夕陽を追いかけて

この曲の表示回数 33,041

しばらくぶりの ふるさとは
大きな街に 姿をかえていた
体をゆすって 走ってた
路面電車は 今はもういない

悲しみこらえ たたずんで
好きだった人 永く見送った
後姿に 似合ってた
あの海辺の道 今は車の道

でも海は まだ生きていた
いつも勇気を くれた海だった
空の星は 昔のまま
指先にふれるほど近くに

いつからだろう 父は小言の
たったひとつもやめてしまっていた
いつからだろう 母が唇に
さす紅を やめてしまったのは

長生きしてねの ひと言さえも
照れくさく言えず 明日は出てゆく日
戻っちゃだめと 自分に言った
切り捨てたはずの ふるさとだから

都会に海が 見えないから
ひとは僕を 笑いものにする
都会の星は とても遠いから
ひとは僕を 夢見る馬鹿と言う

いつだって 真剣に
僕は生きて きたはずだけど
でもいつも そこには
孤独だけが 残されていた

沈む夕陽は 止められないけど
それでも僕は 追いかけてゆく
沈む夕陽を 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく

追いかけて 追いかけて
死ぬまで僕は 追いかけてゆく
追いかけて 追いかけて
死ぬまで 僕は追いかけてゆく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕陽を追いかけて 歌手:チューリップ

チューリップの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-09-04
商品番号:VICL-60916
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP