風のみえる部屋

この曲の表示回数 5,946
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


この窓に 腰かけて
いつだって 眺めてた
笑顔の君を ボクらのことを

でも もう何も 見えない窓
ほんの少しでも 君を知りたくて
みつめていたよ いつまでもずっと

橋の上 音をたて
君をのせ 動く電車
昨日へと 向かって走る

消えた後を ずっと見ていた
線路だけの 青空だった
君は知らない ボクの窓を

永遠は 遠すぎた
ふたりには この道は
だからもう何も 見えない窓

たとえ小さくても 温めていれば
ただ水のように 生きてゆければ
それはつかめるはず 伝えたい君に
幸せのこと

君は知らない ボクの窓を
君は知らない ボクの窓を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風のみえる部屋 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/10/28
商品番号:VICL-63406
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP