試聴する

ランプ

この曲の表示回数 4,609
歌手:

mimitto


作詞:

H ZETT ISM・mimitto


作曲:

H ZETT ISM・mimitto


ゆきづまること知らぬ 広い街にうもれた
テレビもついてない部屋にひとりきり

迷いも壁もない むなしさなど見えない
少年には無限の幾何学な地平

あの日想像してた未来は目眩(めくるめ)く速さで進んでゆくよ
人の哀しみもいつかは感じなくなるのかな

季節が移り変わるように僕の心も
少しずつ街の風に色づいてく

薄明かりのランプの下で弾(はじ)く音は
この雑踏の中へも微かにこぼれた

あの日想像してた未来は目眩く速さで進んでゆくよ

光りと影の瞬(またた)きを また繰り返しながら

街の隅で年老いた肩寄せ過去(とき)をわかちあう景色が
僕の心にふうっと光を分けてくれた

少年が描いていた未来は捨てたもんじゃなかったんだ
自ら放つ言葉を輝かせてる限りは

僕が生きる世界はゆらゆら意味を探しうごめくんだ
そして明日も僕は自分の道 照らしてく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ランプ 歌手:mimitto

mimittoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

商品番号:APPR-1805

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP