My Precious Friend

この曲の表示回数 2,499
歌手:

小林明子


作詞:

湯川れい子


作曲:

小林明子


銀色の 夜の海
誰もいない Ocean way
カーラジオ あの頃の
想い出を歌うわ
月明かり 追い越して
朝が待つ 世界へ
頬を打つ ああ 潮風が
サヨナラを 告げるわ

誰よりも 今はフレンド
貴方だけ 見つめてた
また許し合えば フレンド
確かめて 生きたい
別れたことの意味を
YOU'RE PRECIOUS FRIEND

またいつか 新しい
君に逢う時まで
元気でと ああ 照れながら
花束をくれたわ

求め合う 強さが
愛なんて 信じてた
どちらかが 逃げれば
追いかけて ふたりは
疲れた子供のように

誰よりも今は フレンド
何もかも 燃えつきて
また許し合えば フレンド
微笑みが戻るわ
変わらぬ愛を連れて
YOU'RE PRECIOUS FRIEND
WE'LL BE BEST FRIEND

誰よりも 今はフレンド
貴方だけ 見つめてた
また許し合えば フレンド
確かめて 生きたい
別れたことの意味を

誰よりも 今はフレンド
何もかも 燃えつきて
また許し合えば フレンド
微笑みが戻るわ
変わらぬ愛を連れて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:My Precious Friend 歌手:小林明子

小林明子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-09-01
商品番号:FD-7118
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP