坂口有望

配信シングル&1stアルバム『blue signs』リリース決定!

 2017年7月にシングル「好-じょし-」でメジャーデビューした坂口有望(さかぐちあみ)。16歳の女子高生シンガーソングライターならではの歌詞や世界観、表現力豊かな歌声が同世代の女性を中心に虜にし、「好-じょし-」MVはYouTubeにて210万再生を突破。2017年12月には2ndシングル「空っぽの空が僕はきらいだ」を発売し、多くのパワープレイを獲得。そのシングルを引っ提げた弾き語りワンマンツアー「ひとりディッセンバー」は全公演が発売と同時にソールドアウトしてしまった。
 
 そんな坂口有望が2月7日に配信シングル「お別れをする時は」を、そして3月21日には初のフルアルバム『blue signs』をリリースすることが決定した。配信シングル「お別れをする時は」はズバリ“卒業ソング”。親しみやすいメロディーに坂口有望らしい力強いメッセージをのせたこの曲は新たな“卒業ソング”代表曲となること間違いなし。是非とも大切な人の門出に贈ってほしい。

 そして自身初となる1stフルアルバム『blue signs』」。インディーズ時代の名曲「おはなし」、「地球-まる-」、「厚底」、「15歳の詩」、メジャーでのリリース曲「好-じょし-」、「紺色の主張」、「空っぽの空が僕はきらいだ」、「ばかやろう」、前述の最新配信シングル「お別れをする時は」、さらに未発表曲「さよならロマン」、「月には内緒で」、「革命を」、リリース当時は弾き語りだった人気曲にアルバムバージョンアレンジを施し、イチからレコーディングし直した全くの新録曲「14才の唄-Album Ver.-」「16さいのうた-Album Ver.-」という珠玉の14曲を収録。現在16歳現役女子高生・坂口有望の、いわば“青の時代”をすべて詰め込んだベスト的内容の1stフルアルバムとなっている。

 初回生産限定盤にはこれまでのMusic Videoや撮影時の秘蔵映像を収録した特典DVDが、そして坂口有望の様々な写真で構成された別冊32Pフォトブックレットも付属。コアファンも大満足の内容となっている。さらに、通常盤・初回生産限定盤ともにプレイパス対応なので、スマホにてアルバム収録の音源や特典DVD映像を試聴可能となっている。初回生産限定盤は数に限りがあるので是非予約してほしい。

ニュース提供:EPICレコードジャパン
この1stフルアルバム「blue signs」引っ提げた全国ツアーも発表されているので、こちらも要チェック!
このトピックをシェアする