キマッてる太陽

この曲の表示回数 5,610
歌手:

MERRY


作詞:

ガラ


作曲:

健一


路地裏でエサを漁る老いた猫
負を背中に背負い 夕闇の中に消えてく…
今夜も赤い月がキミを見下し笑うよ…

時にはミジメで辛い思いもするだろう
キマッてる照る太陽 眩しすぎて羨ましい…
焼け付く様に熱いその赤で溶かしてくれ…
消えてしまってもかまわないから…

俺はゴミ溜めのような世界で 何を信じて生きればいい?
いい加減にしてくれ 好い加減にしてくれよ
やり切れないモヤモヤを燃やし続けている…

俺は掃き溜めのような世界で 何を信じて生きればいい?
いい加減にしてくれ 好い加減にしてくれよ
やり切れないモヤモヤを燃やし続けている…だから

灼熱の太陽で 灼熱で燃やしてくれよ
俺をゴミ溜めのようなこの世界で
真っ赤に燃やしてくれ そう真っ赤に染めてくれ
世界で一番眩しいその腕で…

焼け付く様に熱いその赤で溶かしてくれ…
今夜も赤い月がキミを見下し笑うよ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キマッてる太陽 歌手:MERRY

MERRYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-07-19
商品番号:VICL-61987
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP