試聴する

月映の夜想歌

この曲の表示回数 9,299

一途な眼差しさえ 冷たく遠ざけたまま
眠りにつく貴女を 切なく見つめているだけ

夜風が強くなるほどに 吐息はまた彷徨う

貴女の泪ひとひら 揺らめく月光(ひかり)に瞬いて
願う幸せ 壊した罪を責めるように 射て貫く冴月(つき)

水辺に倒れかけた 貴女を抱きとめた日の
微かな温もりさえ この手を離れないままで

伸ばした指は もう何も触れられずに彷徨う

一瞬(ひととき) 未来映した 遥かな月夜の花鏡
過ぎた季節に儚く消えて 二度と戻るはずのない酔夢(ゆめ)

悲哀(かなしみ) 償うために 貴女に身を尽くせるならば
共にいられぬ未来でさえも 守り続けると誓う

密かに焦がれる想い 己に許されるのならば
きっと貴女は たった一人の 永遠に愛を捧ぐ恋人(ひと)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月映の夜想歌 歌手:ヒュウガ(小野大輔)

ヒュウガ(小野大輔)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-12-19
商品番号:KECH-1453
コーエーテクモゲームス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP