Indian Summer

この曲の表示回数 6,578
歌手:

浜田麻里


作詞:

Mari Hamada


作曲:

Mari Hamada・Yohichi Fujii


春を呼ぶ唄が 待ち人を少しあたためる頃
早足すぎた 若すぎた 恋がひとつしぼんだ
生きてることは どうしてこんなにもろく
はかないのだろう?
やがてめぐった季節のように
嵐を許せばよかった

果てしなく続く空に 心を重ねてみる
重くのしかかる曇が いつか流されたら
優しくなれた日々を 思い出したい

胸いっぱいの心の地図に 愛は見つからぬまま
出逢った頃に見た夢は 道に迷って消えた
明日という日は 誰がためにさよならを
運んでくるの?

始まりも終わりもない
永遠を信じていたいのに

冬の青空のような 誰かに出会いたい
凍えた心をすべて 空に溶かしたなら
今よりもずっと 自分を好きになりたい

名もない野の花のように 誰かを愛したい
最後の冬の雨に打たれて 陽だまりの春を待つ
小さく息づいてる 花になりたい
Indian Summer Day
Indian Summer Day
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Indian Summer 歌手:浜田麻里

浜田麻里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-03-11
商品番号:MVCD-31
MCAビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP