 優しい君 変な2人でも 笑われても 幸せ  かならず あたしのオススメなバンドが 有名なテレビにいつか出るんだから 君の好きな なんだっけ、それ も出るといいね  強がるための刃も たまには少しおやすみ  手を繋ぐ時間が 消えないように 願うあたし 空の写真撮る君  時代遅れのあたし 優しい君 変な2人でも 笑われても 幸せアカシック理姫奥脇達也どうして あたしのオススメの映画は 4、5件まわってもレンタルしていないの あんなに良いのに やっぱり人気が無いな  いつから 君の趣味は偏っているの 千回聞いても覚えられないけど ずっとそばにいたいな 宇宙の果てくらい  2人で長生きしたら あの映画見てほしい  時代遅れのあたし 優しい君 変な2人でも 笑われても 幸せ  かならず あたしのオススメなバンドが 有名なテレビにいつか出るんだから 君の好きな なんだっけ、それ も出るといいね  強がるための刃も たまには少しおやすみ  手を繋ぐ時間が 消えないように 願うあたし 空の写真撮る君  時代遅れのあたし 優しい君 変な2人でも 笑われても 幸せ
Galaxy Bangバキュンバキュンバキュンバキュン!  ドッキリドッキリ うきうき Bodybody 見つめて あなたの視線は どこいくの イッチャなイッチャな リッチなリッチな ハートを狙うも hurry hurry ハラハラ 噂次第  セクシーセクシー ファンシーファンシー Oh!Galaxy! バキュンバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳でずっと狙っている DQN DQN DQN カモン! 銀河STYLEの DQNバキュン  ルッキンルッキン マニマニ shootiong shooting 隠れて あなたの狙いは まだもらよ イッチャなイッチャな リッチなリッチな ハートをねだるも busybusy loveylovey 時間次第  セクシーセクシー ファンシーファンシー Oh!Galaxy! バキュンバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳をもっと隠してよ DQN DQN DQN カモン! 銀河STYLEの DQNバキュン  セクシーセクシー ファンシーファンシー セクシーセクシー ファンシーファンシー Oh!Galaxy! バキュンバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳でずっと狙っている DQN DQN DQN カモン! 銀河STYLEの DQNバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳をもっと隠すのよ! DQN DQN DQN カモン! 銀河イメージで DQNバキュン  tututul tututul... ahahahah...アカシック理姫奥脇達也バキュンバキュンバキュンバキュン!  ドッキリドッキリ うきうき Bodybody 見つめて あなたの視線は どこいくの イッチャなイッチャな リッチなリッチな ハートを狙うも hurry hurry ハラハラ 噂次第  セクシーセクシー ファンシーファンシー Oh!Galaxy! バキュンバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳でずっと狙っている DQN DQN DQN カモン! 銀河STYLEの DQNバキュン  ルッキンルッキン マニマニ shootiong shooting 隠れて あなたの狙いは まだもらよ イッチャなイッチャな リッチなリッチな ハートをねだるも busybusy loveylovey 時間次第  セクシーセクシー ファンシーファンシー Oh!Galaxy! バキュンバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳をもっと隠してよ DQN DQN DQN カモン! 銀河STYLEの DQNバキュン  セクシーセクシー ファンシーファンシー セクシーセクシー ファンシーファンシー Oh!Galaxy! バキュンバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳でずっと狙っている DQN DQN DQN カモン! 銀河STYLEの DQNバキュン  バキュンバキュンバキュンバキュン! 宝石のような瞳をもっと隠すのよ! DQN DQN DQN カモン! 銀河イメージで DQNバキュン  tututul tututul... ahahahah...
ギャングスタ隣の街には 豹柄いるかな 出会えて良かったと思う 小枝に満開の花  恋の失敗とか 反省していても 心は急に老いるから 考えずに食べるわ  通じない言葉に つまらぬ躊躇いも無く 珍しく横でのんびりしていたと思えば  待って 猫ギャングスタ 待って ハイヒールを履き替えるわ 待って だって猫ギャングスタ 君は 男より カッコイイよアカシック理姫HachiHachi隣の街には 豹柄いるかな 出会えて良かったと思う 小枝に満開の花  恋の失敗とか 反省していても 心は急に老いるから 考えずに食べるわ  通じない言葉に つまらぬ躊躇いも無く 珍しく横でのんびりしていたと思えば  待って 猫ギャングスタ 待って ハイヒールを履き替えるわ 待って だって猫ギャングスタ 君は 男より カッコイイよ
結婚君の朗報に乾杯を 流し台に全て捨てる 心細くなるその歓声は おめでとう さようなら  憂いの海に躊躇う 意地悪な天使をね 束の間 見惚れるまま 覚えれば 無口だった  悲しい日はきっと 胸で泣いて決めるんだろう 愛しい日はどうせ キスしているよ  恐ろしい夢 罪悪色の朝陽を 閉めて気づかないで 眠っているだけ そうだ 君が選ばない全ての ねぇ、何が嫌?  午前三時の消灯に 切りが無い運命を 返そう 心細くなるその光景に おめでとう  君の朗報に乾杯を 流し台に全て捨てる 心細くなるその歓声は おめでとう さようなら ありがとうアカシック理姫奥脇達也アカシック君の朗報に乾杯を 流し台に全て捨てる 心細くなるその歓声は おめでとう さようなら  憂いの海に躊躇う 意地悪な天使をね 束の間 見惚れるまま 覚えれば 無口だった  悲しい日はきっと 胸で泣いて決めるんだろう 愛しい日はどうせ キスしているよ  恐ろしい夢 罪悪色の朝陽を 閉めて気づかないで 眠っているだけ そうだ 君が選ばない全ての ねぇ、何が嫌?  午前三時の消灯に 切りが無い運命を 返そう 心細くなるその光景に おめでとう  君の朗報に乾杯を 流し台に全て捨てる 心細くなるその歓声は おめでとう さようなら ありがとう
恋は媚薬だなんて冷めるわ恋は媚薬だなんて 冷めるわ 憂鬱は約束だ 用の無い寸秒と寝るんだ テーマはアイラブユウ 映画はノワール 慣れ親しんだあたしの心だ  伸びた髪の匂いひとつと 赤い爪先さえ する事がないの 暇なの 全てキャンセルしちゃって 明日 這々の体とでも 言うかな  今日が長ったらしいの今日が あなたがいないからかな  神様 会いたいいますぐに 熱あがってるの グッときているの 会いたいいまあたし この気持ちちょっと分かって 願える星を 流して  秘密は贅沢だ 噂に罰を置くのだ 聴いていたいブルース ルージュ差して 目の奥に話すの ローマは一日じゃなんとかかんとかって  ずっと あの日覚えた愛が苦いし あなたがいなくて もう  冷たい床に 頬をあて 繰り返し思い出して 恥じるわ 溶けて流れて 隙間を這って これであたしは つらつら遠くへ バイバイ!  今日が 長ったらしいの今日が あなたがいないからかな 神様 会いたいいますぐに 熱あがってるの グッときているの 会いたいいまあたし 願える星を 流して 天使のキスをして 会いたいいますぐに あーあ…アカシック理姫奥脇達也アカシック・釣俊輔恋は媚薬だなんて 冷めるわ 憂鬱は約束だ 用の無い寸秒と寝るんだ テーマはアイラブユウ 映画はノワール 慣れ親しんだあたしの心だ  伸びた髪の匂いひとつと 赤い爪先さえ する事がないの 暇なの 全てキャンセルしちゃって 明日 這々の体とでも 言うかな  今日が長ったらしいの今日が あなたがいないからかな  神様 会いたいいますぐに 熱あがってるの グッときているの 会いたいいまあたし この気持ちちょっと分かって 願える星を 流して  秘密は贅沢だ 噂に罰を置くのだ 聴いていたいブルース ルージュ差して 目の奥に話すの ローマは一日じゃなんとかかんとかって  ずっと あの日覚えた愛が苦いし あなたがいなくて もう  冷たい床に 頬をあて 繰り返し思い出して 恥じるわ 溶けて流れて 隙間を這って これであたしは つらつら遠くへ バイバイ!  今日が 長ったらしいの今日が あなたがいないからかな 神様 会いたいいますぐに 熱あがってるの グッときているの 会いたいいまあたし 願える星を 流して 天使のキスをして 会いたいいますぐに あーあ…
サイノロジック最高潮だと 伝えたい すわりきった瞳に サイノロジー 後悔するのよ バッドエンディング  好天はしつこい午後に 蒸発したむらさき すっかりセピア調で嫌な マリアージュも終えるわ  セーシェルのあたしを願って 繁華に咳込めるの 夕陽に髪をあげる頃 ロマンチックも失せるわ  勿体無い 早朝に 足もとふらついちゃってるけど いいの 今ちょっといいところ  最高潮だと 伝えたい 泳いできて ここまで ねぇ色っぽくして待ってる しらけきった空 溺れても ヤニ臭い程 サイノロジー 本当随分安っぽい バッドエンディング  明星 顔向けできず 隠れたい そんな今日は 半端なガラクタになっていく 気がするの わかるの  勇敢なアフターブルー 死ぬまでふらついていそう でもいいの 今ちょっといいところ  最愛級なのを 知らせたい 悩んだ末に放っておけば 息を殺して泣いている 困りきった瞳で 見つめても 分かんないよな サイノロジー 期待する程 バッドエンディング  最高潮だと 伝えたい 泳いできて ここまで あたしを愛し初めて ただ一途に 伝えたい 願っているよ サイノロジー  月を小指に連れてあくびする昨日 期待する程 バッドエンディングアカシック理姫奥脇達也最高潮だと 伝えたい すわりきった瞳に サイノロジー 後悔するのよ バッドエンディング  好天はしつこい午後に 蒸発したむらさき すっかりセピア調で嫌な マリアージュも終えるわ  セーシェルのあたしを願って 繁華に咳込めるの 夕陽に髪をあげる頃 ロマンチックも失せるわ  勿体無い 早朝に 足もとふらついちゃってるけど いいの 今ちょっといいところ  最高潮だと 伝えたい 泳いできて ここまで ねぇ色っぽくして待ってる しらけきった空 溺れても ヤニ臭い程 サイノロジー 本当随分安っぽい バッドエンディング  明星 顔向けできず 隠れたい そんな今日は 半端なガラクタになっていく 気がするの わかるの  勇敢なアフターブルー 死ぬまでふらついていそう でもいいの 今ちょっといいところ  最愛級なのを 知らせたい 悩んだ末に放っておけば 息を殺して泣いている 困りきった瞳で 見つめても 分かんないよな サイノロジー 期待する程 バッドエンディング  最高潮だと 伝えたい 泳いできて ここまで あたしを愛し初めて ただ一途に 伝えたい 願っているよ サイノロジー  月を小指に連れてあくびする昨日 期待する程 バッドエンディング
さめざめ腐乱事 買ってきて 面も 誑しんだのも なんかこれは 空漠たる乱暴です  残念ながら罪です 手遅れです 悔い改めているけれど  さめざめした いいね じゃあな じゃあな 青筋立てたまま 糞だるい不在の輪郭を抱きしめている朝だ また朝だ 朝だ  果敢無い夜を売って なんか 傷ついたとか やっぱこれも 空漠たる乱暴です  あたしはピンヒールに命がけです 決然なので 別に愛とか いらない  さめざめした いいね じゃあな じゃあな 青筋這って隠す 愛している 愛してる  鏡の右目に 歯ブラシぶっ刺して 関係をまだ愛したいという趣味の悪さに  不憫色付きの空白を抱いて 親密な涙を だらだらだらアカシック理姫奥脇達也腐乱事 買ってきて 面も 誑しんだのも なんかこれは 空漠たる乱暴です  残念ながら罪です 手遅れです 悔い改めているけれど  さめざめした いいね じゃあな じゃあな 青筋立てたまま 糞だるい不在の輪郭を抱きしめている朝だ また朝だ 朝だ  果敢無い夜を売って なんか 傷ついたとか やっぱこれも 空漠たる乱暴です  あたしはピンヒールに命がけです 決然なので 別に愛とか いらない  さめざめした いいね じゃあな じゃあな 青筋這って隠す 愛している 愛してる  鏡の右目に 歯ブラシぶっ刺して 関係をまだ愛したいという趣味の悪さに  不憫色付きの空白を抱いて 親密な涙を だらだらだら
サンデイバージンディアボーイ空のブルーは永久ブルーで 不審なチャンスは薔薇の色 ギミギミラブの ギミギミユーの サンデイバージン なんか泣きそうだ  うんと才能なんか無くたって 願える幸せ 若き日の憂鬱を 自転車乗って 思い出してたって 飽きるから考えてるよ あなたの今日の事 どこで何してるの 食事してるの いくつ笑ったの  だって 愛していたって 人は悲しい顔するけど アイス棒一本当たってラッキー  空のブルーは永久ブルーで 不審なチャンスは薔薇の色 躊躇わないの 躊躇わないの サンデイバージン ボーイフレンド 眠れない夜の窓辺は 退屈そうな猫の道 ギミギミラブの ギミギミユーの ユニバースいち 愛してる 次の日曜だって あたしの彼氏でいて  ドラマとか漫画とか 前はよく見てた 早くデートしたいな どんな顔して そういえば最近  やっとちょっと憧れだったブランド化粧品 昔より似合うってラッキー  風のブルーは永久ブルーで 不純なデート 蜘蛛の城 企まないの 企まないの サンデイバージン ガールフレンド 夢で逢えたらとかいうのは 罪作りが上手だね ギミギミラブの ギミギミユーの 妄想中に なんか泣きそうだ 素直に甘えて あたしのラッキーよ頂戴  次の干支とかあいつの恋とか 正直全部どうでもいい ギミギミラブの ギミギミユーは あたしのものだもん  空のブルーは永久ブルーで 不審なチャンスは薔薇の色 諦め無いの 諦め無いの 宇宙一 愛してる  夢で逢えたらとかいうのは 罪作りが上手だね ギミギミラブの ギミギミユーの サンデイバージン なんか泣きそうな 次の日曜日も 二人は恋人で 絶対にボーイフレンド あたしのラッキーよ 贅沢な運命でいてアカシック理姫奥脇達也アカシック・釣俊輔空のブルーは永久ブルーで 不審なチャンスは薔薇の色 ギミギミラブの ギミギミユーの サンデイバージン なんか泣きそうだ  うんと才能なんか無くたって 願える幸せ 若き日の憂鬱を 自転車乗って 思い出してたって 飽きるから考えてるよ あなたの今日の事 どこで何してるの 食事してるの いくつ笑ったの  だって 愛していたって 人は悲しい顔するけど アイス棒一本当たってラッキー  空のブルーは永久ブルーで 不審なチャンスは薔薇の色 躊躇わないの 躊躇わないの サンデイバージン ボーイフレンド 眠れない夜の窓辺は 退屈そうな猫の道 ギミギミラブの ギミギミユーの ユニバースいち 愛してる 次の日曜だって あたしの彼氏でいて  ドラマとか漫画とか 前はよく見てた 早くデートしたいな どんな顔して そういえば最近  やっとちょっと憧れだったブランド化粧品 昔より似合うってラッキー  風のブルーは永久ブルーで 不純なデート 蜘蛛の城 企まないの 企まないの サンデイバージン ガールフレンド 夢で逢えたらとかいうのは 罪作りが上手だね ギミギミラブの ギミギミユーの 妄想中に なんか泣きそうだ 素直に甘えて あたしのラッキーよ頂戴  次の干支とかあいつの恋とか 正直全部どうでもいい ギミギミラブの ギミギミユーは あたしのものだもん  空のブルーは永久ブルーで 不審なチャンスは薔薇の色 諦め無いの 諦め無いの 宇宙一 愛してる  夢で逢えたらとかいうのは 罪作りが上手だね ギミギミラブの ギミギミユーの サンデイバージン なんか泣きそうな 次の日曜日も 二人は恋人で 絶対にボーイフレンド あたしのラッキーよ 贅沢な運命でいて
幸せじゃないから死ねない傷舐め合えそうな子 困っておっこちてないかな ふり返る人は無く タクシーに乗りました  くだらないこれは生贄探し どうせ あたし泣いて帰ります  高給取りでもないなら 風俗嬢でもないから 彼にふられて 此処じゃ 暇潰しを間違えている 酒だけあればいいんです 彼がいないから 会いたい もう何でもいいから  朝は白く青く 黄色い風の夏 知らないシャツは見切れる それには顔はない  あたしひっぱたいて ベランダに投げてはくれないね だって彼は優しい  ホスト狂いでもないなら キャバクラ嬢でもないから 彼にふられて 此処じゃ 御馳走ひとつ分からない だらしない夜でいいんです 彼がいないから 会いたい ああ何でもいいから  くだらない女なんです でも違うの嫌 ただあたし間違えているんです 朝も昼も夜も無くて めそめそしていればいいんです そんであたし溶けてさ バカじゃないのにな  だってホスト狂いでもないなら 風俗嬢でもないから 彼にふられて 此処じゃ 何が良いのかわからない それでも此処にいたいのは 彼がいるから 会いたい ああ何でもいいから  幸せじゃないから死ねないアカシック理姫奥脇達也・理姫傷舐め合えそうな子 困っておっこちてないかな ふり返る人は無く タクシーに乗りました  くだらないこれは生贄探し どうせ あたし泣いて帰ります  高給取りでもないなら 風俗嬢でもないから 彼にふられて 此処じゃ 暇潰しを間違えている 酒だけあればいいんです 彼がいないから 会いたい もう何でもいいから  朝は白く青く 黄色い風の夏 知らないシャツは見切れる それには顔はない  あたしひっぱたいて ベランダに投げてはくれないね だって彼は優しい  ホスト狂いでもないなら キャバクラ嬢でもないから 彼にふられて 此処じゃ 御馳走ひとつ分からない だらしない夜でいいんです 彼がいないから 会いたい ああ何でもいいから  くだらない女なんです でも違うの嫌 ただあたし間違えているんです 朝も昼も夜も無くて めそめそしていればいいんです そんであたし溶けてさ バカじゃないのにな  だってホスト狂いでもないなら 風俗嬢でもないから 彼にふられて 此処じゃ 何が良いのかわからない それでも此処にいたいのは 彼がいるから 会いたい ああ何でもいいから  幸せじゃないから死ねない
終電理想に目が眩む 煙草の吸殻数え出す悲だ 余計な告白したの あの子は綺麗 とても綺麗だと 線路に寝かされるような気分 伊勢丹前で大号泣だ そんな日だ  終電で帰る 嫌われる前に 終電に乗ろうよ 好き  あの子と喧嘩したい 明るく君の視線だけは放棄する あたしは哀しみを飾っても 大きな毎日 幸せ巡り  新宿で帰る 怒らせる前に 銀座で寝ようよ 好き  東京二周 ぐるり また一人残念賞みたいになっちゃって どうなってんだ 宇宙めがけて沈む 救われねぇな初恋か ピアスあいてるけどね とりとめなくなる前に帰る 帰ろう 灰皿作ろう …嫌んなっちゃうな  終電で帰る 一人で大丈夫 新宿で帰る スキップスキップ  終電で帰るアカシック理姫理姫・奥脇達也理想に目が眩む 煙草の吸殻数え出す悲だ 余計な告白したの あの子は綺麗 とても綺麗だと 線路に寝かされるような気分 伊勢丹前で大号泣だ そんな日だ  終電で帰る 嫌われる前に 終電に乗ろうよ 好き  あの子と喧嘩したい 明るく君の視線だけは放棄する あたしは哀しみを飾っても 大きな毎日 幸せ巡り  新宿で帰る 怒らせる前に 銀座で寝ようよ 好き  東京二周 ぐるり また一人残念賞みたいになっちゃって どうなってんだ 宇宙めがけて沈む 救われねぇな初恋か ピアスあいてるけどね とりとめなくなる前に帰る 帰ろう 灰皿作ろう …嫌んなっちゃうな  終電で帰る 一人で大丈夫 新宿で帰る スキップスキップ  終電で帰る
CGギャル(きっと)才女になったら見るんだ ハート取っ替え引っ替えみるんだ どうも情緒は意外と微妙でリリアンみたいで 少女は大人になるんだ 照れを捨てるの無垢むく蹴るんだ 恋が無鉄砲だったら 激ヤバ淫らだ もうあなたにまた会いたい  そっとしっかりぱっちりキメて ナチュラルメイク諦めたら ひとつ脱いで笑え  ギャリギャリベイビーなあなた睨んで バブル期はここだけ ガチでプリチーな命かまして 御来光見せてー CGギャル酔わされて CGギャルまだ序の口  綺麗になったら言うんだ そうね一昨日来やがれみたいな イケたホステスみたいに言うんだ あなたもつばめよ 少女も大人になるんだ いつかあなたもハスから見るんだ ほれぼれ風な話に 素敵な誤解をもうそれ以上は やめて  そっとファッション雑誌立ち読み 流行りのメイク諦めたら 千鳥足で  ラブラブキャッチーなあなたにウィンク バチバチに愛して あたしブリっ子になりきるの今夜 あなただけ好きだったよ CGギャル棄てられて CGギャル今 歌ってる  そう言葉にしないとわかんない 両手で頬を包んで 聞いてる? 待ち受け画面 チュープリ設定したいの 本当の気持ち教えて お利口さんにしているからずっと  ギャリギャリベイビーなあなた 睨んで バブル期はここだけ ガチでプリチーな命かまして 御来光見せて  あたし出来るわ 必ずきっと だから抱きしめて まわれ メリーゴーランド 確かめて今夜 心から好きだったよ  CGギャル棄てられて CGギャル今 横浜アカシック理姫奥脇達也(きっと)才女になったら見るんだ ハート取っ替え引っ替えみるんだ どうも情緒は意外と微妙でリリアンみたいで 少女は大人になるんだ 照れを捨てるの無垢むく蹴るんだ 恋が無鉄砲だったら 激ヤバ淫らだ もうあなたにまた会いたい  そっとしっかりぱっちりキメて ナチュラルメイク諦めたら ひとつ脱いで笑え  ギャリギャリベイビーなあなた睨んで バブル期はここだけ ガチでプリチーな命かまして 御来光見せてー CGギャル酔わされて CGギャルまだ序の口  綺麗になったら言うんだ そうね一昨日来やがれみたいな イケたホステスみたいに言うんだ あなたもつばめよ 少女も大人になるんだ いつかあなたもハスから見るんだ ほれぼれ風な話に 素敵な誤解をもうそれ以上は やめて  そっとファッション雑誌立ち読み 流行りのメイク諦めたら 千鳥足で  ラブラブキャッチーなあなたにウィンク バチバチに愛して あたしブリっ子になりきるの今夜 あなただけ好きだったよ CGギャル棄てられて CGギャル今 歌ってる  そう言葉にしないとわかんない 両手で頬を包んで 聞いてる? 待ち受け画面 チュープリ設定したいの 本当の気持ち教えて お利口さんにしているからずっと  ギャリギャリベイビーなあなた 睨んで バブル期はここだけ ガチでプリチーな命かまして 御来光見せて  あたし出来るわ 必ずきっと だから抱きしめて まわれ メリーゴーランド 確かめて今夜 心から好きだったよ  CGギャル棄てられて CGギャル今 横浜
邪魔月と花 馬鹿は どこにいたの? 洒落臭い怠さに やる気の無さで悪かったよ  永遠に顔見ないつもりで ここにいたの やがて そして 千切りに来たんだよ hate you  いま邪魔よ 敵じゃない 華奢で可愛い尾を巻いて 行きなって ベイビー 風に舞い踊った 花びらは今日 アスファルトに降伏して ゴミになりました  知れば虜の色目ちゃん それ返して そして 運命が 何か教えるわね hate you  いま何が可哀想で 泣けてるの 両手上げて言えって ダーリン 惨めが代わり番をしただけでしょ? それはもう苦しくて 心配していたわ 未来を待つなんて ベイビー かわいい声で 歌われたって 嗚呼 あたしにはね 響かないみたい 癖で爪を噛んだ  優しいキスをして 背中から抱いてさ 骨を 血を 飲んでも あたしだけのものに出来ない  敵じゃない 華奢で可愛い尾を巻いて 行きなって ベイビー 惨めが代わり番をしただけでしょ? それはもう苦しくて 心配してたわ 両手つたった雨 やっちゃって 月に照らされ舞い踊る 花びらは今日  あなたの目の前を落ちて それは華奢な手をついて アスファルトに降伏して ゴミになりましたアカシック理姫奥脇達也アカシック月と花 馬鹿は どこにいたの? 洒落臭い怠さに やる気の無さで悪かったよ  永遠に顔見ないつもりで ここにいたの やがて そして 千切りに来たんだよ hate you  いま邪魔よ 敵じゃない 華奢で可愛い尾を巻いて 行きなって ベイビー 風に舞い踊った 花びらは今日 アスファルトに降伏して ゴミになりました  知れば虜の色目ちゃん それ返して そして 運命が 何か教えるわね hate you  いま何が可哀想で 泣けてるの 両手上げて言えって ダーリン 惨めが代わり番をしただけでしょ? それはもう苦しくて 心配していたわ 未来を待つなんて ベイビー かわいい声で 歌われたって 嗚呼 あたしにはね 響かないみたい 癖で爪を噛んだ  優しいキスをして 背中から抱いてさ 骨を 血を 飲んでも あたしだけのものに出来ない  敵じゃない 華奢で可愛い尾を巻いて 行きなって ベイビー 惨めが代わり番をしただけでしょ? それはもう苦しくて 心配してたわ 両手つたった雨 やっちゃって 月に照らされ舞い踊る 花びらは今日  あなたの目の前を落ちて それは華奢な手をついて アスファルトに降伏して ゴミになりました
好き嫌い好き嫌い とまらない 我慢する理由特にない あの子とあたしが噂になったら面白い  大正デモクラシー明治維新とはすれ違い 散切り頭は文明開化の音色か  好き嫌い 好き嫌い 嫌い あなた 食べられない  好き嫌い 隠せない 最近ちょっと つまんない あの子と一晩お泊りデートがしてみたい  平成時代のゆとり教育にそだった 絶滅危惧種の恥じらう乙女は妄想  好き嫌い 好き嫌い 嫌い あなた 食べられないな  好き嫌い 好き嫌い 嫌い あなた 好き嫌い 好き嫌い 嫌い 夜更かし 遊んで遊んで 教えて頂戴 夜遊び 好き嫌い でもお菓子は 好きアカシック理姫奥脇達也好き嫌い とまらない 我慢する理由特にない あの子とあたしが噂になったら面白い  大正デモクラシー明治維新とはすれ違い 散切り頭は文明開化の音色か  好き嫌い 好き嫌い 嫌い あなた 食べられない  好き嫌い 隠せない 最近ちょっと つまんない あの子と一晩お泊りデートがしてみたい  平成時代のゆとり教育にそだった 絶滅危惧種の恥じらう乙女は妄想  好き嫌い 好き嫌い 嫌い あなた 食べられないな  好き嫌い 好き嫌い 嫌い あなた 好き嫌い 好き嫌い 嫌い 夜更かし 遊んで遊んで 教えて頂戴 夜遊び 好き嫌い でもお菓子は 好き
スーパーサマーライン~消えたはずのセレブのあいつ~朝方に夢見る アバンチュール 港の夏男は 日々ロマンス 美少女追いかけた シードリーム 流れる汗ナイスフォロー 香りセンサー  夏のシャワー カルピス呑んべえ 焦る心はノーメイク 夏よ 夏の大三角 スイカバー  スーパーサマーライン 水プルーフ 夏の彼氏は超素敵 おかげさんであたしなんて 日焼け止めで大人買い 遊ぶよ  大人でもジェラシー アイスコーヒー 思いで連れ去られた ドイツのビール  夏の恋に かちわりピーチ セーラー服とPOCARI雲 夏の肌にひんやりソープしたい、よね  スーパーサマーライン 水プルーフ 夏の彼氏超好き ラブストーリー 泡みたいに まぼろしなら敵わない 儚し  あーあー、消えたはずのセレブのあいつは 大きな花火に 変身  夏の気持ち アサガオチャーム 恋の夜明け モンスーン キメた浴衣 クールビズ 切なくて…  白ワンピ 風リンス 夏の彼氏超好き ラブソング アイラービュー まぼろしじゃない貴方と  スーパーサマーライン 辿れそうね 忘れない夏 気温を 愛しいね 溶けたいね まぼろしなら許せない 賑わしいアカシック理姫奥脇達也朝方に夢見る アバンチュール 港の夏男は 日々ロマンス 美少女追いかけた シードリーム 流れる汗ナイスフォロー 香りセンサー  夏のシャワー カルピス呑んべえ 焦る心はノーメイク 夏よ 夏の大三角 スイカバー  スーパーサマーライン 水プルーフ 夏の彼氏は超素敵 おかげさんであたしなんて 日焼け止めで大人買い 遊ぶよ  大人でもジェラシー アイスコーヒー 思いで連れ去られた ドイツのビール  夏の恋に かちわりピーチ セーラー服とPOCARI雲 夏の肌にひんやりソープしたい、よね  スーパーサマーライン 水プルーフ 夏の彼氏超好き ラブストーリー 泡みたいに まぼろしなら敵わない 儚し  あーあー、消えたはずのセレブのあいつは 大きな花火に 変身  夏の気持ち アサガオチャーム 恋の夜明け モンスーン キメた浴衣 クールビズ 切なくて…  白ワンピ 風リンス 夏の彼氏超好き ラブソング アイラービュー まぼろしじゃない貴方と  スーパーサマーライン 辿れそうね 忘れない夏 気温を 愛しいね 溶けたいね まぼろしなら許せない 賑わしい
鶺鴒嫌いだな橙色も緑色も 調べ尽くせど一致するのは脆い身体  赤いセーター着て 少し汗もあった 口に残る酒の味 気持ち悪い  退屈をしているぶんにはいいのですが 妄想していてもいいのですが 最後の幸せに照れるあたしも阿呆らしい たまには全て騙そうか 嘘つこうかな 今は諦めて 眠る  長袖着た背中は新しい湿度をもつ 薬はメロンソーダで無機質さに耐えて飲む  頼りない生活も 引きずりゃ満足だし 何か言えば唇が寂しくなるし  退屈はどこまでやれるのですか 妄想して終えるんですか 絶妙な愛情の表現は捨てたら いいのに どれだけ首折り曲げても 誇らしくある不自然な睫毛は 指している  退屈は好きにしていればいいのですか 妄想していてもいいのですか 気持ち悪いほど寝転んで待つのも 阿呆らしい いけない事に落ち込もうと遊んであげる 秋の夜長 憂鬱アカシック理姫奥脇達也嫌いだな橙色も緑色も 調べ尽くせど一致するのは脆い身体  赤いセーター着て 少し汗もあった 口に残る酒の味 気持ち悪い  退屈をしているぶんにはいいのですが 妄想していてもいいのですが 最後の幸せに照れるあたしも阿呆らしい たまには全て騙そうか 嘘つこうかな 今は諦めて 眠る  長袖着た背中は新しい湿度をもつ 薬はメロンソーダで無機質さに耐えて飲む  頼りない生活も 引きずりゃ満足だし 何か言えば唇が寂しくなるし  退屈はどこまでやれるのですか 妄想して終えるんですか 絶妙な愛情の表現は捨てたら いいのに どれだけ首折り曲げても 誇らしくある不自然な睫毛は 指している  退屈は好きにしていればいいのですか 妄想していてもいいのですか 気持ち悪いほど寝転んで待つのも 阿呆らしい いけない事に落ち込もうと遊んであげる 秋の夜長 憂鬱
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ツイニーヨコハマ台風が去り 10月並み パーカー着た7月なんてね  お疲れ様 支度するね 深夜2時に迎えに来てね  君にかわる 心変わる 感情コマ切れに離れる 君に惚れる 忘れていく 頭が働かなくなる  ツイニーヨコハマ あたしは好き本当は好ききっと好き あなたも好き恐らく好き多分好き 二人は好き本当は好きずっと好き ツイニーヨコハマ 流れ星 スラリと見えた気がした  綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち 帰らない 眠らない でも言えない 綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち これから どうしましょうか  台風が去り 10月並み パーカー着た7月なんてね  お疲れ様 寝不足だね 風邪とかひかないでね  君に変わる 覚えていく 幸せは怖くないよね? 世知辛いね 余も末だね でも まあ どーでもいいよね  ツイニーヨコハマ あたしは好きあなたを好ききっと好き あなたも好き恐らく好き多分好き 二人は好き本当は好きずっと好き ツイニーヨコハマ 流れ星 スラリと空を流れて  ツイニーヨコハマ あたしは好き本当は好ききっと好き あなたも好き恐らく好き多分好き 二人は好き本当は好きずっと好き ツイニーヨコハマ 流れ星スラリと空を流れた  綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち 帰らない 眠らない でも言えない 綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち これから どうしましょうか……アカシック理姫奥脇達也台風が去り 10月並み パーカー着た7月なんてね  お疲れ様 支度するね 深夜2時に迎えに来てね  君にかわる 心変わる 感情コマ切れに離れる 君に惚れる 忘れていく 頭が働かなくなる  ツイニーヨコハマ あたしは好き本当は好ききっと好き あなたも好き恐らく好き多分好き 二人は好き本当は好きずっと好き ツイニーヨコハマ 流れ星 スラリと見えた気がした  綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち 帰らない 眠らない でも言えない 綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち これから どうしましょうか  台風が去り 10月並み パーカー着た7月なんてね  お疲れ様 寝不足だね 風邪とかひかないでね  君に変わる 覚えていく 幸せは怖くないよね? 世知辛いね 余も末だね でも まあ どーでもいいよね  ツイニーヨコハマ あたしは好きあなたを好ききっと好き あなたも好き恐らく好き多分好き 二人は好き本当は好きずっと好き ツイニーヨコハマ 流れ星 スラリと空を流れて  ツイニーヨコハマ あたしは好き本当は好ききっと好き あなたも好き恐らく好き多分好き 二人は好き本当は好きずっと好き ツイニーヨコハマ 流れ星スラリと空を流れた  綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち 帰らない 眠らない でも言えない 綺麗だね すごいね 寒いね わたしたち これから どうしましょうか……
溺愛春を数えて 生きたあたしを 笑えないほどあなたが好き 嘘くさいなと思われても 仕方無いけどあなたが好き  ああ 愛している愛しているよあなたを もう愛している愛しているよ 好きだよ どうしよう  片目で見ても ほどほどにしても 恥ずかしくても ほっといても好き 裸の夜も 散らかしてきた全てを 隠したいほどあなたが好き  ねぇ 愛してる 愛してるよ あなたをどうしよう 愛してる 以外に何もいま言いたくない  ああ 愛してる 愛してるよ あなたを もう 愛してる 愛してるよ あなたを 好きだよ 好きだよ  あなたに溺れ死んでもいいと 狂えるほど嘘くさいほど好きかもアカシック理姫奥脇達也春を数えて 生きたあたしを 笑えないほどあなたが好き 嘘くさいなと思われても 仕方無いけどあなたが好き  ああ 愛している愛しているよあなたを もう愛している愛しているよ 好きだよ どうしよう  片目で見ても ほどほどにしても 恥ずかしくても ほっといても好き 裸の夜も 散らかしてきた全てを 隠したいほどあなたが好き  ねぇ 愛してる 愛してるよ あなたをどうしよう 愛してる 以外に何もいま言いたくない  ああ 愛してる 愛してるよ あなたを もう 愛してる 愛してるよ あなたを 好きだよ 好きだよ  あなたに溺れ死んでもいいと 狂えるほど嘘くさいほど好きかも
Death is Not the END果てしない悲しみは 一日窓にぶつかってる 雨のような強さなのか  好きな人に会えたら 嬉しいと思うのは いくつの頃覚えたのか  特殊能力じゃなく あたしは願うたびに 愛しいその声を再生する  君が生み出した 悲劇か希望か 息苦しいな 素晴らしき日々となって  愛していく希望は カーテンの隙間を伸びた 朝陽よりも少ないのか  茜さす目の奥で 柔らかな物語 そこに寝泊まりしている傷たち  あたしにくだした 別れも永遠か 愛は悪魔か 教えてくれた日々 地上に芽を出した 果てなき悲しみ 降り積もる奇跡 死んでも許せないお話  君が生み出した 悲劇も希望も 息苦しいな 素晴らしき日々となって  あたしにくだした 別れも永遠か 愛は悪魔か 教えてくれた日々 果てなき喜びアカシック理姫奥脇達也果てしない悲しみは 一日窓にぶつかってる 雨のような強さなのか  好きな人に会えたら 嬉しいと思うのは いくつの頃覚えたのか  特殊能力じゃなく あたしは願うたびに 愛しいその声を再生する  君が生み出した 悲劇か希望か 息苦しいな 素晴らしき日々となって  愛していく希望は カーテンの隙間を伸びた 朝陽よりも少ないのか  茜さす目の奥で 柔らかな物語 そこに寝泊まりしている傷たち  あたしにくだした 別れも永遠か 愛は悪魔か 教えてくれた日々 地上に芽を出した 果てなき悲しみ 降り積もる奇跡 死んでも許せないお話  君が生み出した 悲劇も希望も 息苦しいな 素晴らしき日々となって  あたしにくだした 別れも永遠か 愛は悪魔か 教えてくれた日々 果てなき喜び
日本の宝凛ちゃんよ 凛と生きる 日本の宝 忘れないでね 日本の宝  横浜若葉町のハイレーンの隣で 色々見てたね その横はバーがあって その隣はパチ屋だったね 時代は政治や思想と 時の流れに歴史をつけて 流行り廃りする やだね  艶のある毛並で シャバのチリも絵に変えてくれた 守らせてよ 日本の美 聡明な君に 凛と名付けよう  凛ちゃんよ 凛と吠えろ 日本の宝 凛と生きる 日本の宝  横浜若葉町のハイレーンは先週から 改装工事中 なんとなく 忘れないでおこう  本当、なんとなく 全ての出逢いは単純な仕組みな気がするけど 奇跡運命的に希望  媚びることもしないで 頑なに動かない姿勢すら 守ってくれよ 粋な着物で 茶を点てそうだね いつの日か  艶のある毛並で シャバのチリも絵に変えてくれた 守らせてよ 日本の美 そういえば実は天然記念物  艶のある毛並で シャバのチリも絵に変えてくれた 守らせてよ 日本の美 移りゆく時代を生き抜いて 貫け  いつか歳をとって あたしはおばあちゃんになって 思い出すのは同じ日々 お前だけはあたしとずっと一緒  つまりは凛ちゃんかわいい  凛ちゃんよ 忘れないで 日本の宝 生きる 日本の宝アカシック理姫奥脇達也アカシック凛ちゃんよ 凛と生きる 日本の宝 忘れないでね 日本の宝  横浜若葉町のハイレーンの隣で 色々見てたね その横はバーがあって その隣はパチ屋だったね 時代は政治や思想と 時の流れに歴史をつけて 流行り廃りする やだね  艶のある毛並で シャバのチリも絵に変えてくれた 守らせてよ 日本の美 聡明な君に 凛と名付けよう  凛ちゃんよ 凛と吠えろ 日本の宝 凛と生きる 日本の宝  横浜若葉町のハイレーンは先週から 改装工事中 なんとなく 忘れないでおこう  本当、なんとなく 全ての出逢いは単純な仕組みな気がするけど 奇跡運命的に希望  媚びることもしないで 頑なに動かない姿勢すら 守ってくれよ 粋な着物で 茶を点てそうだね いつの日か  艶のある毛並で シャバのチリも絵に変えてくれた 守らせてよ 日本の美 そういえば実は天然記念物  艶のある毛並で シャバのチリも絵に変えてくれた 守らせてよ 日本の美 移りゆく時代を生き抜いて 貫け  いつか歳をとって あたしはおばあちゃんになって 思い出すのは同じ日々 お前だけはあたしとずっと一緒  つまりは凛ちゃんかわいい  凛ちゃんよ 忘れないで 日本の宝 生きる 日本の宝
裸-nude-愛しているのに 気づかないように 息止める魔法はお仕舞い 大人になるんだ sister 一don't cry 二don't cry 三don't cry 狂っちゃうよ?  打算ばかり叩き出す 爪は赤く血が滲み はみだした裾はひっぱって踏み 日々は異常にも勇敢に巡るわけ おいてかれる気になるのを 電話握るだけの脳内  大人が裸になる どうして駄目なの  愛しているのに 嫌いになって 息止めて逃げるのお仕舞い 触れること許された世界でいいじゃん 生きていれば 会えるのならば 見失うなって 不安で壊すのやめだ 雑草すら守る姿勢で  悪い夢を怖がって眠れずに 可哀想に自然な涙なんか流しちゃって 何がこんなに嫌で不満なの 全部言えるよ 言ってやれよって 箍を外す気無いだけ  大人が裸になれば クギヅケなくせに  勘違いでも ショックだったり 切り裂かれた気分になんだもん ケバさは強さじゃないの護って 迷わないこと 決めた明日は 付き纏う暗闇を殴って 退屈すらも守る姿勢で  優しい声 優しい脳で 受けとめたいの 自分自身を 裸で抱き合う爪先でカーテン閉めた もう一度寝よう  勘違いでも ショックだったり 切り裂かれた気分になんだもん ケバさは強さじゃないの護って 迷わないこと 決めた明日は 付き纏う暗闇を殴って 真っ直ぐ目を見たい  愛しているのに 嫌いになって 息止めて逃げるのお仕舞い 触れること許された世界でいいじゃん 生きていれば 会えるのならば 見失うなって 不安で壊すのやめだ 馬鹿なフリやめて 雑草すら守る姿勢でアカシック理姫奥脇達也アカシック愛しているのに 気づかないように 息止める魔法はお仕舞い 大人になるんだ sister 一don't cry 二don't cry 三don't cry 狂っちゃうよ?  打算ばかり叩き出す 爪は赤く血が滲み はみだした裾はひっぱって踏み 日々は異常にも勇敢に巡るわけ おいてかれる気になるのを 電話握るだけの脳内  大人が裸になる どうして駄目なの  愛しているのに 嫌いになって 息止めて逃げるのお仕舞い 触れること許された世界でいいじゃん 生きていれば 会えるのならば 見失うなって 不安で壊すのやめだ 雑草すら守る姿勢で  悪い夢を怖がって眠れずに 可哀想に自然な涙なんか流しちゃって 何がこんなに嫌で不満なの 全部言えるよ 言ってやれよって 箍を外す気無いだけ  大人が裸になれば クギヅケなくせに  勘違いでも ショックだったり 切り裂かれた気分になんだもん ケバさは強さじゃないの護って 迷わないこと 決めた明日は 付き纏う暗闇を殴って 退屈すらも守る姿勢で  優しい声 優しい脳で 受けとめたいの 自分自身を 裸で抱き合う爪先でカーテン閉めた もう一度寝よう  勘違いでも ショックだったり 切り裂かれた気分になんだもん ケバさは強さじゃないの護って 迷わないこと 決めた明日は 付き纏う暗闇を殴って 真っ直ぐ目を見たい  愛しているのに 嫌いになって 息止めて逃げるのお仕舞い 触れること許された世界でいいじゃん 生きていれば 会えるのならば 見失うなって 不安で壊すのやめだ 馬鹿なフリやめて 雑草すら守る姿勢で
8ミリフィルムGOLD LYLIC国道とばさないでいてね それだけは忘れないでね アイドル風に喋ってみたりした事 馬鹿みたいだったわ  国道とばさないでいてね 危ない事はしないでね 奥歯であくび噛んだ日すらベタ惚れで 馬鹿ロマンスに見えたのに  指に キラキラまとわりついて見えたのに 赤じゃなかったの  寝る前に何も考えない事なんてあたしは無い 8ミリフィルムのように綺麗なもんじゃない 今なら分かったよ ラブストーリーはこんな嘘つき趣味じゃない 君の才能が欲しかった 超好きだったのにな あたし一人で桃食べて 最速で離れてあげるいいよ 映画見るわ  清く正しい風浴びてね 悪い事はしないでね お洒落なセンチメンタルとか意味ないけど 馬鹿ニヒルな事情なの  地図に ベタベタ引いて見たい線の色は 赤しかないな  寝る前に何を考えたってあたしの自由じゃない 8ミリフィルムじゃないしグサッといきたい 正直言うなら ステレオタイプな未来は全然趣味じゃない 誰とも結婚なんてしないでねさよならだけして 君は一人で桃食べて 感情なんか無くたっていいじゃん なんて嘘よ  君の愛情が欲しかった でも間違えたんだな 8ミリフィルムにして欲しかった だけど 今なら分かったよ ラブストーリーはこんな嘘つき趣味じゃない  寝る前にちょっと考えた 超好きだったんだな 誰かと結婚なんてしないで忘れないで 正直言うけど ステレオタイプな未来は全然似合ってない 君の才能が欲しかった 超好きだったのにな あたし一人で桃食べて 最速で離れてあげるいいよ 映画見るわGOLD LYLICアカシック理姫理姫アカシック・釣俊輔国道とばさないでいてね それだけは忘れないでね アイドル風に喋ってみたりした事 馬鹿みたいだったわ  国道とばさないでいてね 危ない事はしないでね 奥歯であくび噛んだ日すらベタ惚れで 馬鹿ロマンスに見えたのに  指に キラキラまとわりついて見えたのに 赤じゃなかったの  寝る前に何も考えない事なんてあたしは無い 8ミリフィルムのように綺麗なもんじゃない 今なら分かったよ ラブストーリーはこんな嘘つき趣味じゃない 君の才能が欲しかった 超好きだったのにな あたし一人で桃食べて 最速で離れてあげるいいよ 映画見るわ  清く正しい風浴びてね 悪い事はしないでね お洒落なセンチメンタルとか意味ないけど 馬鹿ニヒルな事情なの  地図に ベタベタ引いて見たい線の色は 赤しかないな  寝る前に何を考えたってあたしの自由じゃない 8ミリフィルムじゃないしグサッといきたい 正直言うなら ステレオタイプな未来は全然趣味じゃない 誰とも結婚なんてしないでねさよならだけして 君は一人で桃食べて 感情なんか無くたっていいじゃん なんて嘘よ  君の愛情が欲しかった でも間違えたんだな 8ミリフィルムにして欲しかった だけど 今なら分かったよ ラブストーリーはこんな嘘つき趣味じゃない  寝る前にちょっと考えた 超好きだったんだな 誰かと結婚なんてしないで忘れないで 正直言うけど ステレオタイプな未来は全然似合ってない 君の才能が欲しかった 超好きだったのにな あたし一人で桃食べて 最速で離れてあげるいいよ 映画見るわ
華金いたずらな ウィンクをして 羽根とかして フワッと逃げる フィクション キツい事を 口閉ざして 考えている あたしいつも急いでタクシーとめている あたしいつも急いでタクシーとめている  白馬の王子様お疲れ ガラスより慎ましきヒール 人魚姫は月明かりにうつむく 剥がれるスパンコール  見慣れない夜にきっと 遊ばれるのって分かるの ファンタジーを終わりにして 火をつけたら一途に1、2、3で 宙を裂くあたしの欲を見た  パリパリナイト アイセイイェイイェイ ユーセイウォウウォウ ラブラブナイト 要は 寂しいの? 壊れないあたしは夢の中  星空に願い事した 目覚まし買ってお姫様に 深夜0時は軽めに 食べたらリップ塗り直した  見慣れない夜にきっと 遊ばれるのって分かるの ファンタジーを終わりにして 電話を切れば一途な想いは飛んで 宙を裂きあたしを手放すんだ  パリパリナイト アイセイイェイイェイ ユーセイウォウウォウ ラブラブナイト 世は 愉しいの? 壊れないあたしは夢の中 パリパリナイト アイセイイェイイェイ ユーセイウォウウォウ ラブラブナイト 要は 寂しいの? 壊れないあたしは夢の中 壊れないあたしは夜な夜な夢の中  いたずらな ウィンクをして 羽根とかして フワッと逃げる フィクション キツい事を 口閉ざして 考えている あたしいつも急いでタクシーとめている あたしいつも急いでタクシーとめているアカシック理姫奥脇達也アカシックいたずらな ウィンクをして 羽根とかして フワッと逃げる フィクション キツい事を 口閉ざして 考えている あたしいつも急いでタクシーとめている あたしいつも急いでタクシーとめている  白馬の王子様お疲れ ガラスより慎ましきヒール 人魚姫は月明かりにうつむく 剥がれるスパンコール  見慣れない夜にきっと 遊ばれるのって分かるの ファンタジーを終わりにして 火をつけたら一途に1、2、3で 宙を裂くあたしの欲を見た  パリパリナイト アイセイイェイイェイ ユーセイウォウウォウ ラブラブナイト 要は 寂しいの? 壊れないあたしは夢の中  星空に願い事した 目覚まし買ってお姫様に 深夜0時は軽めに 食べたらリップ塗り直した  見慣れない夜にきっと 遊ばれるのって分かるの ファンタジーを終わりにして 電話を切れば一途な想いは飛んで 宙を裂きあたしを手放すんだ  パリパリナイト アイセイイェイイェイ ユーセイウォウウォウ ラブラブナイト 世は 愉しいの? 壊れないあたしは夢の中 パリパリナイト アイセイイェイイェイ ユーセイウォウウォウ ラブラブナイト 要は 寂しいの? 壊れないあたしは夢の中 壊れないあたしは夜な夜な夢の中  いたずらな ウィンクをして 羽根とかして フワッと逃げる フィクション キツい事を 口閉ざして 考えている あたしいつも急いでタクシーとめている あたしいつも急いでタクシーとめている
馬鹿なハスキーエイジあたし また見ている 夜が明ける 誰も 気がついていないように見える  どうしても 全て夢みたいに思う だけど 生態系は心配されている  攻撃誘発して ドラマを作ることも無い 永遠をひとり迷路する中で  誰かが忘れた欲望には 愛の証拠が残っていた はじけた傷 隠しておいで 悪くない アホくさくもない  馬鹿なハスキーエイジジャーニー あたしなら髪飾りして 二人はずっと歩いた 宝探しを忘れていった  無意識に 馴れたように 夜更かしして 朝になるのを カラスと気づいている  うっとりするように 広がる それは滑稽にも 運命をひとり迷路する中で  誰かが忘れた欲望には 愛の証拠が残っていた 気づいて思い出して泣いた あたしは 悲しくて  遠くには海があって 香るのは風が吹くから それはなんか嬉しかった 恋を知ってはシラけていった  青ざめた月が消えていくわ 今日の悲劇を全部沈めて 穏やかにきっと新しさが 空の東の方で たしかに 待っているって  馬鹿なハスキーエイジジャーニー あたしなら髪飾りして 二人はただ歩いた 宝探しは忘れても まだ信じている 覚えている 全部続いている 飛ばす声は歌のように 忘れないで この空の向こうでアカシック理姫奥脇達也アカシックあたし また見ている 夜が明ける 誰も 気がついていないように見える  どうしても 全て夢みたいに思う だけど 生態系は心配されている  攻撃誘発して ドラマを作ることも無い 永遠をひとり迷路する中で  誰かが忘れた欲望には 愛の証拠が残っていた はじけた傷 隠しておいで 悪くない アホくさくもない  馬鹿なハスキーエイジジャーニー あたしなら髪飾りして 二人はずっと歩いた 宝探しを忘れていった  無意識に 馴れたように 夜更かしして 朝になるのを カラスと気づいている  うっとりするように 広がる それは滑稽にも 運命をひとり迷路する中で  誰かが忘れた欲望には 愛の証拠が残っていた 気づいて思い出して泣いた あたしは 悲しくて  遠くには海があって 香るのは風が吹くから それはなんか嬉しかった 恋を知ってはシラけていった  青ざめた月が消えていくわ 今日の悲劇を全部沈めて 穏やかにきっと新しさが 空の東の方で たしかに 待っているって  馬鹿なハスキーエイジジャーニー あたしなら髪飾りして 二人はただ歩いた 宝探しは忘れても まだ信じている 覚えている 全部続いている 飛ばす声は歌のように 忘れないで この空の向こうで
秘密のデート二人の思い出は サッカリンみたいよね なんこあっても 燃え上がらないの あなたはいつもそう キスしてくれないの あたしを自由にさせないで  スカートは駄目 ヒールは駄目 グロスも駄目 舐めちゃ駄目 飴もだめ? ふくれちゃ駄目 ここじゃ駄目 て、やって  ウルトラ酔っちゃったよん イカレタ身体はイチコロよん 愛してやって 抱いてやってよん コテンパンにしちゃって ちょっと行こうよ  ホールドミー 抱いていて 秘密の花園に落ちていた ハートのイヤリング あ、それ、あたしの 二人の無邪気にと あなたに預けただけなの  そうしたらさ あいつはさ 言ったのさ いらねーってさ いらないってさ 虚しいのさ悲しいのさ  ウルトラ酔っちゃったよん よだれた唇イチコロよん 愛してって 泣いちゃったよん ごめん、ちょっと辛いの なんて 嘘だよん  ウルトラ恋しちゃったよん 冷たくされてもイチコロよん 愛してやって 参っちゃう程 コテンパンにしちゃって今日絶対  ウルトラ酔っちゃったよん 来て来て あやとり しようよ 愛したって 朝が怖いのは秘密のデートアカシック理姫奥脇達也二人の思い出は サッカリンみたいよね なんこあっても 燃え上がらないの あなたはいつもそう キスしてくれないの あたしを自由にさせないで  スカートは駄目 ヒールは駄目 グロスも駄目 舐めちゃ駄目 飴もだめ? ふくれちゃ駄目 ここじゃ駄目 て、やって  ウルトラ酔っちゃったよん イカレタ身体はイチコロよん 愛してやって 抱いてやってよん コテンパンにしちゃって ちょっと行こうよ  ホールドミー 抱いていて 秘密の花園に落ちていた ハートのイヤリング あ、それ、あたしの 二人の無邪気にと あなたに預けただけなの  そうしたらさ あいつはさ 言ったのさ いらねーってさ いらないってさ 虚しいのさ悲しいのさ  ウルトラ酔っちゃったよん よだれた唇イチコロよん 愛してって 泣いちゃったよん ごめん、ちょっと辛いの なんて 嘘だよん  ウルトラ恋しちゃったよん 冷たくされてもイチコロよん 愛してやって 参っちゃう程 コテンパンにしちゃって今日絶対  ウルトラ酔っちゃったよん 来て来て あやとり しようよ 愛したって 朝が怖いのは秘密のデート
美人ビジネス大人なら キメるとき全身白 安くないわ ノータッチ 冷静に  紫外線嫌 浴びるならステージライト 視線欲しい? ノーフリー 適当にやってよ  酸いも甘いもパス かったるいもう若くない last dance save for me 最後にちょっとなら ah  世は満ちて 乱される暇は無い 美しく しなやかに そう 認めた 才能を 美しく 生かすの苦労しても  昔っから 毛色が違うのよ ママの教えは keep secret  信じらんない 悲痛な涙も数々してきた まぁそれはいつかね  oh darling 酸いも甘いもパス かったるいもう若くない last dance save for me 最後にちょっとだけ ah  世は満ちた 踊れば 華咲いて 美しく 軽はずみな暇は無い 許されて  生きてきた意味は 美貌と金にあるアカシック理姫奥脇達也大人なら キメるとき全身白 安くないわ ノータッチ 冷静に  紫外線嫌 浴びるならステージライト 視線欲しい? ノーフリー 適当にやってよ  酸いも甘いもパス かったるいもう若くない last dance save for me 最後にちょっとなら ah  世は満ちて 乱される暇は無い 美しく しなやかに そう 認めた 才能を 美しく 生かすの苦労しても  昔っから 毛色が違うのよ ママの教えは keep secret  信じらんない 悲痛な涙も数々してきた まぁそれはいつかね  oh darling 酸いも甘いもパス かったるいもう若くない last dance save for me 最後にちょっとだけ ah  世は満ちた 踊れば 華咲いて 美しく 軽はずみな暇は無い 許されて  生きてきた意味は 美貌と金にある
ピンクピンクをそっと吹いて 妙な青空に散り巻き 頬に落とし 世界よもっとぶりっ子しなさい  でもあなたの胸に 落とすピンクはひとつよ 当たり前なの あたしたちどうせ結婚するんだ  なんかちょっと熱っぽいの 昼まで寝ちゃって まつ毛に寝癖ついた なんか変な夢見ちゃった 涙流して あたしあなたに告げていた  そんな不安な顔しないで あたしはあなたを死ぬほど好き 愛するあなたは あたしのピンク  うるせー黙れって言いつつ 超守ってくれる あなたの腕の中で あたしの人生台無しがいい  やっぱちょっと熱っぽいし このままベットで 何度もあなた想うの それから夢を見て 目覚めの電話で あたしあなたに言いたいの  どんな疲れた顔しても あたしはあなたを死ぬほど好き ご飯作って待ってる 感じて欲しいな  死ぬほど好きだから そんな不安な顔しないで あたしはあなたが好き超好き 初めて愛した あなたはあたしのピンクアカシック理姫奥脇達也ピンクをそっと吹いて 妙な青空に散り巻き 頬に落とし 世界よもっとぶりっ子しなさい  でもあなたの胸に 落とすピンクはひとつよ 当たり前なの あたしたちどうせ結婚するんだ  なんかちょっと熱っぽいの 昼まで寝ちゃって まつ毛に寝癖ついた なんか変な夢見ちゃった 涙流して あたしあなたに告げていた  そんな不安な顔しないで あたしはあなたを死ぬほど好き 愛するあなたは あたしのピンク  うるせー黙れって言いつつ 超守ってくれる あなたの腕の中で あたしの人生台無しがいい  やっぱちょっと熱っぽいし このままベットで 何度もあなた想うの それから夢を見て 目覚めの電話で あたしあなたに言いたいの  どんな疲れた顔しても あたしはあなたを死ぬほど好き ご飯作って待ってる 感じて欲しいな  死ぬほど好きだから そんな不安な顔しないで あたしはあなたが好き超好き 初めて愛した あなたはあたしのピンク
福富朝陽そっと 出て行って もうとっとと 逃げて忘れるか 五月の蝿かお前はと 唾吐かれたいか  お日様の下で 顔を上げて 誓ってみて  結構イラッときているわ 男のそうゆうの しょっちゅうイラッときているわ 1円にすらなんない 結構イラッときているわ 今夜わたしは 福富に消えるわ  うっかりしていても 嘘はバレずにやります 猫と犬と亀と蛇と散歩した昔が  安いネオンの下で 懐かしくて 苦しくて  結構イラっときているけど 普通にしてた しょっちゅうイラっときていても 可笑しく笑ってきた 結構イラっときているけど 許してあげたり ママ、大人になれば こんなもんだったの わたしの夢って 余裕も無い 狭い街での日々と感情論だったの  結構イラッときているわ 男のすべて しょっちゅうイラッときているわ 可笑しくもないダサい 結構イラッときているわ 許してあげたの しょっちゅうイラッときていても 彼が心配だから 結構イラッときているけど 嫌いじゃないし やっぱりまた、彼と生きるわアカシック理姫奥脇達也アカシックそっと 出て行って もうとっとと 逃げて忘れるか 五月の蝿かお前はと 唾吐かれたいか  お日様の下で 顔を上げて 誓ってみて  結構イラッときているわ 男のそうゆうの しょっちゅうイラッときているわ 1円にすらなんない 結構イラッときているわ 今夜わたしは 福富に消えるわ  うっかりしていても 嘘はバレずにやります 猫と犬と亀と蛇と散歩した昔が  安いネオンの下で 懐かしくて 苦しくて  結構イラっときているけど 普通にしてた しょっちゅうイラっときていても 可笑しく笑ってきた 結構イラっときているけど 許してあげたり ママ、大人になれば こんなもんだったの わたしの夢って 余裕も無い 狭い街での日々と感情論だったの  結構イラッときているわ 男のすべて しょっちゅうイラッときているわ 可笑しくもないダサい 結構イラッときているわ 許してあげたの しょっちゅうイラッときていても 彼が心配だから 結構イラッときているけど 嫌いじゃないし やっぱりまた、彼と生きるわ
ブラックあたしと違ってあの子を好きで あの子と違ってあたしも好きで 意味分からない危うさであんたが好き あんまりつまんない話でさ ガムシロップ飲んでもらいました 辛そうな顔であたしのブラック飲み干すけど だけど飲み切ったらさよならよ あんたのせいでさよならよ だからまたすぐ電話してとあたしは言う、はあ。  愛おしくって抱いてあげる 夢ん中にいてもキスしてあげる 飽きやすくてすぐ冷めそうとか あたしのこと知らないね ずっとずっと抱いてあげる 同じ心配をしてあげる いつか棄てられるのはあたしの方だ こっちきなさい  浮気したら半殺しか ぜんぶ壊して飼い殺しにするからね 忘れないで 覚えといて こんな敵だらけの世界から 狂いそうなベットまで パスポートひとつで飛ぶのよ 全部棄てな  一生分の名前呼んで 脱いで汗まで離さないで 首の後ろ寝息が熱くて 一生そうやっていなさい どうせどうせ変わり映えない 女、日常、思い出になんだから いつか棄てられるならあたしの方だ  愛おしくって抱いてあげる 夢ん中にいてもキスしてあげる 飽きやすくてすぐ冷めそうとか あたしのこと知らないね ずっとずっと抱いてあげる 女、日常、思い出になんだから いつか棄てられるなら あたしは好きにやるわ こっちきなさい こっち見てよ 愛してるよアカシック理姫理姫アカシックあたしと違ってあの子を好きで あの子と違ってあたしも好きで 意味分からない危うさであんたが好き あんまりつまんない話でさ ガムシロップ飲んでもらいました 辛そうな顔であたしのブラック飲み干すけど だけど飲み切ったらさよならよ あんたのせいでさよならよ だからまたすぐ電話してとあたしは言う、はあ。  愛おしくって抱いてあげる 夢ん中にいてもキスしてあげる 飽きやすくてすぐ冷めそうとか あたしのこと知らないね ずっとずっと抱いてあげる 同じ心配をしてあげる いつか棄てられるのはあたしの方だ こっちきなさい  浮気したら半殺しか ぜんぶ壊して飼い殺しにするからね 忘れないで 覚えといて こんな敵だらけの世界から 狂いそうなベットまで パスポートひとつで飛ぶのよ 全部棄てな  一生分の名前呼んで 脱いで汗まで離さないで 首の後ろ寝息が熱くて 一生そうやっていなさい どうせどうせ変わり映えない 女、日常、思い出になんだから いつか棄てられるならあたしの方だ  愛おしくって抱いてあげる 夢ん中にいてもキスしてあげる 飽きやすくてすぐ冷めそうとか あたしのこと知らないね ずっとずっと抱いてあげる 女、日常、思い出になんだから いつか棄てられるなら あたしは好きにやるわ こっちきなさい こっち見てよ 愛してるよ
プラチナ文明共創Pt78 & 仏mannequin & 火星は文明開化しそうかい あのねーあのねーあでも違うの 火星に問うは ヒト泣かせ  ちゅるちゅるポンて産てきたとかなんとか 噂には聞いたよ 美しすぎる男 どうなんだい  できたらどうにかすらすら寄って 椅子取りゲームでその席欲しいなんて 気どりかい  ねぇ 本当に幸せでしょ でも欲深い成りすましで 気どるの 焦らすの 嘘つき  待ちな 待ちな ちょっと待って 抱いて 抱いて 帰らないで 愛しい 虚しい あたしが 不要ですか? なら 飛躍してさ窓から くたばっちゃいな それでもさ でもさでもさ でもさ あんたしか要らないの  Pt78 & St38 & 火星は未だにすっからかんかい あソレソレ あでもちょっと違うの あんた欲しい 一芝居  あんたの言う事 百から十から三から 血なり骨なりに変えて魅せましょう 素面かい  例えば午前四時半に内緒よ こっそりばれずにこっちにそっと 来て欲しい 素面で  さあ 済んだ 清い恋の証は 豪邸のシンクゆきよ 朝陽は 朧き キ印  やらない やらない ほらさ未だ 競りたい 賭けたい 焦るほど 生きる事さえ 勿体ぶって 気取らせてよ 拓け 今夜は 愛ハシタナイ 不埒 ふちら もう超セクシー 鈍らないの 脳の美素 左様ですか なら……  待ちな 待ちな ちょっと待って 抱いて 抱いて 帰らないで なによ あたし不要ですか? なら 飛躍してさ窓から くたばっちゃいな それでもさ でもさでもさ でもさ あんたしか要らないの 要らないのよアカシック理姫奥脇達也Pt78 & 仏mannequin & 火星は文明開化しそうかい あのねーあのねーあでも違うの 火星に問うは ヒト泣かせ  ちゅるちゅるポンて産てきたとかなんとか 噂には聞いたよ 美しすぎる男 どうなんだい  できたらどうにかすらすら寄って 椅子取りゲームでその席欲しいなんて 気どりかい  ねぇ 本当に幸せでしょ でも欲深い成りすましで 気どるの 焦らすの 嘘つき  待ちな 待ちな ちょっと待って 抱いて 抱いて 帰らないで 愛しい 虚しい あたしが 不要ですか? なら 飛躍してさ窓から くたばっちゃいな それでもさ でもさでもさ でもさ あんたしか要らないの  Pt78 & St38 & 火星は未だにすっからかんかい あソレソレ あでもちょっと違うの あんた欲しい 一芝居  あんたの言う事 百から十から三から 血なり骨なりに変えて魅せましょう 素面かい  例えば午前四時半に内緒よ こっそりばれずにこっちにそっと 来て欲しい 素面で  さあ 済んだ 清い恋の証は 豪邸のシンクゆきよ 朝陽は 朧き キ印  やらない やらない ほらさ未だ 競りたい 賭けたい 焦るほど 生きる事さえ 勿体ぶって 気取らせてよ 拓け 今夜は 愛ハシタナイ 不埒 ふちら もう超セクシー 鈍らないの 脳の美素 左様ですか なら……  待ちな 待ちな ちょっと待って 抱いて 抱いて 帰らないで なによ あたし不要ですか? なら 飛躍してさ窓から くたばっちゃいな それでもさ でもさでもさ でもさ あんたしか要らないの 要らないのよ
プリチー務めは未練を残さず平凡 冴えた刺激とか大体偽物 実際吐いたり腫れたりした時 誰にも言えない でもの溜め息混じりな恋ほど 懇ろ懇ろひっ掴みーされ こっそり女の魂が激しく 血を流せば  プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチーDEATHorプリチー プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチーDEATHorプリチー  だけど実は少し浮気 火遊び色遊び もしもそれに絶望ならば 怒りのキス見せて お願い可愛い可愛い可愛い好き 夜毎にふりまいて うっとり顔して全部許して  いっつもわたしの女のあれこれ ひっそり上手に分ける化ける皮 彼氏とピンクが好きで、欲しいのに 煙草の吸い殻ばっかりいっぱい まぁ男と変わらない行動 違いはパンツと悪口の質 女の素顔は成人雑誌 主に自棄のやん八 やけっぱち  プリチープリチーoh! プリチープリチーマジプリチー  プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチーDEATHorプリチー プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチー  …でもね、実は たまに少し焦り浮気手遊び色遊び 例えそれに絶望しても 男は騙されてお願い 可愛い可愛い可愛い好き 鼻血垂れ流して うっとり顔から尾っぽふりーの 映画的に贅沢させーの 懇ろ懇ろひっ掴みーされ 女は女でしかない プリチー  雨上がりの虹のように 女の意地を 見抜いて  罰当たり とても怖い それでもダイアが欲しい  Please remember me Love memories Woo Woo Love memories マジ Fantastic ねんごろねんごろ ひっつかみーされ 女は女でしかない プリチーアカシック理姫奥脇達也務めは未練を残さず平凡 冴えた刺激とか大体偽物 実際吐いたり腫れたりした時 誰にも言えない でもの溜め息混じりな恋ほど 懇ろ懇ろひっ掴みーされ こっそり女の魂が激しく 血を流せば  プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチーDEATHorプリチー プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチーDEATHorプリチー  だけど実は少し浮気 火遊び色遊び もしもそれに絶望ならば 怒りのキス見せて お願い可愛い可愛い可愛い好き 夜毎にふりまいて うっとり顔して全部許して  いっつもわたしの女のあれこれ ひっそり上手に分ける化ける皮 彼氏とピンクが好きで、欲しいのに 煙草の吸い殻ばっかりいっぱい まぁ男と変わらない行動 違いはパンツと悪口の質 女の素顔は成人雑誌 主に自棄のやん八 やけっぱち  プリチープリチーoh! プリチープリチーマジプリチー  プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチーDEATHorプリチー プリチープリチープリプリプリチー プリチープリチー  …でもね、実は たまに少し焦り浮気手遊び色遊び 例えそれに絶望しても 男は騙されてお願い 可愛い可愛い可愛い好き 鼻血垂れ流して うっとり顔から尾っぽふりーの 映画的に贅沢させーの 懇ろ懇ろひっ掴みーされ 女は女でしかない プリチー  雨上がりの虹のように 女の意地を 見抜いて  罰当たり とても怖い それでもダイアが欲しい  Please remember me Love memories Woo Woo Love memories マジ Fantastic ねんごろねんごろ ひっつかみーされ 女は女でしかない プリチー
平成へゴー!ちょっといい株 もうすぐ手に入る ちょっといい土地 ドバイに予約する なんでもいいのさ なんかドキドキしたいよね なんだか  ちょっといい服 もうすぐ手に入る ちょっといいカラット ついでに予約する なんでもいいのさ なんかギラギラしたいよね なんだか  真っ赤な太陽が沈んでゆく海沿いは 湘南の シーサイドのテラスで熱い茶濁して泣いた  大きな夢を見て 生きてゆきましょう 損得勘定 お勘定 今夜は寿司 カッコイイ! どんな時代もキメて カッコつけましょう 強面ギャンブラーと平成へゴー!  三日月がゆらり照らした海沿いは 湘南で 懐かしの名曲 ふいに涙が…  そうよ あんまり気にせずに 飲み明かしましょう 才色兼備 肌艶 今夜は肉 カッコイイ! どんな時代もキメて カッコつけましょう 高飛車シンガーと 平成へゴー! 君を迎えにいくぜアカシック理姫奥脇達也アカシックちょっといい株 もうすぐ手に入る ちょっといい土地 ドバイに予約する なんでもいいのさ なんかドキドキしたいよね なんだか  ちょっといい服 もうすぐ手に入る ちょっといいカラット ついでに予約する なんでもいいのさ なんかギラギラしたいよね なんだか  真っ赤な太陽が沈んでゆく海沿いは 湘南の シーサイドのテラスで熱い茶濁して泣いた  大きな夢を見て 生きてゆきましょう 損得勘定 お勘定 今夜は寿司 カッコイイ! どんな時代もキメて カッコつけましょう 強面ギャンブラーと平成へゴー!  三日月がゆらり照らした海沿いは 湘南で 懐かしの名曲 ふいに涙が…  そうよ あんまり気にせずに 飲み明かしましょう 才色兼備 肌艶 今夜は肉 カッコイイ! どんな時代もキメて カッコつけましょう 高飛車シンガーと 平成へゴー! 君を迎えにいくぜ
ベイビーミソカツねぇ 今から宇宙とか見に行かないの? 疲れちゃってんだったらいいや 家に帰ればドラマでも見るし 別にミソカツあるし  ねぇねぇベイビー あたしの本音ってアウトかな? ベイビーちょっと教えて あたしは、近頃  あの花火が少し地味に見えた事とか 色々ショックで気が滅入るわ 誰かにもっと守られて寝たいです なんて 恥ずかしいから言わないけど、 あなたは気づいて  ねぇ これからどうしていくの 不安になるよ もうドライブばっかじゃなんか 家に帰ればニュース見れるけど 別に明日暇だし  ねぇねぇベイビー あたしの本音ってチープかな? ベイビーどうか許して あたしね、近頃  この朝陽が今は無駄に眩しいなんて 何故かショックで気が滅入るの 誰かにちゃんと守られた未来が欲しいよ くだらないから言わないけど、 嫌だ  二人近頃少し ゆらゆらしてるよ ねぇねぇベイビー  あの花火が少し地味に見えた事とか 今朝陽がとても邪魔だ 恥ずかしい程 切ない顔を晒したい だってなんかショックで気が滅入るの あなたは分かって いつか気づいてアカシック理姫奥脇達也ねぇ 今から宇宙とか見に行かないの? 疲れちゃってんだったらいいや 家に帰ればドラマでも見るし 別にミソカツあるし  ねぇねぇベイビー あたしの本音ってアウトかな? ベイビーちょっと教えて あたしは、近頃  あの花火が少し地味に見えた事とか 色々ショックで気が滅入るわ 誰かにもっと守られて寝たいです なんて 恥ずかしいから言わないけど、 あなたは気づいて  ねぇ これからどうしていくの 不安になるよ もうドライブばっかじゃなんか 家に帰ればニュース見れるけど 別に明日暇だし  ねぇねぇベイビー あたしの本音ってチープかな? ベイビーどうか許して あたしね、近頃  この朝陽が今は無駄に眩しいなんて 何故かショックで気が滅入るの 誰かにちゃんと守られた未来が欲しいよ くだらないから言わないけど、 嫌だ  二人近頃少し ゆらゆらしてるよ ねぇねぇベイビー  あの花火が少し地味に見えた事とか 今朝陽がとても邪魔だ 恥ずかしい程 切ない顔を晒したい だってなんかショックで気が滅入るの あなたは分かって いつか気づいて
香港ママ香港ママ 青春頂戴ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビューヘイヘイ 香港ママ くらえシェイキンシェイキンクレイジーナイト 女は皆女優…ジャスティス  あたしタクシー 行ってバイビー バイバイバイバイバイビー ちょっと マリンタワーに 浮気 ハマの夜空を制す あいつ眩しいね 息が止まるくらいに 超キスしたいね  とびっきり 思いっきり ピンハネて とばっちり くらったら やり返す 毛皮のコート投げてダッシュする夜  青春頂戴 香港ママ 青春青春ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビューヘイヘイ 香港ママ くらえシェイキンシェイキンクレイジーナイト 目と目でアイラビュー  いつか 捕まえて あたし ハートボイルド したい ムービースターに酌したい だけどなんだかんだでここJAPAN  この街じゃ だいたい三軒 人生ほとんど 酔拳 実家の母もきっと ドン引き いつか彗星みたいに現れちゃったら 座ってお話聞いたらいいじゃん いいじゃん 飲茶いいじゃん  それっきり あれっきり ピンキリの さようなら たまっていくわ ストレス 買ったお弁当 とっさに投げて ダッシュする夜  青春頂戴 香港ママ どんどん頂戴ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビュー ヘイヘイ 香港ママ 時の流れを歌っても 深入りはタブー  そして 潤ませた 瞳 ぶり返す あの日 どうして港は香るの 別れは辛いのでしょうか  香港ママ 青春青春ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビュー ヘイヘイ 香港ママ くらえシェイキンシェイキンヒップナイト 目と目で アイラビュー 香港ママ 青春頂戴 泣いてない 女は皆女優  いつか 捕まえて あたし ハートボイルド したい カンフースターじゃなくてもいいや だってだってねここ…JAPAN  ウォーアイニー…アカシック理姫奥脇達也香港ママ 青春頂戴ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビューヘイヘイ 香港ママ くらえシェイキンシェイキンクレイジーナイト 女は皆女優…ジャスティス  あたしタクシー 行ってバイビー バイバイバイバイバイビー ちょっと マリンタワーに 浮気 ハマの夜空を制す あいつ眩しいね 息が止まるくらいに 超キスしたいね  とびっきり 思いっきり ピンハネて とばっちり くらったら やり返す 毛皮のコート投げてダッシュする夜  青春頂戴 香港ママ 青春青春ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビューヘイヘイ 香港ママ くらえシェイキンシェイキンクレイジーナイト 目と目でアイラビュー  いつか 捕まえて あたし ハートボイルド したい ムービースターに酌したい だけどなんだかんだでここJAPAN  この街じゃ だいたい三軒 人生ほとんど 酔拳 実家の母もきっと ドン引き いつか彗星みたいに現れちゃったら 座ってお話聞いたらいいじゃん いいじゃん 飲茶いいじゃん  それっきり あれっきり ピンキリの さようなら たまっていくわ ストレス 買ったお弁当 とっさに投げて ダッシュする夜  青春頂戴 香港ママ どんどん頂戴ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビュー ヘイヘイ 香港ママ 時の流れを歌っても 深入りはタブー  そして 潤ませた 瞳 ぶり返す あの日 どうして港は香るの 別れは辛いのでしょうか  香港ママ 青春青春ダイナマイト ヴィッキーハーバー オーシャンビュー ヘイヘイ 香港ママ くらえシェイキンシェイキンヒップナイト 目と目で アイラビュー 香港ママ 青春頂戴 泣いてない 女は皆女優  いつか 捕まえて あたし ハートボイルド したい カンフースターじゃなくてもいいや だってだってねここ…JAPAN  ウォーアイニー…
マイラグジュアリーナイト窓を湿らす 息を 全部吸い戻す 逃げそうだった 足場の無い床を蹴って 命触り合うのを見てた  憧れなんて 首しめてしかくれない 誰が取ってくれるの? 欲しいものはどうやったって欲しい 女よ  頭が空っぽな危うさで愛され喰い荒す 馬鹿を見せるよ 欲望に従い 贅沢に悩み あたしの生き様をさ 行け  地味な映画で過ごす 台所で水が鳴っている  一歩待ってみれば 誰か見ててくれるかな? 何度待ってみたって褒美は無い 神様はずっと留守かい  憂鬱なら憂鬱しかないから 一日喪に服した構えでも 目だけは見てるよ 息だけしてろよ 冷たい刃は自分を刺す 痛て  綺麗ね ううん うるさいね ううん 妄想じゃ声も出せた 壊せ心の 内緒の隙間で陽を待つ薔薇色の日々を  頭が空っぽな危うさで 愛され喰い荒す馬鹿を見せるよ 欲望に従い 贅沢に悩み あたしの生き様をさ 冷たい刃で自分で刺して 抑えている狂暴で 睨み返せ全部を 爆発させるぞ あたしの生き様を さあ行けアカシック理姫奥脇達也アカシック窓を湿らす 息を 全部吸い戻す 逃げそうだった 足場の無い床を蹴って 命触り合うのを見てた  憧れなんて 首しめてしかくれない 誰が取ってくれるの? 欲しいものはどうやったって欲しい 女よ  頭が空っぽな危うさで愛され喰い荒す 馬鹿を見せるよ 欲望に従い 贅沢に悩み あたしの生き様をさ 行け  地味な映画で過ごす 台所で水が鳴っている  一歩待ってみれば 誰か見ててくれるかな? 何度待ってみたって褒美は無い 神様はずっと留守かい  憂鬱なら憂鬱しかないから 一日喪に服した構えでも 目だけは見てるよ 息だけしてろよ 冷たい刃は自分を刺す 痛て  綺麗ね ううん うるさいね ううん 妄想じゃ声も出せた 壊せ心の 内緒の隙間で陽を待つ薔薇色の日々を  頭が空っぽな危うさで 愛され喰い荒す馬鹿を見せるよ 欲望に従い 贅沢に悩み あたしの生き様をさ 冷たい刃で自分で刺して 抑えている狂暴で 睨み返せ全部を 爆発させるぞ あたしの生き様を さあ行け
真夜中のクローンラベル悪かったな 綺麗だったな 悪かったな あなたは一人で  悪かったな 綺麗だったよ 悪かったな わたしは怖かった わたしは  悪かったな 言えないのさ 分かっていたら ろくでもない事  分かっていたら 儚いのさ 悪かったな わたしは怖いまま  あわれにも美しいまぐれに かけた鍵無くして せいぜい酒場で過ごしては まあまあのんきに暮らした  どこかで聞いたような高笑いに 胸を抱きしめた あわれにも美しいまぐれに かけた鍵無くして せいぜい酒場で過ごしては まあまあのんきに暮らした  悪かったな 綺麗だったな 悪かったな ろくでもない事  悪かったな 言えないのさ しょうがないだろう 明日も仕事だ寝なくちゃアカシック理姫奥脇達也悪かったな 綺麗だったな 悪かったな あなたは一人で  悪かったな 綺麗だったよ 悪かったな わたしは怖かった わたしは  悪かったな 言えないのさ 分かっていたら ろくでもない事  分かっていたら 儚いのさ 悪かったな わたしは怖いまま  あわれにも美しいまぐれに かけた鍵無くして せいぜい酒場で過ごしては まあまあのんきに暮らした  どこかで聞いたような高笑いに 胸を抱きしめた あわれにも美しいまぐれに かけた鍵無くして せいぜい酒場で過ごしては まあまあのんきに暮らした  悪かったな 綺麗だったな 悪かったな ろくでもない事  悪かったな 言えないのさ しょうがないだろう 明日も仕事だ寝なくちゃ
Mr FANCYテレビで見てた男 映画の冒頭に 線路で寝ていたけどすぐ生き返る男 野良の顔でボロボロに生きる奇抜な才能 わけわからない魅力が許す無情な回答  ねぇ見せて気づいて ラブホテルの様子を思い出して ねぇ誰があなたを抱きしめたの  なんてつまらない女なのあたしは! 人生、人生、捌けない! 愛する人には触れない 泣いて喚き散らしてやる だって悲しい!愛おしい! でもあたしは言う まぁいっか まぁいっか。って  爽快なエンディングよく似合って最高よ 忌まわしきモデル両手に抱く姿も才能よ  ねぇ逃げて気づいて 色仕掛けは舌打ちでかわして来て 誰にも優しく触れないで  なんてつまらない女なのあたしは! 人生、人生、捌けない! 愛する人にも触れない 酔っ払ってりゃいい ちゃんとしたって会えないし 悔しい でもあたしは言う まぁいっか。って  会いたいお願いいつか また傷ついたその顔触れさせて あたしがいればそれでいいって言ってよ  なんてつまらない女なのあたしは! 人生、人生、捌けない 君しかあたしは愛せない! 泣いて喚き散らしてあたしは言う 今日も晴れて  あー つまらない女でもあたしだ! 人生、人生、素敵だ 君がどっかに生きている 泣いて喚き散らしたって どうせ笑って最後に またあたしは言う、まぁいっか。って まぁいっか。って ミスターファンシー 愛するテレビで見た男アカシック理姫奥脇達也テレビで見てた男 映画の冒頭に 線路で寝ていたけどすぐ生き返る男 野良の顔でボロボロに生きる奇抜な才能 わけわからない魅力が許す無情な回答  ねぇ見せて気づいて ラブホテルの様子を思い出して ねぇ誰があなたを抱きしめたの  なんてつまらない女なのあたしは! 人生、人生、捌けない! 愛する人には触れない 泣いて喚き散らしてやる だって悲しい!愛おしい! でもあたしは言う まぁいっか まぁいっか。って  爽快なエンディングよく似合って最高よ 忌まわしきモデル両手に抱く姿も才能よ  ねぇ逃げて気づいて 色仕掛けは舌打ちでかわして来て 誰にも優しく触れないで  なんてつまらない女なのあたしは! 人生、人生、捌けない! 愛する人にも触れない 酔っ払ってりゃいい ちゃんとしたって会えないし 悔しい でもあたしは言う まぁいっか。って  会いたいお願いいつか また傷ついたその顔触れさせて あたしがいればそれでいいって言ってよ  なんてつまらない女なのあたしは! 人生、人生、捌けない 君しかあたしは愛せない! 泣いて喚き散らしてあたしは言う 今日も晴れて  あー つまらない女でもあたしだ! 人生、人生、素敵だ 君がどっかに生きている 泣いて喚き散らしたって どうせ笑って最後に またあたしは言う、まぁいっか。って まぁいっか。って ミスターファンシー 愛するテレビで見た男
夢遊今夜も青白い 影を掴みあえない 容易い事のように 知らず寝息がほしい  そんなんしてベランダに 灰を落とし寝転ぶ ハイウェイにお願いする 月もこの手に欲しい  悪い事 ひとつしか分からない どこなの? あの野郎が言うのは  嫌だ 好きにならないで まだ優しくいてよ 今日 すごく恥ずかしい いっそ抱きしめて あたしも連れてって  最終的絶叫にならないように あたし遠くにいるしかない 嫌なことしかない  どうするの 何ひとつ決められない どうなの? あの野郎が言うのは  嫌だ 嫌いにならないで ずっと約束してよ 今日素直に近づいて そして連れて行って 内緒だよ 抱きしめて  嫌だ 好きにならないで まだ優しくいてよ あたしの知らない幸せをしないでね  嫌だ嫌いにならないで ずっと約束してよ 今日 素直に近づいて そして触らせて あたしも連れてって その場所へ 内緒でも 抱きしめてアカシック理姫理姫・奥脇達也アカシック今夜も青白い 影を掴みあえない 容易い事のように 知らず寝息がほしい  そんなんしてベランダに 灰を落とし寝転ぶ ハイウェイにお願いする 月もこの手に欲しい  悪い事 ひとつしか分からない どこなの? あの野郎が言うのは  嫌だ 好きにならないで まだ優しくいてよ 今日 すごく恥ずかしい いっそ抱きしめて あたしも連れてって  最終的絶叫にならないように あたし遠くにいるしかない 嫌なことしかない  どうするの 何ひとつ決められない どうなの? あの野郎が言うのは  嫌だ 嫌いにならないで ずっと約束してよ 今日素直に近づいて そして連れて行って 内緒だよ 抱きしめて  嫌だ 好きにならないで まだ優しくいてよ あたしの知らない幸せをしないでね  嫌だ嫌いにならないで ずっと約束してよ 今日 素直に近づいて そして触らせて あたしも連れてって その場所へ 内緒でも 抱きしめて
有楽なんか泣かれちゃって 仕様が無い もう一軒行きますか 貴方はそれ以上酔うと 更にうざったくなるからソーダ  小説家と結婚します タクシー代なら頂くわ そろそろ××でいいかしら なんだ 今夜も つれないね  ああ 相談されても困る 有楽町は ほぼ銀座  あからさまに その気のない酒で欲制するの エロい たんとやればいいよ やめらんないんだし 日本の夜明け 東京で  隣のおやじに萌えますが 心がそっと 痛みました こんなに贅沢いいかしら 焼豚 レバ刺 もつ煮込み  ああ 遭難されても困る 集いの酒場は 有楽町  帝国ホテルで遊びます 宝塚を見て帰ります そろそろ××でいいかしら なんだ 今夜も つれないね  ああ 相談されても困る ああ 遭難されても困る 我等の酒暮 有楽町アカシック理姫理姫なんか泣かれちゃって 仕様が無い もう一軒行きますか 貴方はそれ以上酔うと 更にうざったくなるからソーダ  小説家と結婚します タクシー代なら頂くわ そろそろ××でいいかしら なんだ 今夜も つれないね  ああ 相談されても困る 有楽町は ほぼ銀座  あからさまに その気のない酒で欲制するの エロい たんとやればいいよ やめらんないんだし 日本の夜明け 東京で  隣のおやじに萌えますが 心がそっと 痛みました こんなに贅沢いいかしら 焼豚 レバ刺 もつ煮込み  ああ 遭難されても困る 集いの酒場は 有楽町  帝国ホテルで遊びます 宝塚を見て帰ります そろそろ××でいいかしら なんだ 今夜も つれないね  ああ 相談されても困る ああ 遭難されても困る 我等の酒暮 有楽町
you&i酷い雨をうざがった 犬みたいな 抱えた黒いの 貸しなよ 連れ出してあげる 高い凄いケーキも食べさせてあげる 見たい映画に似合う 服も買おう 街を出て 誰よりずっと味方だけど  思い通りにはもうできないよ かなり不安でも 正しい理由なんか無い ただそう感じるだけ でも  i can't live stay with you 悲しいお話 その日が来るまで あんまり離れないで このまま遠くまで 電車に揺られて 一緒に逃げても but i will say good bye to you.  遮るものにこそ 陽は当たり続け 弱くも 育ってしまう どんなに意味無くても  泣くような日があれば 派手に散らかして 拾って大事にしてなんてずっと甘えていたっけな  you are not my boyfriend 静かなお話 汚ない欲望に 触れること無き世界 小さな呪縛が いつか手を滑り 苦しめないように but i just want to say love you.  月明かりは影として海に浮かぶ 真上では 冷たいのか温かいのか 知らないまま  i can't live stay with you 悲しいお話 その日が来るまで あんまり離れないで but you are not my boyfriend cuz i just want to say i will love you & good bye to you.アカシック理姫奥脇達也アカシック酷い雨をうざがった 犬みたいな 抱えた黒いの 貸しなよ 連れ出してあげる 高い凄いケーキも食べさせてあげる 見たい映画に似合う 服も買おう 街を出て 誰よりずっと味方だけど  思い通りにはもうできないよ かなり不安でも 正しい理由なんか無い ただそう感じるだけ でも  i can't live stay with you 悲しいお話 その日が来るまで あんまり離れないで このまま遠くまで 電車に揺られて 一緒に逃げても but i will say good bye to you.  遮るものにこそ 陽は当たり続け 弱くも 育ってしまう どんなに意味無くても  泣くような日があれば 派手に散らかして 拾って大事にしてなんてずっと甘えていたっけな  you are not my boyfriend 静かなお話 汚ない欲望に 触れること無き世界 小さな呪縛が いつか手を滑り 苦しめないように but i just want to say love you.  月明かりは影として海に浮かぶ 真上では 冷たいのか温かいのか 知らないまま  i can't live stay with you 悲しいお話 その日が来るまで あんまり離れないで but you are not my boyfriend cuz i just want to say i will love you & good bye to you.
ヨコハマカモメアイスクリーム食べて ラジオつけていたら 知らない曲なの でもあたしは強くなった 森の中で誰に 出会うか分からない事 昔話で知ったけど コンサートに行きたいわ  そしてつまらない話が好きよ 平穏な日々のために  ケバい女がそれ行くわ 夢見ながら どいて 近道ウキウキしたら転んだ なぐさめてヨコハマ 港のブルー もう諦める無理無理無理無理無理寝る あたしを蹴飛ばしてカモメ  シルクの下着にも 煙草の匂いが 付けばさ 遠くまで旅行したくもなるでしょう 鼻で水吸うたび 夏を思い出すわ 賛成出来ないさ ツンと引き換えの夏  涙流して 歌いたいわ チョコつまみながら言った  ケバい女がそれ行くわ 恋しながら だけど竹夫人にうとうとして寝過ごした 期待しないでさようなら シャバの勇者と いつかロマンス あたしを はたいてカモメ  可愛い 服を 着てた 小さい頃の写真で着てた お花畑みたいな頭に 小説でしか見かけない気持ちで ピースしてた ケバい女がそれ行くわ 夢見ながら どいて 然有らぬ顔して派手に転んだ なぐさめてヨコハマ 港のブルー もう諦める無理 釣りしたいかも  地味な性格かも 恥ずかしいタチかも 眠いの バレたかも いつかロマンスするよ カモメが大きく飛んでいったアカシック理姫奥脇達也アカシックアイスクリーム食べて ラジオつけていたら 知らない曲なの でもあたしは強くなった 森の中で誰に 出会うか分からない事 昔話で知ったけど コンサートに行きたいわ  そしてつまらない話が好きよ 平穏な日々のために  ケバい女がそれ行くわ 夢見ながら どいて 近道ウキウキしたら転んだ なぐさめてヨコハマ 港のブルー もう諦める無理無理無理無理無理寝る あたしを蹴飛ばしてカモメ  シルクの下着にも 煙草の匂いが 付けばさ 遠くまで旅行したくもなるでしょう 鼻で水吸うたび 夏を思い出すわ 賛成出来ないさ ツンと引き換えの夏  涙流して 歌いたいわ チョコつまみながら言った  ケバい女がそれ行くわ 恋しながら だけど竹夫人にうとうとして寝過ごした 期待しないでさようなら シャバの勇者と いつかロマンス あたしを はたいてカモメ  可愛い 服を 着てた 小さい頃の写真で着てた お花畑みたいな頭に 小説でしか見かけない気持ちで ピースしてた ケバい女がそれ行くわ 夢見ながら どいて 然有らぬ顔して派手に転んだ なぐさめてヨコハマ 港のブルー もう諦める無理 釣りしたいかも  地味な性格かも 恥ずかしいタチかも 眠いの バレたかも いつかロマンスするよ カモメが大きく飛んでいった
ヨコハマクールカラスの悲鳴を聞いて ついついヒールを脱いだ コンビニ袋を下げ踊る バカにしてんのかなんてさ 茶髪をバッサリやってさ ギャルは幕引きした  これからマジあたし気をつけるわ よく分からないけど気をつけるわ 男殺し 嫁に行けない 踊り子の笑顔 あなたの影が ちらほらしてチャラいわ  霞んでハーバーライト 潤んだ伊勢佐木町で ブランドバッグを下げ踊る 復習なんかしないわ 仕返しなんかしないわ フラれていないから  さようならは まだ二人のものじゃあない 濡れ事も 言うなら 汗をかくに足りない 情けないぜ?  お願いマジあなた気をつけてね おモテになるならちょっと気をつけてね 女殺しの嫁にはならない 踊り子の笑顔 胸に焼き付き ああ 死ぬほどうざいわ  春風なの? 夏の日差しなの? 悪戯なのは…  さようならは まだ二人のものじゃあない けど怖いわ 知るのが 息が 胸が 愛が 違っていたら… お願い  これからマジあなた気をつけてね あたしも色々ちょっと気をつけるわ 男殺し 嫁に行きたい  踊り子の姿 去り行くのを見ていた すました脚 チャラいわアカシック理姫奥脇達也カラスの悲鳴を聞いて ついついヒールを脱いだ コンビニ袋を下げ踊る バカにしてんのかなんてさ 茶髪をバッサリやってさ ギャルは幕引きした  これからマジあたし気をつけるわ よく分からないけど気をつけるわ 男殺し 嫁に行けない 踊り子の笑顔 あなたの影が ちらほらしてチャラいわ  霞んでハーバーライト 潤んだ伊勢佐木町で ブランドバッグを下げ踊る 復習なんかしないわ 仕返しなんかしないわ フラれていないから  さようならは まだ二人のものじゃあない 濡れ事も 言うなら 汗をかくに足りない 情けないぜ?  お願いマジあなた気をつけてね おモテになるならちょっと気をつけてね 女殺しの嫁にはならない 踊り子の笑顔 胸に焼き付き ああ 死ぬほどうざいわ  春風なの? 夏の日差しなの? 悪戯なのは…  さようならは まだ二人のものじゃあない けど怖いわ 知るのが 息が 胸が 愛が 違っていたら… お願い  これからマジあなた気をつけてね あたしも色々ちょっと気をつけるわ 男殺し 嫁に行きたい  踊り子の姿 去り行くのを見ていた すました脚 チャラいわ
LOVE&YEN洒落チャラ金燦々叶えて 土砂降りの中 傘の角ピンと弾いて 目閉じて 決して君と贅沢に恋してるわけじゃないから 浮世好みの ラブシーン  愛とマネー ラブ&マネー 景気良く 落っことしてって マネー!愛=ラブ&マネー 世の末で ぶっ壊れそうになったら 恋より YEN ちょうだい  洒落チャラ嬉喜燦々降れ降れ 土砂降りの中 膝ついて 奪え 勝ちとれ ソレッソレ! 頭が痛くなる贅沢 意味の無い二人 浮世離れの バスルーム  海外旅行して かぶれて 帰ってくる馬鹿みたいに 金色の空気 吸い込み 御満悦に勘違いできるような たまにご縁ちょうだい  気味悪い 薄笑い でも好き ちゃちじゃ無い 棄てたもんじゃ無い 平成時代よ  愛とマネー ラブ&マネー 景気良く 落っことしてって マネー!愛=ラブ&マネー 意味の無い日々を 海外旅行して あたし 金色の空気 吸い込み 世の末で ぶっ倒れそうになっちゃったら 嘘でも YEN ちょうだい  御満悦に勘違いする そんなご縁ちょうだいアカシック理姫奥脇達也アカシック洒落チャラ金燦々叶えて 土砂降りの中 傘の角ピンと弾いて 目閉じて 決して君と贅沢に恋してるわけじゃないから 浮世好みの ラブシーン  愛とマネー ラブ&マネー 景気良く 落っことしてって マネー!愛=ラブ&マネー 世の末で ぶっ壊れそうになったら 恋より YEN ちょうだい  洒落チャラ嬉喜燦々降れ降れ 土砂降りの中 膝ついて 奪え 勝ちとれ ソレッソレ! 頭が痛くなる贅沢 意味の無い二人 浮世離れの バスルーム  海外旅行して かぶれて 帰ってくる馬鹿みたいに 金色の空気 吸い込み 御満悦に勘違いできるような たまにご縁ちょうだい  気味悪い 薄笑い でも好き ちゃちじゃ無い 棄てたもんじゃ無い 平成時代よ  愛とマネー ラブ&マネー 景気良く 落っことしてって マネー!愛=ラブ&マネー 意味の無い日々を 海外旅行して あたし 金色の空気 吸い込み 世の末で ぶっ倒れそうになっちゃったら 嘘でも YEN ちょうだい  御満悦に勘違いする そんなご縁ちょうだい
ロマンス海へ連れて行ってよ今 欲望の街 寂びたホテルに隠れる そんな感じで愛したい  甘い声 紅く潜めて ため息拾って 秘密 超秘密 愛は 挿すわ 浸かるわ  海へ連れて行ってよ今 ラブソングをほら 今夜も 売れた姿で幸せかい? うるさい野郎だ  甘い声 紅く潜めて ため息貰って 秘密 超秘密 愛に 挿して 浸かるわ  最終電車の隅に座って 重ねる妄想 あたしのロマンス  ハイヒールならす 夜に 癒えていく あたしの妄想 隣の女が見てる 最終電車の隅に座って 重ねる妄想 いつかはロマンスアカシック理姫奥脇達也海へ連れて行ってよ今 欲望の街 寂びたホテルに隠れる そんな感じで愛したい  甘い声 紅く潜めて ため息拾って 秘密 超秘密 愛は 挿すわ 浸かるわ  海へ連れて行ってよ今 ラブソングをほら 今夜も 売れた姿で幸せかい? うるさい野郎だ  甘い声 紅く潜めて ため息貰って 秘密 超秘密 愛に 挿して 浸かるわ  最終電車の隅に座って 重ねる妄想 あたしのロマンス  ハイヒールならす 夜に 癒えていく あたしの妄想 隣の女が見てる 最終電車の隅に座って 重ねる妄想 いつかはロマンス
ロリータ絶望的に愛着するの 礼儀みたいなハンカチの折り目に 哀愁感じるのあたし  悪い癖で放っておけない 魔の手に勝つ正義だわ  ロリータ 都会の日々が誰かに会いたいと思わせるよ きっとね  資本的夕暮れって あたしは呼んだ 危険な目には合えないけどご覧の通り ホテルの天井くらい見たわ  花嫁になりたくて 失ってきた芸術  ロリータ 都会の道も人を愛せる事を気付かすわ きっと  機嫌良い日は 流行じゃない将来を 願えば笑える余裕で泣ける 懸命な赤  ロリータ 都会の日々が誰かに会いたいと思わせるよ ロリータ 完全冷笑のベイビーアカシック理姫奥脇達也アカシック絶望的に愛着するの 礼儀みたいなハンカチの折り目に 哀愁感じるのあたし  悪い癖で放っておけない 魔の手に勝つ正義だわ  ロリータ 都会の日々が誰かに会いたいと思わせるよ きっとね  資本的夕暮れって あたしは呼んだ 危険な目には合えないけどご覧の通り ホテルの天井くらい見たわ  花嫁になりたくて 失ってきた芸術  ロリータ 都会の道も人を愛せる事を気付かすわ きっと  機嫌良い日は 流行じゃない将来を 願えば笑える余裕で泣ける 懸命な赤  ロリータ 都会の日々が誰かに会いたいと思わせるよ ロリータ 完全冷笑のベイビー
寂しい夜だけの 彼女です 間違えて無いです 丁寧に企んで座っている 噛んで吐いて落ちていく ガムひとつ 寄り付くことも無い 綺麗です  酒の肴にして 男運はまるでない 好きになった男には女がいた 朝陽を避け 西陽に抱かれた  口癖は幸せになりたい  運命なんて言えりゃ気が済んだ 生きることは当然な事だ そう習ったの 「あたしは馬鹿だ」って顔に 書いて歩いたことなんか無い覚えも無い  寂しい夜のヒーロー あたしです 間違えて無いです 十二分に企んであります  珈琲片手に喫煙所で 昨日はありがとうって送信 野良の仔猫が鳴いている  口癖は二十歳に戻りたい  待つものに必ず 愛するそれが帰りますように 暖かな日を 愛し愛されるままいられますように  運命だって言えりゃ気持ち良いかい? 違う生きて 闘うんだ もう千切れそうでも 「あたしは馬鹿だ」って顔に 書いて歩いたつもりも覚えも無い 夢は 私だアカシック理姫奥脇達也アカシック寂しい夜だけの 彼女です 間違えて無いです 丁寧に企んで座っている 噛んで吐いて落ちていく ガムひとつ 寄り付くことも無い 綺麗です  酒の肴にして 男運はまるでない 好きになった男には女がいた 朝陽を避け 西陽に抱かれた  口癖は幸せになりたい  運命なんて言えりゃ気が済んだ 生きることは当然な事だ そう習ったの 「あたしは馬鹿だ」って顔に 書いて歩いたことなんか無い覚えも無い  寂しい夜のヒーロー あたしです 間違えて無いです 十二分に企んであります  珈琲片手に喫煙所で 昨日はありがとうって送信 野良の仔猫が鳴いている  口癖は二十歳に戻りたい  待つものに必ず 愛するそれが帰りますように 暖かな日を 愛し愛されるままいられますように  運命だって言えりゃ気持ち良いかい? 違う生きて 闘うんだ もう千切れそうでも 「あたしは馬鹿だ」って顔に 書いて歩いたつもりも覚えも無い 夢は 私だ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 未完成
  2. 錠剤
  3. KICK BACK
  4. Chase You Up!パトレンジャー
  5. 愛をとめないで ~Always Loving You~

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. Stardom
  3. ギターと孤独と蒼い惑星
  4. ないしょのプレゼントフォーユー!
  5. ひたむき

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照