瞞し

この曲の表示回数 31,806
歌手:

the GazettE


作詞:

流鬼.


作曲:

the GazettE


時に肌を裂く程虚ろ ざらついた喉舌
目を開けて飲み込んだ幻惑 壊れてゆけるように

疑念は解けたはず…
問いかけようの無い殺風景
抱き合うだけ無意味と

色を忘れた桜が舞う まだ上手く変われず
何かを求めたわけじゃない 忘れてゆけるように

裏切りを知ってたから
眠れるまで見つめさせて
深い嘘を

ただ哀れを演じ 自惚れ 廻る
伸ばす手さえ見えなかった
瞞しに接吻を傷に許しを
気付けばまた此処には誰も…

流し込む鎮静に解答など望まない
一瞬の逃避が終わりと知らぬフリを

ただ笑うだけで滲んだ距離が
あまりにも悲しかった
塞ぐ度に狭まる距離は
優し過ぎて冷たかった

色付いてく花びらのように
時が来れば思い出して
枯れ落ちてく花びらのように
時が来ても忘れないで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:瞞し 歌手:the GazettE

the GazettEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/10/07
商品番号:KICM-1290
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP