ジングルベル(仮)

この曲の表示回数 11,837
歌手:

MIYAVI


作詞:


作曲:


もう震える事ないんだよ、
だって粉雪のおうちがあるでしょ?
それに真っ赤なお鼻のサンタさんにヒゲむくじゃらのトナカイが(笑)
それじゃ、やっぱり役不足ですか??

雪がこんこんと、貴女は昏々と。
降っても降ってもまだ降りやまぬ、わたあめのシャワー
寝顔にそっと

春までオヤスミな。

なかなかどーして雪ってのも冷たい様であったかいもんだね。
むしゃくしゃしたら雪ダルマでもぶっ壊せばいいんです(笑)
猫がコタツでやけどしてる間に、ほらはやく。

雪は延々と、貴女もエンエンと。
泣いても泣いてもまだ泣きやまぬ、あなたのスコール
頬ぬぐって

「涙の数だけ強くなれる」
っていうけど幸せも逃げちゃうぞ。

雪を泪に例えるのはもうよしとしましょうか。
でも、それじゃ割にあいませんか?

So, jingle your nose.
Tissues?
...Have all you'd like.
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ジングルベル(仮) 歌手:MIYAVI

MIYAVIの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-11-23
商品番号:KICM-10001
PS COMPANY

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP