Century Creepers(Voice of the Proteus)

この曲の表示回数 8,725
歌手:

the pillows


作詞:

SAWAO YAMANAKA


作曲:

SAWAO YAMANAKA


ここは静かで何もない
自分の足音が谺してるだけ
景色も無い

暗闇に慣れてるけど
いつかは抜け出してみたいんだよ
笑えばいいさオカシイだろ
見えない光を感じてる
全身全霊で

芽生えるように此処にいた
咲いた心は雨を知らない
―世紀のストーリ―

誰かが待ってるような
気がして探し続けてんだよ
終わりはきっともうすぐだろう
でも今じゃない 呼吸は乱れても
前進前提で

暗闇に隠れてるけど
いつかはキミと出会いたいんだよ
視力がなくても見つけるだろう
似たような痛みを嗅ぎ分ける
全身全霊で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Century Creepers(Voice of the Proteus) 歌手:the pillows

the pillowsの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-05-02
商品番号:AVCD-23282
エイベックス・トラックス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP