この曲の表示回数 23,136
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


嗚呼 透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

過ぎ去る日々の中で
出会いと別れを繰り返し

いくつも罪を数えて
それでも夢を求めて

瞬きの日々と 通り過ぎゆく時の足音に
気付かない振りをしていた
それでも この星は時を告げた

離れた心がまた一つになるように
太陽は最後に全てを溶かすだろう

そうやって混ざり合えれば 悲しみの歌は消えてゆくのだろう
そうやって一つになれば 小さな歌で満たされるのだろう

時は過ぎ また巡る 星達は輝いて
僕らは いつまでも
見上げた夜空に誓った

嗚呼 透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

繰り返す日々の中で 誰もが傷跡隠して
時に 心隠して 一人で泣いた夜があって

目を閉じて 心の奥に小さな、小さな歌を見つけて
そうやって人は悲しみを一歩ずつ乗り越えて行くのだろう

嗚呼、透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

誰もが一人で見上げた空はきっと きっと きっと
誰もが心に描いた空はきっと きっと きっと

たった一つを無くして
手にしたものは 何だろう?
たった一つの心に
足りないものは 何だろう?

夜空に浮かんだ小さなカケラは
遠くまで日々を照らす光になった

嗚呼、透明なカケラを追いかけてゆくように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って

嗚呼、時が過ぎ 最後の日 また出会えるように
いつだって笑い合っていた
未来を思い描いていた
見上げた夜空に誓って
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:OVER 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-29
商品番号:TOCT-26841
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP