試聴する

AWAKE

この曲の表示回数 20,150
歌手:

WANDS


作詞:

木村真也


作曲:

杉元一生


毛布かぶって泥のように 眠ってた
もう誰にも会いたくなくてさ

美味しい話しに乗って 騙されてばかりで
いつしか現実から逃げていたんだ

押し寄せる闇の中ひとり
膝を抱えてるだけ
風に落ちた果実みたいに
腐ってくなんて 望んじゃいないのに

あの娘(こ)が出てった理由(わけ)を探して 見つけたのは
結局僕の冷たさだった

抱えた難問の答えは意外と
単純なところに あるのかも知れないね

頭がショートしそうになっても
Coolを演じ切りたい
僕の中に潜む自分を
動かす力を 呼び醒ますように
I say, I must awake

流れてく 落ちてゆく 偽りの安息に
棚に上げた心で 何を見つけると言うのだろう
一秒が無駄に過ぎていくよ
Now is the time to do it!

押し寄せる闇を切り裂いて
新しい風に触れたい
いいことばかりじゃないとしても
腐ってくよりは 少しましだろう

そうは思うけど ベッドの中から
まだ抜け出せない
But, I must awake
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:AWAKE 歌手:WANDS

WANDSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-27
商品番号:JBCJ-1025
株式会社ビーグラム

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP