夕陽を追いかけて

チューリップ

夕陽を追いかけて

作詞:財津和夫
作曲:財津和夫
発売日:2002/09/04
この曲の表示回数:42,293回

夕陽を追いかけて
しばらくぶりの ふるさとは
大きな街に 姿をかえていた
体をゆすって 走ってた
路面電車は 今はもういない

悲しみこらえ たたずんで
好きだった人 永く見送った
後姿に 似合ってた
あの海辺の道 今は車の道

でも海は まだ生きていた
いつも勇気を くれた海だった
空の星は 昔のまま
指先にふれるほど近くに

いつからだろう 父は小言の
たったひとつもやめてしまっていた
いつからだろう 母が唇に
さす紅を やめてしまったのは

長生きしてねの ひと言さえも
照れくさく言えず 明日は出てゆく日
戻っちゃだめと 自分に言った
切り捨てたはずの ふるさとだから

都会に海が 見えないから
ひとは僕を 笑いものにする
都会の星は とても遠いから
ひとは僕を 夢見る馬鹿と言う

いつだって 真剣に
僕は生きて きたはずだけど
でもいつも そこには
孤独だけが 残されていた

沈む夕陽は 止められないけど
それでも僕は 追いかけてゆく
沈む夕陽を 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく

追いかけて 追いかけて
死ぬまで僕は 追いかけてゆく
追いかけて 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません