試聴する

落葉が雪に

この曲の表示回数 18,617
歌手:

布施明


作詞:

布施明


作曲:

布施明


人恋しさのあまり 書き始めた日記に
もうひとりの僕との 出逢いがあった
淋しさになれた今 木の葉ずくも去って
押し花残るページに 思い出を語る
落葉が雪に
そしてうららの小川の 水に流れるように
どうして僕は
ここにいるのだろう

たて笛ならし帰る 子供達の影に
あわい夢をたどって 月がまた昇る
忘れていた愛の 灯をつけても
ただけだるい言葉で ページがつづくだけ
落葉が雪に
そしてうららの小川の 水に流れるように
どうして僕は
ここにいるのだろう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:落葉が雪に 歌手:布施明

布施明の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-02-18
商品番号:COCP-35445
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP