季節がとうりすぎても

この曲の表示回数 7,752

もしもときめき変わっても
君だけ見ているよ
どんな時だって

もしも二人が迷っても
君だけ信じるよ
はじめてのように

菜の花の道を
むじゃきにかけだす
ああ きれいだったよね

季節がとうりすぎても
風だけが止まっても
手をかさねた あの時を
思い出しながら

もしも昨日はちがっても
君だけさがしてた
ほおづえのままで

ブランコ揺らして
雲を見送って
ああ 夢中だったよね

時が背中つついても
空は夜に移っても
涙あふれそうな時
そこに君がいる

言いたいこと
伝えたいこと
見つめてるだけで
Um……わかること

手をふった丘に
光がこぼれて
ああ まぶしかったよね

季節がとうりすぎても
風だけが止まっても
手をかさねた あの時を
思い出しながら

時が背中つついても
空は夜に移っても
涙あふれそうな時
そこに君がいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節がとうりすぎても 歌手:楠瀬誠志郎

楠瀬誠志郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:MHCL-392-3
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP