試聴する

名前の無い色

この曲の表示回数 30,406
歌手:

藍坊主


作詞:

藤森真一


作曲:

藤森真一


泣ける映画が見たい時
本当は笑いたいことに気付く
お笑い番組が見たい時
本当は泣きたいことに気付く

ため込んでいた想いは
胸と喉を行ったり来たりして
ある時、涙に変わって
僕の頬をゆっくり伝った

そんな時、ふと思う
『自分』という絵を描いてみようと
感情の種類を数えたら
100 色入りでも足りないだろう

名前の付いてない色で
真ん中を塗り潰してみた
名前がついてその色が死んでしまうその前に

「誰も愛してくれないかも」と
「ありのままを受け入れたい」の
間で気付く、どっちにしろ
悲しみの数は変わらないこと

たった一枚のキャンバスにこぼれた涙が
花の形になるかもしれない

間違えを探しながら
必死にそれを描き直そうとする
正解が見えてないのに、間違えが分かるのはなぜ

『自分』という大きな絵は
消去法なんかじゃ描けない
笑われても譲れない
信じる力、一つだけ

もっと自分のために涙を
流していいんだと僕は思う
名前の無い色のために
流していいんだと僕は思う

たった一枚のキャンバスにこぼれた涙が
花の形になるかもしれない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名前の無い色 歌手:藍坊主

藍坊主の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/05/20
商品番号:TFCC-89275
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP