試聴する

無地の空

この曲の表示回数 4,073
歌手:

弥生


作詞:

弥生


作曲:

弥生


さざ波がこだまして 水面までこぼれる月

長く伸びている月の光が 憧れの場所まで照らしてる

流れ行く波に逆らわず 少しずつ歩いて行けたら
見上げれば 晴れてる無地の空 大きな虹が見えてる

秋風が柔らかく 窓越しをすり抜けて

夢にみたようなデジャブの中 まどろんで風に身を委ねる

流れ行く雲を追いかけて 前向いて歩いて行けたら
気がつけば 晴れてる無地の空 求めてた答えがある

明日から 気持ち切り替えて 前向いて歩いて行けたら
見上げれば 晴れてる無地の空 大きな虹が見えてる
変わらずに夢描いて
大きな虹が見えてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:無地の空 歌手:弥生

弥生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP