手品師の夜

谷山浩子

手品師の夜

作詞:谷山浩子
作曲:谷山浩子
発売日:1991/05/21
この曲の表示回数:11,474回

手品師の夜
思い出して こんな風も凍る寒い夜更け
わたしたち 寝静まる街を かけぬけた
星になっていたことを

激しく息を吐き ガードレールにもたれながら
みつめてた おたがいの目を
それだけが できることのすべてだと

見たくない 明日の朝 夢からさめて
笑ってる 話してる あなたを
わたし ずっとここにいる
ねえ あなたの目の中

名前のない夜に おびえていたあなた わたし
触れることで こわれるものがあることを
知ってたから 誰よりも

手品師の切り札は 出会う前から
ポケットにサヨナラのカードが
それじゃ最後 とびきりの
ねえ これがわたしのマジック

思い出して いつか思い出より
遠いあした
わたしたち 瞬間の中を かけぬける
星になっていたことを

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:08:30

  1. アルデバラン
  2. All AppreciAte
  3. 僕らの季節
  4. 月光
  5. しょうじょうじのたぬきばやし

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. All AppreciAte
  2. 僕らの季節
  3. 幽raise me up feat.GUMI
  4. 僕らのラブソング
  5. BOY

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照