雄と雌の日々

ミドリカワ書房

雄と雌の日々

作詞:緑川伸一
作曲:緑川伸一
発売日:2005/07/20
この曲の表示回数:21,025回

雄と雌の日々
目の前の白い壁を ずっと見ていた
忙しそうに小走りで 行き交う看護婦さん
俺が長椅子に座り 待ってるあいだに
命を消す手術を あいつは受けてた
若すぎる俺たちには まだ 親になる勇気がなかった

もしも俺たちが ガキじゃなくて 自立していたなら
幻じゃなくて 今 俺のそばに子供がいたのかな

その日の何日か前 あいつの親父と
話をした 少しだけ あいつの家で
無口な男二人は お互い俯いて
親父さんは一言 「まぁ しょうがねぇな」
俺に似た人だと思った もの凄く怒ってたんだろうな

何故か あの頃の俺たちには 罪の意識なんか全く無く
それからも懲りもせずに 雄と雌の日々は続いた
若さって 今思うと もの凄く残酷なんだよな
あいつとは別れたけど ひでぇ女だった 七人とやってた

俺の子供じゃ なかったかもなぁ
俺 騙されてたのかも しんないなぁ
俺の子供じゃ なかったかもなぁ
俺 騙されてたのかも しんないなぁ
Oh oh oh Ah ah Ah ah ah...

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません