陰陽座

貘

作詞:瞬火
作曲:瞬火
発売日:2009/09/09
この曲の表示回数:13,845回

貘
鬼(おに)の哭(な)く音(ね)が 繚乱(りょうらん)と舞(ま)い
煌(きら)めく刹那(せつな) 鳳凰(とり)が羽搏(はばた)く
夢幻(むげん)の裡(うち)に 點睛(てんせい)を遂(と)げ
魔天(まてん)の主(ぬし)が 物(もの)の怪(け)と成(な)る

流例(るれい)の廉(かど)は 不退(ふたい)
無点(むてん)の春(はる)は 操(みさお)
溟海(めいかい)の果(は)て 遥(はるか) 跡絶(とだ)える 由無(よしな)く
歩(あゆ)ぶ 軈(やが)て 其処(そこ)に生(お)い立(た)つ

刻(とき)の 愛(かな)しさに
此(こ)の眥(まなさき) 開(ひら)いて 往(ゆ)く丈(だけ)
岨(そわ)の 花笑(はなえ)みに 此(こ)の羅袖(らしゅう)が
染(そ)まりて 咲(さ)く哉(かな)

底滓(そこり)は 目(め)ら向(む)けず 除(のぞ)き
祝詞(のりと)は 苦(にが)し甘露(かんろ)に 似(に)て
凶夢(まがゆめ) 斑(むら)し 貘(ばく)が 餌(え)ばみ
幻(まぼろし) 瞬(またた)く 刹那(せつな)に 鏘鏘(そうそう)
鳳凰(とり)は飛(と)び立(た)つ

刻(とき)の 愛(かな)しさに
此(こ)の眥(まなさき) 開(ひら)いて 往(ゆ)く丈(だけ)
岨(そわ)の 花笑(はなえ)みに 此(こ)の和酬(わしゅう)で
応(こた)え続(つづ)けよう

疾(と)く 醒(さ)めて 見上(みあ)げれば 抉(くじ)られたら 天(そら)
賓(まれうど)の 土産(みあげ)も 解(と)かざる儘(まま)で
満開(まんかい)の葉花(はばな)が 絶界(ぜっかい)を照(て)らすとき
光(ひかり)が 溢(あふ)れる
刻(とき)の 愛(かな)しさに 此(こ)の眥(まなさき)
開(ひら)いて 往(ゆ)く丈(だけ)
岨(そね)の 花笑(はなえ)みに 此(こ)の羅袖(らしゅう)が
染(そ)まりて 咲(さ)く哉(かな)

鳳凰(とり)よ 青竜(せいりゅう)よ
其(そ)の翼(つばさ)は 辞(いな)びて 歩(あゆ)もう
路(みち)の あらましを 此(こ)の声(こえ)で 歌(うた)い伝(つた)えよう

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません