ゆかり

この曲の表示回数 4,100
歌手:

高野健一


作詞:

高野健一


作曲:

高野健一


久しぶりに夢を見た
生まれたころに住んでた家
そこにはなぜか昔の友達と
今の友達、そして君がいた

父のピアノと母の歌と
はしゃぐ彼らと微笑む君
初めてなのに懐かしいその光景
「すべて失いたくない」と思った

ひとりふたり出会いはつながり
ひとつふたつ別れを数える
記憶をたどれば答は遥か彼方から
(眩い新たな光に包まれた君)

蕾のころから結ばれてた
強いさだめ胸をさすよ
(産まれる前からずっと)

愛が産まれた、花開いた
喜びの産声をあげよう
(産まれた愛の名を呼ぼう)

この世で一番愛しい君と
この世で一番新しい命よ
溢れる幸せを心から感謝したい
人として
縁りあるすべての人々に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ゆかり 歌手:高野健一

高野健一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-23
商品番号:CRCP-40205
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP