カルマ

この曲の表示回数 54,903
歌手:

amazarashi


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


どうかあの娘を救って

地球が落とした暗幕に 星座の落書きをする子供達は
コンクリートのベッドでアフリカゾウの夢を見る
輸送トラックの荷台で悪路に身を揺らしながら
廃墟に沈む夕日を眺める兵士は
荒れ果てた世界を吹き抜ける 生ぬるい夏の風にさえ 故郷を思うのだろう
朝市の喧騒の中 健気に笑うあの娘を どうか救ってください

愛と金と宗教に 折り合いをつけられなかった僕達は
理想郷を探すのを止めた
愛に飢えて 金に飢えて 神様に飢えて
盗みを働くのは悪だと誰が言えるのだろう
ましてやそれが果物の 一つや二つ だとて
ましてやそれが人の命の 一つや二つ だとて

窓を開けて 夏の風だ

星が綺麗な夜に 月を眺めては物思うけれど
あれにも値札がついてるって話だぜ
流れ星にだって うかうか願いをかけていられやしない
そんな時代になりました
この街の上空をミサイルが飛んで言ったって
ラジオのパーソナリティーが言う
優しいラブソングをBGMに ラジオのパーソナリティーが言う

どうかあの娘を救って

食うか食われるかで世界は回るのだと
無粋なトカゲはインタビュアーに語るのだが
巧言に勇み立つその尻尾が今まさに
かじりつかれている事に気付いていない
それを滑稽だと笑う僕等も つまり むなしい競争の延長線上
不意に手渡されるバトンを 受け取ってしまったのだ
フラッシュに照らされたインタビュアーの顔は
笑っている様にさえ見えたのです

窓を開けて 夏の風だ

奪った奴から 奪い取れというのなら きっと最後には誰もいなくなる
奪った奴を許せと言うのなら きっと盗人ばかりの世界になる
いや そもそも僕らは皆 盗人だ
この世界で生きるって事は すでに 罰なのかもしれない

夜道を照らすのは 大気圏で燃え尽きた宇宙船が 最後に放った光
あの娘はふと空を見上げて 今日も何かを祈るのです
ボタンのかけ違いで 敵か見方か 殺す側か殺される側か
野山に咲く花もあれば アスファルトに咲く花もある

僕らが願うのは 唯一つ 幸せになりたいって事
それがほしくて もがいて もがいて もがいて
奪って 奪って 奪って 奪って
それでも笑って生きていたいと健気に 海の風に微笑むあの娘は
愛する人が銃で撃たれたことを まだ知らない

どうかあの娘を救って
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:カルマ 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-06-09
商品番号:AICL-2128
SMAR

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP