美しい季節

この曲の表示回数 9,068
歌手:

石江理世


作詞:

阿久悠


作曲:

平尾昌晃


君はもう 遠いどこかへ消えた
青春が終りを告げた日
草の上 ひとり寝そべって
長い膝を抱いてた

うちのめされたみたいに 痛みを覚え
次から次と 涙があふれ出る
愛してた 誰よりも心から愛してた
美しい季節に変るころ

風の吹く中で くちづけかわし
陽の下で話し合っていた
やわらかい 君を抱きしめて
好きといったあのとき

すべてが遠い昔に おこったように
むなしいほどに 心がうずいてる
愛してた 誰よりも心から愛してた
美しい季節に変るころ

愛してた 誰よりも心から愛してた
美しい季節に変るころ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:美しい季節 歌手:石江理世

石江理世の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/15
商品番号:PCCS-64
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP