試聴する

演歌みたいな別れでも

この曲の表示回数 8,439
歌手:

梅沢富美男


作詞:

中山ラビ・補作詞:小椋佳


作曲:

小椋佳


どうせはかない 夢だったのと
下手なセリフは 云わないでくれ
あえば涙が つらさを増すと
手紙ならまだ 許せもするが
なりゆきだけの 恋だったのか
演歌みたいな 別れだね

赤羽行きの 夜更けの電車
秋色深い 肩かけ揺れて
あの日にかけた お前の目には
まこともどきの 光が見えて
一緒にいたい 気にもなったよ
演歌みたいな 別れでも

愛の轍が いとおしくなる
泥をはらって 抱きたくなるよ

冬の深さに 閉ざした心
旅のそぞろに 野火焚く夜は
人恋しさに 帰りたくなる
さよなら云わず 離れたことに
少しあかりを 探したりする
演歌みたいな 別れでも

愛の轍を たどりたくなる
泥をはらって 追いたくなるよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:演歌みたいな別れでも 歌手:梅沢富美男

梅沢富美男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-11-21
商品番号:KICX-3545
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP