冬の陽射し

この曲の表示回数 8,720
歌手:

河口恭吾


作詞:

河口恭吾


作曲:

河口恭吾


君の白い吐息と 冷たい左手が
僕をあたためるよ いま どんな言葉よりも
北風に肩よせて 君と歩いていたい
この道を どこまでも 冬の陽射しを浴びて
明日も君と笑えたらいい つよく抱きしめるよ
僕らがはぐれないように

誰かのせいにして あきらめたりしないで
君が話してくれた 夢は素敵だから
涙の夜は そばにいてそっと 君を抱きしめるよ
笑顔がこぼれ落ちるまで
明日も君と笑えたらいい つよく抱きしめるよ
僕らが はぐれないように
僕らが はぐれないように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬の陽射し 歌手:河口恭吾

河口恭吾の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-12-10
商品番号:WPCL-10065
ワーナーミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP