アンジェリータ

この曲の表示回数 19,036
歌手:

FIRE BALL


作詞:

Fire Ball


作曲:

Fire Ball・Guan Chai


方角はどうでも Bawl For Love 語り尽くせぬ命の話を
今も花は咲き花は散るもの せめて一瞬の輝きを

色褪せてく裏路地を包むカンターレ 燃えるカンターレ
誘われるように群れの中に揺れ打つギターで 揺らめく影絵

この男の名はホセ・サンターナ 腕に巻かれた赤いバンダナ
暗い過去に鍵を掛けたまま 僅かな金の為咲かす花
陽は沈む彷徨う街の中 窓辺の明かりはやたら暖か
孤独打ち消す音響くコーナー 虚ろな目をそこに向ければ Ah

色褪せてく裏路地を包むカンターレ 燃えるカンターレ
誘われるように群れの中に揺れ打つギターで 揺らめく影絵

よくある話さ男が一人の女に心奪われる所までは
ところがここからが張り巡らされた運命の糸が絡み出すのさ まぁ聞きな

ホセは手繰り寄せられるがまま 押しのけ入る人込みの真ん中
近付く女は手に取るバラ 咥え去る足踏み鳴らしながら

ちょいとアミーゴどう言ったらいいの 体中がカッカカッカ来て熱いの
記憶の底に沈む想いを 引き揚げたのはあの踊り子
Oh No 余りに酷なシナリオ 運命はあーなんて意地が悪いの
だが Gracias 感謝するぜ今日という日を 教えてくれ彼女の名前を

この一団で一番の踊り子さアミーゴ 旅の途中で拾われた孤児
不幸でも少しも泣き言も言わぬイイ子 アミーゴ自慢の踊り子

Angelite Angelite Angelite

もう20年も前さ 愛す女が人生を変えた
人目避け逢う事にも耐えた 小さな命はそこで芽生えた
生まれてくる子の名も決めていた 幸せが誰もの願いさ
きっと狂ったこの世界のせいさ 腕を焼かれ追われた身さ

溢れ出る涙が止まらない 認めない愛は身分の違い
永遠の誓い 引き裂く過去の痛い想い今でも忘れることのない

この女の名はアンジェリータ 首から下げた形見のマリア
父親の顔さえ知らないが ジプシーの群れと暮らす日々さ
陽は沈み彷徨う街の中 窓辺の明かりはやたら暖か
孤独打ち消す音響くコーナー 虚ろな目をそこに向ければ Ah

色褪せてく裏路地を包むカンターレ 燃えるカンターレ
誘われるように群れの中に揺れ打つギターで 揺らめく影絵

Angelite Angelite Angelite
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アンジェリータ 歌手:FIRE BALL

FIRE BALLの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-10-08
商品番号:TOCT-4589
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP