ASUKAの歌詞一覧リスト  2曲中 1-2曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
2曲中 1-2曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
To be continued子供の声がするよ そこには君がいるよ ジャンヌ 覚えているかい? 鎧のような水面 反転した雲は デジャヴ 夢で見たような ジャンヌ 夢じゃないんだよ  君が通り過ぎる 花の香りがする ここに来てくれたんだね 星に願った夜に 開けてしまった鍵を 誰も知らなくていい 僕が握っている  感じるすべてを 二人分かち合おう 過去から未来へ 吹き渡る風それが 立ち昇り線を描く 重なって力になる いつもいつまでも to be continued  胸に光ったクロス 君は握って祈る そして空を見上げた 心の声はいつも君の名を呼んでた 君も 僕を呼んでた ジャンヌ 手をつなごう  なぎ倒して進むヘヴン 天蓋をめくり その奥に隠された秘密 それを  何千年待ち焦がれ 何万年も夢見た 世界の終わりにかわした言葉教えて  星 揺さぶり震えて 時が巻き取られても 魂がふたつ 感じるすべてを 二人分かち合おう 過去から未来へ 吹き渡る風それが 立ち昇り線を描く 重なって力になる いつもいつまでも to be continuedASUKA島みやえい子島みやえい子下川佳代子供の声がするよ そこには君がいるよ ジャンヌ 覚えているかい? 鎧のような水面 反転した雲は デジャヴ 夢で見たような ジャンヌ 夢じゃないんだよ  君が通り過ぎる 花の香りがする ここに来てくれたんだね 星に願った夜に 開けてしまった鍵を 誰も知らなくていい 僕が握っている  感じるすべてを 二人分かち合おう 過去から未来へ 吹き渡る風それが 立ち昇り線を描く 重なって力になる いつもいつまでも to be continued  胸に光ったクロス 君は握って祈る そして空を見上げた 心の声はいつも君の名を呼んでた 君も 僕を呼んでた ジャンヌ 手をつなごう  なぎ倒して進むヘヴン 天蓋をめくり その奥に隠された秘密 それを  何千年待ち焦がれ 何万年も夢見た 世界の終わりにかわした言葉教えて  星 揺さぶり震えて 時が巻き取られても 魂がふたつ 感じるすべてを 二人分かち合おう 過去から未来へ 吹き渡る風それが 立ち昇り線を描く 重なって力になる いつもいつまでも to be continued
蘭(RAN)あなたを守り抜くために 私は捧げよう このすべてを  青い炎はふたり出会うための灯 幾度となく見た夢を 鮮やかに照らすように  いつか傷つき倒れても 最後は私の腕の中 安らかに眠れ  ゆるぎない思い抱きしめて 時空を超えても追いかけたい 怖いくらい光を放つあなたの目の奥に私を映して  赤い炎を抱きしめて生まれた宿命 天に伸びるたて糸によこ糸をからませた  こんなに私の内側を 突き上げる気持ちそれを「愛」と呼ぶのでしょうか  輝く星を見上げてた あの日の思いを追いかけたい 心の鎧を脱ぎ捨てたあなたのその胸に私をいだいて  この身 偽り隠しても 隠せない思いそれは蘭のはなびらのよう  私は死ぬまでついてゆく あなたの夢についてゆく 心の命ずるまま 枯らすことなく花は咲く 咲き続けて行くASUKA島みやえい子加藤裕介加藤裕介あなたを守り抜くために 私は捧げよう このすべてを  青い炎はふたり出会うための灯 幾度となく見た夢を 鮮やかに照らすように  いつか傷つき倒れても 最後は私の腕の中 安らかに眠れ  ゆるぎない思い抱きしめて 時空を超えても追いかけたい 怖いくらい光を放つあなたの目の奥に私を映して  赤い炎を抱きしめて生まれた宿命 天に伸びるたて糸によこ糸をからませた  こんなに私の内側を 突き上げる気持ちそれを「愛」と呼ぶのでしょうか  輝く星を見上げてた あの日の思いを追いかけたい 心の鎧を脱ぎ捨てたあなたのその胸に私をいだいて  この身 偽り隠しても 隠せない思いそれは蘭のはなびらのよう  私は死ぬまでついてゆく あなたの夢についてゆく 心の命ずるまま 枯らすことなく花は咲く 咲き続けて行く
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. CONNECT
  2. About You
  3. ベガとアルタイル
  4. NOW
  5. 愛だけがあればいい

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×