May J.

ニューシングル「本当の恋」は、TBS系木曜ドラマ劇場挿入歌!

 May J.が8月13日に発売するニューシングル「本当の恋」が、TBS系木曜ドラマ劇場「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の挿入歌に決定した。

 「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」は恋愛漫画の巨匠・柴門ふみの最新作「同窓生 人は、三度、恋をする」(小学館刊)が原作となっており、主演は連続ドラマ初主演となる井浦新、ヒロインは稲森いずみがつとめるほか、板谷由夏、松岡昌宏ら豪華俳優陣が出演する。挿入歌に起用された「本当の恋」は、ドラマのために書き下ろされた新曲。ピアノのみの伴奏で、過ぎてしまった恋と失くした時間を取り戻そうとする女性の胸のうちを繊細に表現したバラード曲となっている。

 今回ドラマの挿入歌にMay J.が起用された理由として、チーフプロデューサーの矢口久雄氏(テレパック)は「歌唱力と透明感のある歌声、この二言につきます。歌唱力に関してはもう語る必要がない程の実力者ですし、透明感のある歌声は、今回のドラマの二大テーマ「大人の純愛」と「人生のリセット」にぴったりだと思っております。ドラマの世界観に深みを足してくれることを大いに期待しております。」とコメント。

 今回、約4年ぶりにドラマ曲を担当することとなったMay J.は「この楽曲は稲森いずみさん演じるヒロイン“あけひ”の気持ちを歌詞に込めて歌っているので、ドラマの中で流れることで、よりドラマのストーリーに入り込んで頂けたらと思います。この曲を聴いて、色々な世代の方に、自分の中にあるたったひとつの「本当の恋」を大切にしたい、と思って頂けたら嬉しいです。」と楽曲への想いを語った。

 「本当の恋」が収録されるMay J.約2年ぶりのニューシングルには、他にも豪華タイアップが満載だ。ホーンセクションと軽快なバンドサウンドで、夢に向かうポジティヴな世界観を歌う「Sunshine Baby!」は現在オンエア中のヤマザキ「ランチパック」CMソングに、仲間と叶えたい夢・思い描く未来へ向かう心情を情緒豊かに表現している「心の鍵」は、テレビ東京系アニメ「FAIRY TAIL」新シリーズエンディングテーマ曲に決定している。
May J.は7月5日から自身最大規模の全国ツアー「May J. Tour 2014 〜Message for Tomorrow〜」を開催する。
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
May J. 関連トピックス