蒼い夜

小林明子

蒼い夜

作詞:純花
作曲:小林明子
発売日:2001/09/27
この曲の表示回数:6,706回

蒼い夜
窓をたたく雨音 変わる季節を告げてる
ほどいた髪を震わす うつろに漏らすため息
失くした恋の痛みを
ごまかす様に 今日を過ごしても
隠せない弱さが こぼれ落ちそうな
蒼い夜が怖いの

ふと漂うあなたの 香りに心が乱れて
聞きわけなくあふれる 記憶に引き戻されるの
まるで何もなかった様
時はいつも流れるけれど
どんなに眩しい朝の光が
この部屋を染めても
あなたの愛より欲しいものなど
何ひとつないの

今ならば もっと上手に
あなたの事を 愛せたでしょう

どんなに眩しい朝の光が
この部屋を染めても
あなたの愛より欲しいものなど
もう何もないの
あなたの愛より…

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません