涙のお立ち酒

この曲の表示回数 20,373
歌手:

鈴木正夫


作詞:

秋月信


作曲:

望月ひろむ


峠 七坂 気仙坂
越えてあしたはお嫁入り
せめて今夜は水入らず
語り明かそう 幼い頃を

縁がありゃこそ結ばれる
嫁ぎゆく娘の晴れ姿
山よ小川よ野の花よ
泣いてくれるな 未練が残る

又も来るから身を大切に
はやり風邪などひかぬように
めでためでたの 盃 に
晴れてうれしや夫婦びな
娘 達者で幸せに祈る心でお立ち酒
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:涙のお立ち酒 歌手:鈴木正夫

鈴木正夫の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-05-11
商品番号:VZCG-544
日本伝統文化振興財団

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP