昼のジェラシー

この曲の表示回数 4,498
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


今すぐ君を 自由にできたら
Ah こんなに 近くにいるのに

憎みたいほど 君が欲しいのさ
Ah こんなに 近くにいるのに

こぼれるように 愛が君に流れてゆく
みつめるだけが たったひとつ 許された愛
いつも思う その横顔
バラのように こっそり深く
妖しい愛を かくしてる

君の谷底へ 飛び降りたいすぐ
Ah こんなに 近くにいるのに
今すぐ君の 胸にさわれたら
Ah こんなに 近くにいるのに

どうしたら君を 彼の手から奪えるの
死ぬほど君を 愛してあげる ぼくならできる
水のように透んだ指先
玩具(おもちゃ)をもった 子供のように
ひとり占めしたい君のこと
ひとり占めしたい君のこと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:昼のジェラシー 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-08
商品番号:PICL-1063
パイオニアLDC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP