試聴する

vesperbell.

この曲の表示回数 7,369
歌手:


作詞:


作曲:


冷たい痛みが心の目の前を塞いでたあの夜も
消えない光は痛みのすぐ傍で朝を待つ

月の2番地にある 金色の鏡には
次の春が来る頃に 映る君が笑ってる

やがて切ない涙は消えてゆく 瞳を開いて

馨しき愛の呑りは今夜 雪に変わるよ

見えない道を踏み鳴らして
空に飾る言葉を歌ってゆこう

twinkle/starlight/magic/imagine
twinkle/starlight/magic/imagine
twinkle/starlight/magic/imagine
twinkle/starlight/magic/imagine

眩き甘いメロディーは どんな虹を架けるよ

twinkle/starlight/magic/imagine
次の春が来る前に
twinkle/starlight/magic/imagine
君は自由を手にして

枯れない言葉と願いは すぐ傍の愛しい そう 君に
枯れない無邪気な笑顔で夢見てた 素直になれない君に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:vesperbell. 歌手:圭

の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-03-04
商品番号:CTCR-14626
カッティング・エッジ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP