笹路正徳・スピッツ編曲の歌詞一覧リスト  42曲中 1-42曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
42曲中 1-42曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
迷子の兵隊スピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ迷子の兵隊 黒い旗振る いばらの中で 迷子の兵隊 砂金のうずを 蹴散らしながら 迷子の兵隊 サソリのような 言葉を秘めて 迷子の兵隊 闇を切り裂く 稲妻となれ  撃ち落とせる雲に同情しては 当たりのないクジを引き続け しがみつく鳥を探している 終わりなき旅  迷子の兵隊 黒い旗振る いばらの中で 迷子の兵隊 砂金のうずを 蹴散らしながら  流れるひとしずく かき消され 逃げ込むのはいつも細胞の中 内気な笑顔もはがれていく 痩せた火の玉  迷子の兵隊 サソリのような 言葉を秘めて 迷子の兵隊 闇を切り裂く 稲妻となれ  しがみつく鳥を探している 終わりなき旅  迷子の兵隊 黒い旗振る いばらの中で 迷子の兵隊 砂金のうずを 蹴散らしながら 迷子の兵隊 サソリのような 言葉を秘めて 迷子の兵隊 闇を切り裂く 稲妻となれ 迷子の兵隊 黒い旗振る いばらの中で 迷子の兵隊 砂金のうずを 蹴散らしながら 迷子の兵隊…
サンシャインスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ困らせたのは 君のこと なぜかまぶしく思えてさ すりガラスの窓を あけた時に よみがえる埃の粒たちを 動かずに見ていたい  サンシャイン 白い道はどこまでも続くよ サンシャイン 寒い都会に降りても 変わらず夏の花のままでいて  こげた臭いに包まれた 大きなバスで君は行く 許された季節が終わる前に 散らばる思い出を はじめから残らず組み立てたい  サンシャイン 白い道はどこまでも続くよ サンシャイン めぐる風によろけても 変わらず夏の花のままでいて  すりガラスの窓を あけた時に よみがえる埃の粒たちを 動かずに見ていたい  サンシャイン 白い道はどこまでも続くよ サンシャイン 寒い都会に降りても 変わらず夏の花のままでいて サンシャイン…
クリスピースピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ笑われたっていいからと クライベイビー恋してた 輝くほどに不細工な モグラのままでいたいけど クリスピーはもらった クリスピーはもらった ちょっとチョコレートのクリスピー  最上級のクズよりも シーモンキー眺めてた 閉じこめられたスマイルを 独り占めにはしないでよ クリスピーはもらった クリスピーはもらった ちょっとチョコレートの クリスピーはもらった クリスピーはもらった もっとチョコレートのクリスピー  さよなら ありがとう 泣かないで大丈夫さ 初めて君にも春が届いてるから  笑われたっていいからと クライベイビー恋してた 輝くほどに不細工な モグラのままでいたいけど クリスピーはもらった クリスピーはもらった ちょっとチョコレートの ちょっとカスタードの ちょっとチェリーソースのクリスピー
ドルフィン・ラヴスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツイルカの君は 僕に冷たい イルカの君は 僕に冷たい いつも oh yeah 氷みたい ぶつかって 逃げ込め 火の中へ  トカゲのしっぽ まだまだ死ねない トカゲのしっぽ まだまだ死ねない あえて oh yeah 何をしようかな 別れたその日の 恋だから  朝もやに溶け出す 三日月追いかける 傷痕も気にせずにさ 自由に泳げたらいいな  イルカの君は 僕に冷たい イルカの君は 僕に冷たい いつも oh yeah 氷みたい ぶつかって 逃げ込め 火の中へ  群れから離れたら 化石を集めよう 傷痕も気にせずにさ 自由に泳げたらいいな  イルカの君は 僕に冷たい イルカの君は 僕に冷たい いつも oh yeah 氷みたい ぶつかって 逃げ込め 火の中へ
タイムトラベラースピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツうす暗い屋根裏で 見つけたその扉 ほほえむ静かに 埃をはらったら すぐに 誰だかわかるはず  時代のすき間へと つながるたそがれに 鳥居を抜ければ そこはまぶしい過去の国 涙をこらえてよ  さあ 僕が産まれる前の さあ 君と似ていたママに 答えをきくために  よじれた歴史から 消せないあの街で とびかう鳩さえ タマゴの中にかえってゆく 忘れているのかな  冷たい風になり 背中にキスしたら 震えて笑った 君のことを誰よりも 大事に思ってた  さあ 僕が産まれる前の さあ 君と似ていたママに 答えをきくために  さあ 僕が産まれる前の さあ 君と似ていたママに 答えをきくために 変わって行くために
多摩川スピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ蒼白き多摩川に 思い浮かべて すべるように 穏やかに 今日が暮れてゆく  風の旅人に 憧れた心よ 水面の妖精は 遠い日々の幻 僕の中に 君の中に  風の旅人に 憧れた心よ 水面の妖精は 遠い日々の幻 僕の中に 君の中に  蒼白き多摩川に 思い浮かべて
黒い翼スピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ黒い翼で もっと気高く 無限の空へ 落ちてゆけ  嵐の午後に ゴミ捨て場で目覚めたら 焦げた市街地をさまよう僕にさよなら 重いドアを 無理矢理あけたなら  黒い翼で もっと気高く まだ見ぬ海を 駆けてゆけ  いつもモザイクのきれはしだけ握らされ 笑い話のネタにもされてきたけれど ほらもう二度と 負けたりしないから  黒い翼で もっと気高く 無限の空へ 落ちてゆけ  黒い翼で もっと気高く 無限の空へ 落ちてゆけ
ラズベリーGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ泥まみれの 汗まみれの 短いスカートが 未開の地平まで僕を戻す? あきらめてた歓びがもう目の前 急いでよ 駆けだしたピンクは魔女の印? 水のようにまわり続けて 光に導かれていくよ  チュチュ 君の愛を 僕は追いかけるんだ どんなに傷ついてもいいから もっと切り刻んで もっと弄んで この世の果ての花火  おかしいよと言われてもいい ただ君のヌードを ちゃんと見るまでは僕は死ねない しょいこんでる間違いなら うすうす気づいてる でこぼこのゲームが今はじまる 穴を抜けてこっちへおいでと 五円玉のむこうから呼ぶよ  チュチュ 君の前で 僕はこぼれそうさ ずっとワクの外へ すぐにも? もっと覗きこんで もっと潜りこんで ねじれた味のラズベリー  チュチュ 君の愛を 僕は追いかけるんだ どんなに傷ついてもいいから もっと切り刻んで もっと弄んで この世の果ての花火  チュチュ 君の前で 僕はこぼれそうさ ずっとワクの外へ すぐにも? もっと覗きこんで もっと潜りこんで ねじれた味のラズベリー
ハチミツGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ一人空しくビスケットの しけってる日々を経て 出会った君が初めての 心さらけ出せる  素敵な恋人 ハチミツ溶かしてゆく こごえる仔犬を 暖めて 懐かしい遊びが甦るのは 灯りの場所まで 綱渡りしたから  ガラクタばかり ピーコートの ポケットにしのばせて 意地っ張り シャイな女の子 僕をにらみつける  おかしな恋人 ハチミツ溶かしてゆく 蝶々結びを ほどくように 珍しい宝石が 拾えないなら 二人のかけらで 間に合わせてしまえ  素敵な恋人 ハチミツ溶かしてゆく 灯りの場所まで 綱渡りしたから
グラスホッパースピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ柔らかな魂で混ぜあわせた秘密 裏通りを駆ける ぶつかりすぎて ほら ひからびた唇引き裂いてくダンボール 本当なら死ぬまで恋も知らないで 力を抱えこんで潰れてたかもね  こっそり二人 裸で跳ねる 明日はきっとアレに届いてる バッチリ二人 裸で跳ねる 明日はきっとアレに届いてる 輝く虫のように  冷たくしてごめんね 抱き上げて愛撫する貧乏神照らす 桃の香りがして幸せ過ぎる窓から 投げ捨てたハイヒール 転がる石 蹴とばして 苦笑い お茶を飲み 悶々となった気持ちは捨てないで  こっそり二人 裸で跳ねる 明日はきっとアレに届いてる バッチリ二人 裸で跳ねる 明日はきっとアレに届いてる 疲れも知らずに バッチリ二人 裸で跳ねる 明日はきっとアレに届いてる 輝く虫のように 
マフラーマンスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ赤いマフラーが 風を受けて 燃えるほどに スピード上げてく 肌をさすような 光浴びて ずっと僕は走りつづける  マフラーマン いつも君を探す ハイパーな愛に賭ける  泣き疲れて いやな思い出も みんなまとめて すり潰してく 軽い判断で 放つブラスターが 健全な悪を 吹き飛ばしてく  マフラーマン エスパーが君を襲う スポンサーの後悔を超えて  流された毒さえも 甘い味がする 安上がりな幸でも 今なら死ねる  マフラーマン 太陽もいつか消える グルーヴィーに エンジンをふかす  マフラーマン いつも君を探す ハイパーな愛に賭ける 
ほうき星スピッツスピッツ草野正宗田村明浩笹路正徳・スピッツ錆びついた扉が はじめて開くよ 僕らは ほうき星 汚れた秋空 ゆらゆら さまよう 魂を巻き込む 祈りを受けとめて流れに逆らって  今 彗星 はかない闇の心に そっと火をつける 弾丸 桃缶 みんな抱えて 宙を駆け下りる  つながって遊べば どこかで切れそうだ 静かに近づいて 涙を乾かした  今 彗星 はかない闇の心に そっと火をつける 哀愁 街中 すぐにはがれて 何度甦る  今 彗星 はかない闇の心に そっと火をつける 弾丸 桃缶 みんな抱えて 宙を駆け下りる  彗星 はかない闇の心に そっと火をつける 哀愁 街中 すぐにはがれて 何度甦る 
虹を越えてスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツモノクロすすけた工場で こっそり強く抱き合って 最後の雨がやむ頃に 本気で君を連れ出した  虹の向こうへ 風に砕けて 色になっていく 虹を越えて 虹を…  漫画のあいつと遊ぶ日も 蚕の繭で寝る夜も 遠い目の子供のように みんな あらすじ書き変えた  虹の向こうへ ツメの先から 解き放っていく 虹を越えて 虹を…  すぐ届きそうな熱よりも わずかな自由で飛ぶよ 虹を越えて  何もかも 風に砕けて 色になっていく 虹を越えて 虹を越えて 虹を越えて 越えて 
バニーガールGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ寒そうなバニーガール 風が吹いた 意地悪されて 震えていた 恋は恋は 何故かわがままに 光のシャワーを 闇に向けた 俺もまたここで続けられそうさ そんな気がした曇りの日 Only youの合図で 回り始める 君と落ちてく ゴミ袋で受け止めて  夢見たあとで 夢に溶けた 灯りを消して 一人泣いた 「いいなぁ いいなぁ」と人をうらやんで 青いカプセルを 噛み砕いた 名も知らぬ君に 気に入られようと 底の無い谷を飛び越え Only you 世界中が口を歪める 君に消される 砂嵐にさらわれて  俺もまたここで続けられそうさ そんな気がした曇りの日 Only you 世界中が口を歪める 君に消される Only youの合図で 回り始める 君と落ちてく ゴミ袋で受け止めて
YGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ小さな声で僕を呼ぶ闇へと手を伸ばす 静かで 長い夜 慣らされていた 置き去りの時から 這い上がり 無邪気に微笑んだ 君に会うもう一度  強がるポ-ズがよく似てた二人は 弾き合い その後引き合った 生まれた頃と変わらない心で 触ったら すべてが消えそうな君を見つめていた  やがて君は鳥になる ボロボロの約束 胸に抱いて 悲しいこともある だけど夢は続く 目をふせないで 舞い降りる 夜明けまで  やがて君は鳥になる ボロボロの約束胸に抱いて 風に揺れる麦 優しい日の思い出 かみしめながら つぎはぎのミラージュ 大切な約束 胸に抱いて 悲しいこともある だけど夢は続く 目をふせないで 舞い降りる 夜明けまで
歩き出せ、クローバーGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ未知のページ 塗りかえられるストーリー 風に向かい 歩き出せ 若くて青いクローバー 裸足のままで Ah ha ha… 過ぎた恋のイメージに近いマーク 指で描き 流れ出す自由で激しいメロディ 一人きりで 戦闘機よりも あからさまな 君の声 優しいエナジー  歩き出せクローバー 止まらないクローバー 熱い投げキッス 受け止める空 Ha…  泣きながら笑い出し「嬉しい!」と何度も叫び 寝ころがって眺めた 君のカード 胸にあてる 入道雲から 伝えている そのままで優しいエナジー  だんだん解ってきたのさ 見えない場所で作られた波に 削りとられていく命が 混沌の色に 憧れ完全に違う形で 消えかけた 獣の道を歩いて行く (Wow ah ah ah ah…)  君の声 優しいエナジー  歩き出せクローバー 止まらないクローバー 熱い投げキッス 受け止める空 Ha… 
愛のことばPLATINA LYLICスピッツPLATINA LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ限りある未来を 搾り取る日々から 脱け出そうと誘った 君の目に映る海  くだらない話で 安らげる僕らは その愚かさこそが 何よりも宝もの  昔あった国の映画で 一度観たような道を行く なまぬるい風に吹かれて 今 煙の中で 溶け合いながら 探しつづける愛のことば 傷つくことも なめあうことも 包みこまれる愛のことば  優しい空の色 いつも通り彼らの 青い血に染まった なんとなく薄い空  焦げくさい街の光が ペットボトルで砕け散る 違う命が揺れている 今 煙の中で 溶け合いながら 探しつづける愛のことば もうこれ以上 進めなくても 探しつづける愛のことば  雲間からこぼれ落ちてく 神様達が見える 心の糸が切れるほど 強く抱きしめたなら  昔あった国の映画で 一度観たような道を行く なまぬるい風に吹かれて 今 煙の中で 溶け合いながら 探しつづける愛のことば 傷つくことも なめあうことも 包みこまれる愛のことば 溶け合いながら……
花泥棒スピッツスピッツ草野正宗三輪徹也笹路正徳・スピッツどうせ一度なら 心が向かうまま 花泥棒 花泥棒 あの娘に似合いそうな花を見つけたぞ 花泥棒 花泥棒  この花を渡せたら それが人生だ!  走るよ ありったけ 力 尽きるまで 花泥棒 花泥棒 逆に奪われて すべて奪われて 花泥棒 花泥棒  ああ 夢で会う時は すごくいいのにさ!  花泥棒 花泥棒 花泥棒 花泥棒 
初恋クレイジーGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ見慣れたはずの街並も ド派手に映す愚か者 君のせいで大きくなった未来 夢の世界とうらはらの 苦し紛れ独り言も 忘れられたアイスのように溶けた  誰彼 すき間を抜けて おかしな秘密の場所へ 君と行くのさ 迷わずに 言葉にできない気持ち ひたすら伝える力 表の意味を超えてやる それだけで  軽いベーゼで満たされて 遠吠えしてた常日頃 違う四季はあっという間に過ぎて  心のプロペラまわす バカげた秘密の場所へ 約束だよね 二人きり 優しくなれない時も 優しくされない時も 隠れた空は青いだろう 今のまま  泣き虫になる 嘘つきになる 星に願ってる 例えば僕が 戻れないほどに壊れていても  誰彼 すき間を抜けて おかしな秘密の場所へ 君と行くのさ 迷わずに 言葉にできない気持ち ひたすら伝える力 表の意味を超えてやる それだけで 超えてやる それだけで 
夕陽が笑う、君も笑うスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツここにいる 抱き合いたい ここにいる やたら無邪気な演技で 泣けちゃうくらい 求める 胸が痛い 求める 君はいつも疲れて不機嫌なのに  夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る 甘いしずく 舌で受け止めてつないでいこう  怖がる 愛されたい 怖がる ヘアピンカーブじゃ いつも傷ついてばかり さまよう 何も無い さまよう 中途半端な過去も 大切だけど  夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る 勝手に決めた リズムに合わせて歩いていこう  夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る 甘いしずく 舌で受け止めてつないでいこう  夕陽が笑う 君も笑うから 明日を見る 勝手に決めた リズムに合わせて歩いていこう 
ナナへの気持ちスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ誰からも好かれて片方じゃ避けられて 前触れなく叫んで ヘンなとこでもらい泣き たまに少しクールで 元気ないときゃ眠いだけ 大事なこと忘れていった  ガラス玉のピアス キラキラ光らせて お茶濁す言葉で 周りを困らせて 日にやけた強い腕 根元だけ黒い髪 幸せの形を変えた  だからナナ 君だけが ナナ ここにいる ナナ 夢がある 野望もある たぶんずっと  街道沿いのロイホで 夜明けまで話し込み 何も出来ずホームで 見送られる時の 憎たらしい笑顔 よくわからぬ手ぶり 君と生きて行くことを決めた  だからナナ 君だけが ナナ ここにいる ナナ 夢がある 野望もある たぶんずっと  街道沿いのロイホで 夜明けまで話し込み 何も出来ずホームで 見送られる時の 憎たらしい笑顔 よくわからぬ手ぶり 君と生きて行くことを決めた
ハヤテスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ気まぐれ君はキュートなハヤテ 倒れそうな身体を駆け抜けた 言葉はやがて恋の邪魔をして それぞれカギを100個もつけた  でも会いたい気持ちだけが膨らんで割れそうさ 間違ってもいいよ oh…  なんとなく君の声が聞こえて はりきってハートを全部並べて かっこよく鳴りひびいた口笛 振り向くところで目が覚めた  ただ 微笑むキューピッドのことばっかり考えて 飛び込めたらなぁ oh…  晴れそうで曇り 毎日 小雨 もう二度と壊せない気がしてた  でも会いたい気持ちだけが膨らんで割れそうさ 間違ってもいいよ oh…  気まぐれ君はキュートなハヤテ 
不死身のビーナススピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ雨降り朝までもう絶対泣かないで 知らないどこかへ行っちゃうその前に 二人で取り出そう 恥ずかしい物語を ひたすら背中たたかれて バカな幸せ  最低の君を忘れない おもちゃの指輪もはずさない 不死身のビーナス いつでも傷だらけ  疲れた目と目でいっぱい混ぜ合って 矢印通りに 本気で抱き合って さよなら飲みほそう 生ぬるい缶ビールを あくびが終わる勢いでドアを蹴飛ばす  最低の君を忘れない 悲しい 噂は信じない 不死身のビーナス明日も風まかせ  二人で取り出そう 恥ずかしい物語を ひたすら背中たたかれて バカな幸せ  最低の君を忘れない おもちゃの指輪もはずさない 不死身のビーナスいつでも傷だらけ  最低の君を忘れない 悲しい 噂は信じない 不死身のビーナス ネズミの街  さびしい目で遠くを見てた 不死身のビーナス 明日も風まかせ
ヘチマの花スピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ二人の夢 ヘチマの花 見つめるだけで 悲しいことなど忘れそうになる 恥じらうようにたたずむ花咲かせる日まで さよなら言わない 何があっても  さびしい涙目に映るのは やがてあたたかな愛の花 深くミルク色に煙る街を裸足で歩いている いつの時も二人で  二人の夢 ヘチマの花 かなえて欲しい 飛べない鳥だと気付かされても  やましい呟きの最後にも やがてあたたかな愛の花深く ミルク色に煙る街を裸足で歩いている いつの時も二人で 
たまごスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツからめた小指で 誰も知らない約束 たまごの中には いつか生まれ出すヒヨコ 君と僕のおかしな秘密  バナナ浮かぶ夜は 涙こらえて 下手なピンボールだって 味方につけた 削られるたびに 憧れたピストルが ハデに鳴り響く  さかずきのテキーラ 願いをこめて 死にかけたマシンで はじき出された 君はこの場所で ボロぎれみたいな 僕を抱きよせたOh yeah  からめた小指で 誰も知らない約束 たまごの中には いつか生まれ出すヒヨコ 君と僕の不思議な秘密  君はこの場所で ボロぎれみたいな 僕を抱きよせたOh yeah  からめた小指で 誰も知らない約束 たまごの中には いつか生まれ出すヒヨコ はじめて感じた宇宙・タマシイの事実 たまごの中には いつか生まれ出すヒヨコ 君と僕のよくある…
君だけをGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ街は夜に包まれ行きかう人魂の中 大人になった哀しみを見失いそうで怖い 砕かれていく僕らは 星の名前も知らず 灯りともすこともなく 白い音にうずもれ カビ臭い毛布を抱き 思いをはせる woo…夜空に  君だけを必ず 君だけを描いてる woo… ずっと  一人いつもの道を歩く 目を閉じて一人 不器用な手で組み立てる 汚れたままのかけらで いつか出会える woo…時まで  君だけを必ず 君だけを描いてる woo… ずっと 君だけを必ず 君だけを描いてる woo…ずっと woo…ずっと woo…ずっと
君と暮らせたらGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ緑のトンネル抜けて 朝の光に洗われるような わずかな微笑みさえも 残らずみんな 分けあえるような 可愛い歳月を 君と暮らせたら  ジグザグこだましながら 声が遠くまで 届いていきそうな 見上げれば 雲の流れに 今いる場所を 忘れちゃいそうな 寂しいあの街で 君と暮らせたら  可愛い歳月を 君と暮らせたら  十五の頃の スキだらけの 僕に笑われて 今日も眠りの世界へと すべり落ちていく 
トンガリ'95GOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツプラスチックのカバーを はずしたその後で 短い夢を見てる おかしなフライデー 冴えわたる夜空に いきなり現れて 青い猫目のビームで 突き刺すような 君は今 誰よりも とがっている とがっている とがっている とがっている  死ぬほど寂しくて 扉をたたいても 繰り返される テープの 音は消えず 散らかった世界は 少しずつ渇いてく 壊れかけのサイボーグを 磨きながら 俺は今 誰よりも とがっている とがっている とがっている とがっている  君は今 誰よりも とがっている とがっている とがっている とがっている とがっている とがっている とがっている とがっている
夢じゃないPLATINA LYLICスピッツPLATINA LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ暖かい場所を探し泳いでた 最後の離島で 君を見つめていた 君を見つめていた Oh   同じリズムで揺れてたブランコで あくびしそうな 君を見つめていた 君を見つめていた Oh  夢じゃない 弧りじゃない 君がそばにいる限り いびつな力で 守りたい どこまでも Oh  丘に登ったら いつか見た景色 季節の魔法で 君にうもれていた 君にうもれていた Oh  夢じゃない 弧りじゃない 君がそばにいる限り いびつな力で 守りたい どこまでも Oh  暖かい場所を探し泳いでた 最後の離島で 君を見つめていた 君を見つめていた Oh  夢じゃない 弧りじゃない 君がそばにいる限り 汚れない獣には 戻れない世界でも  夢じゃない 弧りじゃない 君がそばにいる限り いびつな力で 守りたい どこまでも Oh
インディゴ地平線GOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ君と地平線まで 遠い記憶の場所へ 溜め息の後の インディゴ・ブルーの果て  つまづくふりして そっと背中に触れた 切ない心を 噛んで飲み込むにがみ  逆風に向かい 手を広げて 壊れてみよう 僕達は 希望のクズだから  歪みを消された 病んだ地獄の街を 切れそうなロープで やっと逃げ出す夜明け  寂しく長い道をそれて 時を止めよう 骨だけの翼 眠らせて  凍りつきそうでも 泡にされようとも 君に見せたいのさ あのブルー yeah  君と地平線まで 遠い記憶の場所へ 溜め息の後の インディゴ・ブルーの果て  逆風に向かい 手を広げて 壊れてみよう 僕達は希望のクズだから  凍りつきそうでも 泡にされようとも 君に見せたいのさ あのブルー  少し苦しいのは 少し苦しいのは なぜか嬉しいのは あのブルー yeah 
裸のままでGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツひとりの夜くちびる噛んで 氷の部屋を飛び出したのさ 人は誰もが寂しがりやのサルだって 今わかったよ  はがれはじめた嘘について レールの上で考えたのさ 小さなズレさえ許されない掟なのに めぐり会えたよ  そして時は ゆっくり流れ出す 二人ここにいる 裸のままで どんなに遠く 離れていたって 君を見つめてる ほら 早く! 早く! 気づいておくれよ  地下道に響く神の声を 麻酔銃片手に追いかけた 無くしたすべてを取り戻すのさ 地の底に迷い込んでも  やがて光は 妖しく照らしだす 二人歩いてる 道はなくても どんなに深く 霧に包まれても 君を見つめてる ほら 早く! 早く! 気づいておくれよ  そして時は ゆっくり流れ出す 二人ここにいる 裸のままで やがて光は 妖しく照らしだす 二人歩いてる 道はなくても どんなに遠く 離れていたって 君を愛してる ほら 早く! 早く! 気づいておくれよ 
スカーレットPLATINA LYLICスピッツPLATINA LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ離さない このまま 時が流れても ひとつだけ 小さな 赤い灯を 守り続けていくよ 喜び 悲しみ 心ゆがめても 寒がりな 二人を 暖めて 無邪気なままの熱で  乱れ飛ぶ声に かき消されて コーヒーの渦に溶けそうでも ゆらめく陽炎の 向こうから 君が手を伸ばしたら  離さない 優しく 抱きしめるだけで 何もかも 忘れていられるよ ほこりまみれの街で  誰にも言えずに 夢見ていた くずれ落ちそうな 言葉さえ ありのまま すべて ぶつけても 君は微笑むかなあ…  離さない このまま 時が流れても ひとつだけ 小さな 赤い灯を 守り続けていくよ 喜び 悲しみ 心ゆがめても 寒がりな 二人を 暖めて 無邪気なままの熱で
旅人スピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ旅人になるなら今なんだ 冷たい夕陽に照らされて のびる影  やっぱりダメだよ 目を覚ましてもあの瞳 まっ赤なクレパス 塗りつぶしてく 無理矢理に 君を抱きしめて 鼻スリ合わせた 稲妻の季節甘いランデブー  バッサリ切られて なんでそーなの 俺だけが 頭ハジけて 雲のベッドでフテ寝して 意地悪に賭けた ありあまる魂 飛び過ぎた後の 若いカンガルー  旅人になるなら今なんだ いかつい勇気が粉々になる前に ありがちな覚悟は嘘だった 冷たい夕陽に照らされて のびる影  ぐったり疲れた だからどうしたこのままじゃ ひっそり死ぬまで 空を食ってくだけの道 ハリボテの中を のぞき見た時に いらだちのテコが 全てを変える  旅人になるなら今なんだ いかつい勇気が粉々になる前に ありがちな覚悟は嘘だった 冷たい夕陽に照らされて のびる影
PLATINA LYLICスピッツPLATINA LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツささやく冗談でいつも つながりを信じていた 砂漠が遠く見えそうな時も ぼやけた六等星だけど 思い込みの恋に落ちた 初めてプライドの柵を越えて  風のような歌 届けたいよ 野生の残り火抱いて 素足で走れば  柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで  ねじ曲げた思い出も 捨てられず生きてきた ギリギリ妄想だけで 君と  水になって ずっと流れるよ 行きついたその場所が 最期だとしても  柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで 渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて  輝いて… 輝いて…  柔らかい日々が波の音に染まる 幻よ 醒めないで 渚は二人の夢を混ぜ合わせる 揺れながら輝いて
チェリーMILLION LYLICスピッツMILLION LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ君を忘れない 曲がりくねった道を行く 産まれたての太陽と 夢を渡る黄色い砂 二度と戻れない くすぐり合って転げた日 きっと 想像した以上に 騒がしい未来が僕を待ってる  「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて  こぼれそうな思い 汚れた手で書き上げた あの手紙はすぐにでも捨てて欲しいと言ったのに 少しだけ眠い 冷たい水でこじあけて 今 せかされるように 飛ばされるように 通り過ぎてく  「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ いつかまた この場所で 君とめぐり会いたい  どんなに歩いても たどりつけない 心の雪でぬれた頬 悪魔のふりして 切り裂いた歌を 春の風に舞う花びらに変えて  君を忘れない 曲がりくねった道を行く きっと 想像した以上に 騒がしい未来が僕を待ってる  「愛してる」の響きだけで 強くなれる気がしたよ ささやかな喜びを つぶれるほど抱きしめて ズルしても真面目にも生きてゆける気がしたよ いつかまた この場所で 君とめぐり会いたい
ルナルナGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ忘れられない小さな痛み 孤独の力で泳ぎきり かすみの向こうに すぐに消えそうな白い花 思い疲れて最後はここで 何も知らない蜂になれる 瞳のアナーキーねじれ出す時 君がいる  二人で絡まって 夢からこぼれても まだ飛べるよ 新しいときめきを 丸ごと盗むまで ルナルナ  羊の夜をビールで洗う 冷たい壁にもたれてるよ ちゃかしてるスプーキー みだらで甘い 悪の歌  このまま止めないで ざわめき避けないで ほら眩しい 不思議な出来事は 君へと続いてる ルナルナ  二人で絡まって 夢からこぼれても まだ飛べるよ 新しいときめきを 丸ごと盗むまで ルナルナ
涙がキラリ☆PLATINA LYLICスピッツPLATINA LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ目覚めてすぐのコウモリが 飛びはじめる夕暮れに バレないように連れ出すから カギはあけておいてよ 君の記憶の片隅に居座ることを 今決めたから 弱気なままのまなざしで 夜が明けるまで見つめているよ  同じ涙がキラリ 俺が天使だったなら 星を待っている二人 せつなさにキュッとなる 心と心をつないでる かすかな光  浴衣の袖のあたりから 漂う夏の景色 浮かんで消えるガイコツが 鳴らすよ恋のリズム 映し出された思い出は みな幻に変わってくのに 何も知らないこの惑星は 世界をのせて まわっているよ  同じ涙がキラリ 俺が天使だったなら 本当はちょっと触りたい 南風やって来い 二度と戻らない この時を 焼きつける  同じ涙がキラリ 俺が天使だったなら 星を待っている二人 せつなさにキュッとなる 心と心をつないでる かすかな光
俺のすべてGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ燃えるようなアバンチュール うすい胸を焦がす これが俺のすべて  歩き疲れて へたり込んだら崖っぷち 微笑むように 白い野菊が咲いていた 心のひだに はさんだものは 隠さなくてもいいと 河のまん中 光る魚がおどけるようにはじけてる  燃えるようなアバンチュール うすい胸を焦がす そして今日も 沈む夕日を背にうけて  俺の前世は たぶんサギ師かまじない師 たぐりよせれば どいつも似たような顔ばかり でかいパズルの あちらこちらに 描きこまれたルール 消えかけたキズ かきむしるほど おろかな恋に溺れたら  燃えるようなアバンチュール 足の指もさわぐ 真夏よりも暑く 淡い夢の中で  何も知らないお前と ふれてるだけのキスをする それだけで話は終わる 溶けて流れてく  燃えるようなアバンチュール うすい胸を焦がす そして今日も 沈む夕日を背にうけて  山のようなジャンクフーズ 石の部屋で眠る 残りもの さぐる これが俺のすべて
ロビンソンMILLION LYLICスピッツMILLION LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ新しい季節は なぜかせつない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた 思い出のレコードと 大げさなエピソードを 疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに  同じセリフ 同じ時 思わず口にするような ありふれたこの魔法で つくり上げたよ  誰も触われない 二人だけの国 君の手を離さぬように 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る  片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も どこか似ている 抱き上げて 無理やりに頬よせるよ いつもの交差点で 見上げた丸い窓は うす汚れてる ぎりぎりの 三日月も僕を見てた  待ちぶせた夢のほとり 驚いた君の瞳 そして僕ら今ここで 生まれ変わるよ  誰も触われない 二人だけの国 終わらない歌ばらまいて 大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る  大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る ルララ 宇宙の風に乗る
夏が終わるGOLD LYLICスピッツGOLD LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツ遠くまで うろこ雲 続く 彼はもう 涼しげな 襟もとを すりぬける 日に焼けた 鎖骨からこぼれた そのパワーで 変わらずにいられると 信じてた  またひとつ夏が終わる 音もたてずに 暑すぎた夏が終わる 音もたてずに 深く潜ってたのに  遠くまで うろこ雲 続く 彼はもう 涼しげな 襟もとを すりぬける  キツネみたい 君の目は強くて 彼方の 記憶さえ 楽しそうに つき刺してた 軽い砂を 蹴り上げて走る 濡れた髪が 白いシャツ はずむように たたいてた  またひとつ夏が終わる 音もたてずに 暑すぎた夏が終わる 音もたてずに 深く潜ってたのに  遠くまで うろこ雲 続く 彼はもう 涼しげな 襟もとを すりぬける
君が思い出になる前にPLATINA LYLICスピッツPLATINA LYLICスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツあの日もここで はみ出しそうな 君の笑顔を見た 水の色も風のにおいも 変わったね 明日の朝 僕は船に乗り 離ればなれになる 夢に見た君との旅路は かなわない  きっと僕ら 導かれるままには歩き続けられない 二度と これからは  君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて 優しいふりだっていいから 子供の目で僕を困らせて  ふれあう度に嘘も言えず けんかばかりしてた かたまりになって坂道をころげてく 追い求めた影も光も 消え去り今はただ 君の耳と鼻の形が 愛しい  忘れないで 二人重ねた日々は この世に生きた意味を 越えていたことを  君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて 冷たい風に吹かれながら 虹のように今日は逃げないで  君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて 優しいふりだっていいから 子供の目で僕を困らせて 君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて 冷たい風に吹かれながら 虹のように今日は逃げないで
心の底からスピッツスピッツ草野正宗草野正宗笹路正徳・スピッツいつもより無邪気に 腕ふり 風を切り ひと握りくらいの 疲れをバネにして すすめ!まだまだ 明日をあきらめないで きっと どこかで 窓を開けて待ってる  心の底から愛してる 今でも奇跡を信じてる 天使のパワーで 悪魔のパワーで 取り戻せ ありふれたストーリー  陽の光まぶたに受けて真赤な海で 金縛りみたいに ごろごろもがいてる とばせ!魂を 高い柵の向こうまで 白い小さな花になる いつかは  心の底から愛してる 世界の終わりがもう見える 銀河のシャワーを バベルのタワーで 吸い込め 涙のグローリー  すすめ!まだまだ 明日をあきらめないで きっと どこかで 窓を開けて待ってる  心の底から愛してる 今でも奇跡を信じてる 天使のパワーで 悪魔のパワーで 取り戻せ ありふれたストーリー
全1ページ中 1ページを表示

注目度ランキング

  1. LOUD
  2. CONNECT
  3. ブラックホール
  4. 空夢
  5. NOW

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×