湯木慧

嘘とか裏側とか保身とか中途半端な愛情とか、人間は馬鹿だ。

 2020年8月19日に“湯木慧”がメジャーファーストEP『スモーク』をリリースしました。今作について彼女は「モノが燃えて灰になるまでの間で生み出される煙のように、自分と他者、人間と人間、過去と未来、理想と現実、そのどちらでもないという曖昧なモノ、それらの間で生み出される煙のような感情を作品にしました」とコメント。

 さて、今日のうたコラムではそんな最新作をリリースした湯木慧による歌詞エッセイを3週連続でお届け!今回はその第1弾です。綴っていただいたのは、今作の収録曲「Answer」と「雑踏」についての想い。彼女が何を見つめ、何を感じ、何を伝えたくて誕生した2曲なのか…。是非、歌詞と併せて、このエッセイを受け取ってください。

~歌詞エッセイ第1弾~


悶々としてる、
日々
嗚呼、目が悪いからかな。

僕はとても弱いけど
自分の事が好きだ。
みんな自分が、大好きだ。

人の目が気になり、
恐いだなんて言うのに、
なんとも強欲に行動してるな、君。
なんともおせっかいに生きてるな、僕。






今日はまず『スモーク』というCDの中のトラック1、
Answer」という曲について、少し話そうと思います。


まず生まれるということの後には圧倒的自分だけの世界というものが出来て孤独も一緒に生まれるということを、メジャー1st Singleと2nd Singleにて、“誕生”と“孤独”という言葉をキーワードに作品を作りました。どちらも自分と他者があることによって、の作品でした。そして、今回。



自分と他者の次には、
【自分と自分】という世界が広がりました。
それが今回のCD『スモーク』です。

そして「Answer」という曲は時を経て生きていく中で、人の目が気になるようになったり、自分ではない誰かを生きるようになったり、愛を恥ずかしいと思うようになったり、あたたかさや温もりや他者を知り、求めてしまって、期待してしまって、頼り甘えすぎてしまって、脆くなっていく、そんな自分への嫌悪感、そして根付いて消えないもう片方の感覚。それらを表現した楽曲です。



自分が嫌になっていき嫌悪感や悲観的感覚や不遜的感覚が充満する。でも、その片方だけで世界を見ていなくて、未来を見ていなくて、見る事が出来なくて、もう片方は、希望や衝動や愛情が、絶えず疼いていたのです。どんなに、全てが嫌になっても、消えることのない欲や希望は、片方があればもう片方の方に、深く根付いているのかもしれない。

僕はこの二つの目で、自分を、見ていた。







今864文字あたり。長文書くのって難しいのかなと思っていたら、以外と書けているなぁ自分。つらつらとややこしいことを書いてしまったから、疲れてもう読むのをやめてしまった人が多くいるのではないかと不安になった。考えすぎかな。嗚呼…目が悪いからかな。メガネを外しながら書いていたので、メガネをつけて、もう少しだけ書き進めていこうと思う。次は、

『スモーク』というCDの中のトラック2、
雑踏」という曲について。





人間は馬鹿だ。
めんどくさい。
そうだ、上手く作られすぎたんだな。
嘘とか裏側とか保身とか中途半端な愛情とか、
人間は馬鹿だ。


私も、人間か。




この曲は、電車に乗っている時に書きたいなと思った曲です。人間観察が好きでよくするのですが、ある日電車に乗っていたら、ものすごく申し訳なさそうに乗っている人が居て、その他多くの人がその車両に乗っていたのに、その人だけとても目を惹きました。私はその時、なんとも言えない…物凄く悲しい気持ちになり、もし生きている事がここにいる事が、申し訳ないと思っている人が居るのであれば、全力でそこに居ていいよ。と言ってあげられる曲が欲しい。と思い生まれたのが「雑踏」という曲なのです。



一般的に何かを殺したり壊したり傷つけたりする刃物に“メス”という名前をつけて、命を助けたり守ったりする刃物を生み出し、持っているのも、人間でした。





そんな感じの楽曲です。

あれ、この曲、「雑踏」っていうタイトルじゃなくて「メス」の方がいいんじゃない?なんて思ってきてしまいました…優柔不断です。

まずいです…もう変えられないのに。メガネをかけたから、目がよく見えすぎてしまったかも、という訳で、今回はここら辺で、終わりにしたいと思います。

また次でお会いしましょう。

<湯木慧>

◆紹介曲「Answer
作詞:湯木慧
作曲:湯木慧

◆紹介曲「雑踏
作詞:湯木慧
作曲:湯木慧

◆メジャーファーストE.P.『スモーク』
2020年8月19日発売
初回限定盤 VIZL-1768 ¥2,400+消費税
通常盤 VICL-65379 ¥1,800+消費税

<収録曲>
1. Answer
2. 雑踏
3. 追憶
4. Careless Grace
5. スモーク
6. 狭間
このトピックをシェアする
  • LINEで送る