jet lag.

この曲の表示回数 4,249
歌手:

hal


作詞:

hal


作曲:

hal


眩しい光は瞳を閉じても赤くて
腫れぼったい瞼 そのままにして眠りたいのに
四六時中雨 ここに居てジェットラグのあたし
コーヒー入れるのが日課 一人気ままに暮らしています

君が出て行って もう半年も経つなんてね
慣れたもんだわね あたしも強くなったわ

本当は泣きたいくせに 我慢して平然としてる
どっかへフッ飛んじゃって

止められなかった 君は今何処に居るだろうか?
ほんの少しはあたしの事 思い出して涙したりしてるかな?
好きで追いかけた その腕はもう離れてしまった…
今でも熱い胸の中は まだ見ぬ恋探し続けてるだろうか?

夜が来てもまだ冴えた目が恨めしくて
浮かんだ月見て またコーヒーを入れたのです

繰り返している あたしの生活の途中で
君が居たときは 息してるの感じてた

今でも思い出すのは 熱くなった身体の奥
握り締めた手

止められなかった 君は今何処に居るだろうか?
ほんの少しはあたしの事 思い出して涙したりしてるかな?
好きで追いかけた その腕はもう離れてしまった…
今でも熱い胸の中は まだ見ぬ恋探し続けてるだろうか?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:jet lag. 歌手:hal

halの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63465
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP