教室

この曲の表示回数 18,845
歌手:

森川美穂


作詞:

千家和也


作曲:

小森田実


ひとしきりはげしい風が
教室のガラスをたたく
あのひとの机にすわり
さよならを唇にする
突然ですが 退学します
二学期からは もう会えません
いらなくなった この教科書に
写真を入れて 残しておくわ
言いそびれましたが 好きでした

真夏日の太陽だけが
校庭を駆け足してる
あのひとの弾んだ声を
聞くこともふたたびないわ
突然ですが 退学します
いまから町を 出るところです
理由はあとで 人の噂で
おそらく耳に はいると思う
言いそびれましたが 好きでした

私の名乱暴な字で
黒板に大きく書いた
あのひとのはにかむ顔が
目の裏に焼きついている
突然ですが 退学します
思い出だけは 大事にします
心をこめて 涙とともに
一礼するわ この教室に
言いそびれましたが 好きだした
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:教室 歌手:森川美穂

森川美穂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-02-03
商品番号:TOCT-10655
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP