"人間臭く、超アツい"男性ソロアーティスト特集!
歌ネットが今だからこそ推したい2組!

歌ネット編集部オススメ! “人間臭く、超アツい”2組の男性ソロアーティスト。パワフルな歌に込めた想いを、リスナーのココロに痛いほどぶつけてくる彼ら…。その歌を耳にした人は、生きていく意味を考えさせられ、「自分も生ぬるいことを言ってられない!」という気持ちになるはず。要チェック!
音楽サプリメント 「応援ソング特集」
がんばる全ての人に贈りたい応援ソングを大特集!

今回、がんばる全ての人に贈りたい応援ソングを大特集!歴代の王道ソングから、歌ネットで歌詞人気が高いあの曲まで…。あなたにエネルギーをくれる曲を、効果別に分類してご紹介します♪音楽はいつでも味方です。ココロのサプリメントに是非!
「ギタ女図鑑 2015年度版」
〜これであなたも“ギタ女”マスター!?〜

近年、音楽シーンで新たに定着した言葉が「ギター女子」、略して「ギタ女」。簡単に言えば“ギターを手に歌う女性ソロアーティスト”のことを指すが、一言で「ギタ女」といってもその個性は多種多様!歌ネットでは、ブレーク寸前のアーティストから、期待のルーキーまで、注目のギタ女を独断で“分類”し図鑑を…
SNS「拡散力」が生み出すヒット曲!
erica「あなたへ贈る歌」がロングヒット。

今、巷の女子中高生を中心に大流行している“LINE歌詞ドッキリ”をご存知だろうか。“LINE歌詞ドッキリ”とは、ラブソングの歌詞を一行ずつ、LINEで彼氏や好きな人に送り、相手の気持ちを確かめたり、反応を楽しむもので、2014年の11月末にはフジテレビ「めざましテレビ」で、実際にカップル同士が…
歌詞アクセス上昇数で見る紅白効果!
「ピースとハイライト」の歌詞の内容とは…。

紅白で最も歌詞アクセス数が上昇したのは、サザンオールスターズの「ピースとハイライト」。紅白出場は31年ぶりで、しかも事前発表がない中でのサプライズ出場したサザンは、紅白放送前日に対して、なんと1000倍のアクセス数を記録した。その一番の要因として挙げられるのが、「ピースとハイライト」の歌詞の…
大晦日恒例の「第65回NHK紅白歌合戦」
初出場では、セカオワやHKT48、May J.等が出演

アニメ映画「アナと雪の女王」の曲でブレイクしたMay J.と神田沙也加が共に出場を決めた。神田沙也加は母親の松田聖子と2度目の紅白共演なり、松田聖子が紅組のトリ(白組は嵐)を務める。また、ベテラン勢では、12年ぶり2度目の出場となる中島みゆきや長渕 剛などが出演するほか…
2014年のヒット曲から読み取るヒットの裏側!
ヒットソングの方程式

音楽業界では日々、ヒットを生み出すために、様々な戦略を練っている。ヒットを生み出す要因は、時代の流れを捉えることであり、逆に時代に左右されない普遍性を追求することでもある。近年大きく音楽業界をけん引しているAKB48のヒットは、「“アイドル”は手に届かない存在」という既存のイメージを壊し…
20世紀発売楽曲限定ランキングTOP10
時代を超えても色褪せない不滅の名曲は?

歌ネットは2001年にサービスを開始し、様々な角度から歌詞の魅力を伝えてきた。当たり前だが、歌詞が一番検索されるのは、CD発売のタイミングであるため、2001年以降の楽曲が多くの検索数を記録している。歌詞検索がスタートする前の発売は検索数から見ると圧倒的に不利な中、2001年以前に発売された楽曲でも…
恋愛世代のバイブル back number Songs!
歌ネットでミリオン(100万アクセス)が2曲ランクイン

スリーピースバンドのback number。彼らの楽曲は、恋愛真っ只中の若者たちに圧倒的な支持を集め、もはや“バイブル”と呼べる存在になっている。この特集では、そんなback numberの人気の秘密をボーカル・清水依与吏のコメント&インタビューを交えてお届け致します。
2014年上半期もっとも歌詞が見られた楽曲は?
2014年歌ネット上半期アクセスランキング!

2014年の上半期は、AKB48が4年連続でオリコン上半期1位を獲得し、加えてTOP3を独占するなど、今年もその勢いは衰えるところを知らない。そんな中、歌ネットでは、歴代最短で100万アクセスを達成した楽曲が誕生するなど、歌詞サイトだから分かる2014年上半期のヒット曲を探る。

< 1 2 3 4 5 >