友…そして人生

この曲の表示回数 19,817
歌手:

藤田まこと


作詞:

上山登


作曲:

上山登


ふりかえれば 遠くて長い 道だったと思うけど
束の間なのさ 人生なんて だいぶ白髪も増えた。
頑固(かたく)なまでに 心のままに 生きてきて 現在、想う
いまさら 悔いなど ひとつも ありはしないと。
子供(がき)の頃から、汗にまみれて 働いたことも 夢のよう
だけど いつでも 忘れはしない 青春のときめきを。
つまずきながら 力の限り 生きてきて 現在、想う
優しい人に かこまれ 倖せだった。
よき友のあたたかな ぬくもりが 心にいつも 溢れてる

義理人情 なんていうのは 今の時代にゃ 合わないが
少しは いるのさ 熱いおもいの ふるい仲間達が
気がつけば 六十余年 生きてきて 現在、想う
自分の歩いた道は 間違ってなかったと。
明日から もう一度 歩いてみよう、愛する人達と 共に。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:友…そして人生 歌手:藤田まこと

藤田まことの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/01/10
商品番号:KIDX-651
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP