上野優華

多分、諦めきれない恋ってこの「情」が邪魔してる。

 2020年12月24日に“上野優華”が新曲「好きでごめん」をデジタルリリース。今作は、上野優華が冬をイメージして作詞作曲をした切ないバラードとなっております。これまで「好きな人」(奥華子 作詞作曲)、「あなたの彼女じゃないんだね」(wacci・橋口洋平 作詞作曲)など恋愛バラード曲に定評のある彼女の新境地となる楽曲をご堪能ください…!

 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“上野優華”による歌詞エッセイをお届け!今回は【後編】です。綴っていただいたのは、前回に続き、新曲「好きでごめん」に通ずる想い。恋をしていると自分の気持ちがすごくワガママに感じられてしまう。矛盾ばかりで嫌になってしまう。そんなあなたへ、この曲とエッセイが届きますように。

~歌詞エッセイ【後編】:「好きでごめん」~

踏ん張って一歩踏み出す勇気も
引き下がる勇気もない。

そのくせ立ち止まっている自分が嫌で嫌でたまらない
恋は自分をとてもワガママにさせるものです。

優しくされたいけど
優しいだけじゃダメ。

かっこいい人
可愛い人
愛想がいい人がいいけど
周りからチヤホヤされてるのは嫌。

ラブソングをよく歌うし、書くし、聴くし。

そんな私だから恋愛相談を受ける事が多いのですが
そんな矛盾した気持ちはよく聞きます。

第三者からしたら
「いやそれは…ワガママすぎない?」案件ですが
いや待てよ。
自分の好きな人が
誰にでも優しい人だったら?モテモテだったら?
なんて思うと確かにいい気はしません。

そうだよ。
よく考えてみたら
恋とは矛盾だらけだ。

楽したいくせに幸せになりたくて
追いかける恋がしたいなんていう子に限って
追いかけるの疲れがちだし
一番に愛されたいなんて言ってたあの子は
「重たい」の一言で彼氏を振れる。

恋はきっと独りよがりなものだけど
その恋を育んで行く中で
「情」というものが生まれていくのでしょう。

この「情」ってすごく厄介。
好き嫌いでは言い表せない大切な時間や思い出や
その他もろもろ…
手放すことが出来なくなってしまうから。

多分、諦めきれない恋ってこの「情」が邪魔してる。

ダメだ、と分かってしまったら
切り替えるのなんてとても簡単です。

反対意見もあるのは分かってる。

例えば大好きなケーキ屋さんに行って
一番好きなショートケーキが無かったとして。
だったら別のケーキを買いませんか?

人の恋心をケーキに例えるなんて酷い話ですが
でもそういうことだと思うんですよね。

人生で一番好きになった人は
結果一人だけになるかもしれませんが
それまでに恋は沢山してるはずです。
していいはずです。

好きになる可能性がある人なんて沢山いるのに
その人じゃないとダメだと思ってしまうのは
「情」とか「依存」とかその人に恋する「自分」を
捨てられないからだと思うんです。

人間、手に入れられる物の量って決まってると思う。
なのに私も含め
手に入れたいくせに手放すのを異様に嫌がるのね。

ほんと、ワガママです。

そんなワガママな自分がまた嫌になる。

恋って頭で考えるだけでは
グルグル同じこと巡らせてるからほぼ脳トレだと思う。


----------------------------------------

二回に渡って、私の恋の話を
聞いてくださってありがとうございます。
またいつか皆さんとお話出来るのを楽しみにしています。

そんな恋を語る私が書いた新曲「好きでごめん」
ぜひ沢山聴いてください!

<上野優華>

◆紹介曲「好きでごめん
作詞:上野優華
作曲:上野優華
このトピックをシェアする
  • LINEで送る