名前のない町

この曲の表示回数 7,092
歌手:

PRINCESS PRINCESS


作詞:

中山加奈子


作曲:

奥居香


さよならを告げてきた砂煙の町
ガードレールに刻んだ日付を残して

悪いことばかりじゃなかった
笑い声やテーブルもあるけど
そんなものじゃ ごまかせない

朝も夜も探していた ずっと探してた
ここではゴミくずの熱い何かを

いつもママは言ってた 「パパを愛してる」
幸せはそんなもの ぼんやり信じてた

だけど愛のことばもシーツも
100のキスも 何ひとつ私を
私らしくできなかった

上手な嘘が浮かばなくて やっと今えらんだ
つぎの場所へ行こう すべて脱ぎ捨て

トランクはからっぽで写真は置いてゆくよ
ここには無かったもの見つけてくるから

最終バスに揺られ走る
一枚のキップきつく握りしめて
焼きつけたい この景色を
ずっと忘れない今日のこの涙を

最終バスに揺られ走る
明日は見えないけど風に吹かれながら
バスは走る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名前のない町 歌手:PRINCESS PRINCESS

PRINCESS PRINCESSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-21
商品番号:SRCL-3607
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP