試聴する

WHITE SHAMAN

この曲の表示回数 13,572
歌手:

SOFT BALLET


作詞:

遠藤遼一


作曲:

森岡賢


君の差し出した
両手に積もる灰を吹き飛ばし
剣の岩山の頂上かすむ雲の高みまで

今宵のこの瞬間で
心さえ掴めそう

裸のまま耳打ちする 渇き飢えた胸元へ
裸足で歩く恍惚を 肌に刻む口元で

明日は宮殿の血の色 先に染まれ
はれて愛ある太陽の下で
大地の詩を口にした
自らの姿さえ消え失せるまで

AN ASSAIN AND WHITE SHAMAN
この愛を手に
AN ASSASIN AND WHITE SHAMAN
中心の最中へ

溜め息 一つでときめき誘う
夢を敷き詰めて 口づけするより甘い
狼煙を上げて吠え立てる

今宵この永遠に
目覚めを感じて

はれて愛ある太陽の上で
大地の調べを聞きながら
自らの鏡へと写しだすまで

AN ASSAIN AND WHITE SHAMAN
この愛を手に
AN ASSASIN AND WHITE SHAMAN
中心の最中へ…
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:WHITE SHAMAN 歌手:SOFT BALLET

SOFT BALLETの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-09-27
商品番号:VICL-40181
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP