紫陽花の坂道

この曲の表示回数 9,325

雨降り バス通り 濡れた垣根越しに
紫陽花がとけていた 風の色に

よせてはかえす車の音
潮騒のように
思いだすはずのない恋が
ふいにかすめた

五月雨 はねをあげぬよう
小走りに急ぐ 雨の坂
少しにじんだ想いを抱いたまま
待つ人のもとへ

苦しい恋でした あれは夢でしょうか
それとも この今が夢でしょうか

過ぎる季節のもどかしさに
人は立ち止まり
そして何もなかったように
行くのでしょうか

五月雨 足音を消して
時の隙間に身をふせても
色あせてゆく雨の日の花びら
それでも散らない

五月雨 はねをあげぬよう
小走りに急ぐ 雨の坂
少しにじんだ想いを抱いたまま
待つ人のもとへ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紫陽花の坂道 歌手:熊谷幸子

熊谷幸子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP