八木節

この曲の表示回数 28,359
歌手:

群馬県民謡


作詞:

群馬県民謡


作曲:

群馬県民謡


アー国は 上州 (じょうしゅう)あの佐波郡
音にきこえし国定村(くにさだむら)よ
親は忠兵衛(ちゅうべえ)という百姓(ひゃくしょう)で
二番息子に忠治というて
幼な時から 剣術(けんじゅつ) 柔術
人にすぐれし 武芸が好きよ
二十五歳の厄年なれば
すべて万事に 注意をすれど
丁度その頃無宿の頭

アーそれと争う そのはじまりは
かすり場につき 三度も四度も
虫をおさめて 我慢もしたが
一の子分の円蔵が聞かぬ
そこで忠治は 小首をかがし
さらばこれから 喧嘩の用意
何し頼むと強者ばかり
手勢すぐって 境の町へ
様子うかがう忍びの人数

アー読めばこの先 まだまだ長い
もっとこの先 読みたいけれど
ちょうど時間と 相成りました
ようこそご辛抱 いただきました
まずは ここらで 段切りまするが
オーイサネー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:八木節 歌手:群馬県民謡

群馬県民謡の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-18
商品番号:TOCT-25183
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP