哀しみ冬紀行

この曲の表示回数 4,739

サヨナラの 向こうに
何があるのか 知りたくて
夜の船に 乗りました
死ぬことも 出来ずに
ひとり聴いてる 波枕
やはり泣いて しまいます
つらいですね 冬の旅は
思い出さえも 凍りつく
風の音に さえぎられて
祈りの声も 届かない
どうしてあなたを 忘れられるでしょう

さいはての 町では
お国自慢の 舟歌が
低く低く 流れます
訪ねゆく お寺に
夢人たちの 声がする
生きて行けと 言うのです
つらいけれど もう泣かない
哀しみ置いて 帰ります
名も知らない 花や鳥が
笑顔を教えて くれました
どうにかひとりで 生きてゆけそうです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:哀しみ冬紀行 歌手:松本八千代

松本八千代の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/27
商品番号:KICB-2454
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP