きゃりーぱみゅぱみゅ

祝5周年ソング「最&高」最高にカオスなミュージックビデオが完成!

 2011年夏にCAPSULEの中田ヤスタカプロデュースでデビューを飾り、9万人を動員するアリーナツアーや2度のワールドツアーが成功し国内外問わず活動し続けている“きゃりーぱみゅぱみゅ”だが、今年は、デビュー5周年のアニバーサリーイヤーとなっている。その5周年の活動の一環として、4月20日にファンへの感謝を歌った12thシングル「最&高」のリリース、5月25日に自身初のベストアルバム「KPP BEST」のリリースを発表。

 そして、12thシングル「最&高」の最高なミュージックビデオがついに解禁!今作は、鬼才・田中秀幸監督との初めてタッグ。シングルのタイトル「最&高」通りの非常に最高でにカオスなミュージックビデオが完成した。まずは、きゃりーが、音楽に合わせてドラムやシンバルを叩く巨大なロボットになる衝撃な姿からスタート、最後にはラーメンどんぶり風のステージに移動し歌うきゃりーに合わせ群衆たちが楽しそうに踊る、周年をお祝いする姿を描いている。

 また、今回初のタッグとなる監督やデビューより親交深いクリエイターと共に、きゃりーは自ら企画段階より入念に打合せを重ねた。振り付けは5周年ソングということもあり、ファンみんなで盛り上がることができることに拘った。サビはわかりやすく、親指を突き出す、「最高ポーズ」となりマネのしやすいダンスとなっている。さらに“5周年”なので「5」というキーワードが至るところに散りばめられている。まさに5周年に相応しい最高にカオスな世界観を表現した最高傑作だ。

<きゃりーぱみゅぱみゅ コメント>
今作は5周年らしい本当に最高の作品に仕上がったと思います。私の中でも、すごくメッセージ性の濃い曲なので、私らしいユーモアも交えて表現することにこだわりました。監督とどんぶりステージで意気投合したので、中華風に仕上げた衣装やヘアにもご注目ください。

<田中秀幸監督コメント>
5周年の記念すべきMVの監督をさせていただいて光栄です。きゃりーちゃん、そして、きゃりーちゃんのスタッフの皆さんとも今回初仕事でしたが、最&高に楽しく作品作りができました!撮影中も打ち合わせ中もみんな『最&高』が口癖となっていました。そして、CG、撮影、美術、制作スタッフの仕事も最&高。
仕上がったミュージックビデオの全貌は、とにかく曲に合わせ、楽しそうに踊る群衆たちに囲まれ5周年をお祝いされるというストーリ!
このトピックをシェアする
きゃりーぱみゅぱみゅ 関連トピックス