試聴する

手品師の夜

この曲の表示回数 7,914
歌手:

谷山浩子


作詞:

谷山浩子


作曲:

谷山浩子


思い出して こんな風も凍る寒い夜更け
わたしたち 寝静まる街を かけぬけた
星になっていたことを

激しく息を吐き ガードレールにもたれながら
みつめてた おたがいの目を
それだけが できることのすべてだと

見たくない 明日の朝 夢からさめて
笑ってる 話してる あなたを
わたし ずっとここにいる
ねえ あなたの目の中

名前のない夜に おびえていたあなた わたし
触れることで こわれるものがあることを
知ってたから 誰よりも

手品師の切り札は 出会う前から
ポケットにサヨナラのカードが
それじゃ最後 とびきりの
ねえ これがわたしのマジック

思い出して いつか思い出より
遠いあした
わたしたち 瞬間の中を かけぬける
星になっていたことを
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:手品師の夜 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-05-20
商品番号:PCCA-271
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP