試聴する

ただ風のために

この曲の表示回数 7,196
歌手:

谷山浩子


作詞:

谷山浩子


作曲:

谷山浩子


わたしが動くのは ただ風を起こすために
彼から誰かへと そしてまた べつの人へ
風がとまるたびに わたしは すりぬける

夕暮れがおりてきた 湖の小舟の中
あなたが つぶやいた はじめての謎のような
遠い国の言葉 答はさがさない

言葉や約束には 何の力もない
本当にやさしいものは ただ ひたいの汗と 吐息

あなたの背中で 地球が ざわめいてる
わたしは 山になる 森になる さかなになる
さがしていたものが 今 この手の中に

愛という名前の 小さな部屋を捨てて
今はただ 風のためにだけ
ただ 風のためにだけ

はずした時計を 湖に投げ落として
少しずつ影になる その顔を みつめてる
このまま 消えていい 大きな風の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ただ風のために 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-05-20
商品番号:PCCA-271
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP