試聴する

SAKURA CITY

この曲の表示回数 8,221
歌手:

小林太郎


作詞:

小林太郎


作曲:

小林太郎


錆び付いた使い回しの言葉で君を振り向かせる
嘘から始まる物語のケツの部分
錆び付いた使い回しの言葉が君を振り向かせる
嘘のまま終わる季節の幕開けの合図で

春の始まり

愛と勇気の狭間で 闇の中に迷い込んで
見つけた剣でそこら中を
切って裂いて泣いて笑った

錆び付いた使い古しの世界でこの手が軸に触れた様な
突然の照明 螺旋状に広がる春の匂いで

僕は君の手をとって 人の海に飛び込んで
二人は惑わされてゆくの
愛と勇気の狭間で 闇の中に迷い込んで
見つけた剣でそこら中を
切って裂いて泣いて笑った
切って裂いて誰が笑った

愛と勇気の狭間で
愛と勇気の狭間で

君は僕の手をとって 星の海に飛び込んで
二人はまた泳いでいくの
愛と勇気の言葉を 闇の中に光の矢を
桜舞う街の幕開けに
飛んで落ちて 泣いて笑った
飛んで落ちて 君が笑った

愛と勇気の言葉で
愛と勇気の言葉で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SAKURA CITY 歌手:小林太郎

小林太郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-14
商品番号:AKDR-10001
Driftwood Record

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP